Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2008/07/13 17:33 - 2008/07/13

家電量販店道中記【後段】 - ケーズとヤマダとヨドバシに現れたその男は・・・

カテゴリ : コラム タグ :

    ■2008/07/12 [家電量販店道中記【前段】 - 家電量販店の「ポイント」もいろいろあって・・・]
     
     
    さて・・・、前置きは以上で終わりだ。(・・・え?)
     
     
     
    私は今日、クルマを走らせて家電量販店巡りをすることになった。
     
    お目当ての品はすでに ネットでチェック してある。ビックカメラで
    20.1万円ポイント21% (15.9万円相当)、価格.comの最安値が 16.5万円 だった。
    もちろん、ネットショップの価格がそのまま比較対象になるとは思っていない。
    しかし、せめてその+1万円くらいの範囲で納まってほしいものだ。
     
    私は基準値を 「17万円」 と定めた。この前後で攻防があるだろうか。
     
     
    最初に訪れたのは ケーズデンキ である。
     
    お目当ての商品を見ると、値札にはこう書いてある。
     
     
     238,000円 から更に現金値引き! ご相談ください。
     
     
    これだ。最近の家電量販店はみんなこれだ。お客が情報にうるさくなって、
    あちこちの価格を目ざとく比較し始めた。これはそんな 「価格第一主義」
    お客の間でこれ以上 万円^H^H蔓延 しないようにするための紛らわしだ。
     
    店員もボッタくろうとか極秘にしようとか思っているワケではない。
    単に数字だけを見てほしくないというオブラートであることを自覚している。
    こういうときは、ひとコト、こう言えば普通は素直にしゃべってくれる。
     
     「すみません、これって結局どのくらいになるんすかねー」
     
    私がこう切り出す前に、隣の家族連れが同じ商品について店員に話を聞き始めた。
    それならと隣で聞き耳を立ててみると、こんな声が聞こえた。
     
     「そうですねー、20万…千円ですね」
     
    20万という声が聞こえたところで私は耳を疑った。ケーズデンキはそもそも
    「ポイント制度は不誠実、いつも現金価格一発勝負」を謳うショップだ。
    そのケーズが、ポイント20%のビックと同じ値札では話にならない。
     
    もちろん、もうちょっと突っ込んだ話をしてみれば値段は変わるのかもしれない。
    しかし、この20万円以上というスタート地点からみると、
    当初設定した「17万円」というゴールは、あまりにも遠すぎた。
     
     
     
    私はひとまずケーズデンキを後にして、次の店に向かうことにした。
    目的地は、少し離れた ヤマダ電機 である。
     
    ヤマダ電機で商品を発見。値札にはやはりこう記されている。
     
     258,000円 ポイント20%。さらにその場でお安くいたします!
     
    差し引き20.5万円相当。もちろんこれも、現代家電社会のオブラート価格であり、
    本当のところは「まずひと声」を掛けてみなければわからない。
    店員に聞いてみると、こんな答えが返ってきた。
     
    「お値段は258,000円ですが、今なら ポイントを34% お付けできます。
     差し引きで 17万円 ということになりますね。」
     
    お目当ての17万円という値段が飛び出したところは進歩である。
    しかし、現金払いは表示価格そのままで 25.8万円 であり、それはこの場で
    支払う必要がある。差額の8万円ぶんはポイントによる還元となる。
     
    ここで 【前段】 の話を思い出して欲しい。この 8万円ぶんのポイント は果たして、
    「現金とほぼ同じ価値のモノ」なのか。それとも「扱いづらいモノ」なのか?
     
    私にとってヤマダ電機は、失礼ながら、そう頻繁に来る場所ではない。
    これはショップ側の問題ではなく私の生活の問題だ。ビックやヨドバシなら
    毎日の 通勤の路線上 にあるためフラッと寄って買い物ができるし、
    現にそういう買い物を日常的に行っているので、いくらポイントが貯まっても
    その消費に困ることはない。しかしヤマダ電機はたまたまそうではなかった。
     
    だとしたらどうだ。ここで8万円ぶんのポイントを得たところで、
    果たしてそれは本当に 「8万円の価値」 があるものなのか?
    8万円ぶんのポイントを消費するために、私は 新たな無駄遣い
    算段をあれこれ考えなくてはいけなくなるのではないか。
    それは私にとって本当にベストな選択だと言えるのだろうか?
     
    少しだけ迷ったが、すぐに答えは出た。
    すでにビックのネットショップに 20.1万円-ポイント21%(15.9万円相当) という
    参考価格があるのである。ここですぐに動く道理はない。私はヤマダ電機の店員にひと言、
    「なるほど、ありがとうございます」 と告げ、静かにその場を立ち去った。
     
     
     
    家電量販店を巡るといっても、地元ではあまりたくさんのアテがあるワケではない。
    最後に選んだのが ヨドバシカメラ である。ケーズ、ヤマダからは
    かなり離れたところにあるこのヨドバシを、私は最後の巡回先に選んだ。
    ここで納得できなければネットショップにしよう、とも。。。
     
    ヨドバシで商品を見た最初の印象は、萎えさせるものだった。
     
     278,000円 さらに値引き!ご相談ください。
     ポイント10% ⇒ ※7/28までポイント20%に増量!
     
    普段はどの商品にも20%のポイントをつけるヨドバシだが、特定のメーカの商品だけ
    ポイント還元率が低い、というのはよくあることだ。買うほうがそれ加味すればよい。
    そしてこの場合はたまたまキャンペーン期間で20%になっているとのことなので問題もない。
     
    問題は値引き前の値札である。いくらダミーとはいえ
    他店よりスタート値がさらに高い。あまり期待はできないのか・・・。
    そう思いつつもセオリー通りに店員に声を掛けてみることにした。
     
     
     「えーっと・・・」
     
     
    店員は 型番と値段を書いた紙 を見始めた。これが今の家電量販店の
    価格管理のやり方なのだ。もはや値札そのものには何の価値もない。
    絶望先生ならきっと何かひとこと苦言を呈してくれるはずだ。
     
     
     「えーっと・・・ 199,800円ですね。」
     
     
    そうか・・・それは残念だ・・・。そう言いかけた私は、ふと我に返った。
     
     
    ・・・・えっ?
     
    199,800円。店員はたしかにそう口にした。思わず慌てて聞き返す。
     
     
     「それって、199,800円で 更にポイント20% で間違いないですよね?」
     
     
    声が上ずっているのが自分でもわかる。店員の答えはYesだった。
    199,800円のポイント20%といえば、ポイント算で159,840円相当。
    ビックの通販のポイント換算とほぼ同じだ。
     
    価格.comの最安値16.5万円はしっかりぶっち切っている。
    (これは現金とポイントという条件差を思えば当然だが)
    何より、ヨドバシのポイントというのは、私にとって現金とほぼ同じ。
    いつでも使い道がある自信がある。
     
    そして 送料も無料 だという。残念ながら店頭在庫はないそうだが、
    聞いてみると2日後には届くそうだ。いわばネット通販と変わりがないが、
    それでもこの条件は十分に満足いくものだった。
     
    「ふむ、では、それでお願いします。」
     
    心の中では2つ返事であるそぶりを隠し、私はヨドバシの店員にそう告げた。
    支払いを済ませた私の手には、受け取り票と、ポイントが貯まったレシート が残った。
    モノが届くのは、まだもう少し後のことである・・・。
     
     
    --
     
    さて、私は何を買ったのでしょうか?
     
    答えはCMのあと。(嘘)

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | コラム | | 2008/07/13 17:33


    « 家電量販店道中記【前段】 - 家電量販店の「ポイント」もいろいろあって・・・

    トップに戻る

    32インチのつもりが40インチ!?? ブラビア参上! BRAVIA KDL-40F1 »



    ▼ コメント ▼

    No.21520   投稿者 : heikido   2008年7月13日 20:55

    そういえば、量販店の価格を斜線で消してさらにお安くしますという表示は公正取引委員会の訴えで規制されるみたいですよ。
    ちなみに情報ソースは家電批評7号p101。


    No.21523   投稿者 : G3.   2008年7月13日 23:11

    32インチの液晶TVしか無いと思ってるんですがw
    メーカーは東芝あたりでしょうか


    No.21526   投稿者 : よっし~   2008年7月14日 00:19

    BRAVIA KDL-40F1ですね。わかります。


    No.21532   投稿者 : leva   2008年7月14日 01:27

    ネットで最安値があるのになぜリアル店舗で買うのですか?


    No.21560   投稿者 : とおりすがり   2008年7月14日 07:59

    >ネットで最安値があるのになぜリアル店舗で買うのですか?

    記事読め


    No.21595   投稿者 : 優駿   2008年7月14日 15:19

    まあ都市部ならともかく、地方じゃこういう駆け引き自体難しいな。

    実際、地方の電気屋さんは従来の住人に最適化されているので、自宅配達+設置+
    初期設定までやるってのが前提で、その分定価からほとんど落ちないのですが、
    これはこれで便利な所あるし。

    …いや、実家に東芝のDVDレコーダ入ってたんですわこれが。しかも3in1のやつが。
    もう結構年行ってる母親が普通に使いこなせる様に、ちゃんとセットアップ
    されてるのは、さすが地方の電気屋。うちの地元、VHFの民放とUHFのNHK共聴が
    重なっていて、設定するのも一苦労なんだよな。

    まあ、ROM焼きは難しいとの事で、実質HDDレコーダ+VHS再生機と化してますが。
    それでも、HDDの便利さ知ると、VHSには戻れないそうで。


    No.21596   投稿者 : leva   2008年7月14日 16:22

    >通りすがりさん
    いや、もちろん読んだのですが。

    誤解を招く書き方だったのできちんと書いておくと
    私はポイント付けてもらうよりも少し高くても
    現金値引きしてほしい方なので(前の記事に倣って言うなら生活スタイルが違う)
    そこで先のように書いたのですね。


    No.21623   投稿者 : とおりすがり   2008年7月15日 10:54

    >私はポイント付けてもらうよりも少し高くても現金値引きしてほしい方なので

    記事読め


    No.21624   投稿者 : 優駿   2008年7月15日 16:03

    >levaさん

    今回はポイント付きで後から安くなる方が得と「本人が」考えただけかと。
    こんなの人それぞれだし。ま、現金最優先ってのも当然有りだけど、ポイント
    付加で安いって選択しもありだと思うよ。

    別にここ読んでる人全員に強制しているわけでもないし。


    No.21627   投稿者 : kaito   2008年7月15日 21:28

    ポイントっていろいろ考えちゃいますよねえ。
    全額ポイントで買っちゃうとかえって割高になっちゃうしなあ。(店頭表示価格以上さがらない)


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks