デジモノに埋もれる日々

Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!

« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »


 (2007/12/31 23:21)

2007年もこれにて終了 - 今年のデジモノなど雑感

 カテゴリ : ブログ タグ :


    2007年もあと数十分です。
    今年も1年デジ埋をご覧頂きまして誠にありがとうございました。
    また、あまとも、コミックダッシュ! メガとんトラックなどの
    サービスをご利用頂いた方も本当にありがとうございます。
     
    また来年も1年、よろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m
     
    簡単に今年1年のデジモノなどを振り返って見る意味で、
    各ジャンルのベストアイテムをピックアップしてみましょう。
     
     
    ■携帯音楽プレイヤー
     
    『 Apple iPod touch 』

    あやうく「該当なし」になりかけそうなこのジャンルですが、
    最後の最後で救ってくれたのが 「iPod touch」 でした。ただ、
    携プレという意味ではあくまで「ちょっとディスク容量の少ないiPod」
    という感じであって、実際にはYouTubeやSafariなどを含めた
    「新しモノ好きのための面白ガジェット」 という意味合いが強いでしょう。
     
    それと忘れずもう1つ。私にとっては2006年に購入した
    iRiver S10 がいまだに現役で2007年も活躍しました。
    こんなに小型でキュートな携プレは他にありません。

     
    ■デジカメ
     
    『 該当なし 』
     
    残念ながらコレ!といったデジカメに出会えない1年でした。
    何といっても期待していた 「FinePix F50fd」 がいま1つ
    突き抜けられなかったのが印象深いです。じつは今日たった今、
    この FinePix F50fd は兄に里子に貰われていきました・・・。
     
    HD Xacti を3台も買った年でもあったのですが、これらも実戦では
    あまり投入されていないのが現状です。というのも、私の使い方は
    基本的にメモ系の動画クリップを録画してWebにアップするという
    使い方ですので、HD画質であるメリットはそれほど出てきません。

    逆にHDのデータは大きすぎて扱いづらいという点が気になりました。
    これは人によりけりで、HD画質が必要かどうかは、
     
     録画したデータを「テレビ」で見たいかどうか
     
    で判断するのが良いと思います。子供の運動会のムービーを撮って
    残しておきたいといった用途ならHD画質を活かすことができるでしょう。
     
     
    ■HDDレコーダ
     
    『 該当なし 』
     
    すみません、言葉も有りません。。。
    地デジ・コピーワンス などの問題で、HDDレコーダ市場は完全に
    息の根を止められたというのが私の印象です。もちろん市場自体が
    急ブレーキというまでにはいかず、ブルーレイレコーダ も徐々に
    売上を伸ばしているようですが、次世代の花形産業の期待が
    掛かっていただけに、期待には全く応えられないまま迷走している
    という印象でした。来年も迷走は続きそうな予感です。
     
     
    ■ゲーム
     
    『 Forza Motorsport 2 』
     
    今年はやはりゲームの年です。その中で痛車の話題で一躍脚光を浴びた
    Forza2 がわたし的には一番のプッシュでした。かといってXbox360を推すのは
    ちょっと考えモノで、実は私はここ数ヶ月、Xbox360にForza2以外の
    ゲームディスクを入れたことがありません。そのため「Xbox360にハマっている」
    という表現にはちょっと当てはまらない状態になっています。

    Xbox360が壊れやすいということも身を持って経験させて頂きました(;´д⊂)
    ところがですね。Xbox360、とくにXboxLive!は「ハマってしまうと抜け出せない」
    という魔力があるのも事実で、身の回りでXbox360が故障した人が、
     
     もの凄い勢いで「2台目」を購入するという
     
    通常では有り得ない光景に何度も遭遇しました(他人のことは言えませんが)。
    Xbox360はやはり、ゲーム機自体が「ネトゲ」 としての魔力を持っているのです。
     
    世間的に見れば、今年の一番の話題はWiiと 「Wii Sports」 でしょう。
    正直WiiはWii Sportsという1本のキラーソフトだけで世界を席巻した
    といっても過言ではありません。そして2008年、いよいよWiiは
    ネトゲとしての真価を問われることとなります。
    「スマブラX」 そして 「マリオカートWii」 に注目です。

     
    ■その他
     
    その他に私が購入したモノのお話としては、ようやく購入した32型液晶テレビ
    「REGZA 32Z2000」 これはXbox360とあわせて十分な真価を発揮しました。
     
    あとはやっぱり VOCALOID。今年はニコニコ動画とVOCALOIDの年ですから。
    しかし、「初音ミク」「鏡音リン・レン」ともに購入しておきながら、
    残念ながらどちらも活かすことができないまま年越しを迎えてしまいました。
    正直このままでは終われないという気持ちもあります。
    来年は少しでもこれらをいじる時間が取れますように・・・。

     
    今年も1年、デジモノにいっぱい囲まれた年でした。
    来年もまた1年、よろしくお願いいたします( ・∇・)ノ


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2007/12/31 23:21


     (2007/12/30 23:59)

    ニコニコ市場売り上げ総決算動画 - 売れないものが売れる?ニコ市場

     カテゴリ : コラム タグ :


      一日ずれでエントリを上げていたツケが来て、年末はエントリラッシュです・・・。
       
      ニコニコ市場 という仕組みが開始されたのは今年の7/12なのですが、
      そこから12/29までの 商品別総売上ランキング を計算して
      動画にまとめてくださった方がいらっしゃいます。
       
      約10分の動画ですが、後学の為にも(?)ぜひご覧ください。
      「○○○大勝利!」 の「○○○」には一体誰が入るのか??
       
      ■ニコニコ市場 2007年総売上高ランキングを作ってみた
      http://www.nicovideo.jp/watch/sm1904682

       
       
       
      ・・・はい! 観賞おつかれさまでした!
       
       
      ニコニコ市場で売れる商品というのは当然、
      ニコニコ動画の利用者層の偏りを強く受けているため、
      ランキングも十二分にカオスな雰囲気を出しています。
       
      動画にも 「常識なら売れないものが売れるのがニコニコ市場」
      というようなコメントがありましたが、まさにそんな感じです。
       
      ちなみに、注意する点が2つほどあります。
       
      まず1つめですが、「売上」というのはまさに商品の金額(=Amazonの売上)
      ですので、ニコニコの売上ではありません。ニコニコの売上になるのは
      「紹介料」ですからその1割未満ということになります。
       
      もう1つは、ここでいう売上はあくまで「ニコニコ市場の商品リンクを
      クリックしてAmazonで購入した人の数」でしかありません。実際には多くの人が
      ニコニコ動画に影響を受けて 「実店舗」その他の買い慣れたお店
      購入をするでしょうから、影響力はその数倍~数十倍になると考えたほうが
      良いと思います。数字の絶対数が少ないからといって侮ることはできません。
       
      その辺りにもいろいろカラクリはあって、ネットの販売というのは
       
       実店舗に置いてある製品ほど売上が伸びない
       
      という法則があります。逆に言えば実店舗には絶対に存在しないネット限定商品や、
      あるいは知名度がないためほとんどの店舗で陳列されていないような商品は、
      否が応でもネットを経由して購入されることになります。
      ニコニコ市場の売れ行きもそういう観点から見つめなおしてみると、
      いろいろ面白いことが判ってくると思います。
       
       
      さて、最近私の中ではだんだんと確信になってきているのですが、
      ネットの広告効果というか販売誘導効果というか、そういうメリットの部分と、
      ネットによる権利侵害と売り上げ減というデメリットの部分を比較した
      損得勘定の話でいうと、
       
       ネームバリューのない商品 ほど、ネットを効果的に使い、
       ネームバリューのある商品 ほど、ネットを疎ましく思う、
       
      という図式が出来上がってきているように思います。
       
      自明といえば自明ですので細かい説明は省きますが、
      要するに、名前の知られていないような商品ほど、
      先に自分自身(=コンテンツデータそれ自身)をさらけ出しても、
      「良さを知ってもらう」 段階を踏むことが大きな意味を持ちます。
       
      逆に、十分なネームバリューがある商品は、ネームバリューを
      むしろ過大評価してもらったほうが 売上につながります。
      コンテンツデータ自身をさらけ出してしまったら、せっかく名前買いして
      くれるハズだった一部の顧客を逃してしまうことになりますし、
      そうした大物にとって、ネットの広告効果は大した足しにならないからです。
       
      これは既にあちこちで言われていることですが、ニコニコ動画と商品の間の
      関係にはもしかしたら 「上がり」 という概念が生まれるのかもしれません。
      つまり、無名な頃にはニコ動を 「積極的に黙認」(?)して知ってもらうことを優先し、
      そこで運良く中身の素晴らしさを評価されてメジャーになってきたら、
      そこからはもっと巨大な流通網に載せると同時にネット側では
      公開規制 を強めていくという具合です。
       
      これはニコニコ動画の住人にしてみれば「何で自分たちが育てた
      コンテンツを規制されなければならないんだ!」とちょっと反発心も
      感じるかもしれませんが、昨今の権利関係の問題を解消していくためには
      案外納得性の高い落としどころなのではないかという気がしています。
       
      ニコニコ動画は要するにネタを楽しむ場として機能すれば良いワケですから、
      ネタがマイナー系ばかりに偏ったとしてもそれほど勢いを落とすことには
      ならないでしょう。むしろオリジナル創作に集中するといった危険な賭けに
      出るよりは、マイナー系商業作品の認知向上の場 として
      位置づけられたほうが安定して楽しめるようになるかもしれません。
       
      ニコニコ動画は賛否両論はあれど、間違いなく今年一番のサービスでした。
      来年以降の動向も注意深く見守りたいところです。


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | コラム | 2007/12/30 23:59


       (2007/12/29 23:59)

      Forza2動画編集の楽屋裏 - レース実況タイプの映像編集の苦労話など

       カテゴリ : ゲーム タグ :

      年の瀬も迫ってきていますので(?)
      Forza2の動画編集 のお話についても簡単な総括を。
       
      予定をはるかに超えて半年も続いた動画編集で 合計47個 の動画を作成し、
      ニコニコ動画で合計 約97,000回の再生と3,700件のコメント を頂きました。
      平均2,000再生と80コメといったところです。以前も書きましたが、
      この数はニコニコ動画的には少ないほうであっても、場末のアマチュア活動
      をしている私のような人にしてみれば十分すぎる数でした。おそらく他の
      どんな場所に行ってもこれだけの数の再生・コメントは頂けなかったでしょう。
       
      ■痛コレのForza2 リプレイ集
      http://www.nicovideo.jp/mylist/1264323
      ■Forza2 痛車コレクション
      http://www.nicovideo.jp/mylist/3570466
       
       
      さて、動画編集をしていて、ちょっとわかったことがあります。
      自分が作ろうとしているモノの
       
       「構成パターン」 によってその労力は段違いになる
       
      ということです。具体例を交えて考えてみることにしましょう。
       
       
      私の動画の構成パターンには大まかに分けて4つのパターンがありました。
       
       (1)無編集タイプ
       (2)プロモビデオタイプ
       (3)ネタ編集タイプ
       (4)レース実況タイプ
       
      それぞれについて簡単に実例を見てみましょう。
       
       
      (1)無編集タイプ
       
      ゲーム映像をほとんどそのまま流し録りした素材を使い、
      せいぜい2~3カットを繋ぎ合わせて終わり!というパターンです。
      「作品」というにはおこがましく、どちらかといえば 「資料映像」 として
      残しておきたいものを残すときにこのパターンを使います。
       
      ■Forza2 痛車コレクション Vol.17
      http://www.nicovideo.jp/watch/sm1554334

       
      そのほかの例)
       ■Forza2 痛車コレクション Vol.9
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm818729
       ■Forza2 ロード・アメリカ(Road America) テスト走行 DLCコース 2007.12.07
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm1722209
       
       
      (2)プロモビデオタイプ
       
      一番見栄えの良いクリップを作りやすいパターンです。
      キャラのテーマソングをベースにして、そのテーマソングに合わせた
      シーンチェンジを繰り返すことで、勢いのある動画が生み出されます。
       
      ■Forza2 みっくみく走行会「初音ミク・VOCALOIDワンメイク」 2007.10.05
      http://www.nicovideo.jp/watch/sm1269755

       
      そのほかの例)
       ■Forza2 痛車走行会「ハヤテのごとく!ワンメイク」プレビュー 2007.09.08
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm1050781
       ■みっくみくHAPPY - Forza2 痛車コレクション 初音ミク特別編
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm1321110
       ■Forza2 「苺ましまろ 松岡美羽ハッピーバースディカップ」 2007.09.08
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm1084258
       
       
      (3)ネタ編集タイプ
       
      映像編集にテーマがあり、それに沿って素材を選んでいくタイプです。
      ここには徐々に 「シナリオ」の存在 が必要になってきます。
      どんな素材をそんな順番で構成して流れを作るのかを考えるのがポイントです。
       
      ■Forza2 ウィリーはじめて講座 How to Wheelie
      http://www.nicovideo.jp/watch/sm1679215

       
      そのほかの例)
       ■Forza2 勝手プロモ Xbox360バリューパック発売記念
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm1395922
       ■Forza2 衝撃映像 - ピットの稲妻 2007.07.07
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm576974
       ■Forza2 オン対戦でどきっとするシーン
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm623564
       
       
      (4)レース実況タイプ
       
      レースそのものの経過を逐一お伝えしていくタイプです。
      1レースであれば何とか全部収めることもできますが、何レースもあるイベント
      では当然すべてを収めるわけにはいかず、ダイジェスト として編集することに
      なります。順位変動などを確実に伝えられるように字幕も頑張る必要があります。
       
      ■Forza2 「第1回 ぱにぽにシリーズカップ」 痛車ワンメイク走行会 2007.07.29
      http://www.nicovideo.jp/watch/sm767156

       
      そのほかの例)
       ■Forza2 痛車走行会「ぱにぽにワンメイク ムジェロ耐久」 2007.09.09
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm1118492
       ■Forza2 痛車走行会「第5回ぱにぽにシリーズカップ」 2007.09.23
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm1231398
       ■Forza2 痛車走行会「D車でGO!」 2007.06.22
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm501870
       
       
      では、これらのタイプ別に見て、実際に 編集が大変 なのはどれでしょうか。
       
       「 (1)無編集が一番簡単なのは異論がないとして、やはり一番大変なのは
        (3)ネタ編集かな。シナリオから全て自分で考えなきゃいけないし。
        (4)レース実況は量は多そうだけどやることは決まってるし、
        (2)プロモは逆に量が少ないぶんタイミング合わせの苦労もありそうだし・・・」
       
      という感じで、こういう順番を想像している方が多いのではないかと思います。
       
       
      【大変↑】
       (3)ネタ編集
       (2)プロモビデオ
       (4)レース実況
       (1)無編集
      【簡単↓】
       
       
      しかし、実際にやってみての体感としては、以下のような感じになります。
       
       
      【大変↑】
       (4)レース実況
       (3)ネタ編集
       (2)プロモビデオ
       (1)無編集
      【簡単↓】
       
       
      (4)レース実況タイプの動画の大変さは異常です。他のタイプでは
      超えられない壁があります。なぜそうなるのかといいますと、
      4つのタイプのうちこの(4)レース実況タイプだけが、
       
       何かしらの事実を視聴者に伝える役割を持っている
       
      からです。逆に言えば、(3)ネタ編集タイプ、(2)プロモビデオタイプは、
      どんな場面を恣意的に抜き出してもそれは編集者の勝手ということであり、
      これだけで編集の手間は恐ろしく軽減されます。
       
      具体例を見てみればその大変さは実感できると思います。
      (4)レース実況タイプの苦労のほとんどは、実は映像編集ではなく、
       
       「リプレイチェック」 の段階にあります。
       
      どこで何が起こったのか、それを全て確認するためには、
      レースのリプレイを、いろいろな人(同時対戦人数の8人ぶん)の視点から
      何度も何度も確認して進行中のイベントをすべて洗い出さなければなりません。
      これが映像編集の手間よりも何倍も掛かります。
       
      実際、30分くらいで終わるイベントの映像について、リプレイチェックをして
      必要な場面を抜き出すだけで 5~6時間 かかることはザラです。その最初に
      わたしがいつも行っているのが追い越し場面をリストアップしていくことです。
      このリストを勝手に 「パッシング・タイムライン」 と呼んでいます。
       
      ■Forza2 痛車走行会「第5回ぱにぽにシリーズカップ」 2007.09.23 パッシング・タイムライン
      http://c-kom.homeip.net/review/blog/temp/paniponicup5th_passingtimeline.txt
       
      リストをご覧になるとちょっと ギョッとする ハズです。
      これを作成するだけ 3~4時間 はゆうに掛かります。繰り返しになりますが、
      たまたま見つけた面白い場面を恣意的に抜き出すのとは異なり、
      レース実況では 「取りこぼし」 があってはいけません。
      そもそも取りこぼしがあると、レース順位とも矛盾が生じてしまいます。
       
      (3)ネタ編集(2)プロモの2つがあくまで 「編集者が神さま」 なのに対して、
      (4)レース実況の場合は 「レース結果が神さま」 であり編集者はその従者なのです。
      これがレース実況タイプが一番大変である最大の理由です。
       
      このリプレイチェック地獄を抜ければ、ようやく映像の編集作業に移ることが
      できます。しかし、映像編集はそれはそれで量があるためにこれも大変です。
      こうした苦労を経て初めて(4)レース実況タイプの映像が出来上がるのです。
       
      ■Forza2 痛車走行会「第5回ぱにぽにシリーズカップ」 2007.09.23
      http://www.nicovideo.jp/watch/sm1231398

       
       
      パッと見ると編集テクや編集センスが問われそうな(2)(3)より、
      淡々と事実を伝える(4)のほうが大変な手間が掛かるというのは、
      わたしとしては結構新鮮な発見でした。
       
      この手の苦労はやってみて初めて判るところがあり、
      また経験を積み重ねていくごとに色々なことがわかってきますので、
      なかなか楽しいです。体験に勝る知識なしといったところでしょうか。
       
      Forza2は、アイマスほどではないにせよ、ある意味今年のゲームの中で
      「新しい視点」を以って注目されたゲームの1つとなりました。
      ペイントという ユーザエディット機能 がネトゲの魅力を
      ココまで増幅するとは、開発陣も想像できなかったことでしょう。
       
      その魅力を動画によって少しでもお伝えできたなら嬉しい限りです。


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/12/29 23:59


       (2007/12/28 23:59)

      Twitterに登録してみましたが、まだ何もしていません。

       カテゴリ : ブログ タグ :


        昨日あたりにふとリファラをチェックしていると、
         
         Twitterからのリファラがありました。
         
        辿ってみるとコミックダッシュ!に関連したことをお話されている方の
        Twitterに辿り着きます。こういうことは今までも結構ありました。
         
        おー・・・、と思いながらも、そういえば自分自身はTwitterに登録して
        いないから 何もリアクションが取れない なぁ、と思い立ち、
        いまさらながらIDくらいは取っておこうかな、ということになった次第です。
         
        それでとりあえず ID取得 だけしてあるのがこのページなのですが、
         
         
         http://twitter.com/ckom
         http://twitter.com/ckom/with_friends
         
         
        絶望したっ!
        いまだに「ckom」なんて単純なIDが取得可能なことに絶望したーっ!
         
        TwitterのIDって世界でユニークですよね(;´Д`)?
        いえ、取得できたのはとても嬉しいのですが。
         

         
        さて、せっかく取得したTwitter IDですので何かしなきゃと思いつつ、
        とりあえず 見覚えの有りそうなアイコンを端からfollowにする
        というちょっと恐縮気味な行動に出ているのでありますが、いまのところ
        自らどんどん発言していこうかという感じまでは到達していません。
         
        Windowsアプリで人気の高い 「Twit」をインストール して、
        他の方の発言があった場合にポップアップバルーンが
        出てくるようにはしてみました。完全にread onlyモードです。
        Twitterですので follow only とでも言えばよいでしょうか。
         
        というのも、mixiのIDを初めて取得したときもそうだったのですが、
        すでにブログというツールで手一杯状態になっているときに、
        それ以外の場所に積極的にアウトプットを出そうとすると、
        どんどん自分の首を絞める(時間を使ってしまう)ような気がして、
        なかなか本腰を入れられないためです。
        (mixiもいまのところは 「IDはあるけれど」 という状態になっています)
         
        何はともあれ、これでTwitter上でのリアクションは一応取れるように
        なりましたので、適度に使い分けを考えていきたいと思います。
        でもひとまずは follow only かもしれませんゴメンナサイ(;´Д`)


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2007/12/28 23:59


         (2007/12/27 23:59)

        あまとも通信 - 年末まで一気に「鏡音リン・レン」ウィーク?

         カテゴリ : あまとも タグ :


          木曜日は「あまとも通信」。今回は第64回です。
           

           
          ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
           
          「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今年最後の当選者は?!
           
           oh-girl さん、ban3146 さん、nyamnyam さん の3名様が、
           1,000円のAmazonギフト券 当選です!
           
          おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
          いただきましたので、メールをご確認ください。
           
          プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
           
           
          ■今週の注目商品ピックアップ

          ついに 「鏡音リン・レン」 の発売日になりました!
          一部では フライング発売 もしていたみたいですが、
          わたしの自宅には発売日どおりにAmazonから到着しています。
           

           
          今回はワンカップPのところにも無事に届きそうですね。(おい)

          そうはいっても私は初音ミクすら「ふぉるつぁの歌」(10秒) を歌わせたきりで
          それ以来まったく手をつけることができなかったのでありますが、
          今度はもうちょっと何とかしてあげたいなという気分ではあります。
           
          あまりハードルを上げずに30秒くらいの練習曲をやってみたいですね。
           
          VOCALOIDは、ネタ歌をデフォルトのヨレヨレ声で歌わせるくらいなら誰でもできるのですが、
          (でも上記のワンカップPくらいになるとネタ歌でも神業調教です。真似出来ません)
          音楽の「作品」を作るとなると結構キビシイです。逆に過去にDTMの経験がある方でしたら
          昔取った杵柄をもう一度という感じでチャレンジしてみるのは面白いと思います。


          初音ミクのほうはもう何だか判らない境地に達しています。。。

          来年もあまともを宜しくお願いいたします( ・∀・)ノ
           


          投稿者 CK : 記事URL | あまとも | 2007/12/27 23:59


           (2007/12/26 23:59)

          コミックダッシュ!の「発売日リスト」が月ごと表示で見やすくなりました

           カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


            所有コミックを登録していくと新刊カレンダーを自動で表示してくれる
            コミックダッシュ! をご利用頂きましてありがとうございます。
             
            コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!
             
            コミックダッシュ!は各ユーザごとの 新刊カレンダー を表示できるのが
            1つのウリになっていますが、それとは別に、収集したデータを元にして
            全体のコミック発売カレンダーというのも生成しています。
             
            本来はこの手の発売カレンダーは出版社経由でないと取得できないものですが、
            コミックダッシュ!に自動追加されたコミックの Amazonの発売日データを
            ひたすらかき集めて いくと、それとほとんど同じものが出来上がっていくという
            ある意味力技の手法で、かなりの分量のカレンダーを生成できています。
             
            そのカレンダーは上部メニューの 「発売日リスト」 というリンクから辿れます。
            以前はここをクリックすると完全に最新順のリストが表示されましたので、
             
             最新刊が 2008年8月 とかいう具合に
             
            かなり見づらい状態となっていたのですが、このたびこの部分に改造を加えて、
            月ごとのページ に分割しました。
             

             
            各コミックについては 表紙イメージ も表示するようにしましたので、
            かなり判りやすい発売カレンダーになってきたと思います。ぜひご活用ください。
             
             
            また、トップページ最上部の一番目立つところに 「注目コミック」 のリストを
            掲載するようにしました。これは最近みなさまが新たに追加したコミックの
            情報を元にして、いわば売れ筋情報を自動生成するという形になっています。
             

             
            コミックのトレンド がひと目でわかるのが嬉しいですし、また、結構な頻度で
            新しい情報に変わってくれるのが楽しいです。そちらもぜひチェックしてみてください。
             
             
            それから、ちょっと細かいことですが、URL形式を若干変更しています。
            シリーズ情報のトップのページのURLですが、
             
             (旧) http://ckworks.jp/comicdash/series/view/(シリーズ番号)
                ↓
             (新) http://ckworks.jp/comicdash/series/(シリーズ番号)
             
            というように、/view/ というディレクトリを省略するようになりました。
            意味的にも余分なものが取れてわかりやすくなったと思います。
             
            また、従来は
             
             http://ckworks.jp/comicdash/asin/(ASIN番号)
             
            というURLで、対応するシリーズのページにリダイレクトしていたのですが、
            このリダイレクト機能は、
             
             http://ckworks.jp/comicdash/asin/s/(ASIN番号)
             
            という /s/ の入ったURLで行うことにしました。
            /s/ の入っていない形式は各コミックごとのページということで
            また別の用途で使う予定です。いまのところはアクセスしても
            コミックの基本情報が出てくるだけで何もない準備中ページです。
             
             
            今後とも「コミックダッシュ!」をどうぞよろしくお願いいたします('◇')ゞ
             
            コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | コミックダッシュ! | 2007/12/26 23:59


             (2007/12/25 23:59)

            グランツーリスモ5プロローグのオン対戦がいよいよスタート! 果たしてその出来は?

             カテゴリ : ゲーム タグ :

            ■2007/12/11 [GT5Pがいよいよ登場するも、オン対戦は12/25から提供開始とな]
             
            12/25はいよいよ「GT5P」こと 「グランツーリスモ5プロローグ」
            オンライン対戦解禁日、ということになります。
             
            その実体はというと、直前になって発表があったのですが、、、
             
            ■グランツーリスモ5プロローグ - オンラインイベント
            http://www.gran-turismo.com/jp/gt5p/event/
            ・初心者向け デイトナスピードウェイ 3ラップ 最大8人対戦
            ・中級者向け 鈴鹿 2ラップ 最大8人対戦
            ・上級者向け 富士 3ラップ 最大8人対戦
            ・上級者向け エリーゼ111R 富士 3ラップ 最大16人対戦

            レースの種類 が決められています。全部で4種類です。
            どの種別の部屋に参加したいのかは選ぶことができますが、
            そこから先のマッチングは全て 「ランダム方式」 です。
             
             つまり、友人との対戦はいまのところ絶望的?
             
            ということになると考えてよいのでしょうか。うーむ、そうなるとちょっとツライところです。。。
            周回数なども固定で、車種もかなり限定されています。
             
            ちなみに全部ローリングスタートなのかというとそうでもなくて、
            ちゃんとグリッドスタートのものもありました。
             
            あとは、ラグが酷いとかサーバが落ちるとかいろいろ大変そうな声も聞かれていますが、
            これはむしろ最初のうちはよくある混乱で、次第に収まっていくことでしょう。
            ただ、マニア御用達のXbox360がベースのForza2とは違って、
            GT5Pは対象とするゲーマの間口が広すぎますから、その意味では
            「いつでも快適」な通信環境を保つのはかなり苦労するかもしれません。
            (PS3ユーザにはおそらく未成年もかなりの割合がいますよね)
             
            ニコニコ動画 にはすでにプレイ動画が上がっていますので、そちらで
            雰囲気は掴むことができます。このあたりのゲームと動画サービスとの
            親和性によってゲームの話をするのは本当に簡単になりましたね(・ω・)
             

             

             
            ※2007/12/26 もう1つ追加。nice race!

             
            こうしてみると、結構まともにゲームできてるじゃない?
            という感じもします。逆に面白動画としては、
             

             
            こんなのもあるワケですが(笑) これはまぁ運が悪い環境での
            お約束ということで、楽しく笑って済ませましょう。
             
            あといくつか残念な点があるとすると、
             
             ・オンライン対戦の結果は リプレイに残せない
             ・対戦者同士の レース中のコミュニケーション手段 がない
             ・クルマは チューンできない
             
            というあたりです。特にリプレイはGTのウリでもありますし、
            オン対戦のリプレイは是非にでも思い出として残したいモノの1つですから、
            今後のアップデートで何が何でも対応することが望まれます。
             
            レース中のコミュニケーション手段についてはさもありなんですが、
            こうして考えるとXboxLive!の ボイスチャット の有り難味が再確認されます。
            ぶつけたときに険悪にならないためにも 「あ、ごめんなさい」 「いえいえ」
            という言葉1つ交わせるかどうかというのは案外と重要なのですよね。
             
            GT5Pに限らず、PS3のオンラインは 基本無料 で進んでいるため、
            年間6,000円近く かかるXboxLive!と一概に比べることはできません。
            そのあたりも含めて今後の動向を見守っていく必要はあるでしょう。
             
            いずれにしてもPS3ユーザにしてみれば、この冬遊んでおきたいタイトル
            であることは間違いないでしょう。私もPS3を持っていたらまず間違いなく買って
            試してみたと思います。が、これを機に本体も買うかといわれると・・・うーむ。


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/12/25 23:59


             (2007/12/24 23:59)

            Amazon集計結果 2006/12/25~2007/12/24

             カテゴリ : ブログ タグ :


              ■404 Blog Not Found 「Amazon総決算2007」
              http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50973862.html
               
              dankogaiさんがAmazon総決算をされていたのを拝見したのをキッカケに、
              ウチでもちょっと調べてみようと思いました。この「12/25~12/24」の集計と
              いうのは、1年の締めくくりエントリのフォーマットとして優秀だという気がします。
               
              なお、「デジ埋」「あまとも」「コミックダッシュ!」「メガとんトラック」
              では、それぞれの経路判別をしていません。従いましてこれらすべての合計を
              集計していることになります。
               
              では、2006/12/25~2007/12/24 の集計をしてみましょう。
               
               
              ■個数順(2006/12/25~2007/12/24)

              順位商品名(Amazonリンク)
              1.世界樹の迷宮(特典無し)
              2.ハギワラシスコム SDメモリーカード Tシリーズ HPC-SD2GT-A
              3.ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト
              3.SANYO eneloop 充電器 単3形4個セット (単3形・単4形兼用) N-TG1S
              3.デンターシステマ ライオン ハブラシ 超コンパクト (2入り)
              6.よつばと! 7 (7) (電撃コミックス)
              7.太陽誘電 That's データ用DVD-R 4.7GB 8倍速 50枚入り DR-47WTY50BA
              7.That's データ用DVD-Rプリンタブル 4.7GB 8倍速 50枚入り DVD-R47WPYSBA
              9.ハギワラシスコム MicroSDカード 1GB SDカード/miniSDカード変換アダプタ付 HNT-MR1GTA
              10.Wii
              10.SanDisk SDMSPD-4096-J60 メモリースティック PRODuo 4GB
              12.ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
              12.Wiiフィット(「バランスWiiボード」同梱)
              12.【Amazon.co.jp15000個限定】ジレット フュージョン5+1 ホルダー[サンプル]
              12.TDK DVD-Rデータ用 1-8倍速対応ホワイトプリンタブル(ワイド)50枚パック[DVD-R47PWDX50PK]
              12.ベルセルク 32 (32) (ジェッツコミックス)
              17.UltraII メモリースティック PRO Duo 4GB
              17.エレクトリックパーク
              17.ヒストリエ 4 (4) (アフタヌーンKC)
              20.Xbox 360 バリューパック(HDMI端子対応、「フォルツァ モータースポーツ 2」「あつまれピニャータ」同梱)
              20.SHARP AQUOS 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョンレコーダー 500GB DV-AC75
              20.National イオンスチーマー ナノケア プラチナ オレンジ EH2471-D
              20.SANYO eneloop ニッケル水素電池 単4形 4本パック HR-4UTG-4BP
              20.リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン
              20.デトロイト・メタル・シティ 4 (4) (ジェッツコミックス)
              20.ブラック・ラグーン 7 (7) (サンデーGXコミックス)
              20.ハヤテのごとく! 13 (13) (少年サンデーコミックス)
              20.皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
              20.のだめカンタービレ #18 (18)
              20.おおきく振りかぶって Vol.9 (9) (アフタヌーンKC)
              20.新世紀エヴァンゲリオン (11) (角川コミックス・エース (KCA12-11))

               
              個数として一番売れたのは 「世界樹の迷宮」 でした。
              作りとしてはオーソドックスなRPGというかウィザードリィの現世代版
              という言われ方がされていますが、様々な押し付けストーリものが氾濫する中で、
              そのゲーマの想像力を掻き立てるようなシンプルでしっかりした作りが
              評価され話題となりましたね。実際わたしもかなり長時間プレイしました。

              そのほか個数としてカウントされるものには、消耗品が多く出現するのも特徴で、
              DVD-Rのまとめ買い なんかがカウントされているのも見受けられます。
               
              そんな中で例えば エネループ(eneloop) なんていうのはヒット商品といって良いでしょう。
              時期が時期だけにWiiリモコン用として買われる方も多かったものと思われます。
              我が家の電池もかなりエネループに置き換わってきました。

              ほかには、個数でいうとコミックなどもランクインしてくるのですが、
              個別巻数の集計という意味ではそれほど大きなカウントにはなりませんでした。
              シリーズごとにまとめてカウントという形であればかなり上位に来るものもあります。
               
              そういう意味では DSLite なんかもカラー別でなければもっと上に来ていたでしょう。
               
               
              さて、続いては総額順です。
               
              ■総額順(2006/12/25~2007/12/24)

              順位商品名(Amazonリンク)
              1.Wii
              2.Xbox 360 バリューパック(HDMI端子対応、「フォルツァ モータースポーツ 2」「あつまれピニャータ」同梱)
              3.PLAYSTATION 3(60GB)
              4.ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト
              5.Apple iPod touch 16GB MA627J/A
              6.ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
              7.攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX DVD-BOX (初回限定生産)
              8.National イオンスチーマー ナノケア プラチナ オレンジ EH2471-D
              9.I-O DATA 20.1インチ液晶ディスプレイ LCD-AD203GB ブラック (UXGA対応 デジタル&アナログ)
              10.byd:sign 37型フルスペックハイビジョン対応 液晶テレビ d:3742GJ
              11.RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL
              12.HITACHI ビートウォッシュ 湯効利用 洗濯乾燥機 シャンパン BW-D9GV-N
              13.SanDisk SDMSPD-4096-J60 メモリースティック PRODuo 4GB
              14.世界樹の迷宮(特典無し)
              15.Wiiフィット(「バランスWiiボード」同梱)
              16.PLAYSTATION 3(20GB)
              17.攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG DVD-BOX (初回限定生産)
              18.TOSHIBA gigabeatVシリーズ ワンセグ視聴と録画/再生機能搭載ハードディスクオーディオプレーヤー 30GBHDD マットブ
              19.UltraII メモリースティック PRO Duo 4GB
              20.TOSHIBA gigabeatVシリーズ ワンセグ視聴と録画/再生機能搭載ハードディスクオーディオプレーヤー 30GBHDD クリムゾ
              21.iriver clix2 4GB ブラック clix2-4GB-BK
              22.Dr.スランプ アラレちゃん DVD-BOX SLUMP THE BOX んちゃ編
              23.National 乗馬フィットネス機器 ジョーバフィット キャメルブラウン
              24.キヤノン PIXUS MP610
              25.PLAYSTATION 3 ビギナーズパック(60GB)
              26.I-O DATA USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 500GB HDC-U500
              27.ハギワラシスコム SDメモリーカード Tシリーズ HPC-SD2GT-A
              28.PLAYSTATION 3(60GB) 特典 Blu-ray Disc「スパイダーマン3TM」付き
              29.SANYO ハイビジョン デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD700 レッド DMX-HD700(R)
              30.ニンテンドーDS Lite クリムゾン/ブラック

               
              こちらはかなり今年一年を象徴している結果となっています。
              1位がWii、そしてXbox360、PS3、DSLiteとゲーム機が上位を独占しました。

              その中に唯一食い込んでいるのが iPod touch です。正直、最近の携プレ市場は
              もはや停滞気味の印象を受けますが、iPodだけは唯一気を吐いて進化して
              くれているような気がして、携プレファンとしてはちょっと嬉しいです。

              来年は果たしてどんなヒット商品が生まれ、ランキングに名を連ねてくるのでしょうか・・・?


              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2007/12/24 23:59


               (2007/12/23 23:59)

              「デジモノに埋もれる日々」開設4周年 - 本当にありがとうございます!

               カテゴリ : ブログ タグ :


                管理人のCKです。こんにちは(・▽・)ノ いろいろドタバタして
                ご報告が遅れましたが、デジ埋の 開設記念日 は12/2ですので、
                今月2日の時点を以ちまして、
                 
                 デジ埋は 開設4周年 を迎えました。
                 
                総記事数は1,600 にものぼります。巷ではサイト3年寿命説とか
                ブログ燃え尽き症候群とかいろいろ言われておりますが、
                こうやってコツコツと続けてこられたのもひとえに
                ご覧くださっている皆さまのおかげでございます。
                 
                改めて深くお礼申し上げます。本当にありがとうございます。
                 
                振り返ってみるとこの4年目は今までとはかなり変化が有りました。
                最も大きなウェイトを占めたのはやはり コミックダッシュ!
                これは「あまとも」をもしのぐ大ヒットだったと自分では思っているのですが、
                そのかわりに運営のための労力も並々ならぬものがありました。
                 
                そしてもう1つが、Forza2 のビデオ創作活動「痛コレ」プロジェクトです。
                Forza2に自体にもかなりハマってしまったこともさることながら、
                このビデオ編集にはやはりかなりの労力を使いました。
                しかし動画の作成者として継続的に活動するというのは、
                今年一番の話題サービスともいえる ニコニコ動画
                本質を知るためにも非常に有意義なトライだったと思います。
                本当にいろいろ面白い経験をさせて頂きました。
                 
                その一方で、今年は残念ながら 日曜コラム の執筆を断念したという
                つらい側面もありました。また、コメントへのお返事が基本的に
                お返しできないモードに突入したこともお詫びしなければなりません。
                負荷対策 の件でもみなさまには大変ご迷惑をお掛けいたしました。
                 
                サン電子 さんとの共同プレゼント企画など、ほかにも新しい試みが
                いろいろあり、本人としてはもの凄い勢いで突っ走ってきた1年という
                気がしています。昨年の12月あたりの記事を読み返すと、まるでもう
                数年前のことのように遠い感じがします。
                 
                今後とも精力的に活動を続けていきますので、「デジ埋」そして
                そのファミリーのサービス群も、どうぞ宜しくお願いいたします。
                 
                 
                 
                さて、開設○周年記念といえばコレ。
                 
                 この1年間に購入してきたデジモノのリスト
                 
                です。「続きを読む」をクリックすると全て表示されます。
                部屋は明るくして、モニタから3メートルは離れて見やがって下さい(?)
                 
                 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

                » ... 続き(記事全文)を読む
                 "「デジモノに埋もれる日々」開設4周年 - 本当にありがとうございます!"


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (1) | ブログ | 2007/12/23 23:59


                 (2007/12/22 23:59)

                ナードコアに定評のあるうp主、チキンカレーの人に再び注目

                 カテゴリ : 雑談 タグ :


                  ■2007/07/20 [Forza2のオークションでびっくり散財 - ちょっと不貞寝してくる ノシ]
                  ■2007/10/14 [チキンカレーの人がブレイクしていた - 「波を捉える場」としてのニコニコ動画]
                   
                  デジ埋でも過去に2度ご紹介している 「チキンカレーのひと」 こと
                  millstones氏のナードコアの認知度がどんどん上がってきています。
                   
                  最新作がこれまたヒット中です。
                   
                  ■[みなみけMAD] バレーボールをやらないか
                  http://www.nicovideo.jp/watch/sm1807752

                   
                  2分すぎ辺りまではあくまで練習だぜ。
                   
                   
                  millstones氏をご存知ない方に、真骨頂といえばやっぱりこれ。
                   
                  ■[らき☆すたMAD] 甘い物が必要なんだってヴぁ
                  http://www.nicovideo.jp/watch/sm1057489

                   
                  millstones氏は サウンドを全て自作 しているという点で
                  他のMAD作者の方と比べるとかなり異色な存在です。
                   
                  もちろんアニメの中の声をメインに使っているのですが、
                  それはいわゆるサンプリングとしての活用という色合いが濃く、
                  土台になっている部分は完全なオリジナル曲なのです。
                   
                  ループ系アニメ映像とのマッチングもさることながら、
                  その 「音楽としてのハイレベルさ」 が氏の人気を支えています。

                  わたしはいつも携プレにmillstones氏の音楽を入れて
                  エンドレスループを楽しんでいます。初音ミク以外にも様々な形で
                  オリジナル志向の作家さんが台頭してきているのが面白いところですね。


                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2007/12/22 23:59


                   (2007/12/21 23:59)

                  iPod touch+ホットスポットを使ってYouTubeを見る - たとえばこんな場合

                   カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

                  ■2007/09/05 [タッチスクリーン3.5型ワイド画面の「iPod touch」登場 - そしてポチッと可能]
                  ■2007/12/19 [iPod touch 16GB を開封 - 購入日から90日放置しても大丈夫(?)]
                   
                  というワケで90日の沈黙を破ってようやく使い始めたiPod touchですが、
                  さっそくその活用の機会がありました。
                   
                  友人同士で忘年会をするというありふれたシチュエーションに、
                  ネタモノとしてiPod touchを スタンバイして持っていたのですが、
                  (そのために慌てて開封したんじゃないかともいえますが・・・)
                   
                  その席でたまたま、店の中にホットスポットが 設置してあったのです。
                  アクセスポイントを検索して接続してみると、自動的にDHCPでアドレスを
                  取得して繋がるではありませんか。これ幸いにと試してみました。
                   

                   
                  その場でYouTubeを見てみると普通に観られます。
                  写真の右上についているのは バッテリ内蔵の小型スピーカ で、
                  その場にいるみんなで音を聞くことができます。
                   
                  この使い方はかなり強烈でした。一見すると ワンセグ と同じように
                  見えますが、ワンセグだったらその場でチャンネルを回してみて、
                  面白い番組がやっていなかったらそれで終わりです。
                   
                  しかしYouTubeはこちらから アクティブに検索 できます。
                  ということは、おしゃべりの途中で出てきた話題について、
                   
                   「あ、その映像ならYouTubeにあるだろうから見てみようぜ!」
                   
                  というふうに、おしゃべりと並行して活用できます。
                   
                   「最近、初音ミクって話題になってるじゃん」
                    →「何それ?」→「知らないの?」→「ええとね・・・」
                   
                  と普通ならそこで終わってしまいますが、そのあとに、
                   
                    →「こういうやつだよ」→「おおー」
                   
                  までたどり着けるのは、「小脇に抱えるYouTube」 としての
                  iPod touch があってこそです。これはわたし的にはかなりヒットでした。
                   
                  もちろん、ノートPCに十分な通信環境を備えていれば同じことはできるのですが、
                  そこまで大げさな装備をしなくても、普段持ち歩いている携プレでそれができて
                  しまうというあたりがより重要です。
                   
                  以前、ゲームの話をするならYouTubeでプレイ動画を見ながら話すのが
                  いいというお話をしましたが、それがさらに、外出先でも同じことができるのは
                  とてもよい気分です。まずはiPod touchのよさを思わぬところで確認できました。


                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2007/12/21 23:59


                   (2007/12/20 23:59)

                  あまとも通信 - クリスマスに強いのはやはり任天堂?

                   カテゴリ : あまとも タグ :


                    木曜日は「あまとも通信」。今回は第63回です。
                     

                     
                    ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
                     
                    「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週は、
                     
                     kensi2314 さん、voltgz さん、a952244 さん の3名様が、
                     1,000円のAmazonギフト券 当選です!
                     
                    おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
                    いただきましたので、メールをご確認ください。
                     
                    プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
                     
                     
                    ■今週の注目商品ピックアップ
                     
                    ゲーム業界もクリスマス商戦でにわかにあわただしい動きを見せてきました。
                     
                    ■メディアクリエイト 週間ソフト&ハード
                    セルスルーランキング(2007年12月10日~12月16日)
                    http://www.m-create.com/ranking/
                    DSL 222,132
                    PSP 184,610
                    Wii 170,558
                    PS3 63,720
                    PS2 18,025
                    Xbox360 8,561

                    こと 「クリスマスプレゼント」 という需要になると、
                    任天堂のDSLiteやWiiは無類の強さを発揮します。この時期は
                    「子供へのプレゼント需要」と「自分用のボーナス需要」という
                    2種類が大きな動きとして現れてきますが、当然強いのは前者です。
                    そして子供向けでは絶対負けないラインナップが任天堂側に揃っています。
                     
                    ちょっと意地悪な言い方をすれば、
                     
                     この時期いちばん 『 購入の言い訳 』 が立つゲーム機
                     
                    といえるでしょう(゚∀゚)

                    PSPの躍進 が依然として止まらないことも注目に値します。
                    PSPはいまや、萌え系コンテンツの移動先として新世代ゲームの中で
                    唯一認められたプラットフォームであることも見逃すことはできません。
                     
                    元々強烈なパワーを必要としない萌え系ゲームは、最大母数である
                    PS2プラットフォームに留まる選択をするメーカが多くいました。
                    DSLiteやWiiがいくら普及しようと、任天堂は露骨なギャルゲー系を
                    あまり歓迎してくれません。かといってXbox360の母数ではそう簡単に
                    ビジネスにはなりません。そんな中、PSPが高年齢向けプラットフォームとして
                    一定の母数を確保し始めたことは、非常に大きな流れなのではないかと思います。

                    え? Xbox360 は・・・?? ええと・・・
                     
                     
                    ・・・今後ともあまともを宜しくお願いいたします。
                     


                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | あまとも | 2007/12/20 23:59


                     (2007/12/19 23:59)

                    iPod touch 16GB を開封 - 購入日から90日放置しても大丈夫(?)

                     カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

                    ■2007/09/05 [タッチスクリーン3.5型ワイド画面の「iPod touch」登場 - そしてポチッと可能]
                     
                    今年秋の携プレ界の目玉であった iPod touch。発表されたのが9/5で、
                    私はその日のうちにポチッと注文を完了しました。そして実際にモノが
                    届いたのは9/21です。ところが私は、商品が到着してから
                     
                     まるまる90日間、届いた箱を開封すらしない
                     
                    という暴挙に出ます・・・。実はこの頃、Xacti HD1000がほぼ同時に
                    届いていてそちらを優先したかったから、とか、タイミングの悪いことに
                    Xbox360でレッドリングが 出たから、とか、いろいろドタバタが続きました。
                     
                    また一方で同じ頃に iPod touch は WindowsXP 用の日本語iTunesに繋ぐと
                    ハングするという不具合のウワサが聞かれていたことから、とりあえず
                    急いで試さなくてもいいか、というモードになってしまったことが要因です。
                    そのままずるずると開封をしないまま流れてきてしまいました。
                     
                    冷静に考えてみると、あの話題商品の iPod touch です。ほぼ発売日に
                    自費で購入しておいて、そのまま90日間も開封しなかったというのは、
                     
                     
                     世界中を見てもわたし一人なんじゃないだろうか?!
                     
                     
                    という気がしてきました。ぜひ ギネスに載せて あげてください。
                     
                    さて、まずは使ってみる前に、軽く外観を確認していきたいと思います。
                     

                     
                    やはりというか何というか、HDDを使わないぶん 異常な薄さ が際立っています。
                    そしてその薄さのぶんだけ画面の広さが印象的に移ります。こう何というか、
                    モノのうちの大部分をモニタ部が占めているようなそんな感じです。
                     
                    ボタンは画面の上部に電源ボタンと、画面表面のところに1つボタンが
                    あるだけで、それ以外はすべて タッチスクリーンで操作 できます。
                    あとはDockコネクタとイヤフォンジャック。大変シンプルな構成です。
                     
                    実際にSyncして使ってみましたが、確かにこのユーザインタフェースは
                    なかなか快感です。製品に触る楽しみを与えてくれるような、そんな感じです。
                    YouTube で動画を選んでみたときの画面はたとえばこんな感じ。
                     

                     
                    もう少し使ってみて、あらためてレポートしてみたいと思います。


                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2007/12/19 23:59


                     (2007/12/18 23:59)

                    Forza2「プロフィール改ざん」から復活! 旧タグを使えるようになりました。

                     カテゴリ : ゲーム タグ :


                     
                    ■2007/11/13 [Forza2で「プロフィール改ざん」認定?! オークションを利用できません・・・]
                    ■2007/11/17 [Forza2「プロフィール改ざん」トラブル - サポートに連絡してみました]
                    ■2007/11/19 [Forza2「プロフィール改ざん」問題、公式ページにも言及が!]
                    ■2007/11/24 [Xbox360 Liveの別タグを作成 - Forza2プロフィール改ざん症状は続く]
                    ■2007/12/15 [Forza2「プロフィール改ざん」問題に光明が?! 公式から対処方法の発表が]
                     
                    Forza2で「プロフィール改ざん」という不正ユーザ扱いを受けてしまって
                    いる件の続報です。12/15にお伝えしたとおり、開発元のTurn10から
                    タグその他の情報を連絡すれば、調査・回復してくれるという公式発表
                    がありました。
                     
                    ■2007/12/15 [Forza2「プロフィール改ざん」問題に光明が?! 公式から対処方法の発表が]
                    この「Unique ID」と、それからあなたのゲーマタグも忘れずに書いて、
                    forzafb@microsoft.com まで メールを送って ください。

                    方法は至って簡単で、ゲーマタグLiveID、そして
                    そのLiveIDで認証した証である PUID を本文に書いて
                    指定のメールアドレスに送ってくれというものです。
                    PUIDの割り出し方は上の記事に記載しています。
                     
                     
                    それを受けて私は早速以下のような簡単なメールを出しました。
                     
                    =============================================
                    To: forzafb@microsoft.com
                    From: *****@***.*****.***
                    Subject: Please recover my tampered profile.
                    --
                     
                    Dear Forza2 staff,
                     
                    http://forzamotorsport.net/news/pitpassreports/pitpass73.htm
                     
                    Please recover my 'tampered' profile.
                     
                    Gamertag: **********
                    LiveID: **********
                    PUID: **********
                     
                    Regards,
                    --
                    (署名)
                    =============================================
                     
                     
                    流石に週末の即時対応はないだろうというのはさておき、
                    わたしは正直言って、早くても1週間、長ければ1ヶ月くらいのスパンで
                    待たなければいけないだろうと覚悟を決めていました。ところが何と、、、
                     
                     
                     12/18には旧タグが回復しているではありませんか!!
                     
                     
                    オークションもギフトも、車の取引がすべて可能になっています。
                    実質、週明けから1日後です。何という対応の早さでしょう!
                    もちろん、そもそも対策が発表になるまで1ヶ月以上掛かっている
                    という話もありますが、それにしても予想外の素早い対応でした。
                     
                    状況から見るに、おそらくは車を取引するときに経由するサーバ側の
                    ブラックリストに登録 されていたのでしょう。各種ログを確認して
                    アクセス履歴に怪しいところがなければ、とりあえずブラックリストを
                    解除して対処完了!という感じになっているような気がします。
                     
                     
                    実は私は11/23に別タグを作成し、1ヶ月お試し無料ゴールドパス
                    で急場をしのいでいました。これがつまりギリギリでお試し無料期間の間に
                    旧タグが復活したことによって、ゴールドパスを二重に買わなくて
                    済んだことになります。タイミングはばっちりです ヽ(´ー`)ノ
                    さっそく慌てて 新タグから旧タグへの車の一斉移動 を行いました。
                     
                    同じ症状で困っている方は、ぜひ上記の手順に従って
                    Turn10に復活のお願いメールを送ってみてください。


                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/12/18 23:59


                     (2007/12/17 23:59)

                    NASが突然クラッシュ!? 慌ててデータ救出作戦中

                     カテゴリ : デジモノ タグ :


                     
                    昨日から突然、どこからか、
                     
                     「カコン・・・ッ! カコン・・・ッ!」
                     
                    というイヤな音が聞こえ始めました。この音には聞き覚えが有ります。
                    どう考えても、HDDがシークに失敗して、アームが行ったり来たり
                    している音です。この音は本当に、いつ聞いてもイヤなものです(;´Д`)
                     
                    そこで慌ててサーバ群のあるところに耳を近づけてみたのですが、
                    一体どこで鳴っているのが良く判りません。
                    なにせキューブ型PCが3台、NASが2台が全部一箇所に並んでいるのです。
                     
                    ログインできるLinuxサーバ2台にはログインしてみましたが、
                    RAIDの情報におかしなところはありません。これはどうしたものかと
                    思いましたが、とりあえずその日はそのまま寝ることにしました。
                     
                    その翌日、サーバ上で何気なくdfコマンドを打ってみて、血の気が引きました。
                     
                     マウントしているNASが一台、応答不能状態に なっています。
                     
                    今年の夏に購入したRAID-5 1.5TB構成の Promise NS4300N ではなく、
                    昨年1月に購入したRAID-1 320GB構成の Thecus N2100 のほうです。
                    pingすら応答がありません。
                     
                    RAID-1なのに応答不能ということは、まさかHDDが両方とも死んだのか?
                    それともコントローラが死んだのか?! いずれにせよ最悪の事態である
                    データ消失の危険 があります。まさに緊急事態です。
                     
                    で、早速そのNASを調べてみると、電源が入りっぱなしで落ちません。
                    仕方なくACアダプタから引っこ抜いて再起動するとアラームランプが付いています。
                    そのまま構わず起動させると、Web管理画面には入ることができました。
                     

                     
                    そこで確認してみると、HDDの1台が見事に死んで います。
                    しかし、幸いなことに、もう1台のHDDは無事に生き残っていて、
                    再起動をきっかけに、NASとしても 片肺構成 で復活することができました。
                     
                    これはかなりホッとする状態です。最悪の事態は免れました
                     
                     
                    やるべきことは2つに1つです。
                     
                     (A)ひとまず静かに電源を落とし、交換用のHDDを買ってきて リビルド する。
                     
                     (B)このままデータを 別の場所にコピー、いつ飛んでも良いようにする。
                     
                    実は上述した「もう1つのNAS」である1.5TBのNS4300Nのほうは、まだ1TB以上
                    の空きがあり、N2100のデータを全部コピーしてもまだ全然余裕があります。
                    そこで、ここはまず(B)の方法でデータを保護することにしました。
                     
                    ちなみにみなさま、200GBのデータって、LAN経由でコピーすると
                    どのくらいの時間が掛かるか想像がつきますか?
                    N2100が Gigabit Ether ではないため、実効80Mbpsがせいぜいとすると、
                     
                     200,000,000,000 × 8 ÷80,000,000 ÷ 3,600 = 5.55
                     
                    というわけで、最短でも5時間半 が必要です。
                    しかも実際にはそれより遥かにかかります。というのも、NASは自分から
                    主体的にコピーコマンドを発行することができないため、どうしても
                     
                     中間にPCを介して、NAS(1) → PC → NAS(2) という形態を
                     
                    取らざるを得ないからです。いまは間にWindows2000のPCが挟まって、
                    両方のNASをマウントして XCOPY コマンドを必死に実行しています。。。
                    あとはコピーが終わるまでにもう1台のHDDがクラッシュしないことを祈るのみです。
                     
                    それにしてもHDDのクラッシュは本当に怖いです。もうこの恐怖は何度と無く
                    経験しましたが、未だに慣れません。ミラー構成を取っているからこそ
                    何とかデータを失わずに済んでいるものの、もしシングル構成だったら、
                     
                     『 溢れる思い出が、一瞬でホワイトアウト~♪ 』
                     
                    という世界が待っています。昨今はデジカメを誰でも普通に使う時代ですから、
                    特にデータの大切さを 「失って初めて気づく」 人も多いでしょう。
                     
                    音楽や映画のデータなんて、お金を出せばまた手に入りますが、
                    自分で撮った 想い出の写真やビデオ は絶対に復活できないですから、
                    大容量時代になればなるほど、データの保全には気を使いたいところです。


                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | デジモノ | 2007/12/17 23:59


                     (2007/12/16 23:59)

                    コミックダッシュ!のプロフィールを賑やかにリニューアル! CSV出力も仮実装

                     カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


                      所有コミックを登録していくと新刊カレンダーを自動で表示してくれる
                      コミックダッシュ! をご利用頂きましてありがとうございます。
                       
                      コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!
                       
                      先日のレイアウト変更で、メニュー関連を左側から上側に変更しましたが、
                      前回の作業では動的ページのみの対応で、トップページなどはメニューが
                      残ったままでした。今回はそれら静的ページも全てレイアウト変更を完了し、
                      すっきりしたデザインに生まれ変わりました。
                       
                      ちょっと最近のサイトっぽくなってきたかもしれません(?)
                       

                       
                      それから、プロフィールページのコンテンツを大幅に追加 しました。
                      このページは各ユーザの情報のサマリとして構成されていますが、
                      所有シリーズのオススメ順表示のサマリに加えて、
                      所有コミックの最新順(=最近購入したコミック一覧)と、
                      嗜好が似ているユーザ のリストが加わり、かなり賑やかな感じになっています。
                       

                       
                      いままでは、ブログパーツなどの外部リンクの誘導先は、
                      より判りやすいページにということで所有シリーズのページに
                      直接飛ばしていましたが、そろそろこのプロフィールページのほうを
                      各ユーザの「ホーム」 として定義しても良さそうな雰囲気です。
                       
                      「嗜好が似ているユーザ」については、まだちょっと試行錯誤中です。
                      徐々に精度を上げていきたいと思っています。
                       
                      最後にもう1つ、何度かご要望を頂いていた CSVによるデータ出力 ですが、
                      仮の機能として実装してみました。各ユーザの所有コミック(最新順)の
                      ページ上部にCSVのリンクがひっそりと置いてあります。出力内容は、
                      ASINコード、タイトル、著者名、発売日、追加日時の5項目です。
                       

                       
                      なぜ「仮」かというと、これが今のところ、コミックダッシュ!に於ける
                      書庫バックアップ の意味を成していないためです。つまり、
                      このCSVをダウンロードしても、そのデータを再びアップロードして
                      所有リストを リストア するような機能は実装されていません。
                       
                      ネットサービス上だけでリストを作るのが何となく不安だったり、
                      別のサービスに読み込ませたかったり、といった用途で、あくまで
                      みなさまご自身で活用していただくことを念頭に出力しています。
                      目立たない場所にリンクを置いているのもそのためです。
                      あくまで裏技的な機能としてご活用ください。
                       
                      今後とも「コミックダッシュ!」をどうぞよろしくお願いいたします('◇')ゞ
                      みなさんのご自慢のコミック蔵書をぜひ披露してみてください。楽しいですよ。
                       
                      コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | コミックダッシュ! | 2007/12/16 23:59


                       (2007/12/15 23:59)

                      Forza2「プロフィール改ざん」問題に光明が?! 公式から対処方法の発表が

                       カテゴリ : ゲーム タグ :


                       
                      ■2007/11/13 [Forza2で「プロフィール改ざん」認定?! オークションを利用できません・・・]
                      ■2007/11/17 [Forza2「プロフィール改ざん」トラブル - サポートに連絡してみました]
                      ■2007/11/19 [Forza2「プロフィール改ざん」問題、公式ページにも言及が!]
                      ■2007/11/24 [Xbox360 Liveの別タグを作成 - Forza2プロフィール改ざん症状は続く]
                       
                      Forza2で「プロフィール改ざん」という不正ユーザ扱いを受けてしまって
                      いる件の続報です。ついにForza2の開発元であるTurn10の公式ブログ、
                      「PitPass Reports」にて待ちに待った対策が発表されました。
                       
                       
                      その内容を今回もなんとなく訳文でご紹介です。
                       
                      ■The Forza Motorsport 2
                      The Turn 10 Weekly Pit Pass Report Volume 73 - 12/14/07
                      http://forzamotorsport.net/news/pitpassreports/pitpass73.htm
                      ============================================================
                      I also come bearing good news for all those who may have been
                      inadvertently hit with a "tampered profile" message when they
                      try to enter Auction House or gifting. If you've received
                      a tampered profile message and you know you haven't actually
                      tampered your profile (i.e., duped cars by reloading a backed-up
                      profile), there is a way to get you out of this jam
                      without having to wipe your beloved save game -- here's how:
                       
                      To help you with your problem, I need your Gamertag and
                      Windows LiveID PUID. Huh? What's a PUID you say?
                      The easiest way to find out your PUID is for you to
                      go to this link and scroll all the way down the page.
                      There will be a value named “Unique ID” positioned just
                      above the Save/Cancel buttons. To log in, you needs the
                      exact same Windows LiveID that is linked to your Gamertag.
                      Please email me (forzafb@microsoft.com) the value named
                      “Unique ID” positioned just above the Save/Cancel buttons
                      on the page, and don't forget to include your Gamertag
                      in your email. We'll try to get your account fixed as soon
                      as we can, so please be patient. Oh, and for those of you
                      who got the tampered message because you did in fact try
                      to dupe cars to exploit on the Auction House, don't bother
                      emailing us to lift your ban. All it takes is one look on
                      the server to see that you've duped and you'll only end up
                      making yourself look that much sillier.
                      ============================================================
                       
                      ■なんとなく訳文
                      ============================================================
                      もう1つ朗報が有ります。オークションやギフトの利用で予期せぬ
                      プロフィール改ざん に遭ってしまった人たちへ。もしこの改ざん
                      メッセージが表示されて、かつ、あなたが自分から改ざんをしていない
                      (バックアップされたプロフィールのリロードで車のデュープ状態に
                      なってしまったとか)という場合には、あなたの大切なセーブデータを
                      クリアすることなく 復帰する方法があります。それをお教えしましょう。
                       
                      この問題を回復するには、あなたのゲーマタグとWindows LiveIDの
                      PUIDが必要です。え? PUIDとか聞いたことないって?
                      PUIDは このリンク先 のページから簡単に確認できます。
                      ページの下のほう、Save/Cancelボタンのすぐ上に、
                      「Unique ID」 という項目があるはずです。ちゃんと対象の
                      ゲーマタグに紐付いたLiveIDでログインしてくださいね。
                      この「Unique ID」と、それからあなたのゲーマタグも忘れずに書いて、
                      forzafb@microsoft.com まで メールを送って ください。
                      できるだけ迅速にアカウントの回復を行うつもりです。
                      そうそう、意図的にオークションを荒らそうとしてデュープをした人は別ですよ。
                      垢BANの復帰ができるとか期待してメールを送ったりして
                      我々に手間を掛けさせないでくださいね。結局は我々がサーバ側の
                      情報を確認して「やっぱりデュープしてた人だ。愚かだねぇ」
                      という無駄な確認をする羽目になるだけですので。
                      ============================================================
                       
                        
                      ということでした。不慮の事故で改ざん扱いになった人と、
                      本気のデュープユーザとの区別が本当に付くのだろうかという疑問はともかく、
                      とりあえずメールを送れば何かしらの対処をしてくれるという
                      お話ですので、同様の症状で困っている方は上記の手順に従って
                      メールを送ってみたほうが良いでしょう。私も早速送ってみました。
                       
                      ただ、PUIDが確認できるという上記のリンク先ページですが、
                       
                       なぜかIE6だと情報の読み込みが途中で止まってしまう
                       
                      という現象が確認されています(Microsoftなのに・・・)。
                      私の環境が調子悪いだけかもしれませんので何ともいえないのですが、
                      Firefoxでアクセスしたら普通に表示されましたので、
                      そのあたりも試してみると良いかもしれません。
                       
                      まだまだ油断はできませんが、ちょっとだけ道が開けてきました。
                      動きがあり次第レポートしていきます。
                       
                      なお、この PitPass Reports にはほかにも、forzamotorsport.net
                      の改良などについて気になる記述がありました。
                      スコアボード(ランキング)のフィルタ機能 とか、フォトの共有、
                      コメント/評価機能とか、いろいろ面白そうなことを考えているようですね。


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/12/15 23:59


                       (2007/12/14 23:59)

                      ちょっとドンペン君、このサイトを見てくれ。こいつをどう思う?

                       カテゴリ : デジモノ タグ :


                        ■ドン・キホーテ、AV機器/家電ブランド「bis」
                        -14,800円のDVDレコーダ、39,800円の地デジTVなど
                        http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071214/donki.htm
                         
                        何でも扱うディスカウント・ショップの大手 「ドン・キホーテ」 が、
                        AV家電のプライベートブランドを立ち上げるというニュース。
                         
                        「製造メーカー」としてのブランドを作りたいワケではなく、
                        あくまで各メーカと提携して製品企画に顔を出しつつ、
                        販売時には新ブランド名を使って販売するという形態です。
                         
                        メーカにとっては、新製品の販路が狭まるだけではアレですから、
                        結局はちょっと違ったバリエーションを通常のメーカ販路にも出したり
                        することがあったりなかったりという場合もあるのですが、
                        たとえば国外メーカとの連携だったりすると、普通にOEMみたいな
                        ものとして互いのメリットが一致したりすることも多いでしょう。
                         
                        ブランドとして確立するかどうかは、そのブランドとしての特徴づけが
                        できるかどうかに掛かってくるため、今後の展開が気になります。
                        ドン・キホーテというとどうしても人々は 「安さ」を過剰に期待して
                        しまうのですが、こうしたブランドを作る背景には、単なる安さ競争が
                        利益を圧迫するような状況から逃れたいという思いもあるでしょうから、
                        舵取りはなかなか難しそうです。
                         
                        ところで、その 「bis」 というブランドのページができていました。
                        まぁ、ご興味の在る方は、ちょっと覗いてみてください。
                         
                        ■bis series
                        http://www.bis-life.com/
                         
                         
                        えーと・・・・
                         
                         
                         
                        ちょっとドンペン君を小一時間問い詰めてくる!!!
                         
                         
                         
                        何か スタイリッシュ なサイトを作りたかった(過去形)、
                        というのは凄く伝わってきます。全面FLASHな構成で、
                        「ちょっとワタシ雰囲気出ちゃってます?」 的な感じが出ている
                        ところまではとりあえず良いとしますが、問題はそこからです。
                         
                        製品部分がクリックできるようになっていてい、
                        面倒ながらも手探りでクリックすると・・・、
                         
                         
                         別ウィンドウで「ふつー」のHTMLページが出てきます。
                         
                         
                        まてまてまて。それなら最初から「ふつー」なHTMLで全部作って
                        くれないだろうか(;´Д`) とツッコミ3発くらいはいけます。
                        それがまた、出てきた先のページが 異常に素っ気無い デザインで、
                        さっきの雰囲気出してた全面FLASHの苦労が台無しモードになります。
                         
                        さらに、千歩譲りまくってこのカタログページに到達したとして、
                        わたしは ここから次に何をすれば 良いのでしょうか。
                         
                        製品名とお値段、それを製品写真が掲載されていますが、
                        ここから オンラインで購入 できるわけでもなさそうです。
                        では「○○市の店舗で売ってます!」みたいな 店舗案内
                        あるかというとそういうことでもなさそうです。
                         
                        製品画像をクリックしたら、
                         
                         無言の製品画像拡大 フラッシュ が!
                         
                        出てきて「×CLOSE」と表示されます。そうですか。
                        ※すみませんJavascriptだったようです。
                         
                        というわけで、すみません、ええと、神様、私がここで
                        何をしてよいのかわからないまま去ることをお許しください。
                         
                        あとはドンペン君にお任せしますので1ヵ月後くらいには
                        素敵にリフレッシュされていることを期待しています。。。


                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2007/12/14 23:59


                         (2007/12/13 23:59)

                        あまとも通信 - 鏡音リン・レンの発売日は・・・12/27(木) って?!

                         カテゴリ : あまとも タグ :


                          木曜日は「あまとも通信」。今回は第62回です。
                           

                           
                          ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
                           
                          「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週は、
                           
                           CODOMODOCOMO さん、zc11s さん、gusyu さん の3名様が、
                           1,000円のAmazonギフト券 当選です!
                           
                          おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
                          いただきましたので、メールをご確認ください。
                           
                          プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
                           
                           
                          ■サン電子さんプレゼント 当選者は通知メールへのご返信を
                           
                          サン電子協賛あまとも&コミックダッシュ!プレゼント企画は
                          12/6の当選者発表最終回で無事終了となりましたが、まだ第3回の
                          当選者の中にレスポンスをいただけていない方がいらっしゃいます。
                           
                          ■第3回当選者発表
                          http://ckworks.jp/amatomo/present/suntacpresent_elect20071129.html
                           
                          期限を過ぎますと当選無効→繰り上がり処理となりますので、
                          お早めにご返信をお願いいたします。
                           
                           
                          ■今週の注目商品ピックアップ
                           
                          鏡音リン・レン の発売日が注目されていましたが、
                          昨日ようやく具体的な日付が発表されました。
                           
                          ■クリプトン、「鏡音リン・レン」の発売日を12月27日に決定
                          http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071212/crypton.htm
                           
                          12/27(木) ですか?!
                           
                           
                           ・・・クリスマス終わっとーやん!! (博多弁)
                           
                           
                          「クリスマスソング」 を作ろうと待ち焦がれていた方も多いと思いますが、
                          ここは急転直下で 「お正月ソング」 をお願いします(無理)。

                          それにしても強烈な年末進行ですねクリプトンさん。。。
                          不具合とか出たらお正月が飛び(ry
                           
                          いやいやいや・・・
                           
                          今後ともあまともを宜しくお願いいたします。
                           


                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | あまとも | 2007/12/13 23:59


                           (2007/12/12 23:59)

                          コミックダッシュ!のレイアウトを変更中 - 上部メニューになりました。

                           カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


                            所有コミックを登録していくと新刊カレンダーを自動で表示してくれる
                            コミックダッシュ! をご利用頂きましてありがとうございます。
                             
                            コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!
                             
                            このたび、コミックダッシュ!の レイアウトを抜本的に見直す ことにしました。
                             
                            昨日から徐々にレイアウトが変わってきていますので、お気づきになった方も
                            いらっしゃると思います。過渡期には若干の混乱も予想されますが、
                            何とぞご容赦いただけますと幸いです。
                             
                            一番大きな変更は、
                             
                             メニューを左サイドから上部(タイトル直下)に
                             
                            持ってきたところにあります。メニューを左サイドに並べるやり方は
                            スペース消費効率が悪く、いまや時代遅れ感すらあるレイアウトでしたが、
                            メニューを上部に持ってきたところ、かなりすっきりしたレイアウトになりました。
                             
                            mixiや、そのほか最近流行りのネットサービスでも、
                            上部メニューを活用しているサイトが主流になってきていますので、
                            このほうがパッと見で判りやすい方も多いのではないかと思います。
                             

                             
                            まだ実はトップページなどの静的表示ページのほうには
                            左メニューも重複して残っていたりするのですが、
                            このあたりは早急に整理していきたいと思います。
                             
                             
                            そしてもう1つ、今まで左メニューの所為で狭苦しい3カラムになっていた
                            コンテンツ部の構造を すっきりと2カラムに することができました。
                            全体に広々と表示領域が使えるようになったほか、コレを機に全体の
                            構成もTABLEで固め打ちする方式を止めてdiv中心の構成にしています。
                             

                             
                            若干広々としたところで、所有コミックの表示も2列から3列に
                            変更してしてみました。一覧性がアップして、
                             
                             「たくさん所有している感」が出てきたような
                             
                            印象が強くなっています。ぜひコミック蔵書を作って
                            ご友人や知り合いの方に 見せびらかして みてください(=´∇`=)
                             
                            今後とも「コミックダッシュ!」をどうぞよろしくお願いいたします('◇')ゞ
                             
                            コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!


                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | コミックダッシュ! | 2007/12/12 23:59


                             (2007/12/11 23:59)

                            GT5Pがいよいよ登場するも、オン対戦は12/25から提供開始とな

                             カテゴリ : ゲーム タグ :

                            ■SCEJ、PS3「グランツーリスモ 5 プロローグ」
                            オンラインを介する機能・コンテンツの配信予定日を公開
                            http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20071211/gt5p.htm
                             
                             
                            PS3ユーザは買うしかないでしょう?
                             
                            というセンは大方間違いないとは思うのですが、いろいろ波紋を呼んでいる
                            今年の年末商戦の切り札「グランツーリスモ5プロローグ」です。
                            切り札がプロローグかい!というツッコミはさておくとしても、
                            直前になって気になる情報が出てきてしまっています。
                             
                             
                             オン対戦機能は発売日に間に合いません。
                             
                             
                            発売日は12/13(木)で変わらずですが、
                            オン対戦などは12/25(火)以降にならないと使えないとのことです。
                            12/25(火)というのがまた・・・絶妙というか微妙なタイミングですね。
                            12/22~12/24が3連休です。開発スタッフの3連休は(ry
                             
                            そうはいっても、まぁ長く遊べるゲーム(プロローグですが)の
                            最初の数週間の延期だと思えばそんなに痛くもないのかもしれません。
                             
                            問題はこの直前にドタバタしているような状態で、はたして12/25時点でも
                            快適なオン環境が本当に登場するのかどうかといったところです。
                            そのあたりの様子がレポートされてくるまでは様子見したいという方も
                            出てくるかもしれません。
                             
                            すでに予約されている方はもうそのままとしても、
                            これから買おうかどうしようか迷っている方の場合を考えると、
                            もしかするとGT5Pのスタートダッシュの出足が鈍るかもしれません。
                             
                            それとオン対戦のほうですが、16台ローリングスタート形式というのは
                            まぁそれはそれでそういうゲームだと思えば良いと思うのですが、
                            対戦形式が自動マッチング方式という話が聞かれています。
                             
                            あれ、、、友人とだけの部屋って、立てられます、、、よね・・・?
                             
                            そのあたりの情報ってちゃんと公開されていたかどうか、
                            まだチェックができていないのですがどうなのでしょう(´・ω・`)
                            やっぱり内輪部屋を立てて気兼ねなく楽しめるモードも欲しいところです。
                             
                            ただ、GT5P、やっぱり車のモデリングなどの流麗さはピカイチのようです。
                            それと、ニコニコにプレイ動画などが上がっているのですが、
                             

                             
                            Forza2ユーザとしては、
                             
                             リプレイアングルうらやましいっすねー!!!!
                             
                            ということだけは声を大にして言っておきたいと思います。ほんとにもう。
                            リプレイアングルはForza2の最大の弱点ですよね。最近DLCコースは結構
                            改善されてきましたが。。。このあたりはGTにも一日の長がありそうです。


                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/12/11 23:59


                             (2007/12/10 23:59)

                            両手両足がUSBポート「ハブマン」(HUBMAN) は、実用重視じゃなくて・・・

                             カテゴリ : デジモノ タグ :


                              ■人の形をした4ポートのUSBハブ「ハブマン」が発売
                              http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20071208/etc_hubman.html
                               
                              ・・・年の瀬になるとこういうの多いよね、みたいな(何)
                               
                              人形の形をしたUSBハブです。両手両足がコード になっていて、
                              そこにUSBコネクタをそれぞれ挿し込むことができます。
                               
                              接続するUSBコネクタ同士が干渉しないのがポイントです、
                              って言われても、普通のUSBハブで干渉するのは、
                               
                               ソリッドのグルメUSBメモリシリーズくらいかよ!
                               
                              っという感じがするのですが、たこ焼きメモリと寿司メモリを
                              同時に使うにはたしかに必要かもしれませんよ( ^-^)_旦~ ナゲヤリ
                               
                              だいたいこういうグッズは最初のうちはもの珍しいものの、
                              しばらく使っているとそのチョイスに素朴な疑問が涌いてきて
                              耐えられなくなるものですが、多分きっとそんな感じです。
                               
                              というのも、メーカのページに行ってみるとわかるのですが、
                               
                              ■デザインファクトリー販促ナビ - カワイイ人型のUSBハブ「ハブマン」
                              http://www.hansoku-navi.com/goods_show.php?LINE_CD=DFJ&GOODS_NO1=8272&GOODS_NO2=
                               
                              これは一般製品としてではなく、
                               
                               ノベルティグッズとして
                               
                              売り込みされています。人形の胴体の部分に社名ロゴなどを印刷した
                              形で注文が可能のようですので、そういう目で見れば話は変わってきます。
                              ノベルティグッズなんていうものはある意味
                               
                               注目を集めるところがお仕事なワケで、
                               
                              実用性は二の次 で全然問題ないというか、むしろオフィスに持って帰って
                              その日のお茶うけの話題として使ってもらえたらそれでオッケーなのであります。
                               
                              アクのないシンプルすぎるデザインも、どんな会社でもイメージを悪く
                              することがないように、という意味合いがあるのかもしれませんね。


                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (1) | デジモノ | 2007/12/10 23:59


                               (2007/12/09 23:59)

                              コミックダッシュ!の「注目のコミック」のパーツも実験中です

                               カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


                                所有コミックを登録していくと新刊カレンダーを自動で表示してくれる
                                コミックダッシュ! をご利用頂きましてありがとうございます。
                                 
                                コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!
                                 
                                先日、最近よく購入されているコミックを抽出する
                                注目のコミック というページを作りましたが、
                                その情報を使ってブログパーツを作れないかと思って実験をしています。
                                 
                                ここデジ埋の各記事ページの本文直下に、こんなパーツが貼られているのに
                                気が付かれた方もいらっしゃると思いますが、それが実験中のパーツです。
                                 

                                 
                                コミックの表紙の部分がAmazonへのリンクになっていて、下のボタンが
                                コミックダッシュ!の各シリーズのページにリンクされています。
                                ブログパーツとして貼れる頃には、当然パラメータの設定によって
                                Amazonの部分はご自身のアソシエイトIDを組み込めるようにする予定です。
                                 
                                下のコミックダッシュ・ボタンの部分のリンクは、
                                 
                                http://ckworks.jp/comicdash/asin/(ASINコード)
                                 
                                というURLになっているのですが、ここには地味な工夫が入っています。
                                 
                                そもそもコミックダッシュ!は「各巻ごと」の個別ページを用意して
                                いないのですが、このようにASINコードだけ渡されてアクセスされると、
                                自動的に そのASINを含むシリーズ がないかどうかを調査して、
                                見つかればそのシリーズ情報のページに飛ぶようになっています。
                                 
                                ちょっとしたことのようですが、これでASINだけ指定すれば、
                                目的のコミックダッシュ!のページがすぐに見つかるというワケです。
                                対応するシリーズが複数ある場合には、一番所有者の多いシリーズに飛びます。
                                 
                                さて、そのほかにも、前々から実験しているパーツには
                                各ユーザごとの所有コミック最新順表示のパーツがあります。
                                このデジ埋では右サイドバーで実験中です。
                                 

                                 
                                この辺は仕組み的にはもうすっかり出来上がっていて、
                                あとはデザイン云々をもうちょっとカスタマイズできるように
                                するかどうかという話が残っているくらいです。
                                 
                                それともう1つ、各シリーズ紹介用のパーツも用意したいと思っています。
                                この年末にはいろいろ時間が取れると思いますので、集中的にいろいろ
                                改造をしていきたいと思います。
                                 
                                今後とも「コミックダッシュ!」をどうぞよろしくお願いいたします('◇')ゞ
                                 
                                コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!


                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | コミックダッシュ! | 2007/12/09 23:59


                                 (2007/12/08 23:59)

                                「デジモノREVIEW」のレビューTB受付停止予定(12月末)についてのお知らせ

                                 カテゴリ : 雑談 タグ :


                                  デジモノ・トラックバックセンター 「デジモノREVIEW」 について、
                                  レビューTB受付停止 の予定についてのお知らせを申し上げます。
                                   
                                  誠に勝手ながら、「デジモノREVIEW」へのトラックバック受付は、
                                  サーバ負荷問題への対処等を理由として、2007年12月末 を以って
                                  受付終了とさせて頂きたく存じます。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
                                   
                                  ■デジモノREVIEW(レビュー)
                                  http://c-kom.homeip.net/review/
                                   

                                   
                                  この「デジモノREVIEW」は私が2004年9月に立ち上げたサービスで、
                                  デジモノに関する記事を書いた方が、それぞれの製品ジャンルに
                                  トラックバックを打つことで情報を集めようという趣旨のサイトでした。
                                   
                                  ■2004/09/14 [デジモノ・トラックバックセンターのご案内]
                                   
                                  当時はまだブログの普及前夜といった頃であり、トラックバックという機能も
                                  それなりに効果を持っていた時代でありました。当時これと似たような
                                  「トラックバックセンター」 という仕組みがあちこちで活躍されていたのを
                                  ご存知の方も多いと思います。集積されたトラックバックを見て、
                                  そこから辿って情報を探しに行った経験のある方も多いと思います。
                                   
                                  しかし時は流れ、トラックバックは迷惑メールと同様、TBスパムのインフラとして
                                  目をつけられ、流通するトラックバックの9割以上がスパム という状況になりました。
                                   
                                  現在のデジモノREVIEWは予め指定されたサイトのURLでないとレビューが掲載されない
                                  という サイト認可制 のような状態になっていますので、スパムはトップページの
                                  新着リストには一切現れてきませんが、実はその裏で海外系の違法サイトへの
                                  誘導を図るトラックバックが一日数百件も来続けている状態になっています。
                                  これは確実に サーバ負荷に悪影響を 与え続けてきました。
                                   
                                  また、そもそものサービス設計として、ユーザの皆さまに「トラックバックを
                                  打ってレビューを載せる」という面倒な手間をお願いすることが前提の構造は、
                                  サービス開始時からあまり機能していませんでした。
                                   
                                  デジモノREVIEWにはブロガー本人でなくても気づいた方がレビュー記事のURLを
                                  登録できるという 「タレコミ」機能 が実装されていますが、実は、デジモノREVIEW
                                  に掲載されているレビューのうちの多くは、わたし自身が定期的にタレコミさせて
                                  頂いていたものです。いわば 人力クロウラー の状態になっていたのですが、
                                  こうした状態は当然長くは続きません。結局2006年11月にわたし自身のタレコミも
                                  力尽きることとなり、レビュー登録数はガタッと減ることになってしまいました。
                                   
                                  加えて、大手企業が運営するブログ検索やトレンド分析系のサイトのクオリティが
                                  飛躍的に向上し、こうした情報を見つける手段が確立されてきたことも
                                  「デジモノREVIEW」の存在意義を再考するきっかけとなっています。
                                   
                                   
                                  その一方で「デジモノREVIEW」は、継続することで3つのサーバ負荷影響を与えています。
                                   
                                   1、大量の トラックバックスパム を受け付ける処理の負荷
                                   2、ランキングなどを一定時間間隔で生成する バッチ処理 の負荷
                                   3、 検索ロボット の巡回アクセスを受ける負荷
                                   
                                  1はすでにご説明したとおりですが、2のバッチ処理、3の検索ロボットも、
                                  それなりに大きな負荷をサーバに掛けています。同じサーバでここ「デジ埋」と、
                                  「あまとも」「コミックダッシュ!」「メガとんトラック」が運営されていますので、
                                  それらに影響が及ぶことは問題になってしまいます。
                                   
                                  上でご説明しましたとおり、「デジモノREVIEW」自体がいまや役目を終えた
                                  サービスといえることを考えると、このサービスを維持し続けるよりも、
                                  他の重点サービスにサーバ処理能力を割り振ることで安定化を図るほうが良い
                                  という結論となった次第です。
                                   
                                   
                                  まずは上記1と2の問題に対処するため、レビューTBの受付停止と、ランキング
                                  などの情報更新バッチの停止を12月末に行います。当面はページ自体の撤去
                                  は行いませんが、3の負荷状況が悪化すればそれも検討したいと考えております。
                                   
                                  また「デジモノREVIEW」の中で唯一、現在も価値を認めていただいているコンテンツに
                                  ニュース・クリップ というページがあります。こちらの更新は当面は継続して
                                  いきたいと思っておりますが、サイト自体を縮小するにあたって、将来的には
                                  この部分だけを独立させるようなことも考えたほうが良いのかもしれません。
                                   
                                  「デジモノREVIEW」は私が初めて立ち上げた個人サービスで、
                                  これのためにPerlやMySQLなどを1から勉強し始めたという経緯もありました。
                                  こうして役目を終えることとなりますが、このサービスを支えてくださった
                                  多くの方々に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。m(_ _)m
                                   
                                  「デジ埋」および「あまとも」「コミックダッシュ!」「メガとんトラック」は
                                  引き続き頑張って運営していく予定ですので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。


                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | 雑談 | 2007/12/08 23:59


                                   (2007/12/07 23:59)

                                  Forza2の新車、新コースDLCが登場! 「ロード・アメリカ」を走ってみました。

                                   カテゴリ : ゲーム タグ :

                                  ■マイクロソフト、Xbox 360「Forza Motorsport 2」
                                  「12月のカーパック」などを「Xbox LIVE マーケットプレース」で配信
                                  http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20071207/fm2.htm
                                   
                                  12/7付けでForza2の新コース1つと、新車11台のDLCがそれぞれ公開されました。
                                   
                                  新車DLCのほうは、今回は欧州を中心としたラインナップになっています。
                                  残念ながら日本車の追加はありませんでした。
                                  Audi R8 などは何と2008年モデル(実車の発売前)です。カッコいいです。
                                   
                                  一方のコースは、事前にリークされていたとおりForza1収録のコースですが、
                                  格安価格(100MSP)だったことから実在コースはないだろうという予想に反して、
                                  実在コース「ロード・アメリカ (Road America)」が登場です。
                                   
                                  おそらくForza1のときの実地調査データをそのまま使えたため
                                  低コストで実現できたのでしょう。大変ありがたいことです。
                                   
                                  ■Forza2 ロード・アメリカ(Road America) テスト走行 DLCコース 2007.12.07
                                  http://www.nicovideo.jp/watch/sm1722209

                                   
                                  早速走ってみましたが、非常に狭いコースで怖いですね。2台並ぶともう
                                  道幅がいっぱいで、ストレートも微妙に曲がっているので気が抜けません。
                                  そして全長6.44kmと非常に長いコースですので、攻略はかなり大変でしょう。
                                   
                                  ところで、実在コースというお話をしましたが、
                                  そのロード・アメリカのコースの公式サイトはこちらにあります。
                                   
                                  ■Road America - Road Racing at its Best
                                  http://www.roadamerica.com/
                                   
                                  最近気が付いたのですが、Forza2をやり始めてからというもの、
                                  ずいぶんと 実車に興味を持つようになりました
                                  モータースポーツといえばF1とMotoGPしか見ていなかった私ですが、
                                  最近は GTのカテゴリ もすごく気になり始めています。
                                   
                                  FairladyZとかSupraとかNSXとか、Forza2の中で乗れば乗るほど、
                                  それが本当にレースで走っているGTカテゴリにも愛着が湧くものです。
                                  テレ東で日曜日に放映している 「激走!GT」 なども
                                  ちょくちょく見るようになっています。
                                   
                                  ■激走!GT
                                  http://www.tv-tokyo.co.jp/gt/
                                   
                                  自宅から最寄駅までの間にある、とあるお宅の車庫にあった車がFairladyZ
                                  だったことも、Forza2を始めるまでは全く気が付かなかったのが、
                                   
                                   Forza2を始めてから一発で気が付きましたし
                                   
                                  そういう意味ではいろいろと影響力の強いゲームかもしれません。


                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (4) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/12/07 23:59


                                   (2007/12/06 23:59)

                                  あまとも通信 - サン電子プレゼントついに最終回!第4回当選者発表!

                                   カテゴリ : あまとも タグ :


                                    木曜日は「あまとも通信」。今回は第61回です。
                                     

                                     
                                    ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
                                     
                                    「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週は、
                                     
                                     kuroitsu さん、ifhymvr さん、hatosama さん の3名様が、
                                     1,000円のAmazonギフト券 当選です!
                                     
                                    おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
                                    いただきましたので、メールをご確認ください。
                                     
                                    プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
                                     
                                     
                                    ■サン電子さんプレゼント 第4回当選者発表!!
                                     
                                    11/1から始まった4週連続のサン電子プレゼント企画も今週でついに最終回!
                                    第4回の応募が12/6で締め切られ、当選者が即日決定いたしました!
                                     
                                    合計88名 の応募の中から、見事当選された方は以下の通りです。
                                     
                                    サン電子iPod関連製品プレゼント 当選者発表
                                     
                                     highfrontier さん、tsataro さん、mission134 さん
                                     ama2006 さん、bemu さん
                                     
                                    の5名さまが見事当選されました! おめでとうございます!(=´∇`=)
                                     
                                    当選された方には今週末までにデジ埋から当選通知&その後の手続きに
                                    冠するメールが届きますので、適宜ご返信ください。
                                     
                                     
                                    ■サン電子さんプレゼントは無事終了いたしました。
                                     
                                    これで4週間に渡って続きましたこのプレゼント企画も無事、最終回を
                                    迎えることとなりました。みなさま沢山のご応募ありがとうございました!
                                     
                                    ■サン電子協賛あまとも&コミックダッシュ!プレゼント
                                    http://ckworks.jp/amatomo/suntac_present.html
                                     
                                    当選者発表の状況は以下にまとめておきます。現在は、
                                    第3回当選者の方々が賞品発送の手続き中となっております。
                                     
                                    ■第1回応募状況
                                    http://ckworks.jp/cgi-bin/amatomo/suntac_present.cgi?c=v&w=1
                                    ■第1回当選者発表
                                    http://ckworks.jp/amatomo/present/suntacpresent_elect20071115.html
                                     
                                    ■第2回応募状況
                                    http://ckworks.jp/cgi-bin/amatomo/suntac_present.cgi?c=v&w=2
                                    ■第2回当選者発表
                                    http://ckworks.jp/amatomo/present/suntacpresent_elect20071122.html
                                     
                                    ■第3回応募状況
                                    http://ckworks.jp/cgi-bin/amatomo/suntac_present.cgi?c=v&w=3
                                    ■第3回当選者発表
                                    http://ckworks.jp/amatomo/present/suntacpresent_elect20071129.html
                                     
                                    ■第4回応募状況
                                    http://ckworks.jp/cgi-bin/amatomo/suntac_present.cgi?c=v&w=4
                                    ■第4回当選者発表
                                    http://ckworks.jp/amatomo/present/suntacpresent_elect20071206.html
                                     
                                     

                                    iPod専用充電機能付きFMトランスミッタ FMIP-305
                                    USB充電ポート搭載FMトランスミッタ FMTS-203

                                     
                                    今回のプレゼント企画を通じて、サン電子さんが FMトランスミッタ を中心とした
                                    携プレ用カー用品のラインナップに力を入れていることに驚いた方もいらっしゃると思います。
                                     
                                    USB充電可能3連シガーソケット CRS-100
                                    Carリモコン for iPod RMIP-605

                                     
                                    今回のプレゼント当選から残念ながらもれた方々も、ぜひサン電子さんの
                                    ダイレクトショップ でお目当ての商品を探してみてください。
                                     
                                    サン電子ダイレクトショップ
                                     
                                    本当に沢山のご応募ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします(=´∇`=)m


                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | あまとも | 2007/12/06 23:59


                                     (2007/12/05 23:59)

                                    LUMIX DMC-TZ3 旅のお供にポケット10倍ズーム

                                     カテゴリ : デジカメ タグ :

                                    私の父は私が使わなくなったデジカメを使っています。
                                    先日まで使っていた機種は OLYMPUS CAMEDIA C-750UZ です。
                                     
                                    実は昨年の今頃、内蔵電池が尽きたのか何なのか、
                                     
                                     電池を入れ替えるたびに 日付がクリアされる
                                     
                                    という難儀な機種になってしまい、修理に出すのも面倒だったため、
                                    かわりに Panasonic LUMIX DMC-FX7 をあてがったことがありました。
                                     
                                    ■2006/11/07 [父親のデジカメライフは CAMEDIA C-750 から LUMIX FX7 へ]
                                     
                                    しかし、結果から言うとこのFX7はイマイチお気に入りにはならなかったようで、
                                    すぐに C-750UZ のほうに戻ってきてしまいました。そのポイントの1つに、
                                    ズームの倍率 があります。C-750UZは 10倍ズーム、FX7は 3倍ズーム です。
                                     
                                    父は数十年勤めた会社で定年を迎え、いまは別の少し軽めの仕事をしていますが、
                                    それからというもの、よく母と遠出をするようになりました。
                                    観光地 などをめぐっていることが多いようなのですが、
                                    そうしたシーンでは案外と光学ズームがモノをいいます。というのも、
                                     
                                     近づきたくても近づけない対象を撮影する
                                     
                                    ことが多くなるからです。
                                     
                                    例えば富士山を撮影しようとしたとき、3倍ズームで目一杯テレ端に寄っても、
                                    富士山の高さが 画面の中の3分の1にも満たなかったり します。
                                    目一杯テレ端に寄せている以上、ここからは手の打ちようがありません。
                                     
                                    滝を撮る、紅葉を撮る、夜景を撮る、、、といった風景/自然ものを
                                    撮りたいときには常に共通する課題です。自分から足場を変えて距離を
                                    縮められないシーンは数多くあります。デジタルズームを使う手もありますが、
                                    それなら自宅に帰ってからトリミングしても変わりません。
                                    少しでも精細に対象のイメージを残したいと思うと、
                                     
                                     「もっと寄りたいのに!!」
                                     
                                    と思うシーンは増えてくるでしょう。そういう意味で高倍率は必須です。
                                     
                                    一方、FX7については、その 小型さが気に入っている のだと父はいいます。
                                    というか、C-750UZはあまりにもかさばりすぎていて、持ち運びが大変だと
                                    いつも嘆いていました。年配になればなるほど デジ一眼 とか欲しがるのかと思いきや、
                                    旅行のお供として持ち歩くことを考えると、むしろポケットサイズであることのほうが
                                    喜ばれるという事情もあるようです。このあたりがなかなか難しいところです。
                                     
                                    そこで筐体をそこそこ小型に保ったまま10倍ズームを持っている機種を
                                    考えようとすると、おのずと対象は絞られてきます。デジ埋的には SANYO
                                    Xacti DMX-HD2 ということになるかもしれませんが、少なくとも静止画で
                                    精一杯な一般人にそれを薦めるのもどうかと思うので、結局選んだ機種は、
                                     
                                     Panasonic LUMIX DMC-TZ3
                                     
                                    になりました。10倍ズームでコンパクトです。贅沢をいうとFX7のときもそうでしたが
                                    年配の人には 充電池タイプ を使いこなすのが難しいため、乾電池タイプ のほうが
                                    よかったのですが、そこは10倍ズームのほうを優先して妥協しました。
                                     
                                    このTZ3、発売は2007年1月なのですが、いまだにTZシリーズの中では現役なのですね。
                                    (時期的にそろそろTZ4とかTZ5とか出てきてもおかしくないと思いますが)
                                     
                                    何だかんだいって購入するのは私の役目ですので、
                                    受け渡しする前にちょっとだけ触らせてもらったのですが、
                                    基本的な使い方は3年前の機種であるFX7と何ら変わることはありませんでした。
                                     
                                    そういう意味でデジカメはもはや 枯れた製品カテゴリ であるともいえますし、
                                    ポンポンと進化していかないぶん、一般人にも 安心して購入できる「家電」
                                    なったのかもしれないと、そんな風に思ったりもします。
                                     
                                    これからはこのTZ3が両親の遠出の供になりそうです。
                                    C-750UZ は、、、さすがにもう引退でしょうかね( ゜ー゜)


                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジカメ | 2007/12/05 23:59


                                     (2007/12/04 23:59)

                                    サン電子プレゼント - 第3回の繰上げ当選者のお知らせ&最終回締め切り迫る!

                                     カテゴリ : あまとも タグ :


                                      ■2007/11/29 [あまとも通信 - サン電子プレゼント第3回当選者発表、最終回の応募締め切りも迫る!]
                                       
                                      でお知らせをいたしました、サン電子協賛あまとも&コミックダッシュ!
                                      プレゼント第3回の当選者発表ですが、その後5名の方にメールにてご連絡を
                                      差し上げましたところ、まだ1名の方からしかメール受信確認のご返信を
                                      頂いておりません。メール到達確認ができないと当選資格を失う可能性が
                                      ございますので、なるべくお早めにご確認をお願い申し上げます。
                                       
                                      ■第3回の当選者発表のページはこちら
                                      http://ckworks.jp/amatomo/present/suntacpresent_elect20071129.html
                                       
                                      なお、当選されました方の中でお二方が、残念ながら メール到達不能 な状態と
                                      なっておりました(メールをお送りしてもMAILER-DAEMONからエラーメールが
                                      戻ってきます)。誠に恐縮ですが当初の取り決め通り、メール到達が確認が
                                      できない方は当選することができませんので、6位、7位の方が繰上がって
                                      当選という形となりますのでご了承ください m(_ _)m
                                       
                                      繰上げ当選となりました makibao さん、masayuki さん には
                                      本日付けで当選メールをお送りさせていただいております。
                                      ご確認を頂けますと幸いです。
                                       
                                       
                                      ■おしらせ: サン電子さんプレゼント第4回応募受付中です!
                                       
                                      サン電子iPod関連製品プレゼント企画スタート!
                                       
                                      4週連続でサン電子さんの携プレ関連商品が当たるビッグプレゼント企画、
                                       
                                       最終回の応募はいよいよ、今週の木曜日(12/6)で締め切りです!
                                       
                                      Carリモコン for iPod RMIP-605最終回は プレゼントも増量モード です。
                                       
                                      iPod Dockコネクタ用のカーリモコン 「RMIP-605」 に加えて、
                                      それに連結できるFMトランスミッタ 「FMIP-305/BH」 まで
                                      セットにして 5名の方にプレゼント いたします。
                                       
                                      「あまとも」と「コミックダッシュ!」どちらか一方 でも
                                      ご利用頂いているユーザの方全員が応募可能となっています。
                                      まだまだ間に合いますのでどしどしチャレンジしてください!
                                       
                                      ■「あまとも&コミックダッシュ!共同企画プレゼント」はこちら
                                      http://ckworks.jp/amatomo/suntac_present.html
                                      ■第4回の応募ページはこちら
                                      http://ckworks.jp/cgi-bin/amatomo/suntac_present.cgi?c=v&w=4
                                       


                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | あまとも | 2007/12/04 23:59


                                       (2007/12/03 23:59)

                                      鏡音リンは男女の双子萌え設定? クリプトン社自前の投稿サイトも登場

                                       カテゴリ : 雑談 タグ :


                                        ■「鏡音リン(仮)」が「鏡音リン・レン」の双子と判明
                                        http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071203/crypton.htm
                                         
                                        「初音ミク」に続くVOCALOID2キャラクタ 「鏡音リン」 について
                                        続報がありました。何と、
                                         
                                         「鏡音レン」という双子の弟(?)がいる
                                         
                                        という設定で、ソース音声はどちらも下田麻美さんの担当です。
                                        ・・・つまりあれか、アイマスの亜美・真美 を(ry
                                         
                                        というのはさておき、使える音とキャラの幅が広がったという意味では
                                        とても嬉しい隠し玉といえるでしょう。ここにきて 「鏡音」という名字
                                        が意味を持ってきますので、最初から計画済みだったものと思われます。
                                         
                                        VOCALOIDはいまや、忠実な歌声を作るための音声ツールというよりは、
                                        キャラネタと合わせて楽しむ総合エンタテインメントになってきていますので、
                                        リンもレンも 相当いじられキャラに なっていくことが予想されます。
                                         
                                        発売は 12月下旬 とのことですが、正確な発売日はまだ発表されていません。
                                        今はみんなクリスマスソングを作りたくてうずうずしているハズですが、
                                        おそらくクリプトンとしても12/25以降に出すというような年末進行は
                                        できないでしょうから、クリスマス前に間に合って くれるのではないでしょうか。
                                         
                                        さて、もう1つ気になるのが、クリプトン社自ら ピアプロ という投稿サイトを
                                        立ち上げたことです。ご存知のとおり「初音ミク」のムーブメントは現在完全に
                                        ニコニコ動画を中心に動いています。ここにあえて自社の投稿サイトをぶつけてくる
                                        意味があるかどうかと疑問に思う方もいらっしゃるとは思いますが、
                                        クリプトン社としては リスクヘッジ として重要な意味を持つはずです。
                                         
                                        ニコニコ動画は確かにエッジの効いた素晴らしいクリエイタ達の集まりですが、
                                        クリプトン社としては自ら 「投稿はニコニコ動画にぜひどうぞ!」
                                        大手を振ってアナウンスするワケにはいきません。また誰もがニコニコ動画の
                                        雰囲気に馴染めるわけでもありません。しかし、そうした層に対して、
                                         
                                         「ここに投稿すればいいんですよ」と言える場が
                                         
                                        今まではありませんでした。クリプトン社としてはひとまずそういう場ができれば
                                        裾野を広げられてOK、あわよくばニコニコ並みのパワーを得られれば大ラッキー、
                                        あるいは相変わらずニコニコ中心になってもVOCALOIDは売れるから別に痛手ではない、
                                        というくらいの気分ではないでしょうか。VOCALOIDを使ったコンテンツの活躍の場が
                                        ニコニコ1箇所に集中することは同社として色々とリスクがありそうですので、
                                        これはこれでアリでしょう。私も登録してみましたが、今後のことは全くわかりません。
                                         
                                        最後にもう1つ。Amazonで鏡音リンを探してみてビックリしました。
                                         
                                         
                                         ASINコードが変わってやがります!
                                         
                                         
                                        ■あまとも: VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ02 鏡音リン (仮称)
                                        http://ckworks.jp/amatomo/asin/B000XF2LJU

                                        ■あまとも: VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ02 鏡音リン
                                        http://ckworks.jp/amatomo/asin/B0010D4RJ6

                                         
                                        うわー・・・Wiiのときもこんなことがありましたよね・・・ orz
                                        (仮称)のほうは価格更新されない可能性が高いです。
                                        新ASINのほうはすでに予約注文が可能に なっています。
                                         
                                        みなさまもお間違えのないようご注意ください。


                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (4) | 雑談 | 2007/12/03 23:59


                                         (2007/12/02 23:59)

                                        Forza2でウィリー! 定番のCarreraセッティングから、禁断のバック・ウィリーまで

                                         カテゴリ : ゲーム タグ :

                                        クリスマス商戦 のXbox360がいかにも劣勢で元気がないので、
                                        もうちょっと応援動画いってみましょう。。。
                                         
                                        ■【ニコニコ動画】Forza2 ウィリーはじめて講座 How to Wheelie
                                        http://www.nicovideo.jp/watch/sm1679215
                                         

                                         
                                        Forza2 のチューニングの自由度を象徴するのがこの ウィリー です。
                                        しかし仮にも「クルマ」ですから、そう簡単にウィリーできるわけではありません。
                                         
                                         ・RR車(リアエンジン、リア駆動)
                                         ・車高がバカ高い
                                         ・車体が軽い
                                         
                                        という好条件の揃った Porsche 1973 Carrera RS という旧車に、
                                        無理矢理パワーエンジンを積み替えると、それが可能になります。
                                        コミカルな動きを楽しんでみてください。
                                        こうした車をうまく操るのもまた、Forza2の醍醐味です。
                                         
                                         
                                        それにしても PS3が絶好調 の昨今ですがいかがお過ごしでしょうか。。。
                                         
                                        ■メディアクリエイト 週間ソフト&ハードセルスルーランキング
                                        2007年11月19日~11月25日
                                        http://www.m-create.com/ranking/
                                        Wii 54,362
                                        PS3 50,564
                                        PS2 14,875
                                        Xbox360 7,117

                                        一方のXbox360ときたら、まるで一瞬だけ明るく光って切れるフィラメント・・・ 。・゚・(ノД`)・゚・。
                                         
                                        ということで、Xbox360応援週間! 勝手プロモ動画 も再掲です。
                                         

                                         
                                        Forza2は今週も、新車が何台かと、コース1つがDLCで追加 されます。
                                        価格は 500MSP=750円です。これも今から楽しみです。


                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/12/02 23:59


                                         (2007/12/01 23:59)

                                        jsのURLにパーマリンクURLを入れて、Webサーバのログでpvを集計する

                                         カテゴリ : ブログ タグ :


                                          ■2007/11/30 [デジ埋2007年11月のpv上位リスト]
                                           
                                          昨日の記事でもちょっと触れましたが、月に1度カウントしている記事別の
                                          アクセスランキングは、Webサーバの ログから直接集計 しています。
                                          そのため、検索ボットやスパム のアクセスもここに含まれていることになります。
                                           
                                          上記の記事では、Webサーバのログをソースにすると、月刊のページビュー(PV)は
                                          27万PV ありました。一方で、Google Analytics で見ると 約10万
                                          なっていますので差が17万あります。ところが、User Agentで主な検索ボットなどの
                                          アクセスを数えてみると、せいぜい 3割(8万PV)程度 しかありません。
                                           
                                          では、もう3割は一体何だったのかと、これがずっと不思議だったのですが、
                                          どうやら推測するに、これは検索ボット以外のスクリプトによるアクセスのようです。
                                          1つには スパマーさんがURL収集のために 使っているスクリプトがあります。
                                          それから、もっと善良なものとしては、Webブラウザの 先読みプラグイン なども
                                          一度に大量のアクセスを発生させる要因になります。これらがいろいろあわさって
                                          残りの3割を占めているのではないかという推測を、今のところはしています。
                                           
                                          そこでもうちょっと 「人間によるアクセス」 をうまくログに残せないかなと思って、
                                          Google Analytics と同じようにカウント用のjavascriptを1つ噛ませてみることに
                                          しました。方法は至って簡単ですので、ここでご紹介しておきます。
                                           
                                           
                                          昨日からこんな 1行のスクリプトタグ を各ページに挟みました。
                                           
                                          <script language="javascript" type="text/javascript" src="/pvcount/blog/entryurl/(記事のパーマリンク)" charset="EUC-JP"></script>
                                           
                                          一方で、そのsrcに指定された先のスクリプトはどうなっているのかといいますと、
                                           
                                          RewriteEngine On
                                          RewriteRule ^pvcount/blog/entryurl/(.*)$ /pvcount/blank.js

                                           
                                          こんな感じで、mod_rewrite の設定で全部同じ 空の.jsにマッピング してあります。
                                          Webページ上に何も表示されないのはモチロンのこと、処理も何1つ行っていません。
                                           
                                          つまりこれは、WebサーバのログにパーマリンクURLを刻み込むためだけに
                                          挟み込まれているスクリプトになっています。集計はWebサーバのログから
                                          この形式の行をgrepなり何なりすれば簡単に抜き出せますので、
                                          あとからいくらでも集計することができます。
                                           
                                          javascriptですので、一般的なボットや先読みスクリプトなどがこのjsを
                                          辿って読んでいく意味はありません。となると純粋に一般的なユーザが
                                          一般的なブラウザで読んだときだけカウントされることになるという寸法です。
                                          ただ、javascriptの実行をオフにしている方や、携帯、テキストブラウザ(w3mなど)からの
                                          アクセスも見えなくなってしまいますので、今度は実際の数字より若干減ってしまうのですが、
                                          少なくともボットなどを全部カウントした数字よりは有効な結果が得られるでしょう。
                                           
                                          こうした処理をCGIでカウントすると、PVに比例したCGIプロセス起動が必要となり、
                                          サーバ負荷にも影響が出てしまうのですが、このように ログに刻み込むだけ であれば
                                          jsのURLにID(=ここではパーマリンクURL)を含めておいて、その先は全部空のjsに
                                          マッピングするというのは案外といろいろな場面で応用ができそうです。
                                           
                                          来月からのランキング集計は早速この数字を使ってみたいと思います( ・ω・)


                                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | ブログ | 2007/12/01 23:59

                                          « 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

                                           
                                          デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks