Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2009/01/18 23:59 - 2009/01/18

ゲームをしながらテレビも一応チェック?! 24インチワイドモニタの購入検討

カテゴリ : デジモノ タグ :

    BRAVIA KDL-40F1 をメインの液晶テレビとして使用してることは
    すでに何度もデジ埋でご紹介していますが、最近ちょっと、その隣に、
     
     「サブモニタが欲しい」と思い始めました。
     
    具体的に言うと、いわゆる液晶テレビではなく、最近流行りの
    「PC向けのワイドモニタが転じてゲーム出力などにも使える」という
    感じで売り出している 22~24インチ低価格モニタ のことです。
     
    実際にどういうシーンでそれが必要になるのかというと
    案外としょうもないことなのではありますが、まとめてみると、
     
     
    ■シーン1、 メイン: ゲーム サブ: テレビ
     
     ゲームをやっている途中だけど、横目でチラッと テレビの状況を確認
     したい場合。(あまり気合を入れて見るほどでもないスポーツとか)
     
    ■シーン2、メイン: テレビ/HDDレコ サブ: ゲーム
     
     ゲームは半分放置 でいいようなものをやっている場合。
     (レースをAIに走らせているとか、FFで寝バザしているとか)
     
     
    こんな感じです。私は J:COMデジタルコンパクト のSTBを使っているのですが、
    このSTBはテレビへの出力を HDMI で行うことができ、現在もBRAVIAにはHDMIで
    出力しています。もう1つの主な候補であるゲーム機(Xbox360)ももちろん
    HDMIで出力可能ですので、すなわちHDMI入力と、あとはPC用のアナログD-subか
    DVI-Dのコネクタがあるモニタであれば十分で、コンポジット/S端子/D端子などの
    一般的なテレビ入力やテレビチューナなどは要らないということになります。
     
    サブモニタとしては22~24インチワイド液晶モニタは「うってつけ」です。
    何といっても フルHDモニタが2~3万円台 で手に入ることが魅力です。
     
     
    ということで、まずは下調べから始めてみます。
    最近は価格.comで病的なまでに細かなスペックを指定して検索できるので、
     
     ・ワイド22~24インチ
     ・HDMI端子が1つ以上
     ・フルHD(1920×1080)以上
     
    という条件で探してみて、表示された製品の中から、
     
     ・5万円以下
     ・1920×1200は除外
     
    に当てはまるものだけをピックアップしてみます。
    ちなみにフルHDという時点で22インチものは全部吹っ飛び、
    24インチ付近のものだけが残った格好になりました。
     
    1920×1200のモニタをあえて除外したのは、パソコンのモニタとして
    「至近距離での操作」 (メール、Excelなど)をすることはまずないという
    見込みがあるからです。その場合、さまざまなワイド対応AV機器との接続でも
    アスペクト比 などの調整ミスをあまり考慮しなくて良いという点では
    1920×1080に絞ったほうが幸せになれそうな気がします。
     
    もし「至近距離での操作」を考慮する場合は、縦ライン は多ければ多いほど
    良いですので、そのあたりはまた別途考えどころというところでしょう。
     
    で、絞ってみると、案外と少ない結果となりました.

    メーカモデルインチD-SubDVIHDMIHDCPスピーカ発売日
    IIYAMAPLB2409HDS23.61112009/01
    GreenHouseGH-ACH243SHB23.61112008/12
    Samsung2494HS23.61112008/12
    LG電子W2442PA-BF24.0111-2008/11
    AcerH243Hbmid24.01112008/11
    AcerP244Wbmii24.0102-2008/11
    BenQM2400HD24.01112008/11
    BenQE2400HD24.01112008/09

    公称スペックはどれも似たり寄ったりで、一部スピーカがない機種や、
    HDCPに対応していない機種があったりするくらいです。応答速度は
    メーカによって2msとか5msとか表記にバラつきがあったりするのですが、
    よくよく見てみるとどれも GtG=2ms、黒白黒=5ms の線で大差ないようです。
     
    その中ではAcerの「P244Wbmii」だけがちょっと特殊で、DVI-D端子を省いて
    HDMIを2系統載せてきています。HDCP対応がない唯一の機種というのがその
    P244Wbmiiというのもアレな感じなのですが・・・。
     
    とりあえず前知識としてはこのくらいあれば十分でしょう。あとは
    このリストを持って一度ヨドバシにでも出向いてみたいと思っています。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2009/01/18 23:59


    « Xacti公式サイトにひっそりとティザー広告 - 1/21に発表される「何か」?

    トップに戻る

    Xacti怒涛の新シリーズ発表! HDシリーズ3機種に防水シリーズ2機種、そして横型も! »



    ▼ コメント ▼

    No.26634   投稿者 : dh   2009年1月21日 20:26

    iiyamaの2409HDSなら買ってみました。
    アマゾンでレビュー書こうかとも思ったけど
    なんかメンドくなって挫折↓


    最初の感想として、スタンドは良く出来てる。
    このサイズのモニタでクルクルスタンドが付いてるのは選んだ理由の1つ。
    ただし縦横回転するにはかな~り場所をとります。
    ウチはそのままの配置だと縦60cmが確保出来ずとりあえず断念…

    画面の色味はギラギラ感の無い落ち着いた感じ。
    視野角・残像も取り立てて言う程どうこうって事は無く、見やすいです。
    注意点としては
    ドットバイドットになるのは全領域表示(フルHD)の時だけ。
    他の解像度では全力で拡大。
    ただしメニューからアスペクトモードを選択しておけば縦横比は維持される。

    スピーカは予想よりも「使える」レベル。
    背面配置だからクリアではないものの、それなりに音量も出るしステレオ感もある。
    使い方次第では我慢出来るかも。ただし操作可能なのは音量のみ(消音ボタンも無し)。

    ケーブルは3つの接続端子の数だけ3種全部付属で便利。
    1つの入力からだけ信号が発生した時は自動的にそのソースのモードで起動。
    2つ以上の入力がある場合は本体のボタン長押しで切り替え。
    切り替えに掛かる時間は長押し判定を含めて約5秒。

    各種調整は日本語表示には対応してるものの横並び4つボタンでの操作はちょいメンドい。
    ちなみにこのメニューや入力ソース名を表示する不透過ウィンドウは
    初期設定位置がど真ん中でかなり鬱陶しかったけど
    右上に設定し直したら全く気にならなくなったです。


    こんな感じですかね。
    自分としては当たりだったと思ってます。
    参考までに。


    No.26686   投稿者 : tachi   2009年1月23日 01:19

    グリーンハウスを購入しました。

    特に問題ないですよ。^-^
    私もメインはBRAVIでブルーレイ視聴、グリーンハウスでサブ機でゲームです。


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks