Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2007/08/06 23:59 - 2007/08/06

秋葉原のいち時代を象徴する「LAOXザ・コン館」が9/30で閉店

カテゴリ : 雑談 タグ :

    ■ザ・コン閉店へ、電脳街の象徴も17年目で陥落
    8月に土地と建物を売却予定、17年の歴史に幕
    http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20070804/etc_laox.html
     
    LAOXザ・コンピュータ館(通称:ザ・コン)というと、
    秋葉原では名物ともいえる巨大コンピュータストアでした。
    私も学生の頃(1994~1997)あたりにずいぶんとお世話になった
    覚えがあります。それはまだ
     
     ソフマップが「安売り店」なんて位置づけだった頃
     
    のお話です。PC-9821が全盛だった頃のお話です。
    「週刊アスキー」が「EYE・COM」だった頃のお話です(どうでもいい)
     
    巨大なビルが1Fから6Fまで全てPC関連賞品で埋め尽くされる様を見ると、
    それだけで当時のパソコン業界の勢いを感じることができました。
    そんなザ・コン館もついに幕を閉じます。
     
    秋葉原がパソコンの街から萌えの街に変わったからだとか、
    LAOX自体がビジネスの波に乗り切れなくなってきたからだとか、
    理由はいくつか考えられるのですが、わたしが一番大きな「事件」
    として挙げたいのは、やはり駅東側における ヨドバシの進出 です。
     
    LAOXザ・コン館は、そもそもこれといった取り柄のないストアであり、
    最も大きな特徴といえば「巨大なフロアによる膨大な品揃え」です。
     
    お目当ての品が無いということがほとんどなく、欲しいものがあれば
    ギリギリの価格にこだわらなければ、ひとまずザ・コンに行けば
    大抵はモノを見つけることができたのです。そして他店の価格を見るときも、
    まずはザ・コンで「フツーの価格」を測って、ベンチマークにするといった
    利用のされ方までしていました(それは私だ)。マニアックな品揃えを
    信条とするストアが多い秋葉原において、ザ・コンは常にオーソドックスな
    パソコン量販店スタイルの象徴だったといえます。
     
    そこへ駅東側へのヨドバシの進出です。いわずもがな、ヨドバシのスタイルも
    このザ・コンと全く同じで、
     
     巨大フロアにこれでもかという品揃えをして、
     
    ギリギリの低価格にこだわらない層が何でもワンストップでお買い物できて
    しまうようなフロア作りを徹底してきました。そして業界的には明らかに、
    LAOXよりもヨドバシのほうが勢いがあります。そしてそんなヨドバシが、
    駅を挟んで全く反対側の東口に店舗を構えたのです。
     
    人の流れは明らかに変わりました。萌え系の商品を求める人はともかくとして、
    パソコン系の商品を求める人を見ると、ライトな層は駅を降りるとすぐに
    東側(ヨドバシ側)に流れていってしまうようになりました。西側に足を運ぶのは
    マニアックなパーツや電気部品を買い漁るようなヘビーな層ばかりです。
     
    あくまでフツーさと品揃えの豊富さが売りのザ・コンにとって、
    これは大きな打撃になったに違いありません。
     
    私自身も、最近は秋葉原に寄るときは東口、つまりヨドバシだけに寄って帰る、
    という行動が多くなりました。本来はザ・コンに向かわなくてはいけない層が、
    いまは全てヨドバシに向かって歩いていくのです。
     
    ザ・コンの閉店を以ってして、「パソコン産業の斜陽」 の象徴みたいに
    言われることもあるかもしれませんが、秋葉原でいえば、ヨドバシの
    盛況ぶりをみるにつけ、その斜陽感は単なる杞憂のようにも思えます。
     
    ソフマップなどのショップも、パソコンの繁栄と共にメジャーにのし上がり、
    そして今同じように勢いを失いつつあるように見えます。その一方で、
    ヨドバシ、ビックといった家電量販店が、驚くべきスピードで
    パソコンショップをキャッチアップしてきたことも忘れてはいけません。
     
    今からすると信じられないでしょうが、今から10数年以上前、すなわち
    ザ・コンが全盛にあった頃には、ヨドバシ、さくらや、ビックといった家電量販店は
     
     家電ショップはパソコンのことなんか判っちゃいない
     
    と後ろ指差されてきたのです。LAOXも家電量販店ではありますが、パソコンに
    本気で取り組んでいる量販店として認知されその地位を築いてきました。
     
    時代は変われば変わるもの、ヨドバシが東側に単独で 「ヨドバシ圏」 を築いて
    しまうなどということは、当時の勢力図からはまったく考えられないことでした。
    ザ・コンの閉店で、秋葉原の街並みはまた1つ大きな変化を遂げることになります。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2007/08/06 23:59


    « 「中型ワイド液晶モニタ」も意外とつぶしが利いて良さそう?

    トップに戻る

    Forza2 鈴鹿逆走 - よくできたシミュレータが現実の制約を超えたりする例とか »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    このリストは、次のエントリーを参照しています: 秋葉原のいち時代を象徴する「LAOXザ・コン館」が9/30で閉店:

    トラックバック時刻: 2007年8月10日 23:29

    » ラオックス に関するニュース from ラオックス
    ラオックス に関するニュース  ラオックス ザ・コンピュータ館(ザ・コン)を9月30日に閉店 チェーン展開する大手安売り店ラオックス。 ラオックスは秋... [続きを読む]

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks