Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2007/05/05 00:00 - 2007/05/05

「時をかける少女」 限定版DVDを観ました

カテゴリ : 雑談 タグ :

32型液晶テレビ「REGZA 32Z2000」を購入して、最初に観たかったのは
やっぱりコレ。4/20に発売された 「時をかける少女」 のDVDです。
 

 
3月初め頃に何となく欲しくなって、ポチッと限定版を注文したのですが、
今になってみると本当に限定版ぽく、
 
 すごい勢いで品切れになっているので驚きました。
 
あわてて欲しがっている方とか実はすごく多いんじゃないだろうかと
ふと不安になってしまったりもします。
 


 
通常版は本編1枚ですが、限定版(プレミアムエディション)は3枚組み。
さらにハンドブック、ストラップと、それから
 
 「フィルム・ブックマーク」というのが付いています。
 
実際に上映されたフィルムをざくざくと切ったもので、誰にどんな
シーンが同封されているのかでいろいろとドラマがある特典です。
私のは美術館の千昭カットでした。
 

 
さて作品のほうですが、ウワサに違わず、素晴らしい出来でした。
 
何といえば良いのでしょう、ものすごくわかりやすい のです。
エンタテインメントとしてただ純粋に、笑って、泣いて、感動できる、
そして愛されるワケがとてもよくわかる、そんな作品だなぁと感じます。
 
作品のスケールをとてもコンパクトなサイズに収めているのも、
すごく成功しているような気がします。物語の初めから終わりまで、
100分でちゃんと描ききれる内容でまとまって、観おわったときに
何一つ消化不良にならず、すっきりした気分に浸れます。
 
実は私、既存の「時をかける少女」は何ひとつ観たことがありません。
 
原作はもちろん、テレビシリーズが放映されたのも私が生まれる前、
大ヒットになった映画が上映されたときもまだ小学生低学年でしたし、
その後とくにこのシリーズには縁がなく、今回のアニメ映画で初めて
「時かけ」ワールドに触れたことになります。もしかするとそのことが
純粋に作品を楽しめるいち要素になっていたのかもしれません。
 
今回は原作の主人公の姪っ子が主人公ということで、原作とは
全く別のお話 らしいのですが、それでも原作のエピソードと絡んだ
シーンもありますし、原作を知っていればどうしてもいろいろな部分が
比較対照になってしまうでしょう。ネットでの評判を読んでいると、
原作に想い入れのある人ほどキツイ評価が多い印象もありました。
そのあたりは今回の「時かけ」の評価の分かれ目なのかもしれません。
 
 
ストーリーのほうは、興味のある方はぜひDVDをご覧いただくこととして、
私がこの作品を観ていちばん強く感じたことは、
 
 ヒトはみんな 「自分が主人公の人生」 を生きている
 
ということでした。多くのヒトが同じ「時」を共有しているにも関わらず、
みんなが見ている景色は常に「自分が主人公の人生」だけなんですよね・・・。
私はこの「時かけ」をずっと、3人の中で一番地味な扱いだったコースケが
どんな景色を見ているのだろうと、そんなことを想像しながら観ていました。
 
とにかく中学生からお年寄りまで安心して楽しめる良作品だと思います。
思春期前の小学生だとさすがにちょっと意味不明なトコロが多いかも
しれませんが、それ以外は万人にオススメできる作品です。



CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2007/05/05 00:00


« あまとも通信 - すみません忘れていました(汗

トップに戻る

「コミックダッシュ!」に「ユーザコメント・ピックアップ」が追加されました。 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks