Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2009/05/17 23:59 - 2009/05/17

Sony「RM-PLZ510D」を試す - 8台切替可能なスタイリッシュ学習リモコン

カテゴリ : デジモノ タグ :

唐突ではありますが、学習リモコン を新調しました。
 
今まで使っていたのは Sony の RM-VL700U という5台切替
タイプの学習リモコンですが、これは2001年発売ということで、
 
 もう8年前の機種になります。
 
実際に購入してからも6年くらい経っているはずです。
 

 
実はJ:COMのSTBをデジタルに変えてからというもの、
チャンネル切替の信号がちゃんと届かないことが多くて
イライラを誘発していました。そこで最近のリモコンはもっと
信号が強いのではないかと思って試してみたくなったのがきっかけです。
 
 
購入したのは同じくSonyのリモートコマンダー 「RM-PLZ510D」 レッド。
スタイリッシュなデザインもさることながら、
 
 なんと「8台切替」の学習リモコンです。
 
■シフト機能で1ボタン2役! ソニーの学習リモコン「RM-PLZ510D」
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/items/23104.html
 
8台切替というのはなかなかお目にかかれません。
Sony以外でも探せばないことはないのでしょうが、
少なくとも私がビックカメラの店頭で見回した限りでは
大体 3~4台切替が主流 で、5~6台だとほとんど数がなく、
8台というのはこの「RM-PLZ510D」しか見つかりませんでした。
 
そんなに一杯何に使うんだという話もあるとは思いますが、
私の場合、液晶テレビ、J:COMのSTB、RD-X8、RD-XS48、RD-X5、
BiBio wGate、HDMI分配器、AVアンプ、エアコン、と
挙げればキリがないほどのリモコン機器があり、
今までは学習リモコンの台数の制約から、
 
 1つのキーに複数の機器を混ぜる
 
という涙ぐましい努力をしてきました。8台ぶんもあれば、
これらを無理に混ぜずに割り当てることができます。
 

 
今回は レッド を選んでみました。裏面が丸くてメタリックな
彩色になっていますのでとてもスタイリッシュなのですが、
店頭パッケージはその面をわざと前面に出した形になって
いますので、店頭でも異彩を放って います。パッと見ると
学習リモコンが売っているようにはとても見えません。
 

 
キー配列はこんな感じです。必要そうなキーはだいたい揃っています。
最近のリモコンはテレビ系でなくても 青赤緑黄 を備えているものが
多いですが、最近は学習リモコンの側も同じキーがあるので安心です。
 

 
ただ、ちょっと気になるのは、「再生」「早送り」「巻戻し」などの、
 
 ビデオ操作系ボタンが最下部に
 
付いている点です。
 
リモコンというのは親指でボタンを押すとき、握る部分はそのさらに
下になるわけで、リモコンの最下部というのは、その 握る場所
確保できなくなるという意味で非常に押しにくい部分なのです。
 
それこそ青赤緑黄のような 利用頻度の低いボタン
この最下部にまわして、再生ボタンなどはもっと上部に
持ってきて欲しかったというのが本音ではあります。
 
学習のさせ方はRM-VL700Uのときから変わりません。
「SET」ボタンを長押しして機器名ボタンを押し、
覚えさせたいボタンを押した後に向かい側から
実際の機器のボタンを押して信号を覚えこませます。
 
最初だけはちょっと面倒ですが、30分もあれば5個くらいの
機器のリモコン信号はすぐ覚えさせることができるでしょう。
 
最後にそもそもの目的であった 「信号の強さ」 ですが、
今までRM-V700Uでは非常に反応の鈍かったJ:COMのSTBが、
 
 この RM-PLZ510D では完璧に反応するように
 
なりました。さすが「LEDを3個搭載した強力広角赤外線発光」と
謳っているだけあります。最近の学習リモコンはどれもこのくらいの
強さはあるのかもしれませんが、古いRM-VL500Uを使っていた身から
すれば、これだけでも買い換えた価値はあるというものでしょう。
 
余談ですが、最近の機器はとにかくみんなリモコンが付いてきて、
それはそれで便利なのですが、どんどんリモコンが増えてくると、
学習リモコンで束ねるしかありません。それは良いのですが、
今度は、元のリモコンが見つからなくなってしまったりして、
 
 学習リモコンから学習リモコンへ信号の「受け継ぎ」を
 
するという何とも苦笑いしてしまうケースが発生したりします。
親から子に受け継がれる 一子相伝 の信号、みたいですよね。。。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2009/05/17 23:59


« ラー飯能で本格カート体験再び - Sony HDR-TG5V で動画撮影

トップに戻る

マイクロソフトポイントには1日に「10000 MSP」という登録上限があるらしい »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.28982   投稿者 : 優駿   2009年5月19日 12:40

うちでは、以前はSONY学習リモコンのrm-kp50u使ってました。
薄型の太陽電池式で、一応TVとビデオの切り替え式、説明書を見る限り、
切り替えスイッチでチャンネルUP/Down, VolumeUp/Downを切り替えられる
ようになっています。

…が、実は、テンキー部もビデオコントロール部も独自学習できて、切り替え式
と相まって40個くらいの定義をひねり出せます。見かけは普通のカードリモコンですが、
これのテンキー部潰して、LD/VHS/8mm/TVコントロールやっていました。

まあ、今はAV機器がDVDレコーダとひかりTVチューナだけになったので、学習
リモコンすら使ってませんが。TVもビデオ入力固定だしなあ。


No.28984   投稿者 : KEI   2009年5月19日 19:56

うちでも同じリモコンを使っています(色も赤)
質感やデザインも素晴らしく良い意味で学習リモコンっぽくないのがステキです

個人的な難点は、音量・チャンネルボタンが中央&このリモコンは中央を境にほぼ上下対称なデザインのせいで、TVを見ながら手探りでリモコンを探り当てて音量調節ボタンを押すと、上下逆でチャンネルボタンを押してしまい涙目…ということがしばしば…
一応ボタンにポッチが付いてるんですがなんとも


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks