Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2009/01/06 23:59 - 2009/01/06

デジモノ連戦! コダワリのマニュアルデジカメ「LUMIX DMC-LX3」写真館

カテゴリ : デジカメ タグ :

■2008/12/31 [2008年もこれで終わり! また2009年も宜しくお願いいたします。]
... NEXT ITEM ⇒ 「LUMIX LX3」
なんて言っておいて、レビューまで随分と間があいてしまいました。
予告どおり LUMIX LX3 です。購入日は昨年の12/30。ビックカメラで
52,200円 (-ポイント10%)でした。ついでに予備バッテリも1つ購入しています。
 
まずは、何はなくとも写真館です。いってみましょう!
 
■あまとも写真館 - Panasonic LUMIX LX3 シルバー DMC-LX3-S
http://ckworks.jp/amatomo/photo/asin/B001D27ELW

 
昨今のデジカメのコンパクトさを考えると、LUMIX LX3はワリと
大柄な部類に入ると思います。全体的に少しズッシリ感があり、
レンズ部も中に引っ込まない形の大きなレンズになっています。
 
特徴的なのはまずそのレンズ周り。非常に大きな口径のレンズで、中身は
ライカ製 です。上部には 4:3、3:2、16:9 のアスペクト比を切り替える
ための物理的なスイッチがあり、左側面にも AF、AF(マクロ)、MF を
切り替えるスイッチがあります。これらの切り替えをソフトウェア
メニューではなく 個別のスイッチ を用意して対応させているのが、
マニュアル撮影をウリにするLX3の「らしさ」ともいえるでしょう。
 
上部にはフラッシュ部がありますが、これもスイッチを切り替えると
飛び出す形状になっています。さらに 外部フラッシュ を取り付ける枠も
備えられています。同じく上部にはFOCUSというボタンがありますが、
これはマニュアルフォーカス時にオートフォーカスを使うボタンです。
 
 いろいろな機能を「メニューの奥底」に閉じ込めない
 
という姿勢があちこちに感じられますが、普通の人からすれば逆に
ゴチャゴチャして野暮ったく見えるかもしれません。
 
さて、実際の使用感などは次回以降に譲るとして、この LUMIX LX3、
発売日は 2008年の8月末 です。なぜ4ヶ月も遅れてこのLX3なのか?
というと、勘の良い方はお気づきかとは思いますが、
 
 せっかく購入した Eye-Fi を活かすためです。
 
私のデジカメの主な用途は 「室内でデジモノを撮る」 というシーンなのですが、
その用途で今までメインを張ってきたのは、高感度に定評のある Finepix F30
でした。これで Eye-Fi を使えたらよかったのですが、残念ながらこの F30 は
xDカードしか使えません。そこで、SDカード対応で、F30に負けない高感度性能を持つ
デジカメに乗り換えようと探した末に見つけたのがこの LX3 だったというワケです。
 
実際、LUMIX LX3 は前述したとおり、ちょっと一般ウケとはベクトルが違って
変な方向に突き抜けています。ワイド側が 24mm~という広画角
その ワイド側でF2.0~ という突き抜けて明るいレンズ、加えて、
1cmまで寄れる スーパーマクロと、室内で撮影するのにはうってつけの性能です。
さらに病的なまで(?)のマニュアル撮影モードを備えています。
 
代わりといっては何ですが、光学ズームが2.5倍 しかありません。
しかも24mm~の2.5倍で60mmまでというと、ひと昔前の35mm~の
デジカメでいうところの1.7倍までしか寄れないということになります。
 
そういう意味では、「これ1台持っておけばどこでも安心!」という
感じで万人にオススメできるようなモノでもありません。
そしてそういう特徴的な機種であるが故に、わかっていて使う人にとっては
タマラナイ味わいがある一品であるともいえます。私は数日使ってみて、
「これでようやくF30を退役させられる!」 という確信を持ちました。
 
 
ちなみにまったくの余談ですが、LX3のパッケージは、
 
 シルバーもブラックの絵柄です。
 


「シルバーでお願いします」
「シルバーですね、こちらになります」
「いえ、だからシルバーを・・・」
「はい、こちらがシルバーでして・・・」
 
というやり取りがビックカメラのカウンターであったとか無かったとか。
(もちろん、箱を2種類作るコストに意味がないのもわかります。。。)
 
次回は実際の使用感についてレビューしていきます( ・∀・)σ

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | | 2009/01/06 23:59


« デジ埋2008年12月のpv上位リスト

トップに戻る

LUMIX LX3 で「モノ」をマクロ撮影 - オートでビシッと決まった写真が撮れるLX3 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks