Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2007/07/16 23:59 - 2007/07/16

RAID-NASキット「Promise NS4300N」セットアップ・RAID構築設定編

カテゴリ : デジモノ タグ :

何事もなかったかのようにNASのお話に戻ります。
 

 
■2007/07/13 [Promise NS4300N とHDD 4台が到着 - 小柄な筐体に萌え]
■2007/07/14 [RAID-NASキット「Promise NS4300N」セットアップ・ハード編]
 
HDDを4基挿し込んで、電源とLANのケーブルを接続したら電源をONにします。
HDDが4基とも正しく認識されるとビープ音が鳴って準備は完了です。
 
ここからは同じLANに繋がっているPCを使って、RAIDなどの設定をしていきます。
昔は機器に初期設定されたIPアドレスのゾーンにPCのIPアドレスを合わせて
Peer-to-Peer接続をしないとIP設定を変えられないものが多かったのですが、
最近はIPアドレスを設定する前から専用ソフトでLAN経由の設定ができる機器が
多くて嬉しいですね ヽ(´ー`)ノ
 
そのための セットアップ専用ソフト をPCから起動して、IPアドレスなどの設定を
していきます。ウィザードに沿って進めていくと、
 
 あっさり完了をしたものの全然繋がらない
 
という憂き目を見たのですが、ウィザードを終了させて手動設定をしなおしたら
あっさりNAS管理画面に繋がりました。やっぱり最後に信じられるものは
ウィザードよりもマニュアル設定ですよ。。。
 
IPアドレスが設定されたら、ここからはWebブラウザを使って管理者ログイン
をします。ここでRAIDの設定が全て行えます。まず何はなくともRAIDの構築を
しないといけないのですが、注意したいのは、
 
 3台以上接続されていると自動的にRAID-5になります。
 
・・・あ、あれれ? RAID 1+0 もできるって書いてませんでしたっけ(;´Д`)
パッケージにも書いてあるので何かすれば出来るような気がするのですが、
いまのところどこから設定して良いものやらわかりません。
 

 
私自身はもともとRAID-5で運用する気でしたので問題はないのですが、
500GBを4台買って 2台+2台のミラー にしたいと思っている方は
ちょっと正確に仕様を確認してからのほうが良いかもしれません。
 
さて、RAID設定画面からHDDを4台選択してRAID-5でフォーマットをすると
数十分というレベルでフォーマットは完了します。
 
続いて共有フォルダの設定ですが、これもWindowsであれば特に難しいこともなく、
フォルダを作成して公開設定にすれば見えるようになります。ドメインあるいは
ワークグループの設定も、必要であれば行うことができます。
 
で、問題のLinuxからの接続なのですが、、、
 
この共有設定のところで「Unix/Linux共有」という設定タブがあり、
その中にはマウントを許可するサーバのIPアドレスを設定する場所があります。
共有したいフォルダを指定してサーバのIPを指定すると、確かにこれでLinux側から
 
 mount 192.168.0.xxx:/Volume1/HOGEDIR/
 
などとすると問題なくマウントができるようになりました。
 

 
ところが、実際使ってみると問題が出てきます。Linux側からコピーしたファイルを、
Windows側から編集しようとすると見事に
 
 パーミッションがなくて編集できません。
 
つまりユーザ管理がしっかりしているが故に、Windows側から書き込んだユーザと
Linux側から書き込んだユーザが違うユーザとして管理され、お互いのファイルを
保護している状態なのです。
 
私としては所詮自分しか使っていないLANですから、パーミッションもなにも
全部オープンにしてくれれば・・・と思わないでもないのですが、
こうなってはもう少し色々としっかり考えなければなさそうです。
 
 NS4300Nの設定には「NISドメインに参加」なんて項目も
 
あるのですが、NISですかぁ・・・。そこまでちゃんとLAN内のユーザ管理する気は
いままで一度も起きませんでしたよ(;´д⊂) sambaを使っていた頃は
sambaがLinuxユーザアカウントを踏襲する設定を持っていたので
問題は少なかったのですけど・・・どうしようかな、これ。
 
ひとまず共有フォルダを 「Windowsからアクセス用」 と「Linuxからアクセス用」
のように2つ作って、相互のアクセスはRead Onlyというやり方でも
便利に使えないこともないので、いまはそんな感じでアバウトに運用しています。
 
でも、いつかは本格的に解決しないとなぁ、とちょっと悩んでいる最中です(´・ω・`)

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2007/07/16 23:59


« ひさしぶりにForza2リプレイ編集映像いろいろ 【ニコニコ動画】

トップに戻る

ニコニコ動画にAmazonアソシエイトと、いつのまにかMyリスト貼り付け機能も »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.12024   投稿者 : lu   2007年7月17日 03:52

Linuxクライアントからもsmbmountでwindows共有の方を使えばよいのでは
でもsambaだとNFS(Unix/Linux共有って多分NFSですよね)より効率落ちるんだっけ・・・?


No.12040   投稿者 : 優駿   2007年7月17日 14:13

そのsmbmount使うと、文字コードの関係で微妙な挙動になるからってのが
大元の理由(いいわけ)だから、今回はちょっと難しいのではないかと。


No.12042   投稿者 : 匿名   2007年7月17日 17:53

coregaからOEMらしき製品が出るみたいですね。
価格も本家よりちょっと安い...。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0717/corega.htm


No.12043   投稿者 : lu   2007年7月17日 19:56

最初のエントリの内容すっかり忘れてたorz アホすぎる俺


No.12233   投稿者 : 匿名   2007年7月24日 19:12

RAID1+0:
一度RAID5ボリュームを解く(削除)→RAID1+0で作成ではダメでしょうか?
パーミッション:
それぞれのユーザを1つのグループにしていますか?


No.12917   投稿者 : splash   2007年8月11日 11:15

気になってます。この機種。
静音のほうはいかがでしょうか?


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

このリストは、次のエントリーを参照しています: RAID-NASキット「Promise NS4300N」セットアップ・RAID構築設定編:

トラックバック時刻: 2007年7月27日 01:42

» SmartStor NS4300N - RAID 10 from Apribase
ただいまセットアップ中。 デジモノに埋もれる日々: RAID-NASキット「P... [続きを読む]

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks