Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2009/01/21 23:59 - 2009/01/21

メインモニタとサブモニタ - HDMIでモニタ切替パターンを考える

カテゴリ : デジモノ タグ :

■2009/01/18 [ゲームをしながらテレビも一応チェック?! 24インチワイドモニタの購入検討]
 
大画面液晶テレビのとなりに「サブモニタ」として、
 
 HDMI入力付きPC用24インチワイド液晶
 
を見繕うというお話をしましたが、その後いろいろ考えていくうちに、
どうも接続形態が一筋縄ではいかないような気がしてきました。
 
元々、話を単純化すれば、片方をテレビにして、片方をゲームにする、
それぞれメイン、サブを逆転できるようにすれば目的は達成されるはずでした。
 

 
こんな感じですね。こういうケースに最も適しているのは、
4:2マトリクス切換器 と呼ばれるものです。


 
入力も複数、出力も複数持っていて、同じ映像を同時出力はできないものの、
「入力3⇒出力1」「入力1⇒出力2」のように自由に繋ぎ換えることができます。
 
なんだ、それで万事解決じゃん、と思ったのですが、そうはいきません。
そもそも、サブモニタを使うということ自体がレアなケースであって、
 
 本来は両方ともメインのテレビの入力端子に繋いで、
 
入力切替で切り替えたいのです。こっちが日常の姿です。
 

 
そう考えるとだんだんパズルのようになってきます。普段は両方とも
テレビのほうに入って欲しくて、必要に応じて好きなほうを
サブに回せるような構成にしなければいけません。
 
ここでちょっとステップを踏んで考えていくことにします。先ほどは
切換器を使いましたが、今度は 「分配器」 、すなわち1つの入力を
受けて同じ映像を2つ出力する機器を使うとどうなるか考えてみましょう。
 
こんなものです。


 
CATVの映像を分配してみました。これだと両方メインテレビに入れる場合と、
メイン=Xbox360、サブ=CATVに割り振るのは巧くいきそうですが、
メイン=CATV、サブ=Xbox360にはなりません。
「Xbox360をサブにしたいときだけ配線を自分で差し替えるくらいはすれば?」
というのでも悪くはないでしょう。ただちょっと負けた気分になります(何が)。
 
そこで思いつくのがコレです。両方の機器に分配器を噛ましてみました。
これならどちらもモニタでも自由にセレクトできます。
 

 
・・・・と言いたいところだったのですが、今回の例ではサブモニタが
HDMI端子を1つしか 持っていないという制約があります。そこで
サブモニタの直前にまた切換器が1つ必要になるのです。これもまた凄い構成です。
というか、実は分配器が1つ2万円以上もするため、これだと合計で
5万円くらい の構成になってしまいます。かなりシャレになりません。
 
ふと、もうちょっと考えて見ると、さきほどの4in 2outのマトリクス切換器と
組み合わせるともうちょっとだけ軽い構成もできそうなことがわかります。
 

 
これは意外にギミックの効いた構成で、4:2切換器で切り替えると、
どちらか片方がメイン、サブの 「両出力状態」 になる、ということで、
常時メインモニタに2種類の信号を入れながらも、サブに入る信号を
好きなほうにできるという構成になります。分配器もマトリクス切換器も
どちらも同じくらいお高いですから、先ほどの分配器を2つ使った構成よりも
ちょっと安くなる程度ですが、それでもなかなか面白い組み合わせです。
 
ここまで見てきて、何だか凄く遠回りなことをしているように感じた方も
いらっしゃると思います。「1入力2出力の切換器」というのがもっと
安価であれば分配器のような高級な機器を使わなくても、もっとやりようが
あるのではないか、という話もあります。
 
実は、ないことはありません。HDMIは仕様的な問題で 「電気的に」 スイッチする、
すなわちちゃんと機器感で接続切り離しなどの制御をしながら切り替えるように
できているため、2入力1出力の一般的な切換器を逆向きにして1入力2出力の
切換器として使うことはできません(反応なしになります)。
 
ところが、世の中には 「機械式HDMI切換器」 というシンプルで安価な機器も
存在します。これは何かというと、そういうHDMI的なやり取りを全然考慮せず、
手でザクザクとケーブルをぶっこ抜いて差し替えるのと同じような感じで
ボタンでガチョン!と切り替えるタイプの切替器です。いろいろ不安な感じもする
のですが、構造がシンプルであるがゆえに、逆向きに使っても問題なく使えます。

価格も安いのでこれを使うと、先ほどの構成ももうちょっと工夫のしようが
ありそうに見えてきます。たとえばこんな感じかもしれません。
 

 
ただし、そもそも機械的な切り替えが、接続されているHDMI機器に対して
やさしいのかどうかとか、それが何段も連なっている構成に不安はないのかとか、
正直、私からこの構成はとてもオススメをしたくはない感じがします・・・。
 
とにもかくにも考えることは山積みです。むしろ色々買って試してみたくなってきました。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2009/01/21 23:59


« 新Xactiラインナップのスペック徹底分解 - HD800の後継はドコ行った?!

トップに戻る

あまとも通信 - 変動履歴および通知メールの仕様変更について »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.26703   投稿者 : shin   2009年1月24日 10:26

私もおなじようなことで悩んでます。
構成の将来性も考えたいし、まさにパズルですよね・・・。

まだモニタを買われていないなら、HDMIx2のモニタとリモコン付4:2マトリクス切換器、
学習リモコンを組み合わせれば実現できるように思えますがどうでしょうか?

前回の記事では22インチは除外されてしまっていますが、
PTFBGF-22Wなどは21.5インチとして登録されてますので、
検索範囲を21~22にする必要があります。

長文失礼しました。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks