デジモノに埋もれる日々

Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!

« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »


 (2009/03/31 23:59)

デジ埋2009年3月のpv上位リスト

 カテゴリ : ブログ タグ :


    2009年3月の「個別記事ページ、PVダービー」です。
    個別記事へのアクセスの多さは、ほとんどの場合、有名な
    外部サイト様からリンクを頂けたことを意味しています。
    その旨深く御礼申し上げます。
     
    今月の話題といえば、まずはUSBラジオ 「RDPC-101/S」
    高層マンションに囲まれて普通のラジオデッキでもノイズだらけに
    なってしまうという私の自宅の最悪の電波環境では、結局、
    電波がロクに入らないということになってしまいました。
     
    ただ、FM電波についてはレポートしたとおりTVアンテナケーブルや
    CATVのケーブル から取れる場合も多いですので、直電波を受けられ
    ない方はぜひ一度 アンテナ工作 を試してみることをオススメします。
     
    AMラジオ、FMラジオがHDDレコーダのように楽々録音できるというのは
    なかなか新鮮で楽しいものですが、昨今はネットラジオも色々な方面
    から充実してきていて、「音の楽しみ」 というのは場が分散している
    という印象があります。そうした音メディアの番組表と自動録音を
    総合的に行えるようにして、その中で旧来のラジオ(電波)もこうした
    受信デバイスを付ければ取り込める、といったように、
     
     「HDDレコーダ」と「CSチューナ」のような関係
     
    になってくれば、この手のデバイスはもっと普及するかもしれないなと
    後になってから思い始めました。
     
    しばらくラジオから遠ざかっていた私も、久しぶりに 音楽ランキング番組
    あたりを流し取りして携プレに放り込んで聴いてみようかなと思っています。
     
    今月はそのほかに RD-X8 購入もありました。こちらはまだまだテスト利用と
    いう感じで、本格稼動は4月に入ってからになります。これからじっくり使って
    いこうと思いますが、何やら新機種のウワサとか聞こえて来たとか来ないとか・・・。
     
    今月もマッタリ更新していきますので、宜しくお願いいたします。

    ■2009年2~2009年3月記事のみの順位(上位15位まで)

    順位pv日付エントリ
    5.18012009/02/22SH-04A 用にストラップと覗き見防止シート - シートは若干操作性に影響も?
    6.17912009/02/20docomo SH-04A をしばらく使ってみた - 落としどころとしては及第点?
    9.11072009/03/22サン電子のAM/FM USBラジオ「RDPC-101/S」試用レポート・・・のためにFMアンテナ工作!
    10.10652009/02/07Xacti HD2000 撮影サンプル - 編集も再生もヘヴィな最高画質モードを試す
    13.9702009/02/21Xacti HD2000、HD1000 室内撮影のズームAF比較(あくまで一例)
    14.9602009/02/06来たぞ! 史上最強(?)の Xacti 「HD2000」 - まずは写真館から
    16.8472009/02/23Sony HDR-TG1 の値下がりは徐々に進行中・・・気になる後継機の気配
    19.7462009/02/08Xacti 暗所撮影比較 HD2000、HD1000、HD700、CG65 - Cシリーズの独壇場は崩せるか
    20.7052009/03/10新しいiPod shuffleは超小型スリム・・・だけど「標準イヤフォン必須」?
    25.6212009/02/09Xacti 画角比較テスト HD2000、HD1000、HD700、CG65 - HD2000は案外室内向き?
    29.4992009/03/02livedoorのISPメニューは「自宅サーバ向き」? とりあえず申し込み完了
    31.4962009/02/27Xbox360ダッシュボード用「アイドルマスター」プレミアムテーマが配信中
    32.4922009/02/18有楽町で買いましょう - 機種変してきました docomo SH-04A
    38.4202009/03/20EeeBox「B208」はAtom 330とRadeon HD4350搭載!? というかB204/B206は何処へ・・・
    41.4022009/03/252年以上ぶりに購入したHDDレコーダは「RD-X8」 - 恒例のあまとも写真館

     
    ■総合順位(上位15位まで)
    順位pv日付エントリ
    1.30262005/11/09iPod向け動画変換は「携帯動画変換君」で万事解決か!!
    2.23172005/10/04玄人志向のSATA→IDE変換ボード「SATAD-IDE」を試してみる
    3.19452008/12/30COWON S9ファーストインプレッション - メニュー、音楽再生から動画再生まで
    4.18412008/07/23Xbox360 買うなら「エリート」? それともと「アーケード+増設HDD」?
    5.18012009/02/22SH-04A 用にストラップと覗き見防止シート - シートは若干操作性に影響も?
    6.17912009/02/20docomo SH-04A をしばらく使ってみた - 落としどころとしては及第点?
    7.17132007/05/08REGZA 32Z2000 でHDMI接続 - 32型テレビにパソコン画面を!
    8.13212008/09/29海外サイトでXbox360のJasper版の報告有り? ただし見分け方はサッパリ不明
    9.11072009/03/22サン電子のAM/FM USBラジオ「RDPC-101/S」試用レポート・・・のためにFMアンテナ工作!
    10.10652009/02/07Xacti HD2000 撮影サンプル - 編集も再生もヘヴィな最高画質モードを試す
    11.10182008/05/17PSPでモンハン2G+XLink Kai - そもそも GW-US300MiniS の設定が・・・
    12.9772009/01/16シーゲイト(Seagate)のHDDに突然死の危険? HDD型番を総ざらいチェック
    13.9702009/02/21Xacti HD2000、HD1000 室内撮影のズームAF比較(あくまで一例)
    14.9602009/02/06来たぞ! 史上最強(?)の Xacti 「HD2000」 - まずは写真館から
    15.9342009/01/13Xbox360コントローラの十字キーを厚紙で改造 - 確かにクリック感は増えたものの・・・
    参考35605
    トップページ
    参考130221
    月間PV合計


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2009/03/31 23:59


     (2009/03/30 23:59)

    まさかの2週連続DLC! オトメディウスGに新ステージ「イースター島」配信開始!

     カテゴリ : ゲーム タグ :

    ■2009/03/24 [発売から4ヶ月・・・オトメディウスG に待望の新キャラDLC登場!]
     
    エスポイDLCから1週間経った4/1の夕方、2ちゃんねるのオトメディウススレで
    「イースター島キター!」 という書き込みが突然流れ始めました。
     
    はいはい、エイプリルフール乙、エイプリルフー・・・
     

     
    ホントにキター! ∑(゜△゜;)
     
    500MSP で配信開始です。まさかの2週連続DLCに全国2万人のオトメディウス
    ファンの中の生き残りの2千人くらいが(少ないな)ただいま大興奮です。
     

     
    さぁ こんなときのために 買っておいた俺のMSPカードが火を噴くぜ!
    ・・・いや、ホントに偶然3500MSPのプリペイドカードを注文して
    いま届いたところなのですが、何というタイミングの良さでしょう。
    (プリペイドだと本来1MSP=1.5円のポイントが1.2~1.3円換算くらいで買えます)
     

     
    オリジナルモード、ゴージャスモードともにイースター島ステージが
    追加されます。ゴージャスモードでは 第4ステージ として
    カナディアンロッキーとエジプトの間に追加されることになりました。
     
    ランキングを区別するために、ゴージャスモードはイースター島
    ありモードとなしモードを選択してプレイすることができます。

    Get the Flash Player to see this player.


    いやもう何というか、オトメディウスの世界が広がるたびに嬉しさで顔が
    ニヤける感じです。イースター島はまた 音楽がノリノリ で楽しいです。
     
    ただステージ自体はかなり難易度高いというか、しっかりした装備を
    ちゃんとキープしておかないと、丸腰になったら避けられない
    くらいのリング弾幕を浴びます。何度かプレイしてみて敵の位置を
    覚えて速攻で倒すべき敵を見つけていかないと大変です。
     
    これで当初の予定だったDLCは出し切ったという感じなのですが、
    ウワサではこの後もまだDLCがあるかも?という話も聞かれます。それと、
    ようやくこれで サントラ も出せますよねコナミさん!(*´Д`*) 待ってます。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2009/03/30 23:59


     (2009/03/29 23:59)

    Xbox360が国内100万台を達成! 「次世代」に向けた正念場

     カテゴリ : ゲーム タグ :

    世間様は エイプリルフール 真っ盛りなところですが、
    ここでは記事の日付が4/1に追いついていないという
    寂しい理由で絶賛スルー中でございます。
     
    ■ Xbox 360、国内100万台突破 PS3は300万台超え
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/31/news088.html
     
     
    Xbox360 が国内100万台 を達成しました!!
     
     
    ・・・いや、だからエイプリルフールじゃなくて。
     
    3/31の年度末までに達成されるかどうかが一部のマニアからのみ
    注目されていたのですが、エンターブレイン調べではどうやら
    3/29で達成ということになったようです。おめでとうございます。
     
    ちなみにXbox360はWii、PS3より1年ほど早い 2005年の12/20の発売で、
    この100万台達成までに 約39ヵ月 掛かった計算になります。
     
    ちなみに国内100万台到達までに掛かった月数ですが、
     
     1ヵ月 Wii
     8ヵ月 PS3
     39ヵ月 Xbox360
     
    という感じで、なかなか哀愁が漂っている感じもします。
    というか改めてWiiのバケモノっぷりが目立っている印象です。
    (今はそのWiiの勢いも陰ってきましたが)
     
    ただ、以下の数字を見るとそのXbox360の印象も若干変わってきます。
     
    ■明和水産 メイン板 ゲーム(ハード・業界)掲示板
    08年国内ハード販売台数発表
    http://bbs80.meiwasuisan.com/bbs/bin/read/gamehard/1231213308/l50
    2008年ハードの推計販売台数(エンターブレイン調べ)
     
      年間販売台数 07年販売台数 昨年比 累計販売台数
    DS  402万9804台(714万3702台)-44% 2513万5276台
    PSP 354万3171台(302万2659台)+17% 1107万8484台
    Wii 290万8342台(362万9361台)-20%  752万6821台
    PS3  99万1303台(120万6347台)-18%  266万4366台
    360  31万7859台 (25万7841台)+23%  86万6167台

    携帯ゲーム機が圧倒しているのは置いといて、据え置きゲーム機の中で
    2008年に 前年比プラス を記録したのはXbox360だけです。
    もちろん絶対数が圧倒的に少ないですし(Wiiの10分の1、PS3の3分の1)、
    他のハードに追いついているワケでも何でもないのですが、
    それでも通常なら「負けハード」の烙印を押されて ユーザ離れが進んで
    いくのが当然の規模の中、逆に数字が伸びているというのは驚きです。
     
    当然これは北米を中心とした海外(というかMicrosoftにとっては地元)
    での販売が堅調であるという背景が下支えしています。
    北米でXbox360が好調でなければ、いくらMicrosoftであろうとも、
    日本でのゲームビジネスを継続することは厳しかったでしょう。
     
    ここで国内で踏ん張れるというのはとても重要なことです。というのも、
     
     実はもう『次世代機』の足跡が聞こえてしかるべき時期
     
    に差し掛かっているからです。
     
    2005年12月に発売されたXbox360は、おそらく 2011年 には次世代機を展開
    する可能性が出てくるでしょう。そのときを、Xbox360の国内市場を
    見捨てた状態 で迎える、または、国内ユーザからXbox360が 見捨てられた
    状態 で迎えることになれば、たとえ海外がどうなっていようが、国内では
    再びXboxの系譜が 「ダメハードのイメージ」というハンデ
    背負ったままスタートしてしまうことになります。
     
    逆にいま、Xboxは日本のユーザを見捨てません、たとえ規模が小さくても
    ソフトとサービスの拡充を頑張ります、というメッセージを流し続けて、
    実際に ユーザの満足度も高い状態 を続ければ、今世代での
    逆転は不可能でも、次世代のスタートラインではハンデを下ろして
    ガチンコ勝負に持ち込めるかもしれないのです。
     
    実際問題、規模というのはとても重要で、あれだけのJRPGラッシュを打ったにも
    関わらず、テイルズ、インアン、ラスレム、SO4はどれも 10万本~20万本 の規模が
    精一杯でした。冷静に考えれば、本体所有者の母数がようやく100万台に届く程度で、
    その中でも買い替え需要が結構な割合を占める国内のXbox360市場では、
    50万本、100万本 などという数はどうあっても見込めるはずがありません。
     
    それでもこれらのソフトがXbox360で発売される背景には、もちろん
    開発容易性などの問題もありますが、やはりMicrosoftから 相当な支援
    あったと見るべきでしょう。その支援は、おそらくは目先の利益ではなく、
    国内での長期的な信頼回復を目指し、次世代機のスタートダッシュを
    目指すための 「種まき」 の意味合いが強いものと思われます。
     
    Wii、PS3、Xbox360は「次世代機、次世代機」と言われてきましたが、
    それぞれがすでにゲーム機商品としての 折り返し地点 に差し掛かって
    「今世代機」となり、その次の世代が見え始る時期が近づいています。
     
    考えることはハードだけではありません。開発ツールやネットサービスの
    プラットフォーム、ソフト会社との関係、ユーザの信頼度・ブランド力などを
    もれなく高めて準備しておかないといけません。
     
    数字だけみれば一見、無駄なあがきのようにも見えてしまう昨今の
    Xbox360の国内攻勢ですが、長期的に見れば、
     
     地味に右肩上がりで今世代をしっかり終える
     
    というのがとても重要になってくるでしょう。それがしっかりできる
    かどうかが、次世代のポジションに大きな影響を与えるハズです。
     
    ただ、Xbox360のもう1つの大きな課題が 「ハードウェアの品質」 です。
    次世代機が国内で受け入れられるには、壊れにくく信頼度の高い設計と、
    日本の住宅でも邪魔にならない コンパクトな筐体 も求められます。
    そうしたもう1つのマイナスイメージも今世代、次世代を経て払拭できるのかどうか、
    Xboxの地道な「種まき」作戦は、まだまだ長く険しい道のりになりそうです。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2009/03/29 23:59


     (2009/03/28 23:59)

    RD-X8の「D1入力端子」を試してみる、S端子とどれだけ差が出るか?

     カテゴリ : レコーダ タグ :

    ■2009/03/16 [RD-XV81からアラート音 - 「ER0004」は見なかったことにするエラー。]
    ■2009/03/23 [ER0004を出したRD-XV81の代替候補を探さないといけないのですが・・・]
    ■2009/03/25 [2年以上ぶりに購入したHDDレコーダは「RD-X8」 - 恒例のあまとも写真館]
    ■2009/03/27 [RD-X8でPCへの取り込み実験 - ネットdeダビングは速度低下、RDLNAは超高速?!]
     
    一番の目的である PCへの取り込み の速度もだいたい満足が得られたところで、
    わたし的にはひと息付いた心境です。RD-X8自体はもう新商品でもありませんし、
    もともと一般的なレコーダとして期待している方もそんなに多くはない
    でしょうから(おい)、一般的なレビューを頑張っても仕方ないということで、
    もう1つ気になっていたちょっと変なところを取り上げてみましょう。
     
    それは何かというと、D1入力端子 です。
     

     
    数年前くらいから、RDレコーダの上位機種ではD1入力が搭載されています。
    なぜわざわざ「D1」入力と銘打たれているかというと、
     
     大人の事情でD2~D5の入力はさせないように
     
    しているからです。D端子入力を持っているものの、HD並みの高解像度で
    取り込みをするのは業界的に許容できないということで、D1、つまり
    SD画質での取り込みだけを許可しているということなのです。
    ( D1=480i、D2=480p、D3=1080i、D4=720p、D5=1080p )
     
     
    ということで、ライン入力 で録画をするとき、D1入力を活用するとS端子
    入力より画質が向上するのかどうか、というのが気になるポイントになります。
     
    原理的な話だけいえば、解像度的な部分は変わらないといえますし、
    でも 各色信号が完全分離 されているD端子と一部混合になっている
    S端子では差が出て然るべきという考え方もあります。
     
    さて、実際の利用シーンですが、Xbox360の映像 をキャプチャするシーンが
    一番先に思い浮かびますのでそれを試してみます。繰り返しますが、
    本当にこれでもかと質を追求したい場合は、わざわざD1までという制約を
    付けられたレコーダでの取り込みは十分ではありません。巷で流通している
    D4キャプチャカード のようなものを考えるのが良いでしょう。
     
    ところで、Xbox360のD端子出力ケーブルは以前余ったXbox360コアシステムを
    友人にあげたときに一緒にあげてしまったため、手元にありませんでした。
     

     
    迷わず新しく買う買う。
     

     
    もう1つ買う買う。D端子ケーブルの延長用ジャックです。
    これはもちろん延長ケーブルがあればそれでも構いません。
     
    これでXbox360の映像をD1端子経由で取り込む環境ができましたので、
    実際に取り込みテストをしてみます。テストに使ったのはXbox360
    アーケード 「FF CRYSTAL DEFENDERS」 のトレイラーだったのですが、
    結論からいうと、正直、見分けが付かないレベルです。
     
     何かちょっと違うかな・・・でも気のせいかな・・・
     
    というくらいの感じでした。やはり大元の解像度が同じ480iであれば、
    それ以上の期待はできないといったところでしょうか。
     
    とりあえず RD-X8 で 9MbpsのMPEG-2で録画し、トリミングなどをして5Mbpsの
    MPEG-1に変換、それをmencoderで 540Kbps 512x288のFLV にするという
    いつもの ニコ動向け エンコードパスを通してみたものを比較してみましょう。
     
    ■S入力端子経由で録画したソースを元にしたもの (FLV 512x288 540Kbps)

    Get the Flash Player to see this player.


    ■D1入力端子経由で録画したソースを元にしたもの (FLV 512x288 540Kbps)

    Get the Flash Player to see this player.


    当たり前といえば当たり前ですが、こうしたエンコードを介してコンパクトな
    最終データを作るとき、最初のデータに微細な違いがあっても もはやよく分からない
    程度の差 でしかありません。ゲーム実況などをニコ動にアップするような用途を
    考えた場合、S端子で取り込んでもD1端子で取り込んでも大した差はないでしょう。
     
    ちなみに、RD-X8で9MbpsのMPEG-2として録画した 最初の段階での映像
    停止して拡大してみました。これでもMPEG-2のエンコードが入っている時点で純粋な
    入力映像の比較にはならないのですが、それでもFLVの段階になるよりは比較としては
    マシになるはずです。
     
    ■S入力端子経由で録画したソース (MPEG-2 720x480 9Mbpsから切り出し)

     
    ■D1入力端子経由で録画したソース (MPEG-2 720x480 9Mbpsから切り出し)

     
    どうでしょう。区別が付くでしょうか。
    私には 気のせい程度 にしか感じられませんでした。。。。
     
    ということで、少なくともわたしの中では、D1入力端子は気休め程度というか、
    D1はやはりD1でしかないという印象を持ちました。S端子が使える環境があるなら
    D1入力端子の有無にはそれほど固執しなくても良いかなと思います。
    せめてD4で入力できれば まったく違う世界が見られると思いますが、
    そのあたりをご所望の方はやはりキャプチャカード系に向かれたほうがよさそうです。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | レコーダ | 2009/03/28 23:59


     (2009/03/27 23:59)

    RD-X8でPCへの取り込み実験 - ネットdeダビングは速度低下、RDLNAは超高速?!

     カテゴリ : レコーダ タグ :

    ■2009/03/16 [RD-XV81からアラート音 - 「ER0004」は見なかったことにするエラー。]
    ■2009/03/23 [ER0004を出したRD-XV81の代替候補を探さないといけないのですが・・・]
    ■2009/03/25 [2年以上ぶりに購入したHDDレコーダは「RD-X8」 - 恒例のあまとも写真館]
    次は実際の利用シーン、主にPCへの取り込みを試してみます。
    ということでお待ちかね、RD-X8のPCへの転送テスト です。
    そもそもRDレコーダを「指名」で購入されている大多数の方は、おそらく
    この「録画データのPCへの取り込み」を最大の目的としているでしょう。
    RDレコーダは、ココさえちゃんと動けばオールオッケーなのです。
     

     
    まずは環境について。私はいままで VirtualRD というソフトを使って、
    PCを仮想RDレコーダに見立ててネットdeダビングをするという方法を
    使っていました。ところが今回、
     
     RD-X8からどうやっても VirtualRD が見えない
     
    という事態に襲われて、急遽 LANDE-RD という仮想RDソフトを使用させて
    頂くことになりました。RD-X8 から VirtualRD が見えないのは
    私の環境だけで起こることなのか、それともソフト自体との相性なのか
    については良くわかっていませんが、とりあえず LANDE-RD でも同じことが
    できますので使用上は問題ありません。
     
    テストに使ったのは、そのときたまたまやっていた甲子園の試合を
    SP画質でぴったり1分間録画した 42,518,528 バイトのファイルです。
     
    これを実際に LANDE-RD に対してネットdeダビングしてみて、
    時間を計測してみると、こんな数字が出ました。

    機種PC側ソフトグラフ (← FAST)転送時間速度
    RD-XS48LANDE-RD30秒11.3Mbps
    RD-X8LANDE-RD1分45秒3.2Mbps

    遅い! RD-X8 は何でこんなに遅いんだ!!
     
    と思わず叫んでしまうほどです。RD-XS48のときにはだいたい10Mbpsくらいは
    確保できていたのに、X8は3Mbpsがせいぜい です。たとえばSP画質で
    30分録画すると1GBのファイルができるのですが、これがRD-XS48なら
    だいたい実時間の半分くらい、約15分程度で転送できていました。
    RD-X8でそれをやると45分くらい掛かってしまう計算になります。
     
    このあと RDレコーダ同士 での転送も調べてみましたが、結果は変わりませんでした。
    RD-X8からの転送、RD-X8への転送、いずれも満足な速度には至りません。
     
    いろいろ情報を調べてみると、どうやらRDレコーダは新しくなるごとに
    ネットdeダビングの転送速度が冷遇 されていくらしく、
    かいつまんで言うとほかの並列処理(W録など)を邪魔しないように
    スケジュールを組むとより複雑で重い処理をこなす最近の機種ほど
    ネットdeダビングに余裕を与えられないということになる、らしい、のです。
    実際のところはよく分かりませんが。。。
     
    しかし、せっかくフラッグシップモデルを購入したのに、これではさすがに
    辛すぎます。そもそも最近のRDレコーダ購入者の方々がこれで満足している
    ワケはない、もうちょっと何かあるのでは、と思って探してみたところ、
    DLNA対応のRDレコーダについては DLNA再生をエミュレート してデータを
    PCに転送するソフトが存在することを知りました。それが RDLNA です。
     
    RDLNA は 汎用DLNAクライアントというワケではなく、あくまで対RDレコーダ
    専用のツールとのことですが、DLNAの手順でRDレコーダの中のデータリストを
    取得して、そこに再生転送要求を出すことでデータをPCに取り込むというものです。
     

     
    RD-X8の中の フォルダ階層 がそのまま見られますので、狙った録画データを
    クリックしてダウンロードできます。連続ダウンロード の部分のUIが
    ちょっとわかりにくいのですが、ダウンロードしたい番組を1つずつ
    ダブルクリックしていって、最後に「連続DL」を押すと複数のデータを
    一気にダウンロードすることもできます。(なお、VirtualRDと同じく
    コピー制限のあるデータはダウンロードできません。)
     
    これを使って再度テストしてみると、こんな結果になりました。

    機種PC側ソフトグラフ (← FAST)転送時間速度
    RD-XS48LANDE-RD30秒11.3Mbps
    RD-X8LANDE-RD1分45秒3.2Mbps
    RD-X8RDLNA10秒34.0Mbps

    速っ!! RDLNA 使用時の転送は異常に早いです。
    RD-X8でネットdeダビングしたときの 10倍、RD-XS48のネットdeダビングと
    比べても 3倍以上 の速度を叩き出しています。これなら実用上困ることは何1つ
    ありません。素晴らしいツールをお作り頂いた作者の方に大感謝です(-人-)
     
    先ほどの機器内のスケジューリングのお話が本当であれば、
    こうしたDLNA向けのリソースを確保していることなども、代わりに
    ネットdeダビングが割を喰っていることの要因の1つなのでしょうか。
     
    いずれにせよここまで差が出てしまうと、もうRD-X8からPCへのデータの取り込みは
    DLNA経由で決まり! ということになるでしょう。ただ、一度PCに
    転送したデータを再びRDレコーダに戻したいといったことを考えている方は、
    DLNA経由で取り込んだデータではそれができなくなってしまいますので
    その点はご注意ください。一度転送したらあとはPCの中だけでどうにか
    しようと考えている方にとってはまったく問題ありません。
     
    ということで、RD-X8のネットdeダビングは、ひと昔前のRDレコーダに比べると
    より遅くなっていて、代わりにDLNA経由でデータ転送するのがオススメという
    結果になりました。私は試していませんが、最近のRDレコーダでDLNAに
    対応しているものであれば同じような結果が出るのではないかと思います。
    ご興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | レコーダ | 2009/03/27 23:59


     (2009/03/26 23:59)

    あまとも通信 - Xbox360 Live!のゴールド会員支払いはプリペイドで万全!

     カテゴリ : あまとも タグ :

    木曜日は「あまとも通信」。今回は第126回です。
     

     
    ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
     
    「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
     
     natonon93 さん、ngram さん、tmrym さん の3名様が、
     1,000円のAmazonギフト券 当選です!
     
    おめでとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
    いただきましたので、メールをご確認ください。
     
    プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
     
     
    ■今週の注目アイテム
     
    今週はXbox360に関するちょっとした余談など。
     
    Xbox360アーケードはAmazonで明確に 256MBメモリ内蔵版 となっている商品が
    登場しています。発売予定日は4/5、おそらく最初からNXEダッシュボードも
    インストールされており、基板もいわゆるJasperであると思われます。

    120GBのHDD は相変わらず入手が難しいですが、一時期ほど在庫が
    皆無というワケではなさそうです。私も先日有楽町のビックカメラで
    1つだけ在庫があるのを見つけました。Amazon本家では1.2万円前後の値が
    付いているのに在庫切れという ちょっと困ったステータス になっていて、
    この状態だとあまともは価格なしではなく1.2万円と表示されてしまいます。
    実際にはいつ届くか分からない状態ですので、ご注文の前には慎重にご検討を
    お願いします。2万円超えの値を付けた 転売屋 もいますのでお間違いのなきよう。。。

    定価だと 月額800円 もするというゴールドメンバーシップ、これだけみると
    「ネット対戦が高いXbox360」という印象を受けがちですが、実は店頭で
    プリペイドカードを買うと全然違うお値段だったりします。13ヶ月ぶんの
    ゴールドメンバーシップカードがなんと 4,235円、ということは、
     
     月額わずか325円しか掛からないのです。
     

    Xbox360 Live!のゴールドメンバーシップは絶対に13ヶ月プリペイドを
    1年に1回購入 するのがオススメです。私も5月の更新時には
    忘れないようにしっかり買って更新したいと思っています。
     
    今後ともあまともを宜しくお願いいたします m(_ _)m
     


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | あまとも | 2009/03/26 23:59


     (2009/03/25 23:59)

    2年以上ぶりに購入したHDDレコーダは「RD-X8」 - 恒例のあまとも写真館

     カテゴリ : レコーダ タグ :

    ■2009/03/16 [RD-XV81からアラート音 - 「ER0004」は見なかったことにするエラー。]
    ■2009/03/23 [ER0004を出したRD-XV81の代替候補を探さないといけないのですが・・・]
     
    ということで、
     

     
    どう見ても RD-X8の衝動買い です本当にありがとうございました。
    このRD-X8はご存知の通り昨年11月に発売されたもので、新製品レビュー
    というワケではありません。ここでも軽く触れる程度にしておく予定です。
     
    最近こういう「メジャーな機種にちょっと遅れて飛びつく」というような
    ケースが増えていてデジ埋らしくないと感じられる方も多いと思いますが、
    これは大抵は外部事情でやむを得ず購入したというケースが多いです。
     
    最近ではLUMIX LX3をやはり4ヶ月ほど遅れて購入しましたが、
    これはEye-Fiを活かすためにxDカードのFinepix F30から買い換えた
    ものですし、少し前になりますがXacti CG65 を購入したのも、
    同シリーズの消滅を危惧して慌てて抑えに走ったものです。
    今回はすでにお伝えしたとおりRD-XV81の故障が発端でした。
     
     
    では、それでもとりあえず、恒例の写真館をいってみましょう!
     
    ■あまとも写真館 - TOSHIBA VARDIA RD-X8
    http://ckworks.jp/amatomo/photo/asin/B001GLVQ1O

     
    さすがフラッグシップというか、数年前のRDしか見たことなかった
    私からすると デザインがとても上品に なったように見えます。
    前面は開閉式のカバーになっていてボタンやドライブも含めた突起物は
    すべてそのカバーの中に隠れています。
     
    前面カバーの中にはDVDドライブ、再生関連ボタン、それからライン入力2が
    配置されています。みんな大好きB-CASカード もここに挿さります。
    背面は壮観で、一般的なコネクタのほか、iLink、スカパー連動、デジタル
    音声出力、電話回線コネクタなどがごちゃっと埋まっています。そして、
     
     ようやくHDMI出力キタ!
     
    いまとなっては当たり前ですが、私はHDDレコーダを買うのが2006年以来ですので、
    レコーダからの出力がHDMIになるのはこれが初めてです。そしてこれで
    早くもBRAVIA F1の HDMIコネクタ×3が埋まった ことになります・・・。
    それからXV81のときもありましたがD1入力もあります。
     
    リモコン は相変わらずRD使い以外は苦労しそうな感じです。
    しかし 従順に飼い慣らされた優秀なRD使い にとってはそんなことは
    問題としません。Windowsが「スタート」から始まるように、
    RDレコーダは 「クイックメニュー」 から全てが始まるのです。。。
     
    そもそもなぜRD-X8を選んだのか、というお話もあります。購入前にほかの
    機種と見比べてみたところ、RD-S503 も申し分ないレベルです。
    正直言ってスペック比較をした中ではRD-X8だけの機能で特に惹かれるモノは
    ありませんでした。(スカパー連動など必要な人には必要なのだと思いますが)
     
    ただ、私としてはRD-X8の 1TBという容量 がとても魅力的でした。
    RD-S503は500GBですが、ここでは容量は最初から多ければ多いほど正義です。
    お値段もそれを見越してか、X8とS503では1万円くらいしか差がありませんでしたので、
    だったら容量だけのためにX8を選んでも損はないかというのが判断基準でした。
     
    次は実際の利用シーン、主にPCへの取り込みを試してみます。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (3) | トラックバック (0) | レコーダ | 2009/03/25 23:59


     (2009/03/24 23:59)

    発売から4ヶ月・・・オトメディウスG に待望の新キャラDLC登場!

     カテゴリ : ゲーム タグ :

    ■2008/11/24 [気晴らしにサクッと遊べる!お手軽シューティング「オトメディウスG」]
    ■2008/12/06 [オトメディウスGのゴージャスモード、2周目からあまりヌルゲーではない件]
     
    全国2万人の版オトメディウスGユーザ の皆さま・・・・のうち、
    ここまで我慢強く粘ってらした多分2,000人くらいの皆さま(おい)、
    お待たせしました。ついに です!
     
    3/25(水) 18:00頃から 「エスメラルダ」「ポイニー」
    の2人のキャラ追加DLCが それぞれ400MSP で登場しています。
     

     
    追加BGMエモンパック も追加されていますが、99%の方が新キャラに
    喰いついています (;´д⊂) エモン、またこんな役回りか・・・。
     

     
    ということで、「エスメラルダ」
     

     
    オプションタイプは 「スネークオプション」
    基本的には自分の軌跡に合わせて付いてくるのですが、自分が止まると、
    オプションのほうは勢い余って自分が最後に移動した方向に並んでいきます。
     
    それから、「ポイニー・クーン」
     

     
    オプションタイプは 「ローリングオプション」
    自分の周りを円軌道をひたすら描き続けるように動きます。
    4つ付けるとちょっとしたバリアーのような状態です。
     
    そのほかにもランキングに キャラ別ランキング が加わったり、
    (ただしこれから出したスコアに限る)、Yボタンでフレンドのみの
    ランキングが表示できたりするようになりました。
    スコアアタック としてのオトメディウスの楽しみ方がまた増えたという感じです。
     

     
    両キャラでそれぞれひと通り試してみたのですが、
    それぞれ特徴が出ていてとても面白いです。
     
    エスメはオプションを使った範囲攻撃がとてもやり辛く、道中では
    とても苦労しますが、ボス戦 になると恐ろしいほどの破壊力を持ちます。
    オプションを真横に揃えるのが一瞬でできるので、どんなところからも
    すばやく コアに集中砲火を浴びせる ことが可能です。カバードコア以外は
    ボスがボトボトと沈んでいくシーンを見てちょっと吹きました。
     
    ポイニーは逆に 道中での範囲殲滅 がすごくやりやすいタイプで、
    オプションを4つ付けておくと放っておいてもあまり死なないみたいな
    感じになってきます。ただ、エモンと同じく1点集中が苦手なタイプですので、
    ボス戦は結構苦労するでしょう。初めてプレイしたときはオデンどころか
    ビッグコアすらとんでもなく時間が掛かってこれも逆に吹き出しました。
     
    オトメディウスGをお持ちの方なら、合わせて800MSPの価値は十二分にあると
    思いますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2009/03/24 23:59


     (2009/03/23 23:59)

    ER0004を出したRD-XV81の代替候補を探さないといけないのですが・・・

     カテゴリ : レコーダ タグ :

    ■2009/03/16 [RD-XV81からアラート音 - 「ER0004」は見なかったことにするエラー。]
    慌てて振り向いて確認してみると、そこには
    「ER0004」 というエラー番号が踊っていました。

    ということで、一応まだ騙しだまし動いてはいるものの、
    RD-XV81 は瀕死の状態にあります。このまま使い続けて
     
     大事な録画のときに 「やらかして」 もらっても
     
    困りますので、ここはやはり代替機の検討に入ったほうがよさそうです。
     

     
    ・・・ん? 何か見えたような気が しましたが
    気にしないでください。話を続けましょう。。。
     
    で、いろいろ考えてみました。世の中の流れとしては、
    少なくともHD DVDが敗北し、ソフトが普及しているかどうかは
    ともかくとして Blu-ray搭載のレコーダ が主流になりました。
     
    東芝RDレコーダ(VARDIA)はまだBlu-rayを搭載していません。
    「そろそろ東芝にこだわる必要はないんじゃないの?」
    という考えが出てきても、普通ならおかしくはありません。
     
    が、やはり冷静に考えなおしてみました。わたしの場合、
    東芝機を選択している理由の
     
     八割は「ネットdeダビング」であり、
     
    残り二割が「ネットdeナビ」といった感じです。
    後者、主にPCからの予約録画は最近ようやく各社が対応し始めて
    きましたが(それでもネット上のサービス登録をしたり色々面倒ですが)
    「ネットdeダビング」だけは東芝機以外ではどうにもなりません。
     
    ぶっちゃけて言えば最近の私のHDDレコーダの用途というのは、
    大半が「独立型の PC取り込み向け キャプチャ機」
    という感じになっていて、
     
     1) 録画したものから気に入った番組だけを PCに移して
     2) コンパクトに 再エンコしてNASに保存 し、
     3) PCからエクスプローラで探して ダブルクリック でいつでも再生
     
    というライブラリ化ができないと使い物になりません。
    その意味で「ネットdeダビング」がないと非常に不便です。
     
    また、他方で昨今は デジタル録画のすばらしさ を謳う
    製品が多く、それをそのままメディアに焼いて残せるという
    意味でのBlu-rayがアピール対象になっているワケでありますが、
    上記のようなPC基準のライブラリに移動ができない DRM付きの
    HDソース は私にとってまったく価値のないものだったりします。
     
    考えてみれば、私は2002年に初めてHDDレコーダに触れて以来、
    いままで 合計6台 のHDD/DVDレコーダを使ってきましたが、
     
     2002 Panasonic DMR-HS2
     2003 TOSHIBA RD-XS40
     2005 TOSHIBA RD-H1
     2005 TOSHIBA RD-X5
     2006 TOSHIBA RD-XS48
     2006 TOSHIBA RD-XV81
     
    この7年弱の間に「データをPCに移す」という目的以外で番組を
    DVDに焼いたことは 一度もありませんでした。その役目も
    RD-H1からは「ネットdeダビング」が代替しましたので、
    それ以降はまるまる4年間、レコーダでDVDメディアを使ったことが
    ないというわけです。こう考えると、Blu-rayドライブの有無というのは
    少なくとも私のような使い方ではまったく考慮しなくてよさそうです。
     
    そうするとおのずと候補は絞れてきます。そういう視点で
    考えながら代替機の検討をあれこれと続けているところです。
     

     
    ・・・いえ、何か見えたような気がするのはあくまで気のせいです。
    気にしないでください。きっと疲れてる んですよ(どっちが)


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (4) | トラックバック (0) | レコーダ | 2009/03/23 23:59


     (2009/03/22 23:59)

    サン電子のAM/FM USBラジオ「RDPC-101/S」試用レポート・・・のためにFMアンテナ工作!

     カテゴリ : デジモノ タグ :


      ■サン電子、予約録音も可能なPC用AM/FMラジオ -AV Watch
      http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090306_43181.html
       
      先日、サン電子さんからこんなメールを頂きました。
       
       「USBラジオの新製品を出すのですが、使ってみませんか?」
       
      モノはUSB AM/FMラジオ 「RDPC-101/S」。発表は3/6ですが、
      発売が3/24からですので、実はまだ発売前ということになります。
      私自身、ラジオの録音というのはとても興味のあるお話だったため、
      2つ返事でOKをし、製品を送って頂くこととなりました。多謝 m(_ _)m
       
      (※ちなみに私は、メーカの方から製品を頂いた場合にはその旨を
       必ず記事に明記することで、読者の皆さまにもそのこと自体をご考慮
       頂いたうえでお読み頂けるようにしているのですが、実際に製品を
       頂戴したことがあるのは実はサン電子さんだけだったりします。)
       
      ということで、実際に試してみましょう。
       
      ■USB接続AM/FMラジオ│SUNTAC
      http://suntac.jp/products/usb/rdpc101.html
       
      発売前の「RDPC-101/S」の現物です。USB接続でAM/FMラジオを視聴・
      録音できる製品で、特にAMの受信精度にこだわった内蔵アンテナと、
      それから アース結線によるノイズ低減 が謳われています。
       

       
      発売日は3/24(火)で、店頭予想価格は 6,980円 となっていますが、
      Amazonでは既に 5,342円 という値がついていたりします。
      実際の店頭でも5千円台で手に入ることがあるかもしれません。
       

       
      中身は非常にシンプルで、ラジオ受信部本体と、USBケーブル、
      それにケーブルタイプのFMアンテナと、AM用のアース線が付いています。
      AM用アースは特殊形状になっているUSBケーブルの根元につけますので、
      USBケーブルも市販のものではなくこのケーブルを大事に使うことになります。
       

       
      全部入り でつなげてみるとこんな感じになりました。
      本体のアンテナだけで十分聴こえる場合はUSBケーブルだけつなげればよいのですが、
      できるだけ受信感度を良くしたい場合にはこうしてFMアンテナとAM用アースを
      接続することになります。USBケーブルは 3m、AM用アース線も 3m、FMアンテナが 1.5m
      ありますので、PCが動かせない方でも、設置場所はワリと自由になると思います。
       
       
      で、実際に繋げてみたのですが、、、。
       
      その前に私の自宅の環境についてご説明をしなければなりません。私の自宅の
      まわりには最近、2方向に10階建て以上のマンション が立ち並び、
      その頃から急に 「電波受信障害」 の症状が出る地域になってしまいました。
       
      そのとき付近の住人には補填として不動産会社側から 一斉にJ:COMの
      ケーブルが敷かれた ことからも、電波状況の酷さが分かると思います。
      ラジオについてもこれは同様で、市販のラジオ機器をポン、と置いても
      ノイズだらけでほとんど聴き取れないという状態でした。
       
      以前、USBワンセグチューナを試したときにもほとんど受信できなかった
      というお話もしましたが、こうした高層マンションが増えることで
      今後は電波状況は悪くなる一方ということになると思われます。
       
      サン電子さんには「そういう状況なのでテストにならなかったらゴメンナサイ」
      というお話は先にしていたのですが、実際にテストをしてみたところ、
       
       
       やはり「ダメ」でした。ノイズだらけで使えません。。。。

      Get the Flash Player to see this player.


      本来、今回のサン電子「RDPC-101/S」に限らず、受信感度を売りにしているものは、
      「PC接続ラジオはPCの影響を受けて電波が悪化する」という問題に対処するもので、
      「普通のラジオなら聴こえるけど」という環境が前提となっています。
       
       普通のラジオですらノイズだらけで聴けないような環境
       
      では、さすがに試すほうが無茶ということになるでしょう。
      実際にはAMラジオはほとんどの局が完全にアウト。FMはそれなりに
      聴こえないこともありませんが、局によって向ける方向をあれこれ
      工夫しなければならないくらい受信感度が悪い状態でした。
      (市販のラジオ機器でも同じです)
       
       
      ということで試せませんでした \(^o^)/ 終
       
       
      ・・・っと簡単に引き下がる わけにもいきません ので、
      もうちょっとだけあがいてみることにしましょう。。。
       
      実はFMについては、テレビと同じように、J:COMのケーブルから
      再配信をしてくれるものが使える可能性があります。
       
      ■ケーブルテレビ(CATV)のJ:COM|FMラジオチャンネル一覧
      http://www.jcom.co.jp/information/common/channels/fm_radio.php

       

      ラジオ局通常の周波数J:COM周波数
      InterFM76.1MHz82.2MHz
      放送大学77.1MHz82.8MHz
      bayfm78.0MHz76.8MHz
      FM-FUJI78.6MHz77.4MHz
      NACK579.5MHz78.3MHz
      TOKYO FM80.0MHz78.9MHz
      J-WAVE81.3MHz80.3MHz
      NHK-FM82.5MHz80.9MHz
      FM yokohama84.6MHz81.6MHz

       
      このように、普通に飛んでいる電波とは全く違う周波数ですが、
      J:COMのケーブルにはこれらの信号が流れているワケです。
       
      それなら!ということで、久しぶりにテレビの 同軸ケーブルの工作 を開始します。
       
      材料になるのは普通のテレビの同軸ケーブルとF型端子の組み合わせ。
      数百円で売っているおなじみのケーブルですね。
       


       
      とりあえず甘栗むいちゃいました。・・・が、結局コネクタ部自体は
      流用できるものがなく、ケーブル先を切断 することに。
       


       
      こんな感じで 中の芯線をむき出しに してみます。
      外側のガード線はここでは必要ありませんので取り払います。
       
      そしてこのケーブルの片側はTVやHDDレコーダなどに繋いでいる
      普通のCATV同軸ケーブルから分岐したところにつなぎ、
      もう一方のむき出しにしたほうを・・・、
       

       
      このようにして FMアンテナコードに巻きつけ ます。
       
       「・・・こんなんでイイの?!」
       
      と思われるかもしれませんが、こんなんでイイんです。
      RDPC-101/S にはFMアンテナとして同軸ケーブルを繋ぐ場所はありませんが、
      同梱されていたFMアンテナコードに巻きつけるだけで十分効果があります。
      普通のラジオ機器で金属のロッドアンテナに巻きつけるのと同じです。
       

       
      ここで付属ソフトから、FM周波数のセッティングを全とっかえして、
      J:COM経由の配信周波数に合わせてみます。すると、、、

      Get the Flash Player to see this player.


       
      綺麗な再生 キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*!!!!!
       
       
      これで「FMについては」十分使える!という状態になりました。
      ということで、上記動画では 実際の操作の様子 を動画にしています。
       
      基本的にはチャンネルの数字を押すだけでプリセットした周波数に
      切り替わっていきます。そこで録音ボタンを押すと、これもあらかじめ
      指定されたフォルダに 320Kbpsのmp3ファイルとして 録音していってくれます。
       
      タイマー録音も設定可能で、1日単位で指定する 「date」 と、
      毎週指定曜日に動く 「weekly」 の2つの指定方法がありますので、
      楽しみにしている番組がある方もこれを置いておくだけでひたすら
      録り溜めてmp3にすることが可能です。
       
      そう考えるとオラ何だかワクワクしてくるかもしんないぞ!というのも、
      テレビ映像だったらちょっと微妙なSP画質の5Mbpsで録画しても
      1時間で2GBを消費するところが、ラジオは 「所詮」音声 ですので、
      贅沢に320Kbpsで録音しても 1時間で144MBしか 使わなくて済むのです。
       
       いわばかなり「録り放題」という状況になります。
       
      楽しみにしている特定のラジオ番組がある方であればこれはかなり
      嬉しい環境になるでしょう。iPodなどに転送して 持ち出せば、
      お気に入りの番組をどんどん「マイ・ライブラリ」として
      残していけることになります。こうなるとFMでどんな番組をやって
      いるのかと、ちょっと番組表をいろいろ漁ってみたくなりました。
       
      私の環境では残念ながらAMについては依然として「為す術がない」状態に
      なっていますが、AMラジオも普通に聴ける電波環境の方であれば
      AM/FMともにこのように「録り放題」で楽しむことができるでしょう。
       
      PCでネットラジオではない通常のラジオを楽しむというのは
      古くて新しい楽しみ方という気がしますが、それがこうして 数千円の出費
      手軽に楽しめるようになったというのはとてもリーズナブルという感じがします。
      そういう意味では各社からも似たようなレンジの製品が出ていてそれぞれ特徴が
      あるようですので、気になる方はいろいろ下調べをしてみると良いかもしれません。
       
      ただ、各社とも 電波受信感度が云々 という謳い文句を掲げるのが常なのですが、
      実際のところ自分の環境でテストしてみないと何とも言えないのですよね。。。
      (私のような環境が良い例です) その点は利用される皆さまがそれぞれの環境で
      全機種をテストするわけにもいきませんし、なかなかに難しい問題です。各自が
      気になった機種を1つ、また1つと試していく以外に方法はないかもしれませんね(´・ω・`)
       
      ※追記 2009/03/25 インプレスにもレビューが出てますね。
      ■気になる! itemズ - 高感度かつ低雑音! 受信性能重視のUSB接続型ラジオチューナー
      http://bb.watch.impress.co.jp/cda/items/25328.html


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | デジモノ | 2009/03/22 23:59


       (2009/03/21 23:59)

      SuperGT 2009年第1戦 「初音ミクBMW」は見事15位で完走!

       カテゴリ : 雑談 タグ :

      ■2008/11/26 [SuperGT参戦中の初音ミクBMW個人スポンサー募集 - 5万円コースには「ねぎ傘」]
      ■2009/02/15 [SuperGT初音ミクBMWの体制発表! 個人スポンサーにデジ埋の表記も発見]
      ■2009/03/17 [初音ミクBMW個人スポンサーグッズがいよいよ配送開始! しかし肝心の「傘」は・・・]
      ■2009/03/18 [初音ミクBMW個人スポンサー 5万円「ねぎ傘」コースの、傘「以外」グッズ一覧]
       
      3/21~3/22のSuperGT 2009年初戦(岡山) GT300クラスに挑んだ 初音ミクBMW
      土曜日の予選では107%基準をクリアできずに またもや嘆願書を提出
      する羽目になりましたが、日曜午前のフリーセッションで基準をクリアして
      何とか決勝の最後尾グリッドに並ぶことができました。
       
      日曜午後の決勝では、土砂降りの中、2度のコースアウトがありながらも、
      着実にラップを重ね、最終的にはトップから 7LAPダウンの15位
       
       見事、完走を果たしました!
       
      ■STGT広報スタッフ~モミィのブログ「GT開幕戦☆祝☆ミクZ4完走ー!!」
      http://ameblo.jp/stgt/entry-10228689515.html
       
      GT300クラスでは21台エントリ中1台が決勝グリッドに並べず、
      2台が途中でリタイア、そして残る18台中の15位ということで、
      レース順位としても 最後尾ではありません でした。
      もちろん自力でのオーバーテイクではなく、各車のレーストラブルの
      大小が反映されただけの結果ではありますが、徐々にレースの中に居場所を
      作れてきたのではないかと思います。次回以降は最後尾でも良いですから、
      ぜひ1度でも 「同一周回での競り合い」 のシーンを観たいところですね。
       
      ところでSuperGTではコースアウトしてグラベルにハマっても、手助けを受けて
      コースに復帰することができます。初音ミクBMWも今回1度は完全にグラベルに
      つかまって動けなくなるシーンがありました。ちょっとだけ抜粋。。。

      Get the Flash Player to see this player.


      それと、実は公式サイトでは、文字だけですが、各LAPのタイムと順位、
      それから回りの状況や無線の内容などを克明に リアルタイムレポート
      してくれていました。
       
      ■StudieGLADRacing 公式サイト 2009 SuperGT Vol.1 岡山TIサーキット 3月22日 決勝
      http://stgt.jp/race_live/season_2009/stage_01/day_02/

       
      テレビ生中継をご覧になれなかった方にも当時の状況がかなりハッキリと
      伝わったようです。こういう試みもまた新しい試みを次々と取り入れる
      「ミク」チームの成せる技といったところでしょうか。
       
      なお、当日のレース生中継はもちろん 「J Sports Plus」 で行われていました。
      SuperGTといえば「J Sports Plus」、初音ミクBMWの勇姿はちょこっとしか
      映らないかもしれませんが、LIVEで楽しめるのは「J Sports Plus」です。
       
      ■J SPORTS MOTOR - SUPER GT
      http://www.jsports.co.jp/tv/motor/gt/index.html
       
      今年のSuperGTもあと8戦あります。次回は4/18~4/19、舞台は 「鈴鹿」 です。
      興味が出てきた方はぜひ「J Sports Plus」の視聴を検討してみては如何でしょうか。

      Get the Flash Player to see this player.



      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2009/03/21 23:59


       (2009/03/20 23:59)

      EeeBox「B208」はAtom 330とRadeon HD4350搭載!? というかB204/B206は何処へ・・・

       カテゴリ : デジモノ タグ :

      昨年の晩秋に登場したスタイリッシュなネットトップ 「Eee Box」
      NTT東日本のフレッツ光とのセット販売という話もあったものの
       
       ウィルス騒動混入が起こってから
       
      その後のウワサはとんと途切れた感のある悲運の機種でありました。
       
      私はウィルス駆除したEeeBoxをテレビサイドPCとして活用していますが、
      本体そのものはお手軽価格にしてはなかなか使い前のある機種です。
       
      その「Eee Box」に新機種登場か?! というニュースがありました。
       
      ■デュアルコアCPUとグラフィックボードを搭載した低価格デスクトップ「EeeBox」の新モデルが登場か - GIGAZINE
      http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090319_eeebox_b208/
       
      昨年11月に発売になったのは「B202」という型番ですが、
      今回ウワサになっているのは 「B208」 という型番になっています。
       
      CPUは Atom N270 から Atom 330 に、HDDは160Gから250GBに、
      (というか国内版のHDDは80GBだったりするのですが)、
      グラフィックには ATI Radeon HD 4350 を搭載するとのことです。
       
      Atom 330 というのは、Atom 230 (N270) をまんま デュアルコア化 した
      CPUで、シングルコア実行時には230(N270)とほとんど変わらないという
      意味では心許ないもので、YouTubeやニコ動その他の動画再生などでは
      どこまで効くのか分からないとこもあるのですが、たとえマルチコア
      対応ソフトでない場合でも、バックグラウンドプロセスが反対側の
      コアに回ってくれれば多少なりとも効果はあるかもしれません。
       
      ただ、Atom 330 はノート用ではない230をベースにしたデュアルコアCPUで、
      N270のようなノート用とは違うため、EeeBoxに「省スペース」だけでなく
      「省電力」 も期待している方にとっては考えどころでしょう。
       
       
      なお、ちょっと腑に落ちないのは、ASUSの公式のサポートソフトダウンロード
      などのコーナーをみると実は 「B203」「B204」「B206」 という型番も
      存在していて、実際に昨年末頃に、やれHD対応になった新機種が出るだの
      何だのと「B204」「B206」のウワサが流れていたりしたのですが、
      これらを 実際に目撃した という証言がとんと見つからなかったりします。
       
      「海外で発売されているのに国内では未発売」ということであれば
      まだ納得だったりするのですが、
       
      ■Asus showcases the Eee Box PC B206
      http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=12454&Itemid=1
       
      いや、B206が 3月のCeBITに参考展示 されているって何よ・・・という。
       
      結局のところB204、B206という製品は出たのか? 出ていないのか?
      少なくとも国内ではすっ飛ばされた型番であることは間違いなく、
      今回のB208にしても、果たしてわれわれが実際に手に取ることの
      できる時期というのはまったくもって不明な状態です。
       
      いずれにせよCPUとグラフィック強化が為された Eee Box というのは
      魅力的ですので、できるだけ早い登場を待ちたいところです。


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2009/03/20 23:59


       (2009/03/19 23:59)

      あまとも通信 - Corega の RAID5-NAS が劇的な値下がり?!

       カテゴリ : あまとも タグ :


        木曜日は「あまとも通信」。今回は第125回です。
         

         
        ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
         
        「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
         
         isdsck さん、shumeg さん、serorina さん の3名様が、
         1,000円のAmazonギフト券 当選です!
         
        おめでとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
        いただきましたので、メールをご確認ください。
         
        プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
         
         
        ■今週の注目アイテム
         
        Corega の RAID-5 NAS に何だか凄いお値段が付いています。
        CG-NSC4500GT-2.0T が 80,200 円 ⇒ 70,200 円 (-10,000円)、
        CG-NSC4500GT-2.0TA が 70,200 円 ⇒ 60,200 円 (-10,000円)、
        となっているのですが、、、

        そもそもこれ、定価は20万円くらいする製品で、
        たとえば本日現在でも、価格.comで見るとこんな感じなのです。
         
        ■価格.com - HDD Bank TERA Pro CG-NSC4500GT-2.0TA の価格比較
        http://kakaku.com/item/05385112838/

         
        他社が軒並み 13万円台 といった中で、Amazonが飛びぬけて 6万円 です。
        価格付けが何かおかしいのではないかと思うくらいですが、
        ほかにも値下がりの気配を見せているところがあるのを見ると、
        Amazonが値下がりを先取りして動いたのかもしれません。
         
        いずれにせよ 2.0TBぶんのHDD を含んでこのお値段ですから、
        ご興味のある方には一見の価値はありそうな気はするのですが、
        よく見るとHDDが Seagate製 と書いてあったりするところも
        気にならないことはありません。。。まさか渦中のディスクを入れたまま
        そのまま売っているワケではないですよね(´・ω・`)?
         
        今後ともあまともを宜しくお願いいたします m(_ _)m
         


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (3) | トラックバック (0) | あまとも | 2009/03/19 23:59


         (2009/03/18 23:59)

        初音ミクBMW個人スポンサー 5万円「ねぎ傘」コースの、傘「以外」グッズ一覧

         カテゴリ : 雑談 タグ :

        ■2008/11/26 [SuperGT参戦中の初音ミクBMW個人スポンサー募集 - 5万円コースには「ねぎ傘」]
        ■2009/02/15 [SuperGT初音ミクBMWの体制発表! 個人スポンサーにデジ埋の表記も発見]
        ■2009/03/17 [初音ミクBMW個人スポンサーグッズがいよいよ配送開始! しかし肝心の「傘」は・・・]
        今のところそれ以外のグッズは無事に届きましたし、一番待望のねぎ傘については4月末まで辛抱強く待つことにします。。。
        ということで、「ねぎ傘」コースで応募したにもかかわらず、
         
         お目当ての傘「だけ」がまだ届かないという
         
        ちょっとさみしいグッズ発送となりましたが(傘だけ4月末頃予定)、
        それ以外のグッズは無事まとめて発送され、ウチにも届きました。
         

         
        真ん中の紙が、傘延期についてのお詫び状です。
        それ以外にキャップ、Tシャツ、タオル、個人スポンサー証があります。
         

         
        まず キャップ です。紺と白のベースに「Studie GLAD Racing」のロゴと
        みくみくダッシュ のキャラクターで構成されています。
         
        つばの部分は ダメージ加工 といってわざと破れたような感じにされて
        いますが、ほかの部分が真新しいのでちょっとわざとらしさも感じます。
        むしろボロボロに使い込んじゃったりしたほうが味が出るのかもしれません。
         
        このくらい抑えたデザインならゴルフとかにしれっと被っていっても
        誰も気づかなかったりして? と思ったり思わなかったり。。。
         

         
        続いて Tシャツ です。黒とグレーのツートンカラーでサイズはLです。
         

         
        長袖でした。みるからに暑い感じですが、これもキャップと同様に
        デザイン自体はすっきりしていて、街中でしれっと着ていても
        悪くないデザインかもしれません。
         

         
        ・・・ウソでした!
         
        背面はかなり みっくみく です。アニメ絵調なデザインは使われていませんが、
        さすがにキャラものな雰囲気は隠せません。やはりそういうグッズであると
        割り切って楽しむのが良いでしょう。
         

         
        さらに 「ねぎタオル」。緑と白の2色になっていて、
        丸めるとねぎになる という面白いタオルです。
         

         
        最初は 色落ち があるので単品で洗ってください、という注意書きがあります。
        レースとかに持っていっていきなり首に巻いてたりするとシャツに
        緑色がうつったりして大変なことになるので注意しましょう。
         

         
        広げるとこんな感じ。みくみくダッシュは本当にカッコいいですね。
        これもまんま 「タペストリ」 だと思って飾るのもアリです。
         

         
        最後は2009年 個人スポンサー証 です。モノとしてはクレジットカード
        みたいなちょっと厚手のプラスチック製になっています。
        2009年の新デザインになったマシンの写真がどーんと載っています。
         
        個人ごとに名前が入っていたり会員番号が入っていたりはしません。
        というか個人スポンサーは各年ごと募集で別にファンクラブ会員
        というようなものでもありませんので、会員番号とかはありません。
         

         
        裏面は真っ白 なのですよね。。。
        これはもうちょっと何か書いてあったほうが嬉しかったのですが。
         
        ということで、ファングッズとしてはなかなか良い印象でした。
        あとは本丸となる「ねぎ傘」を待つばかりでございます。
         
        これから届く「ねぎ傘」も含めて、トータル5万円というのはもちろんグッズ
        としたらお高いのですが、そもそも半分以上は レース資金として寄付する
        というくらいの名目ですから、ファンからしてみたら初音ミクBMWが今年1年も
        元気な姿でサーキットを快走してくれることが何よりの「本丸」でしょう。
         
        まずは初戦の岡山(3/21~3/22)を、グッズを握り締めて楽しみに待ちたいと思います(*゜ー゜)


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2009/03/18 23:59


         (2009/03/17 23:59)

        初音ミクBMW個人スポンサーグッズがいよいよ配送開始! しかし肝心の「傘」は・・・

         カテゴリ : 雑談 タグ :

        ■2008/11/26 [SuperGT参戦中の初音ミクBMW個人スポンサー募集 - 5万円コースには「ねぎ傘」]
        ■2009/02/15 [SuperGT初音ミクBMWの体制発表! 個人スポンサーにデジ埋の表記も発見]
         
        SuperGTに今年も参戦する「 初音ミクBMW初音ミク Studie GLAD BMW Z4」
        の個人スポンサー申し込みカスタマーサポートからメールが届きました。
         

         
        『発送にお知らせ』? (つっこむな)
         
        いよいよ個人スポンサーに対する グッズ配送が開始 されます。
        というか、もう第1戦のその日が目前に迫っている状況ですので、
        これでももうギリギリ中のギリギリというラインなのですが、
        とにもかくにも配送が始まったということでwktkは募ります。
         
        その中にこんな一文がありました。
         

        ※伝表記載品名 「雑貨(ガラス製品)」 とし無地のダンボールにて中身がわからないように発送しております。
         
         
        ・・・エロゲグッズかよ!!
         
         
         
        という全国693名の個人スポンサーの心の声が聞こえてくるようです。
        かくして、それは無事届いたのでありました。
         

         
        あれ・・・というか、ちょっと袋が小さくない??
         

         
        袋にはちゃんと 「雑貨(ガラス製品)」 という文字が。
        手触りからしてガラス入ってないですから。柔らかいですから。
         
         
        あれ、柔らか・・・・くていいんだっけ。
         
         
        何か イヤな予感 がしつつ開封してみると、中からはいくつかの
        グッズと共にこんな紙が同封されていました。
         

        5万円プランの特典品 「ねぎ傘」 につきまして、予想を越える皆様からのご支援と1本1本手作業による製作のため当初の予定より納品が遅れており、今回の特典品と 同日にお届けすることができなく なりました。心からお詫び申し上げます。
         
        うわああああぁぁぁぁ。
         
         
        傘すげー。(cv あちゃくらさん) 届かねー。
        というか、「梱包作業」とかではなくて 「製作」が1本1本手作業
        なのですか!? それは・・・むしろお疲れ様でございます。
         
        今のところそれ以外のグッズは無事に届きましたし、一番待望の
        ねぎ傘については4月末まで辛抱強く待つことにします。。。


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | 雑談 | 2009/03/17 23:59


         (2009/03/16 23:59)

        RD-XV81からアラート音 - 「ER0004」は見なかったことにするエラー。

         カテゴリ : レコーダ タグ :

        先日、RD-XV81から急に 「キーキー!」 というアラート音が聞こえました。
        この音は録画に失敗したりいろいろな場面で鳴るRDレコーダのとっても
        聞きたくない音No.1 (No.2やNo.3はない) なのですが、
        慌てて振り向いて確認してみると、そこには
         
         「ER0004」というエラー番号が踊っていました。
         

         
        慌てていたのでその場面を撮り逃してしまったではありませんか。。。
        メインで使っているRD-XS48の上にRD-XV81が積み重なっていますが、
        今回悲鳴を上げたのは上のRD-XV81のほうです。
         
        この 「ER0004」 というエラーが何なのかと思ってネットで調べてみると、
        いちおう 「内部通信エラー」 ということらしいのですが、
         
        「これが出たら 電源ボタンを10秒間長押し して完全停止して、
         しばらく経ってから電源を入れなおしてみると、
         あら不思議、直ったワァ となるのであとは見なかったことに。
         それで駄目なら 修理センター へいらっしゃいまし♪」
         
        というなかなかアバウトというかある種致命的っぽいエラーのようです。
         
        そこで言われた通りにしてみると、結局この「ER0004」は合計2回
        遭遇したのですが、その後は今のところ無事に動き始めているようです。
        たまたま暴走したとき等にも表示されるのでしょうか。。。
         
        その後、急にまた「キーキー!」と鳴ったので、そのたびに
        「ひぃぃぁ!」と自分まで一緒に悲鳴をあげていたのですが、
        今度は ADAMSの通信 のためにチャンネルを自動で変えて良いかどうか
        というアラームが表示されていました。というかADAMSとか使って
        ますかRD-XV81は・・・。設定という設定を見直してみたのですが、
        これもドコで切ったら良いのかわからずそのままになっています。
        通信方式のところだけはインターネット限定の設定にしておきました。
         
        そこでふと気が付いて、ファームウェアのバージョンアップ
        なんていうものができることも気がつきました。これをやってみると
        どうなるというモノでもありませんが、ついでとしてやってみます。
         

         
        東芝のRDレコーダのファームウェア・バージョンアップは、
        画面表示が固まったまま 10分以上 も待たされることが多いので
        とっても不安を誘います。何も知らない人であれば3人に1人くらいが
        怖くなってコンセントを抜いてしまってもおかしくないレベルです。。。
         
        バージョンアップ自体は無事に終了し、それとの因果関係はともかく
        今のところ「ER0004」は再発していないのですが、元々が結構古い機種
        ですので、そろそろ不安になってきてもおかしくない頃合ではあります。
        元々はVHSテープからの取り込みのために導入した機種ですし、
        いつでも退役できるようにしておいたほうがよさそうな気もしてきました。
         
         
        ※追記

        このたび 見事に再発を いたしまして、無事カメラに収めることができました。
        ・・・・というかこれはもう諦めて退役を考えることにしましょうかね('A`)


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | レコーダ | 2009/03/16 23:59


         (2009/03/15 23:59)

        ケーブルテレビをめぐる「オプションチャンネル」狂想曲、最近の話。

         カテゴリ : 雑談 タグ :


          こんなことがあろうという予感はしていたのであるが、
          3月も半ばになろうかという頃、J:COMから1枚の封書が 届けられた。
           

           
          〔重要なお知らせ〕必ずご開封ください
           
          どうみても 嬉しい知らせではない。値上げである。たぶんである。
          そうでなければ値上げっぽい何かである。ある噂を耳にしていた私は
          その封を開けなくても中身がだいたい分かっていたのであるが、
          嬉しい知らせであることを祈って、恐る恐る開けてみることにしたのである。。。
           

           
          「フジテレビNEXT」の開始に伴う新メニューのお知らせ
           
          そこには確かにそう記されている。悪い予感は当たったのである。
          なぜ新チャンネルのお知らせが悪い知らせなのかは、フジテレビ721+739を
          契約している人であれば誰でも知っているであろう。これは今まで2つだった
          フジテレビCSチャンネルを 3つに拡充する という名目でセット価格が値上がり
          するという、おそらくほとんどの人にとっては実質値上げっぽいニュースなのである。
           

           
          「フジテレビ721」は 「フジテレビONE」 に、そして「フジテレビ739」は
          「フジテレビTWO」 という名前になり、さらに新チャンネルとして
          「フジテレビNEXT」 が登場する。いままでの2つセットは月額1,050円だが、
          今度のONE-TWO-NEXTセットは 月額1,418円 になる。そしてここが重要だが、
           
           F1生中継、K1生中継、欧州サッカー生中継、武豊TV! など
           
          多くのキラーコンテンツが第3のチャンネル「フジテレビNEXT」担当に移動する
          のである。私としてはフジテレビのCSは F1と有野課長と武豊TVくらいしか
          見ていなかったのであるが、F1生中継が人質に取られるのは致命的である。
          いまさらCMだらけの地上波の録画放送で我慢しろと言われても辛すぎるのである。
          そしてフジテレビNEXTはそのF1生中継もハイビジョンで放送するという。
           
           
          もちろん二つ返事で契約してしまったのであるー。
           
           
          J:COMに即電話して 「3つセットに移行で!」「かしこまりました♪」
          てなものである。おそろしい。テレビが衰退したとか御託はどうでもいい。
          キラーな番組が1つでもあればお金は払わなければならない。
          そう、我々に選択の余地はないのである。
           
          実は1ヶ月前にも同じような攻撃が行われた。
          J:COMから封書が届く。最近は この封書が届くとロクなことがない のである。
           

           
          『アニメシアターX(AT-X)料金改定のお知らせ』
           
          ほらきたのである。料金が 低いほうに改定 されることはない。
          ということは料金が、たぶん、おそらく、上がる、ような気がするのである。
           

           
          現行料金 1,575円 ⇒ 新料金 1,890円
           
          やはり上がった。300円くらい上がった。名目は24時間放送に移行するから
          ということであるが、基本的に再放送プログラムを詰め込むだけだろという
          正論な突っ込みをしてはいけないのである。というかはやくHD放送になってくれ
          という視聴者の要望むなしく SD放送のままで がっつり値上げなのである。
           
           
          もちろん何の疑問もなく契約続行するのであるー。
           
           
          ちょっと前に気になってたけど結局観なかったモノとかあとから
          結構回収できたりして便利なチャンネルなのである。敵もさるもの、
          多少の値上がりで切られることはないと 足元を見ている のである。
           
          思えばそれ以外にも 「グリーンチャンネル」 も契約しているのである。
          これもしっかり 月額1,260 円 とか掛かったりするのである。
           
          ■グリーンチャンネル
          http://www.gch.jrao.ne.jp/

           
          これがまた無くてはならないチャンネルなのであるが、これのせいで
          アナログSTBだと見られなくなるといって人質に取られて泣く泣く
          デジタルSTB契約に変更を余儀なくされた思い出のチャンネルなのである。
           
          さらに追い討ちをかけるように、今年も SuperGTの季節 が始まるのである。
           
          ■J Sports
          http://www.jsports.co.jp/

           
          昨年このために追加で契約した 「J Sports Plus」 は、シーズンオフのたびに
          解約するのも面倒なので結局そのままにしていたりするのであるが、
          WBCの生中継が観られたりパリーグの試合もやってくれたりして、実は結構
          楽しんでしまったりするのである。月額1,365 円 も掛かるのであるが、
          初音ミクBMWの勇姿 が今年も生中継でたっぷり観られるのはこのチャンネル
          だけなのである。しかも今年は予選もしっかり生中継が決定しているのである。
           
          基本料金となるJ:COMデジタルコンパクトは 月額4,389円 である。
          しかしオプションチャンネルの値段を積み上げていくと、このようになる。

          J:COMデジタルコンパクト(基本)月額4,389円
          フジテレビONE-TWO-NEXT月額1,418円F1生中継とか
          アニメシアターX(AT-X)月額1,890円アニメ三昧
          グリーンチャンネル月額1,260円競馬1Rから全部
          J Sports Plus月額1,365円SuperGT(初音ミクBMW)
          合計月額10,322円

           
          基本料金より、オプション料金のほうが高いのであるー・・・。
           
          年間にすれば 12万円 かけてテレビを見ているのである。
          いや、より正確にいえば、一部のどうしても観たい番組の視聴権を
          確保するためにそれだけの出費を受け入れているのである。
          テレビの衰退が何だ! コンテンツ・イズ・キング である!
          まんべんなく作った番組が評価されないかわりに、一部の有力なコンテンツが
          お金を取る価値を主張し始めている。特に 「生中継」 というのは
          強力なキラーとなりうることが身をもって証明されたのではなかろうかー。
           
           
           
          ・・・という感じで いっしょけんめい納得しようと しているところなのですが
          冷静にかんがえてみるとやっぱりお高いですよねー、あれ、いつのまにか出費
          ふえてますよねー、だいじょうぶですかねー、だいじょうぶですよねー。あれー・・??


          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2009/03/15 23:59


           (2009/03/14 23:59)

          12方向にマグネットを持ったLEDライト、機器の背面作業に最適?

           カテゴリ : デジモノ タグ :


            ■Akiba PCHotline - 凸凹の球状LED販売中、PCのメンテに便利?
            http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090314/etc_striker.html
             

            発売されています。BISS Product というメーカの製品で、名称は
            「Striker Magnetic LED Light」、実売価格は2,079円です。
             
            このLEDライト、ゴツい形状が目を惹きますので、思わず
            12方向の突起の好きなところから光が出るのかと思ってしまいがち
            ですが、実際は、光自体は1方向からしか発せられません。
             
            ただし、その 12方向の突起 に付いたマグネットのどれを使って
            機器等に固定するかによって LEDの光の射出方向 が決められる
            ということで、マグネットを付けられる金属板さえある場所なら、
            好きなところに固定して好きな方向を照らすことが可能です。
            電池は LR44タイプ のボタン電池を3つ使用します。
             
            上記ページでも示されているとおり、PC内部を開けて狭くて暗いところで
            パーツの付け替え作業などをする 自作PCユーザ にとっては
            案外と活用シーンの多いライトになるのではないかと思います。
             
            また、PC以外にも活用場所としてありそうなのが、AVラックの裏側で
            作業をする場合です。すでにコードのつながったHDDレコーダの裏側を見て、
            一部の配線だけ繋ぎ替えたい、といったシーンでこれらの機器の裏側を
            無理やり覗いたり するシーンはよくありがちなのですが、そんな際の
            作業ライトとしても活用できるでしょう。
             
            お値段もお手ごろですし、見つけたら1つ確保してみるのも良いかもしれません。
            ただ、実際問題として ネットショップ などではさっぱり検索に引っかからず、
            秋葉原の店舗に出向いて探してみるしか入手の方法はなさそうです。


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2009/03/14 23:59


             (2009/03/13 23:59)

            「初音ミク -Project DIVA-」ねんぷち付き予約特典verの予約が開始

             カテゴリ : ゲーム タグ :

            PSPで今年7/2に発売予定の初音ミクのゲーム、
             
            「初音ミク -Project DIVA-」
             
            がAmazonですでに 予約可能 になっています。
            とはいっても、まだ実際の発売は 3ヶ月以上も先 のことですから、
            今注文可能になったからといってどうということはない、はず、
            なのですが・・・。
             

             
             
            ごらんの有様だよ・・・。
             
             
            何となく注文しているようですが、実は何となく注文しています(おい)
            定価は6,090円ですが、予約価格は 4,918円 になっていました。
             
            実は予約特典として 「ねんどろいどぷち 特典Ver.」
            付属するとのことですので、もしこの特典Verがなくなることを
            恐れるくらいの大のミクファンの方であれば、どこでもいいから
            とりあえず早く予約したほうが良い、ということになるのかも
            しれません。繰り返しますが私は何となく注文しています(おいおい)
             
            ■39の新情報が飛び出した! PSP『初音ミク』ステージの模様をレポート!
            http://news.dengeki.com/elem/000/000/145/145860/
            ▲ピアプロ新規コスチューム6点が登場するとのこと。左からゴシック、パイレーツ、マジシャン、みやび、パンク、ボーカル。
            ▲弱音ハクや亞北ネルといったキャラクターたちも登場! そして、巡音ルカもゲーム内でその姿を見られるようだ。


             
            「弱音ハク」「亞北ネル」 もすっかり公式キャラっぽく
            なって居場所を確保しているようです。ゲームの内容もさることながら、
            ざっと見る限りでも ファンディスク としての価値はありそうな
            気がしますので、さらにゲームも面白ければラッキーくらいの気分で
            買ってしまっても良いような気はしますね(←おまえだけだ)


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2009/03/13 23:59


             (2009/03/12 23:59)

            あまとも通信 - PanasonicのHDムービーカメラ「HDC-HS300」が値下がり

             カテゴリ : あまとも タグ :


              木曜日は「あまとも通信」。今回は第124回です。
               

               
              ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
               
              「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
               
               ymira7 さん、ktktoktk さん、berbatov9 さん の3名様が、
               1,000円のAmazonギフト券 当選です!
               
              おめでとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
              いただきましたので、メールをご確認ください。
               
              プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
               
               
              ■今週の注目アイテム
               
              Panasonic のHDムービーカメラ HDC-HS300 が値下がりしています。
              3/13付けで 98,501 円 ⇒ 84,056 円14,445 円の値下がり です。

              ・・・なぜかHDC-HS200より安いとか(;´~`)? あれ?
               
              私はXactiのような縦型・ガングリップ型に思い入れがあって、というか、
              この手の 横筒型のカメラ は軽い気持ちでパッと撮影するよりも
              じっくり構えて撮るタイプですのであまり自分の生活の中では
              活かすところが少ないのですが、そういう点を気にされない方には
              選択肢としてはPanasonic、キャノン、Sonyなどさまざまなメーカが
              ひしめき合っている家庭用ビデオカメラは捨てがたいところがあるでしょう。
               
              このHDC-HS300は、60iとはいえフルHDのAVCHDで 120GBのHDDを内蔵
              (外部SDHCも32GBまで)。筐体サイズや、標準バッテリでも 約520g という
              重量などはXactiのような小型デジカメの系譜とは比べられませんが、
              長時間バッテリで 2時間撮影も 可能(さらに重くなりますが)というあたりの
              いわゆる「運動会カメラ」なスペックには惹かれる方も多いはずです。
               
              私自身はこういうムービーカメラも1台くらい経験として試してみたいなぁとは
              思いつつ、何となく「買いはしたものの使わなくなりそう」な感じがして
              ちょっと思い切れないところがあります(´・ω・) お子さんとかいると
              一生ものの思い出ビデオ とか撮る機会が沢山あるのでしょうけどね。。。
               
              今後ともあまともを宜しくお願いいたします m(_ _)m
               


              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | あまとも | 2009/03/12 23:59


               (2009/03/11 23:59)

              続・ニコニコユーザ広告機能を試して・・・みた!

               カテゴリ : 雑談 タグ :


                ■2009/03/09 [ニコニコユーザ広告機能を試して・・・みたかったのですが。]
                復旧は週末 \(^o^)/ オワタ
                ということで、結局何も試せないまま本日はオワタ状態になりました。
                また週末になったら試してみたいと思います・・・ orz

                週末(3/13)になったら試験的ではありますが復活していました。
                ということで気を取り直してお試しがてら使ってみることにします。
                 

                 
                お試しですので、どうせならと自演ですがこの動画を選んでみます(=゜ω゜)
                 

                 
                ユーザ広告は タグページ に対して行われますので、どのタグにポイントを
                投入するのかを決定します。投入は 100ポイント単位 で、1度投入すると
                1週間有効になります。競争率 の高いタグは濃い色で表示されており、
                それだけ表示される確率が低くなることを意味しています。
                 

                 
                表示確率は投入されたポイントの総数によって増していきますが、
                自分の投入したポイント数が有効な 1週間 という期間は一律です。
                タグにフォーカスするとそのタグページの 1日のPV まで表示されます。
                 
                ここでは「とらドラ!」に入れて見ましょう。
                1日わずか159pvしかないこともこれでわかります。
                 

                 
                広告投入時には、広告主(?)の コメント が入れられます。
                最大で全角45文字までで、これは広告と一緒に表示されます。
                同じ動画に複数人が投入していた場合は、おそらくランダムな
                確率で表示されるものと思われます。
                 

                 
                これで広告投入は完了です。あっという間の簡単仕様です。
                このあたりのUIの洗練され具合はさすがニコニコというところでしょう。
                 

                 
                実際に このように表示 されました。この場合は最大3枠だった広告枠に
                まだ2件しか広告がないため、100%表示されています。ただそれは当然
                過疎タグだから、という意味であって、必ず表示されるから効果が高いという
                意味ではありません。そのあたりのコツなども ヘルプで説明 されています。
                 
                ■ニコニ広告>使い方ガイド 宣伝のコツ
                http://uad.nicovideo.jp/main/help/manual/hint.html

                 
                要するに 人気タグの上で勝負 するか、過疎タグを占有 するか、
                どっちもどっちでいろいろ考えどころが多いということですね。
                 

                 
                ちなみに動画の最後には 「提供」 としてこのような表示がされます。
                かなり恥ずかしい です。。。
                なお、結局どの程度の効果があるのか「とらドラ!」タグだけで測るのは
                心許なかったので、「Xbox360」タグにも追加を突っ込んでみました。
                 
                ということで、試みとしてはなかなか面白そうな機能ですが、
                最初のうちは良くても、結局のところ リアルマネー が絡むお話になりますので、
                これが ポジティブなループ を生み出すのか、ドロドロな世界 を生み出すのか
                についてはまだ今度の動向次第ということになるでしょう。アイマスやミクなどの
                人気タグではドロドロなところも早めに顕在化するかもしれませんが(汗)
                今後の動向にはぜひ注目していきたいところです。


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2009/03/11 23:59


                 (2009/03/10 23:59)

                新しいiPod shuffleは超小型スリム・・・だけど「標準イヤフォン必須」?

                 カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

                ■「あなたに話しかける」 新iPod shuffle登場
                http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0903/11/news102.html
                 
                新しいiPod shuffle が発表になりました。
                Apple Storeでも既に注文受付が始まっています。
                容量は4GBのみ、色はホワイトとブラックの2色です。
                 
                iPod shuffleというと、最初のスティック型が出て、
                そのあとそれを半分に切ったような正方形タイプが出てから
                しばらくは放置されていたラインナップではあるのですが、
                今回久々にそれをガラリと変えてきたということで
                注目が集まっているようです。
                 
                 ・新shuffle 45.2×17.5× 7.8 (mm)
                 ・旧shuffle 41.2×27.3×10.5 (mm)
                 ・iRiver S10 42.0×30.0×10.8 (mm) (参考)
                 
                縦は若干伸びましたが、横幅は 3分の2くらいにスリム になり、
                さらに厚みも4分の3くらいになっています。
                 
                驚いたのは、従来の丸型のボタン群を全て取り払い、それらを
                付属のリモコン付きイヤフォン のほうに移動させたことです。
                本体そのものについているスイッチはわずか1つで、
                「電源OFF」→「通常再生」→「シャッフル再生」
                という3段階を切り替えるスイッチしかありません。
                 
                付属のリモコン付きイヤフォンでは、再生/停止、音量調節、
                プレイリストの切り替えなどが可能ですが、
                 
                 他社製のイヤフォンは使えないのか??
                 
                という問いについては、どうやらほとんど 「... yes」
                ということになってしまいそうなスペックです。(要確認)
                 
                本体ジャックに直接挿せば使えないことはありませんが、
                一時停止やプレイリストの切り替えはまだしも、
                音量調節すら 一切できなくなってしまいます。
                それで良しとする人はおそらくほとんどいないでしょうから、
                これは 「標準添付のイヤフォンで使え」 ということなのでしょう。
                 
                その代わり、再生中の曲情報を音声で知らせてくれる 「VoiceOver」
                という新機能が加わりました。いや、代わりにも何もなりませんが・・・。
                 
                携プレを買うときに、イヤフォンを今買った本体に付属していたもの
                を使う、という文化は、日本ではあまり一般的ではないような気が
                するのですが、そのあたりはどうなのでしょう? 実際の比率は
                よくわかりませんので、shuffleを購入対象にしている層にしてみれば
                案外受け入れてしまう人が多いのかもしれませんが、私個人としては
                自分でイヤフォンを選べない のは結構なダメージに感じます。
                 
                イヤフォンを選ぶときに結構忘れがちなのが、
                 
                 耳に合うかどうか
                 
                という点で、大きさについても13mm~16mmあたりまで0.5mm刻みで幅が
                あったりしますし、形状によって自分の耳だと すぐ落ちそうになる
                あるいは 耳が痛くなる、など、とにかくとても神経を使う装置です。
                もちろん音質の面でも大きく違ってくるのは言うまでもありません。
                 
                こうした側面を全て切り捨てて、「これが、shuffleスタイル!」みたいな
                道理が果たして日本でどのくらい通るのか、ちょっと興味はあります。
                 
                私自身としてはやはり購入対象外なのですが、ということはさておき、
                人々の音楽を聴くというスタイルの中で、音、フィット感、デザイン
                などの面からイヤフォンがどれだけ重視されているのかいないのか
                というのが、このiPod shuffleから見えてきたりするかもしれませんね。
                 
                2009.03.12 追記
                ■新iPod shuffle、他社製ヘッドホンは要アダプタ(別売り)・サードパーティーからも登場
                http://japanese.engadget.com/2009/03/11/ipod-shuffle-adaptor/
                リモコンのない一般ヘッドホン向けのアダプタを別売りのアクセサリとして提供する予定であるとのこと。
                とのことです。小型化したiPod shuffleの良さを崩さないような
                フォルムになれるのかどうか、気になりますね。


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (5) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2009/03/10 23:59


                 (2009/03/09 23:59)

                ニコニコユーザ広告機能を試して・・・みたかったのですが。

                 カテゴリ : 雑談 タグ :


                  かねてより予告されていたニコニコ動画の ユーザ広告 が始まりました。
                  バナー広告のような普通の広告ではなく(そんなのは高すぎて買えません)、
                  ユーザがほかのユーザの 動画を応援したい ときにポイントを使って
                  プッシュし合うことができるという、
                   
                   「コスト掛けてわざわざ踊らされるお手伝いをするぜ!」
                   
                  みたいな、変だけど面白そうではある仕組みです。
                  こちらの記事を読んで面白そうだったので試してみたくなりました。
                   
                  ■ニコニ広告を試してみた - 未来私考
                  http://d.hatena.ne.jp/GiGir/20090311/1236747989
                   
                  たまたま プレミアム会員 のニコニコプレミアンな方々には
                  100ポイント無料進呈 みたいな販促キャンペーンをしていましたので、
                  とりあえずそれをゲットして使ってみることにしました。
                  よーしパパせっかくだから自演広告だしちゃうぞー。(おい)
                   

                   
                  いつもニコニコプレミアンな方々にはこんな メール が来ています。
                  特別に100ポイントプレゼントです。太っ腹です。もちろんポイント
                  ですから運営側は1円たりとも損しないのですが(言っちゃった・・)。
                   

                   
                  URLをクリックするとこんなページにたどり着きます。
                  わーフィッシングサイトみt・・・(ry いえいえ、ごめんなさい。
                  100ポイントも頂けるのですからありがたく頂くこととしましょう m(_ _)m
                  ということで 「プレゼントをもらう」 をクリック!
                   

                   
                  何も起こらずニコニコポイントの管理画面らしきところに漂流。
                  「利用できるポイントを持っていません。」
                  今もらったはずのポイントはどこにいったのだ・・・。
                  おかしいなと思って戻ってやり直したりしていると、
                   

                   
                  よかった! 今度はちゃんと 「100ポイントGET」 できたよ!
                  いつの間にか自費で購入しちゃったりしなくてよかった・・・。
                  とにもかくにもこれで広告枠が買える、はず、です。
                   

                   
                  ニコニコポイントが使えるのはココだけ!(褒めてない)
                  そういえば 「ai sp@ace」 ってありましたよね・・・、
                  いまは一体どうなっているのでしょう・・・。
                  などと思いつつも、ここは当初の目的を忘れずに、
                  「さっそくニコニコ広告で使ってみる」を押してみると、
                   

                   
                   
                  「メンテナンス中です」
                   
                  ・・・え?
                   
                   
                  ■ニコニ広告 長時間メンテナンスのお知らせ
                  http://blog.nicovideo.jp/niconews/2009/03/002578.html

                  昨日よりサービスを開始したニコニ広告ですが、一部機能に重大な問題が見つかり、サービスを継続しながら解決するのが非常に難しいと判断したため、誠に勝手ながら長時間のメンテナンスを行い、復旧作業に専念させて頂きたいと思います。
                   
                  (中略)
                   
                  メンテナンスの期間については、
                  本日の18時から開始し、今週末を目処に完全復旧 を目指したいと思います。

                   
                   
                  復旧は週末 \(^o^)/ オワタ
                   
                   
                  ということで、結局何も試せないまま本日はオワタ状態になりました。
                  また週末になったら試してみたいと思います・・・ orz


                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2009/03/09 23:59


                   (2009/03/08 23:59)

                  「ダービータイムオンライン」5月で終了 - ゲームのオン機能と「無料」の関係

                   カテゴリ : ゲーム タグ :


                    オンラインゲームはその中毒のような楽しさとは裏腹に、
                    そもそもの 「サーバ運営の費用」 が捻出できてこそ
                    初めて長期の運営を継続することが可能になるワケですが、
                     
                    ■Hinemosu - 「ダービータイムオンライン」(PS3)、好評につきサービス終了
                    http://www.hide10.com/?p=11979
                     
                    こんなニュースが最近話題になりました。この 「ダービータイムオンライン」
                    というゲームは数千円でパッケージ売りしているものの、
                    実際のゲーム内容はほとんど 「オンライン専用」 ということらしく、
                    オンラインが終了してしまったら遊びようのないゲームとのこと。
                     
                    それが2008年11月発売で、2009年3月にはお手上げ宣言、さらには
                    2009年5月で終了、ということで
                     
                     実質「半年」でゲーム不能になるというゲーム
                     
                    になります。実際にはこの宣言後にユーザが増えることはほとんど
                    ないでしょうし、ユーザが増えなければ盛り上がりませんから、
                    買った人は今からもほとんど楽しめないということになるでしょう。
                     
                    ひどいお話ではありますが、オンラインゲームの運営というモデルが
                    そもそもまとまったお金のかかるものだということを考えると
                    身につまされるモノがあります。
                     
                    ・ゲーム自体を月額料金を取れるほど作りこむ (FF11など)
                    ・ゲーム自体はソフト/プレイとも無料にして、アイテム課金する
                     
                    といったモデルでは収支が均衡していますから、上手くいけば続ける、
                    あるいは上手くいかなければ止める、という判断で問題がありませんが、
                    (実際、PC系のゲームはみんなこういうモデルになっています)
                    PS3、Wii、DSなどのゲームのオンラインはみんな 「オンラインは無料」
                    「オンラインはおまけ要素」というモデルが前提になっていて、
                    それが足枷のようになってきているように思います。
                     
                    オンラインで魅力的なゲームが!とアピールしたいけど、オンラインを
                    バリバリ使って同じソフトを延々と遊ばれても、実入りがなく
                    コストばかり増えていく、というような状態になりかねないからです。
                     
                    たとえばXbox360では、オンライン対戦は 有料のゴールドメンバシップ
                    会員 でないと遊べない、という体系を取ってバランスを取っています。
                    これはこれでコスト的にはバランスが取れているという話もありますが、
                    その一方で ごく一部のマニア しか対象になってもらえないという
                    意味では別の苦しさも抱えています。
                     
                    1つ例を挙げると、私は、2007年5月に発売された 「Forza2」 を延々と
                    遊んでいて、それだけでもう丸2年が経とうとしているワケですが、Forza2に
                    支払った金額は最初のパッケージ代(6,000円くらい)とその後のDLC代が
                    せいぜい2,000円くらい、あとはMicrosoftに支払っている月々の
                    ゴールド会員代金(年間5,000円くらい)がすべてということになります。

                    ゴールド会員の代金はそれなりに高いですが、これは別にForza2のみに
                    支払っている金額ではなく、その他のソフトの対戦に共通するサービス料と
                    して支払っているにすぎません。MicrosoftにとってForza2のオンライン
                    サーバを開き続けている意味というのは、コスト的に見ると果たして
                    ワリに合っているのかどうか、なかなか微妙なセンではあります。
                     
                    もしこれがPS3、Wii、DSのように 「オン無料」 で始まっていたら、
                    少なくともForza2の部屋はもうとっくに閉鎖になっていなければ
                    ならない頃合でしょう。オンラインのサーバ運営というのは実入りの
                    保証もないのに毎月出て行く「固定費」だけ増えるような存在です。
                     
                    そういえばつい先日、昨年11月に発売された 「オトメディウスG」
                    オンラインCoop(協力プレイ)の改善パッチが配信されました。
                     
                    これはまだ発売から3ヶ月ちょっとという段階ですし、このあと大型DLC
                    (新キャラ登場)も控えていることから、そんなに驚くようなこともないと
                    思えるかもしれませんが、それにしてもForza2のような世界的には同梱版
                    も含めて数百万本も売れたソフトとは違い、国内のみ わずか2~3万本
                    という規模しか出ていない「オトメディウスG」にとっては、コストを掛けて
                    若干の改善パッチを出すことにどれだけの意義があるのかというのは、
                    開発会社の社内ではかなり議論になったテーマであろうと思います。
                    おそらくこれによって直接的な見入りが発生することは無いからです。
                     
                    結果的にバッチが配信されたのは、今少しでも活性化させておくことが
                    このあとの大型DLC(新キャラ配信)の売上向上に効果があると見込んだことと、
                    将来も見据えてユーザに手厚いサポートをすることで会社のイメージ
                    そのものを向上させるという効果があるという結論に至ったからでしょう。
                     
                    オンラインというのはそのくらい、直接的には儲けのないコストだらけの
                    構造であり、「じゃあどこで儲けるのか」 という議論を常にセットに
                    しないと何もできないくらいの 金食い虫 であるというのが実情です。
                     
                    「ダービータイムオンライン」の切捨てというのは「家庭用ゲームならオン無料だよね」
                    という慣習が常識になりそうにない現実というのを見せ付けてくれたという意味で
                    貴重な墓標 になる出来事だったといえます。サーバは運営するだけで日々赤字を
                    垂れ流すものであり、大規模なものであればそれは尚更大きな赤字を生み出します。
                     
                    ユーザがオンラインゲームを長期的に楽しめるようになるためには、どこかで
                    定期的にお金を支払うことから逃れることはできません。それが月額課金であれ、
                    アイテム課金であれ、これからはゲームの代金はパッケを買うときだけ支払うもの、
                    という常識の壁を崩していかざるを得なくなるでしょう。
                     
                    ただ、実は「ダービータイムオンライン」はそんな中でも特にシビアなゲームでした。
                     
                    例えばレース、格闘、パズル(落ちげー等)などの対戦であれば、安定運用できたら
                    あとは 「置きっぱなし」 でも運用できないことはありません。サーバ費用や
                    サポートコストはやはり「赤字垂れ流し」ですが、それでもあくまで最低限の
                    コストだけかけて放置することは一応、可能です。
                     
                    RPG等になるとこれが厄介になり、追加要素(イベントなど)を延々と
                    追加していかないと、オン自体がすぐに飽きられてしまいますので、
                    「世界を変えていく」 ということ自体がオンサーバの運営と同義になってきます。
                    ということはやはり何かしらの課金をしていかないとやっていられません。
                     
                    UGCでステージが増えていく「リトルビッグプラネット」などのケースでも
                    やはりRPGほどではありませんが「フリーハンド」ではいられません。
                    ステージが増えれば 増えるほどサーバ管理コストは増していきますし、
                    トラブルサポート、バグ修正などの機会も急増していくことでしょう。
                     
                    一方「ダービータイムオンライン」は 「実世界のレースプログラムと連動」
                    という仕組みがウリ文句でした。これがどういうことかというと、
                     
                     「どんなに流行らなくても放置できない」
                     
                    ということです。自ら足枷をはめてスタートしたような高コスト体質のゲーム
                    構造だったという点で、他のどんなゲームよりも運営が難しいやり方でした。
                    逆に言えば、どう考えても赤字まみれになることがすぐに分かってしまうため、
                    ばっさり終了するという決断を下すまでの時間も早かった、ということになるのかも
                    しれませんが、、、。
                     
                    いずれにせよ、「追加の売上」 が出ないまま 「赤字(コスト)」 だけ
                    延々と掛かり続けるものは続けられるはずがない、という原則は、今後のどんな
                    ゲームにも共通するテーマとして問われることになるでしょう。
                     
                    例えば「Wii Fit」や「マリオカート」など、オンについては無料という
                    認識だったものは、果たしていつまで無料のサポートコストという範疇で
                    まかない続けられるものなのかという点はとても気になります。
                     
                    もちろんそれが1年経っても2年経っても、虎の子の「ゲーム機本体」と
                    「ソフトそのもの」の売上に繋がっているうちは大丈夫ですので、
                    「Wii Fit」や「マリオカート」はそういう部類に入るのかもしれませんが、
                    世の中にはその域に達するのは苦しいという「オン対応」ソフトも溢れています。
                    たとえばEAでは、「2世代前のオンは閉じる」というような原則があるそうです。
                    (「Skate3」を出したら、「Skate1」のオンは終了する、というような感じ)
                     
                    オンライン対応ゲームをいつまでも楽しく遊ぶためには、運営資金が必要です。
                    ユーザは直接的、あるいは間接的に、どのような形態の課金と向き合っていく
                    必要があるのか、今後の動向を考える上でも、「ダービータイムオンライン」
                    の件はとても特徴的で興味深い題材だったといえそうです。


                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | ゲーム | 2009/03/08 23:59


                     (2009/03/07 23:59)

                    はてなブックマークのケータイ版がケータイサイトみたいに(?)なってるお話

                     カテゴリ : 雑談 タグ :


                      はてなブックマークのケータイ版 がリニューアルしていました。
                      以前は単色系で新着ブックマークだけを表示しているようなモノ
                      だったのですが、リニューアルしてからはこんな感じです。
                       

                       
                       
                       まるでケータイサイトみたいになっちゃって・・・
                       
                      いえ、冗談です。ケータイサイトですから。
                      色使いや文字の大きさなどがいかにもケータイサイトっぽく
                      なってきています。すっきりして見やすくなりました。
                       
                      ただ、これは最近のはてブ全体にも言えることですが、
                      パッと見て1ページ目でプッシュされているのは、
                      「社会」「政治経済」「スポーツ芸能」 などのジャンルで、
                       

                       
                      「コンピュータ」「アニメゲーム」 などは その他のジャンル
                      に追いやられています。まぁ、一番上のカテゴリ一覧からジャンプ
                      すればすぐ到達できますのでどうということはないのですが、
                      むしろ「コンピュータ」「アニメゲーム」くらいしか読むべき
                      ところがないのではというくらいのサービスだったはてブが(失礼)
                      わざわざそれらを冷遇しているというあたりに、このリニューアルから
                       
                       「ギーク、オタクより一般人向け」 という意思を
                       
                      感じとることができるでしょう。もちろんこれが当たるのか
                      裏目に出るのかはわかりませんが・・・。
                       
                      私がコレを見たとき、似たような例として思い浮かべたのは GREE でした。
                      GREEといえば最初は某大生を中心としたビジネス人脈ネットワーク
                      みたいなモノをウリにしていた記憶があるのですが、いつの頃からか
                      閉塞感が漂い、思い切って若者向けケータイアバターサイトみたいに
                      舵を切ったところ人気が急増してむしろそっちのほうがビジネス的に
                      当たりだったわ、みたいな感じになっている気がします。
                       
                      GREEのような人脈型SNSの当初の目論見から言えば「大志を捨てた」
                      着地点みたいに見えるかもしれませんが、結局のところギークオタクの
                      目指す理想の情報コミュニティサイトみたいなところにはビジネスが
                      成立する着地点が見つからなかったということでもあるのでしょう。
                       
                      はてブは今、おそらく内部の技術者からすれば苦虫を噛み潰すような
                      思いで 大衆化の道を 進んでいるのだと思います。そこにビジネス的な
                      着地点が見つかるのかどうかはもちろんまだ分かりません。
                       
                       
                      ちなみに私が最近朝の電車の中で使っている情報収集サイトは
                      この「はてブ」のほかには、p2 でマークしていた2ちゃんねるの
                      スレを一気読みするのと、それから 「メガとんトラック」 を使っています。
                       
                      ■メガとんトラック ケータイ版
                      http://ckworks.jp/megaton/mb/

                       
                      QRコード:

                       
                      メガとんのケータイ版も宜しくお願いいたします m(_ _)m


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2009/03/07 23:59


                       (2009/03/06 23:59)

                      Eye-Fi に動画対応の「Eye-Fi Share Video」が登場、はたして転送時の動作は?

                       カテゴリ : メモリ タグ :

                      ■Eye-Fiに動画アップロード対応&容量4GBモデル、iPhoneアプリも登場
                      http://japanese.engadget.com/2009/03/03/eye-fi-4gb-iphone/
                      ■無線LAN搭載SDカード「Eye-Fi」、米国で動画対応モデルが発表
                      http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/25091.html
                       
                      Eye-Fi が動画にも対応 します。今回新しく発表されたのは、
                      「4GB Eye-Fi Share Video」「4GB Eye-Fi Explore Video」という2製品で、
                      それぞれ従来の2GB版の「Eye-Fi Share」「Eye-Fi Explore」の上位版に
                      あたる製品となっています。価格は 79ドル および99ドル。
                      国内での発売についてはまだ発表がありません。
                       
                      ちょっと気になるのは、従来モデル である2GBの「Eye-Fi Home」
                      「Eye-Fi Share」がそれぞれ49ドル、59ドルとして 併売 されることです。
                      ということは従来品はファームウェアのアップデート等で動画対応は期待
                      できない(あくまで別モノの製品)ということになるのでしょうか。。。
                      そのあたりは期待しているユーザも多いでしょうから、今後の発表が待たれます。
                       
                      さて、動画デジカメを活用している身としては、Eye-Fiが動画対応してくれる
                      のはとても嬉しいことではあるのですが、その動作原理はとても気になります。
                      というのも、写真のときはあくまで1ファイル数MBまで、つまり1転送あたり
                      せいぜい数秒で終わるものばかりだったものが、
                       
                       動画になると1ファイル数GBに及ぶものまで
                       
                      転送の対象となるからです。Eye-Fiの動作原理からいって撮影中のデータ転送は
                      有り得ないと思いますので、ちゃんとファイルがクローズされてからの転送と
                      なるのだと思いますが、では実際に 1~2GBのファイル ができたとして、
                      それを転送し始めたら、下手すると 数十分間転送しっぱなし という
                      シーンが有り得ることになります。
                       
                      ただでさえ電池を消耗する動画撮影ですが、それが終わった直後からまた、
                      電池を消耗する無線転送 が自動的に始まるということになると、
                      当然、転送中に自ら電池切れを誘発してしまう危険性がありそうです。
                      そして電池が切れたら転送はやり直しになり、また充電をしても、
                      最初からファイル転送し直しということが起きたら、また何もせずに
                      どんどん電池を消耗してしまう⇒しかもまた電池切れでfailして・・・
                      という悪循環にも陥りかねません。
                       
                      ということで、動画ファイルの場合、単純に写真のファイルと同じように
                      転送すれば良いというモノでもなさそうな気がするのですが、
                      そのあたりの動作原理についてはEye-Fiから情報が出ていないのが気になります。
                      いずれにせよ今月中には製品が登場するようですので、続報を待ちたいと思います。


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | メモリ | 2009/03/06 23:59


                       (2009/03/05 23:59)

                      あまとも通信 - DSで新たな冒険の旅に出よう「セブンスドラゴン」

                       カテゴリ : あまとも タグ :

                      木曜日は「あまとも通信」。今回は第123回です。
                       

                       
                      ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
                       
                      「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週の当選者は?!
                       
                       firu さん、sato001 さん、torotoro さん の3名様が、
                       1,000円のAmazonギフト券 当選です!
                       
                      おめでとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
                      いただきましたので、メールをご確認ください。
                       
                      プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
                       
                       
                      ■今週の注目アイテム
                       
                      ストリートファイターIV、スターオーシャン4、龍が如く3、
                      バイオハザード5、と期待の大作が目白押しになっている
                      ゲーム業界ですが、意外にも業界リーダーである任天堂の
                      DSとWiiには話題がいまひとつ足りないという状態でした。
                       
                      というのも本来であれば今頃は ドラクエIX の発売間近で
                      盛り上がっていなければいけない状態だったというのも
                      あると思いますが、そのドラクエIXが延期になったことで
                      ポッカリと穴が開いている状態なのかもしれません。
                       
                      そんな中で目に留まった話題はコレ。「セブンスドラゴン」 です。
                      複数の職業の組み合わせでパーティを構成するタイプのPRGで、
                      ゆるカワイイSDキャラ たちがまるで「世界樹の迷宮」を
                      彷彿とさせる感じです。それもそもはず、ディレクターはあの
                      「世界樹」を最後にATLUSを抜けた 新納一哉氏 です。
                      今回はタイプとしては3Dダンジョンではなく、むしろかつての
                      ドラクエのようなタイプのRPGになっているようです。
                       
                      ■セブンスドラゴン公式サイト
                      http://dragon.sega.jp/
                       
                      DSを開けるとすぐ冒険、というのはとても敷居が低くて、
                      ゲームを続けるには最適の環境だというのを「世界樹の迷宮」に
                      どハマりした私はよく身に沁みています。スリープ機能も合わせると、
                      寝る前などに本当にちょっとだけ進めてすぐ止める、ということができますので、
                      時間のない社会人の人でもじっくり進めていくことができるのですよね。
                      (もちろんどハマりして止められなくなってしまうというのは責任が持てませんが)

                      ということで私も久しぶりにDSソフトを 注文してしまいました
                      最近はとんとXbox360ばかり動かしていましたが、久々にDSiが活躍しそうです。
                      「セブンスドラゴン」は冊子・サントラ付きの 特典バージョン がありますが、
                      残念ながらこれはかなり入手困難になっているようで、私は通常版を選択しています。
                       
                      今後ともあまともを宜しくお願いいたします m(_ _)m
                       


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | あまとも | 2009/03/05 23:59


                       (2009/03/04 23:59)

                      CeBIT、PMAで世界初のSDXCカードがPRETECから登場、しかし容量は32GB・・・。

                       カテゴリ : メモリ タグ :

                      ■プレテック、世界初のSDXCメモリーカードを発表
                      http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2009/03/06/10377.html
                       
                      PRETECから 32GB SDXCカード が発表されました。
                      発売時期と価格は未定。
                      ということで何が世界初なのかという話もあるのですが、
                      リリース原文 のほうを読むとどうやら、
                       
                       「実物がCeBITとPMAの会場で展示中だぜ!」
                       
                      ということらしいので、確かに世界初ということらしいです。
                       
                      そもそもSDXCにもっとも期待されているのは容量の拡大ですので、
                      SDHCでもサポートしている32GBというのは、SDXCとしてはワリと
                      拍子抜け なところがあるのですが、これはどちらかというと
                      リファレンスモデルというか 動作検証用 として期待されている
                      実物メディアとしての価値が高いのではないかと思います。
                       
                      4年前くらいにATPの方に伺ったときにも、そういう動作検証用としての
                      価値が認められているというお話が聞けたことがありました。
                       
                      ■2005/03/07 [緊急企画「リオワークス訪問」(3) - 更に来るぞ大容量SDカード!]
                       
                      ちなみにそのSDXCですが、フォーマットがSDHCのときのFAT32から
                      exFAT に変更になっていますので、ピン互換こそあれ、従来のSDHC
                      対応の機器では読み書きすることはできません。
                       
                      ■2TBの大容量と300MB/secの高速を実現するSDXC
                      http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0113/ces16.htm
                      ただし、既存のSDHCに対応したホストでも、OS側が新しいSDXCで利用されるファイルフォーマットに対応している場合には、SDXCカードが読み書きできる可能性はある。「SDカードではFAT16、SDHCではFAT32というファイルフォーマットを採用してきており、SDXCでは下位互換性を実現するためにFAT32の拡張版となるexFATを採用している。ホスト側のOSなどがexFATに対応しているのであれば、既存の製品でもSDXCカードを読み書きできる可能性はある」という。
                      このように、OSがすぐに アップデータ で新フォーマットに対応できる
                      PCのような場合はそれほど気にすることはないのですが、
                      デジカメなどの機器では ファームウェア で対応するのもかなり大変、
                      というか対応しきれない機種のほうが多いかと思われます。
                       
                      PC向けについては、Vistaは標準でサポートするほか、WindowsXP でも
                      アップデータによって対応が可能になりました。
                      このアップデータを使うことで、おそらく従来のカードリーダでも
                      (性能はさておき)読み書きは可能になるケースが多くなると思われます。
                       
                      ■MSがXP用「exFAT」アップデータを配布開始 - SDXCが利用可能に
                      http://journal.mycom.co.jp/news/2009/01/28/042/
                       
                      実際のところは、SDXCを使うにはそれをサポートするデジカメが出て
                      こなければ話になりませんし、カードの容量にしてもSDHCの限界を超える
                      64GB、128GB といったメディアが出てこないと恩恵は感じづらいと思います。
                      (SDXCのフォーマット仕様上の上限は2TB)
                       
                      デジタルムービーカメラが台頭してきた昨今はSDカードに対する容量の
                      要求も膨らみ続けていますので、早く大容量のSDXCが利用可能な世界に
                      なってほしいものです。


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | メモリ | 2009/03/04 23:59


                       (2009/03/03 23:59)

                      BUFFALOから二股ケーブル付きのUSBバスパワーDVDドライブが登場

                       カテゴリ : デジモノ タグ :


                        ■バッファロー、USBバスパワー駆動のDVDスーパーマルチ
                        http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0304/buffalo3.htm
                         
                        ちょっと地味っぽいニュースからピックアップしますが、
                        BUFFALOからノート向けスリムタイプの DVDマルチドライブ
                        3/20に発売になります。価格は 8,925円 です。
                         
                        最近のこの手のドライブはみんな USBバスパワー で動作するのが
                        当たり前になりましたが、私は実は今の今までバスパワー駆動の
                        ドライブを1台も持っていませんでした。持っていたものといえば、
                         
                        ■Panasonic LF-P667C
                        http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=LF-P667C
                         
                        こんなドライブですが、これはACアダプタがないと動かないため
                        取り付けが非常に面倒くさく、Let's note R4 や VersaPro UltraLite で
                        DVDドライブが必要になったときには、
                         
                         LAN上にあるデスクトップPCのドライブをマウントして使う
                         
                        というハイテクなんだかローテクなんだか分からないような
                        ことをしていました。これはいかにもナンセンスですので、
                        やはりUSBバスパワー対応ドライブを購入してケーブル一本で
                        必要なときだけサクッと繋げて使えるようにしたいものです。
                         
                        今回発売となるBUFFALOの 「DVSM-PN58U2V」 はちょっと面白い特徴を
                        持っていて、USBコネクタを2本使って2本ぶんの電源を共有できるように
                        する 特別な二股ケーブル が付属しています。通常この手のドライブは、
                         
                        「バスパワーだけで電源不足のときは ACアダプタを使って ください」
                         
                        という注意書きがあるのですが、この製品なら二股ケーブルを活用することで
                        ACアダプタ要らず で動作する確率がかなり高まるというワケです。
                        もちろんACアダプタでも動作しますので、もしものときも安心です。
                         
                        そもそも昨今のPC事情では、電力を最も使う 「Rメディアへの書き込み」
                        というのはほとんど機会がないでしょうから、読み込みだけなら
                        USBケーブル1本で十分まかなえることが予想されます。
                         
                        というワケで私は さっそく1台注文して しまいました ( ・ω・)<またか!
                        実際にモノが届くのは3/20の発売日以降です。


                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2009/03/03 23:59


                         (2009/03/02 23:59)

                        livedoorのISPメニューは「自宅サーバ向き」? とりあえず申し込み完了

                         カテゴリ : 雑談 タグ :


                          ■ライブドアが個人向けISPに再参入、「livedoor プロバイダ」開始
                          http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/25067.html
                          ■「livedoorプロバイダ」 固定IPで月額1575円
                          http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/03/news028.html
                           
                          livedoorが再び個人向け ISPに参入? というニュースが流れています。
                          livedoorというと、昔やっていた「個人向けで広告入りの無料ISP」と
                          いうモデルが思い浮かびますが、今回発表されたのはまったく正反対で、
                          自宅サーバなどを使う上級者向け サービスとされています。
                           
                          具体的なウリは、フレッツ網の料金を除くISP料金が 1,575/月 という
                          低価格であることと、固定IPが付与 されること、そしてバックボーンの
                          帯域に自信があることなどが挙げられています。またFONの公式サポート
                          ISPとしても名乗りを上げているあたりがいかにもモノ好き向けです。
                           
                          また、電子メールアドレス付与がなかったり
                          電話サポートは一切なかったり といったあたりも、
                          サーバ管理者以外は相手にしないようなサービス体系になっています。
                           
                          フレッツの料金が別である、というのはISPの料金体系としては至極普通で、
                          たとえば私の場合、ISPは@niftyとASAHI-NETの両方を契約しているのですが、
                          それ以外にNTT東日本に対してBフレッツ・ハイパーファミリータイプの料金として
                          毎月5,460円 を支払っています。この部分はどのISPと契約しようと変わりません。
                           
                          それ以外の料金として、私が@niftyとASAHI-NETにどれだけ支払っているのか
                          というのを、今回のlivedoorの発表した料金と比較してみると、
                           
                          ■@niftyの場合
                           - Bフレッツコース 2,100円/月
                           - 固定IPオプション 2782.5円/月
                           合計 4,882.5円/月
                           
                          ■ASAHI-NETの場合
                           - Bフレッツファミリーコース 1,050円/月
                           - 固定IPオプション 840円/月
                           合計 1,890円/月
                           
                          ■livedoorの場合
                           - 基本コースのみ 1,575円/月
                           合計 1,575円/月
                           
                          このようになります。自宅サーバ管理者にとって、固定IPで運用
                          できる回線がこの価格で手に入るのはとても魅力的でしょう。
                           
                          残る不安は回線の状態というか、帯域の問題だけといえます。
                          この点についてもlivedoorはそのバックボーンをウリ文句に
                          しているだけに期待は膨らみますが、実際のところはまだ分かりません。
                           
                           
                          ちょっと振り返ってみると、一昨年の7~10月頃、ここ「デジ埋」、
                          「あまとも」「コミックダッシュ!」などが一斉に レスポンス悪化
                          に悩まされた件をご存知の方も多いかと思います。
                           
                          ■2007/10/12 [【ご報告】ネットワーク負荷の一時沈静化について]
                          サーバのCPU負荷などの軽減などにずっと注力をしていたものの、既報の通り、実際のボトルネックはどうやら ISP側の帯域制限 にあったようだという結論になりました。
                          このときは結局、ASAHI-NETが強烈な帯域制限をカマしていた
                          ことが原因であり、@niftyに乗り換えたら全て丸く収まったという
                          何ともいえない結果となりました。
                           
                          実はあのあと、私と同じように、ASAHI-NETを利用していた自宅サーバ
                          管理者の方々が 一斉に悲鳴を上げてASAHI-NETから逃げ出す
                          という事態があったのです。
                           
                          ■ゆーすけべー日記「連絡 - ISP から帯域制限をかけられつがりにくくなってます」自宅サーバ管理者の憂鬱
                          http://yusukebe.com/archives/08/02/05/112147.html
                           
                          ■drk7.jp「ISP から帯域制限をかけられてたので ISP 変更しました」
                          http://www.drk7.jp/MT/archives/001318.html
                           
                          いずれも有名なサービス管理者の方々ですが、「低価格、固定IPで安心なASAHI-NET」
                          という神話はもろくも崩れ去り、ほかのISPに移行する様子がレポートされています。
                           
                          今回発表されたlivedoorプロバイダも、こうしたヘヴィユースに耐えられる
                          バックボーンを持っているのかどうかというのが一番の注目点になるでしょう。
                          逆に言えば、そのバックボーンに信頼感が生まれれば、狙い通り
                          自宅サーバユーザ御用達のプロバイダ になるかもしれません。
                           
                          ちなみに私がなぜ相変わらず@niftyとASAHI-NETの 二重契約 をしているのかと
                          いいますと、サービスの 安定供給のための保険 としての意味合いが強いです。
                           
                          上述した一昨年の10月の事件のように、ある特定のISPで不具合が見られた場合、
                          すぐに別のISPに切り替えて様子を見る環境が整っていないと、それがISPの所為か
                          どうかすら見定めることができなくなり、「トラブルは続くけど打つ手は無し」
                          という袋小路に陥りがちです。そうならないために、まったく無意味とも思える
                          サブのISP契約を常に保持し続けていることになります。
                           
                          現在は@niftyの回線をメインで使用しており、これは価格以外は何も不満はない
                          状態です。ただ、サブのISPについては・・・ASAHI-NETには申し訳ないのですが、
                          先のトラブルのこともあり、これ以上義理立てすることもないということで、
                          livedoorに切り替えてみる決心が固まりました。ひとまず申し込みから始めてみたいと思います。


                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2009/03/02 23:59


                           (2009/03/01 23:59)

                          今度はスロット4基付き?! サンコー「SDだらけのカードリーダーペン」

                           カテゴリ : メモリ タグ :


                            ■Akiba PC Hotline サンコー SDだらけのカードリーダーペン
                            http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090228/ni_cpenx4.html
                             
                            またサンコーか! のサンコーからSDカードスロット
                            内蔵のペンが発売になっています。実は私もサンコーの
                            SDスロット内蔵ペンを持っていたりするのですが、
                             
                            ■2004/07/15 [小粋なペン型フラッシュ+SDカードリーダSPYDISK到着!]
                             
                            あのときはSDスロットが1基付いているだけで 「スパイディスク」
                            よばわりでした。しかし今回は
                             
                             なんとSDスロットを4基搭載しています。
                             
                            名称も 「SDだらけのカードリーダーペン」と、別にスパイでも
                            何でもない見たまんまの投げやりな商品名に変わりました。
                             
                            ■サンコーレアモノショップ 【SDだらけのカードリーダーペン】
                            http://www.thanko.jp/product/sd4pen/
                             
                            『SDカードしか使わない人に是非、使っていただきたい!』
                             
                            と言われても・・・。
                            4基全てにカードが挿さっている姿は想像以上に滑稽で楽しいです。
                             
                            確かに複数の SDカード間でデータをコピー するのには
                            向いていますが、そういうシーンが果たしてどれくらいあるのか
                            という疑問もありますし、そのとき 「ペン型」 であることに
                            どれだけの意味があるのかというとそれもまた疑問です。この疑問
                            だらけの仕様の製品が実在することをまずは喜びたいと思います(?)
                             
                            以前の「SPYDISK」にはそれ単体で128MBのフラッシュメモリも内蔵
                            していたのですが、今回は純粋にカードリーダにしかならないようです。
                            その代わり価格が 1,480円 とバカみたいに安くなっています。
                            何かのときのジョークギフトに最適かもしれませんね。


                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | メモリ | 2009/03/01 23:59

                            « 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

                             
                            デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks