デジモノに埋もれる日々

Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!

« 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »


 (2007/04/30 23:59)

デジ埋2007年4月のpv上位リスト

 カテゴリ : ブログ タグ :


    2007年4月の「個別記事ページ、PVダービー」です。
    個別記事へのアクセスの多さは、ほとんどの場合、有名な外部サイト様から
    リンクを頂けたことを意味しています。その旨深く御礼申し上げます。
     
    ※なぜ4/30に4月のPV合計が算出できるのかといいますと、
    この記事が実質は5/1に書かれているからという深い理由が(ry
     
    さて、デジ埋的に4月の話題といえば何といっても コミックダッシュ!
    本当に多くの方々にご利用いただけて嬉しく思っております。
    おかげさまで多くのご意見を頂き、解決すべき問題もたくさん見えてきて、
    サービス管理者としていろいろやり甲斐を感じる次第でございます。
     
    もう1つの話題としては、Xbox360の購入 がありました。「PGR3」
    「アイマス」のあとは「FF11」と「DOAX2」を買ってみたのでありますが、
     
     何だかんだいって 「PGR3」が一番起動率高い
     
    というのがちょっとアレなのでございます。アイマスは時間の無い人には
    キツイですよ・・・ 「50週」 とかプレイできませんよ 。・゚・(ノД`)・゚・。
    その点「PGR3」は、ちょっと気晴らしに2~3レースして終了!
    とかできるのが嬉しいです。
     
    ところで、ゲームといえば 一昨日ご紹介した 「ジーワンジョッキー Wii」
    ですが、これが競馬好きな私にはかなりクリティカルヒットな感じです。
     
     逆に言うと、競馬好きじゃない限りハマりようがない
     
    という気がしないでもないのですが、私が競馬にハマり始めた
    1988年(昭和63年) 頃からのデータまで入っているのが嬉しいです。
     
     「おまえにリアルバースデーの主戦(騎手)をやってもらおう」
     
    とか言われた日にゃあもう 悶絶 ですよ!!(≧▽≦)o"
    えっ? わからない?! いいんです、わかる人だけわかって頂ければ・・・。
     
    今月もマッタリ更新していきますので、宜しくお願いいたします(・▽・)ノ

    順位pv日付エントリ
    1.43632007/04/10Xbox360のアナログ出力とVGA出力でどのくらい違うかというと・・・
    2.39232007/04/22地デジ・コピーワンスとHDDレコーダの失速 - 質と利便性のトレードオフ
    3.38782007/04/01所有コミック管理と新刊チェック、「コミックダッシュ!」お試し版のサービス開始
    4.30302006/07/16雷による瞬断で BiBio wGate と RD-H1 がご臨終?!
    5.29862006/05/15RD-H1 で初(?)の録画失敗が発生、さらには異音も!
    6.28092007/03/11Xacti HD2、HD1、C6、CG6 撮影比較 - 暗所でもHD2はそれなりに健闘中?
    7.27782005/11/09iPod向け動画変換は「携帯動画変換君」で万事解決か!!
    8.25482007/01/08成功は振り返って語るもの - 「PS3が圧勝した世界」という思考実験
    9.23782007/04/21WiiとPS3のAmazon在庫(インパクト)対決
    10.21642005/05/03「ウォークマンがiPodを逆転?!」の数字はこうして作られる
    11.18412007/01/07自分のページにお手製の Flash Movie (FLV) を貼り付ける方法
    12.17632007/03/12Xacti HD2 vs HD1 - HDモードによる暗所撮影比較
    13.15932007/03/26ケータイでLingr 「lingr text モバイル」試験稼動しました。
    14.13202005/09/21国内初(?)の4GB SDカードを試すも、いきなり大ピンチ!
    15.12972006/12/24Wiiの画面に合わせたYouTube閲覧サービス「Wii-Tube」を作ってみる(動画あり)
    16.12412007/03/14Wiiリモコン充電スタンドあれこれ - もうちょっと待ったほうがいい?
    17.12392006/11/18SANYO Xacti DMX-CG6 が到着! - 早速恒例の写真館からどうぞ!
    18.11602006/12/25Wii向けページ作成ブーム?! 次々に登場するWiiサイト
    19.11582007/03/13Xacti新機種のウワサは本当だった - H.264を引っさげて「CG65」が登場
    20.11492007/04/08Xbox360 稼動 - とりあえず「PGR3」「アイマス」その他いろいろ
    21.11272006/11/19Xacti CG6 で試し撮り - 結局、給電撮影はナシ? ナシ!?
    22.11182007/03/18ログが残るチャット「Lingr」 - チャットログにPermalinkが付いた意味
    23.11142007/03/25Lingrイベント盛況に感謝! - 14人が4時間半で作る怒涛のコンテンツ
    24.10592007/04/03コミックダッシュ! 試験サービス中 - ご利用ありがとうございます。
    25.10132006/08/06「亀田」と「時かけ」 - メディアの扇動力がネットに圧される時代
    26.9692007/03/07iPod nano対抗の新ウォークマン「NW-A800」シリーズは大画面と動画で勝負
    27.9432007/04/05あまとも通信 - SDカードももはや 1GB、2GB はこんなお値段
    28.9262006/01/22コミュニケーションの消費カロリー - アイデンティティとテリトリーの関係
    29.9242005/10/04玄人志向のSATA→IDE変換ボード「SATAD-IDE」を試してみる
    30.9112007/01/31COWON新型動画プレイヤー「D2」登場も、気になるのは「A3」と「Q5」?
    参考66997
    トップページ
    参考300653
    月間PV合計

    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | ブログ | 2007/04/30 23:59


     (2007/04/29 23:59)

    富士山の写真をケータイ(SH903i)のデジカメで撮る・・・

     カテゴリ : デジカメ タグ :


      ■富士山 2007.04.29 快晴

      近場に行ったので撮影。カメラは SH903iデジタルズーム目いっぱい
       
      普段の生活では、もう面倒くさいのでケータイのデジカメでも
      いいかなと思えるシーンが多くなったのですが、
      やっぱりこういう 遠方を狙うシーン は辛いですねぇ(´・ω・`)
       
      眼前にはド迫力の富士山があったので思わずカメラを構えたのですが、
      普通に構えるとフレームの中に 「ちまっ」と富士山が入って
      迫力もへったくれも無い状態に・・・。で、そこから光学ズームがないと
      もうどうしようもないという感じになります。デジタルズームしても、
      とりあえず「ちまっ」と撮って家に帰ってからトリミングしても同じですし、
      ひとまずデジタルズームして撮って帰ってきました。
       
      光学ズームがたとえ3倍でもあるとかなり違うと思うのですが、うーん。


      投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | 2007/04/29 23:59


       (2007/04/28 23:59)

      Wiiリモコンでムチを入れろ! 「ジーワンジョッキー Wii」で騎手体験

       カテゴリ : ゲーム タグ :

      実はこれってXbox360を購入した日に一緒に購入していたので、
       
       購入してから普通に 1ヶ月 放置しやがったよね♪
       
      という怨念こもったソフトなのでありますが、
      光栄の 「ジーワンジョッキー Wii」 です。Wiiのソフトとしては
      ローンチで5本まとめ買いして以来はじめて追加購入したソフトです。
       
      これはなかなかイケてます。
       
      といっても、私はPS2の「ジーワンジョッキー」シリーズはやったことが
      ありませんので、前回までのシリーズ作と比較してお話をしているワケ
      では一切ありません。そのあたり割り引いて頂けると嬉しいです。
       
      私がやったことのあるゲームでいうと、
       
       「ギャロップレーサー」と「ウイニングポスト」をくっつけた感じ
       
      という感じゲームです(おい)。
      ジョッキーとして騎乗以来を集めて周り、レースは騎乗アクション。
      ヌンチャクで操ってWiiリモコンでムチといった具合です。
       
      最初は操作に十分戸惑うものの、慣れてくるとゲーム自体は
      まずまず面白く遊べます。しかし、私が思わず唸ったのは、
       
       VTRの部分です。
       
      こちらのプレイ映像をご覧ください。

      Get the Flash Player to see this player.

      Get the Flash Player to see this player.

      ※ちなみにレース後の映像で騎手名が「たけい」になっていますが、
      本名とは何の関係もありません。名前を決めるのが面倒なので
      「たけゆたか」をもじって「たけいほたか」になりました(えー
       
      この映像、左側がレース操作画面、右側がそのVTR なのですが、
      VTRのほうが妙なリアル感が あります。でも別に解像度がスゴイとか、
      グラフィックが超高精細だとか、ということもありません。
       
      じゃあ何がリアル感を出しているのかというと、カメラワーク です。
      競馬のテレビ中継のカメラワークとそっくりな動きで映りますので、
      自分が騎乗したレースが、VTRでは テレビ放映にそのまま取り込まれた
      かのように楽しめるのです。もしかしたら「ジーワンジョッキー」シリーズでは
      ずっとこういうVTRが普通だったのかもしれませんが、
      私は初めて体験しましたので、競馬ファンとして普通に感激しました。
       
      次のムービーは、うまく外に持ち出して追い出したものの、
      一番人気の イナリワンに外から楽々と差される の図。

      Get the Flash Player to see this player.

      Get the Flash Player to see this player.

      そしてこれが、上手く差し切ったときのレース。

      Get the Flash Player to see this player.

      Get the Flash Player to see this player.

      ある程度慣れてくると、人気薄でもそこそこ勝ててしまうようになり、
      ノーマルモードだとちょっとヌルくなって しまったりもするのですが、
      そしたらまだハードモードにレベルアップしてみるのもよし、
      あるいは勝ち方にこだわってカッコいいVTRを作ってみるのもよし、
      競馬ファンなら楽しみ方がいろいろあって面白いかもしれません。
       
       Wiiを久しぶりにゲーム機として
       
      使えている日々です(゚∀゚)ノシ ジョッキー!ジョッキー!


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/04/28 23:59


       (2007/04/27 23:59)

      Wii-Tube が掲載されましたがURLが違いますっ

       カテゴリ : ゲーム タグ :

      先日もちょっとお話したのですが、Wii-Tube は特に連絡先のメールアドレス
      などを載せていない状態ですので、雑誌などに掲載を頂いていても
      特に掲載連絡もなく 全然気が付かないのでありますが、
       
      ■2007/02/19 [Wii-Tubeのアクセス傾向 - Wiiからのアクセスはこんな感じです。]
      「Wii-Tube」には連絡先情報なんて載せていないからだ
      ということに後から気が付きました(;゚∀゚) もぅいいや、このままで。

       
      今日もふと本屋さんで手に取った 「ウラDS+Wii」 という
      ムック本に Wii-Tube が掲載されているのを見つけました。
       


       
      画面はたしかに見慣れた Wii-Tube のものです。ところが、
       

       
       
       URLが違います。惜しい! 全然違う! (どっちだよ)
       
       
      ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
      いわゆる「WiiTube」というサービスは2種類 あります。
       
      ■WiiTube : YouTube for Wii
       http://wii2.wakufactory.jp/wt/
       (作: wakufactoryさん, RunRun Ajax 出張版)
       
      ■Wii-Tube: WiiでYouTubeを見よう
       http://c-kom.homeip.net/wii/wiitube/
       (作: CK, デジモノに埋もれる日々)
       
      全く同日(2006/12/24)にサービスが開始されていましたので、
      どちらも本家?ということでWiiTubeの名称を分け合っている状態です。
      その後私のほうは一応区別できるように「Wii-Tube」とハイフンを入れました。
       
      Google先生で見るとwakufactoryさん版のほうがずっと1位なので
      もうあちらが本家、こちらが分家でいいかなぁとも思うのですが(笑)
      みなさまもお好みに合わせてお使いください(・▽・)ノ
       
       
      さて、その Wii-Tube のその後のアクセス推移についてのグラフを
      ご紹介しましょう。前回の2/19からどれだけ変わっているでしょうか。
       
      ■Wii-Tubeのページビュー (合計、PC、Wii)

       
      ■Wii-Tubeのユニークユーザ (合計、PC、Wii)

       
      これは、見る人が見ると ちょっとショックなグラフ かもしれません。
      Wii-TubeのPVは順調に右肩上がりに推移して、
      最近は 1日5万PV に達する日も出てきたのですが、
       
       Wiiからのアクセスは伸びが鈍っています。
       
      PVにして 約1万のライン、UUでは500のラインのあたりで横ばいとなり、
      右肩上がりを続けるPCからのアクセスとは対照的な結果となっています。
       
      このグラフだけで一概には判断できないものの、もしかしたらこのデータは、
      Wiiの「インターネットチャンネル」、つまり、Wiiの無線LAN設定をして、
      Operaブラウザをダウンロードして、Wiiでネットを見る、という行為が
      いかに敷居が高いものか を物語っているのかもしれませんね(´・ω・)
       
      Wii-Tube: WiiでYouTube


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/04/27 23:59


       (2007/04/26 23:59)

      あまとも通信 - 大画面液晶の夢を見るくらいは・・・Part2

       カテゴリ : あまとも タグ :


        木曜日は「あまとも通信」( ・∀・)σ 今回は第29回です。
         

         
         
        ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
         
        「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週は、
         
         garnet329 さん、vitalsine さん、mizoe さん の3名様が、
         1,000円のAmazonギフト券 当選です!
         
        おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
        いただきましたので、メールをご確認ください。
         
        プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
         
         
        ■今週の値下がりピックアップ
         
        最安値更新リストをふらふらと見回ってみてビックリしました。
        先週取り上げたSHARPの大画面液晶テレビ「AQUOS」の価格が、
         
         二段階降下をしています。
         
        AQUOS 42V型 LC-42RX1W が 497,999 円 → 368,000 円 → 352,000 円
        AQUOS 46V型 LC-46RX1W が 547,999 円 → 438,000 円 → 388,000 円
        AQUOS 52V型 LC-52RX1W が 647,999 円 → 518,000 円 → 452,000 円
         
        52型なんて、2週間前と比べると 20万円近く値下がり していますね・・・。

        で、もうちょっとお値ごろなところではどうかと思い、
        32型、37型あたりの同時期の価格変動を見てみると・・・、
         
        AQUOS 32V型 LC-32GS10 165,000 円 → 165,000 円 → 165,000 円
        AQUOS 37V型 LC-37GS10 208,000 円 → 208,000 円 → 208,000 円

        ぬうぅ、動かない・・・。やっぱり売れ筋の部分ではそう簡単に値崩れは
        起きないということでしょうか。私はここしばらく、大画面液晶を
        「買おう!」「いや、やめよう!」「いややっぱり・・・」
        と迷ってウロウロしています。(;´~`)
         


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (3) | あまとも | 2007/04/26 23:59


         (2007/04/25 23:59)

        ついに5,000円割れ?! 一部店舗でDDR2-667 1GBメモリが格安

         カテゴリ : デジモノ タグ :


          ■1GBメモリが初の5,000円割れ、値下がり再加速?
          http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20070428/etc_mem.html
           
          昨日は Core 2 Duo E6700 の値下げについてお伝えしましたが、
          本日はメモリです。一部の店舗で
           
           1GBのDDR2-667 DIMMが 税込5,000円 を割り込む
           
          というニュースが流れています。まだ平均価格は7,000~8,000円程度で
          推移しているようですが、スポット価格が下落しているということ
          ですので、徐々に追随してくる店舗が現れるかもしれません。
           
          ここまで安くなるともはや、
           
           デスクトップPCには「2GBがデフォ」でしょ
           
          という雰囲気も感じます。Core 2 Duo E6600 が3万円付近で、
          メモリが2GBで1万円ちょい、HDDも400GBが1万円ちょい、
          マザーボード、ビデオカード、ケースをあわせても
          10万円ちょいで相当なパワーのPCが
          作れる見込みになります。(ただしOSは別)
           
          ただ、メモリ価格は乱高下するものですので、もしかすると
          買えるうちに買っておくのが賢いのかもしれませんね( ・ω・)


          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2007/04/25 23:59


           (2007/04/24 23:59)

          Intel Core 2 Duo 値下げキタ-(゚∀゚)-!! あのE6700がお値ごろ価格に

           カテゴリ : デジモノ タグ :


            ■Intel、Core 2 Duoのラインナップを拡充
            http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0424/intel.htm
             
            Core 2 Duo に追加モデルが出ました。E6420、E6320、E4400 です。
            E6420、E6320 はそれぞれ E6400、E6300 のキャッシュ増量版(2MB→4MB)で、
            Core 2 Duo のラインナップとしては廉価版を補強したような形になります。
             
            それに伴って、ラインナップ全体の価格見直し が行われています。
             
            ■Intel、Core 2 Duoを中心に主要製品を大幅値下げ
            http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0424/intel2.htm
             
            E6420、E6320 の登場で E6400、E6300の価格を調整しただけかと思いきや、
             
             
             E6700 530ドル → 316ドル (-40%)
             E6600 316ドル → 224ドル (-29%)
             
             
            E6700バカ安値下げ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
             
            これはかなり衝撃です。自宅のサーバでE6700のパワーを身を持って体験して
            いるだけに、E6700が安く手に入るとなればそれだけでワクワクしてしまいます。
             
            ■2006/09/04 [CPU使用率が1/4に!? Core 2 Duo E6700 サーバが威力を発揮!]
             
            そのE6700、それとミドルレンジのE6600ですが、早くも秋葉原界隈では
            値動きが始まっているようです。
             
            ■Akiba PC Hotline - Core 2最安値情報 (22日追補分)
            http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20070421/p_cpu3.html
             
            E6700の最安値は、なんと 41,968円 (-21,582円)
            E6600の最安値も、負けじと 29,780円(-9,200円) となっていて、これらの
            高パフォーマンスモデルがかなりお値ごろ価格になっているのがよくわかります。
            昨年8月に E6700を71,904円で購入した私としては かなり羨ましいです(;=゜ω゜)。
             
            なお、価格は下がり始めたばかりの段階ですので、ショップによってはE6700が
            まだ7万円で売っていたりもします。ぜひここは足を使って安値を探してみてください。




            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2007/04/24 23:59


             (2007/04/23 23:59)

            4/23発売の「週刊アスキー(5/8-15号)」で「コミックダッシュ!」が紹介されました

             カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


              本日4/23発売の「週アス」こと 「週刊アスキー」5/8-15号 で、
               
               コミックダッシュ!の紹介記事が掲載されました。
               
              コミックダッシュ! については誌面初登場です。
              アスキーさま、ありがとうございます。m(_ _)m
               
              掲載箇所は、P.176の「ネットエクスプレス」というコーナーです。
              「新着サイト」という扱いで、ページの20%くらいを割いて紹介を
              頂いています。
               
              というワケで、「コミックダッシュ!」も(ちょこっと)載っている
              「週刊アスキー5/8-15号」は、350円で発売中 です。
              本屋さんでなくても、KIOSKでもコンビニでも売っていますので是非。
               
               
              さて、コミックダッシュ!では、登録した所有コミックの数を
              自分のブログなどに貼り付けられるブログパーツを提供していますが、
              そのパーツに ミニ版(120x60) が登場しました。従来の大型タイプ
              (150x90)とあわせて、お好きなほうを選んでお使いいただけます。
               
              ■通常版(150x90)
              コミックダッシュ! ckom の所有コミック
               
              ■ミニ版(120x60)
              コミックダッシュ! ckom の所有コミック
               
              コミックダッシュ!のトップページにも、みなさまのコレクションが
              よく判るように右サイドにズラッと、このミニ版パーツを並べています。
              アイコンもみなさん特徴があって とても楽しいです(=´∇`=)
               
              今後とも「コミックダッシュ!」を宜しくお願いいたします。
               
              コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!


              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | コミックダッシュ! | 2007/04/23 23:59


               (2007/04/22 23:59)

              地デジ・コピーワンスとHDDレコーダの失速 - 質と利便性のトレードオフ

               カテゴリ : コラム タグ :


                日曜コラムです、こんばんは。
                 
                先日、池田信夫さんのブログで、デジタル家電の進化を妨げて
                いるのはデジタル放送だという論旨の記事がありました。
                 
                ■デジタル家電の足を引っ張るデジタル放送
                http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/343b858371cbb42496dbbe8ea18e3c7d
                昨年のDVDレコーダーの国内出荷台数は、前年比18%減となった。世帯普及率はまだ40%台なので、これは市場が飽和したためとは考えられない。その最大の理由は、関係者が一致して指摘するように、コピーワンスのおかげで操作が複雑になり、普通の視聴者には扱えない機器という印象が広がったためだ。たとえば、あずまきよひこ.comで紹介されているように、番組をPCで見るためには、DVD再生ソフトやDVDドライブなどをすべて買い換えなければならない。
                 
                この記事にはとても納得します。思えば2006年のHDDレコーダの失速ぶりは
                目を見張る(?)ものがありました。ダビングできない、PCで見られない、
                カット編集できない、iPodにもPSPにも転送できない・・・。
                 
                 「録画して、あとで見て、消す/DVDに移して保存するだけ」
                 
                という枠からちょっと飛び出たことをしようとすると、
                全ての作業がコピーワンスのキツイ制約を受けることになり、
                デジタル放送を魅力の無いものにしていきました。
                 
                そしてHDDレコーダは、デジタル世代の機種に総入れ替えされると同時に、
                その求心力を失ったのでした。「コピーワンスのおかげで操作が複雑に・・・」
                という池田さんのブログの一節は興味深い部分です。私はこれをこう解釈しています。
                 
                iPodやHDDレコーダのような最新機器の布教というのは従来、アーリー・アダプタ
                と呼ばれる マニアの役目 でした。判らないことがあったらよく知っている
                身近な人に訊くという流れがあり、また、それが訊けるから一般人でも安心して
                購入できるという具合です。当然ながらアーリー・アダプタたるマニアの人に
                とっては操作が複雑で云々というのはそれほどの障壁ではありません。
                 
                ところがアーリー・アダプタに嫌われたデジタルレコーダはどうでしょう。
                宣伝(布教)役がいなくなったことも勿論ですが、それよりももっと厳しいのは
                 
                 新しい概念を「一般人に説明する役」がいなくなったこと
                 
                にあります。ある人がデジタルレコーダのことが気になっていたとしても、
                身近なマニアに聞いてみると、「うーん、今はちょっと止めといたほうが」
                などと言って積極的に後押しも説明もしてくれません。
                 
                こうなるとこの人は、身近な人の噛み砕いた説明を経ずに、一足飛びに
                メーカの説明を理解しなければならない状態になります。メーカもこういう
                末端のユーザに対して新概念(地デジのチューナとかコピワンの制約とか)
                を直接説明し切る義務が生まれてきます。これは相当苦しい状態です。
                よほど判りやすい簡単な概念でない限り、途中で 「もういいよ面倒くさい」
                といわれてしまうでしょう。
                 
                次世代の デジタル家電の花形という称号 を得られる「ハズ」だった
                HDDレコーダは、「キレイなデジタル録画」のアピールもむなしく、
                こうして主役の座を追われてきたのでした。そして代わりに
                リビングにはWiiやPS3といったゲーム機が入り込んできています。
                 
                 
                さて、もう1つ、池田さんのブログの中で 「高画質は必要か?」
                という話題がありました。
                 
                ■デジタル家電の足を引っ張るデジタル放送
                http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/343b858371cbb42496dbbe8ea18e3c7d
                20年ほど前、NHKのハイビジョン・プロジェクトで視聴者のブラインド・テストをやったとき、われわれが衝撃を受けたのは、ほとんどの視聴者が画質を見分けられないということだった。ハイビジョンの番組と、普通の番組を単に横長にしたものを30インチ以下のモニターで見せると、90%以上の人が区別できない。いろいろな条件を変えて「どっちの映像がきれいか」と質問すると、もっともはっきり差が出るのは、色温度とコントラストで、解像度は最下位だった。
                 
                このハイビジョンの見分けテストは、「20年前」という条件はともかくとして、
                「30インチ以下」 という条件下に於いては「区別できない」というのも
                たしかに無理はありません。解像度の差が如実に現れるのは当然大画面の
                時であって、小さな画面でいくら解像度を上げても、よほどのマニアで
                無い限り見分けが付かないのは仕方のないところでしょう。
                 
                たとえば、iPodなどの携帯機器で動画を見ると、そのあたりは顕著にわかります。
                iPodの2インチの液晶では、320x240の動画がとてもキレイに 表示されます。
                 
                では同じデータをPCに持っていって1024x768の画面いっぱいに映して見られるか
                というと、それはとてもとても おぞましい状態 になるのはご存知の通りです。
                 
                現在は大画面テレビを持つ人も増えてきました。37インチくらいになると、
                アナログ放送の解像度では粗ばかりが目立ってくるようになります。これが
                実は私が大画面テレビの購入をためらっている最大の理由にもなっています。
                つまり、大画面テレビを買うことによって、
                 
                 アナログ放送の画質が低下するのです。
                 
                もちろん実際には低下はしません。データは今までどおりなのですから。
                しかし人間の目には、同じ解像度のデータは大画面で見れば見るほど、
                劣化したように見えてしまいます。せっかく贅沢をして大画面テレビを
                購入したのに、画質が劣化してしまうというのは何たる悲劇でしょう。
                 
                 
                ここで再び池田さんのブログ記事に戻りましょう。
                 
                ■デジタル家電の足を引っ張るデジタル放送
                http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/343b858371cbb42496dbbe8ea18e3c7d
                アンケート調査で、視聴者がもっとも望んだのは「見たい番組をいつでも見られるようにしてほしい」ということで、「たくさんのチャンネルを見られるようにしてほしい」という答も多かった。「いい画質で見たい」という答は最下位だった。だから今までと同じ番組の解像度を単に上げるだけの地上デジタル放送には、もともと需要がないのだ。
                 
                画質へのコダワリよりも、見たい番組をすぐ見たい、番組のバラエティを
                増やして欲しいという声があげられています。これは高画質が要らないと
                言っているワケではなく、それよりも優先して欲しいものがもっと沢山ある、
                という意味合いに捉えたほうが良いでしょう。
                 
                HD映像を勧める方の言い分はいつもこうでした。
                 
                 汚いより綺麗なほうがイイに決まってるだろ。
                 『汚いほうで十分』なんて、どんだけ負け惜しみだよ!
                 
                確かに汚いよりは綺麗なほうが良いに決まっています。
                しかし、もっとも重要な点は、綺麗と利便性は反比例にあるという点です。
                それを私たちは iPodで、MP3で学んだハズ でした。
                 
                オーディオマニアの人々にとって、2000年頃から始まった MP3革命は
                まさに悪夢でした。音質にこだわり、アナログレコードからCDに移行したときも
                「情報が欠落した!」と嘆いていた彼らが、さらにハッキリとした形で
                自ら音質を下げていくMP3の蔓延に心を痛めなかったはずがありません。
                 
                しかしMP3は、音質を「ある程度」保ったまま、データ量を10分の1にすることに
                成功しました。10分の1になった音楽データは、数千曲を自由に持ち運べる
                iPodを生み出し、PCで全ての曲を管理するiTunesを生み出しました。
                 
                MP3とiPodの出現は、人々が、
                 
                 利便性のためなら、質の劣化を平気で受け入れることもある
                 
                という前例を見せ付けてくれたのでした。これは「質は常に向上するものである」
                「少なくとも自ら劣化する方向に向かうなんてありえない」という
                クオリティ原理主義 の方からすると信じがたい結果でしょう。
                 
                では映像の世界はどうでしょうか。この例は何に当てはまるでしょう?
                 
                そう、いわずもがな、この例は YouTube に当てはまります。
                YouTubeの画質が非常に悪いことはみなさまご存知のとおりです。
                 
                 「あんな画質で満足できるワケない。
                  満足できるとしたらどんだけ目が悪いんだよ!」
                 
                というのは確かにその通りです。これは池田さんのブログでいうところの、
                「区別が付かない」という状態になっているのではなく、画質が悪いという
                ことは利用しているほうも十分に認識した上でYouTubeを見ている状態です。
                YouTubeを見ている人も、自ら音質劣化を受け入れたiPodのユーザと同じです。
                 
                 質を落とせば、そのぶん利便性を上げる余地が生まれる
                 
                ということを、私たちは身をもって体験し、その質と利便性は常に「バランス」
                を必要としてきたのです。利便性を十分に上げる余地を持っていながら、
                その余地を必要以上の質向上に全て充てられてしまう ことは
                消費者にとって大きな損失です。だからこそ消費者はSACDやDVD-Audioに
                「NO」を叩きつけ、iPodとMP3を支持したのです。
                 
                いま、地デジとBlu-ray/HDDVDに「No」を叩きつけ、YouTubeを
                支持する層が拡大しているのは、そのデジャヴにもにた感覚に思えないでしょうか。
                YouTubeがiPodのような最終勝利者になるかどうかはまだ判りませんが、
                少なくとも HDDレコーダを単なる「ブーム」で終わらせて しまいかねない
                地デジとコピーワンスは、この「質と利便性のトレードオフ」について
                もっと深く認識した上で導入を検討すべきだったのかもしれません。
                 
                そしてわたしは今日も、地デジ関係の製品を避け続けて いるのです。


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (8) | トラックバック (11) | コラム | 2007/04/22 23:59


                 (2007/04/21 23:59)

                WiiとPS3のAmazon在庫(インパクト)対決

                 カテゴリ : ゲーム タグ :

                最近ちょっと気が付いたことがありました。
                 
                ■2006/11/17 [AmazonでWii予約キタ! - あまともに急遽EXPRESSモード追加のお知らせ]
                 
                昨年11月、PS3発売直後の取り合いと、Wiiの予約の奪い合いがあって、
                急遽あまともに「EXPRESSモード」という 1分間隔のチェックモード
                を作り、「Wii」「PS3」「DSLite」 の3種類にこのEXPRESSモードを
                設定しました。
                 
                ところが最近、WiiやDSLiteはときどきメール通知が来るのですが、
                 
                 PS3の価格変動通知メールが全く来ない
                 
                のです。一寸バグっているのではないかという不安も
                あったのですが、調べてみるとそうでもなさそうです。
                驚くべきことに、PS3の20GBは1/3から、60GBは1/17から、
                 
                 在庫が尽きたことが一度も無いのです!
                 
                ・・・いや、それはそれで普通の製品であれば普通なのですが、
                むしろ 手に入らないほうが異常だ という話もあるのですが、
                あの昨年11月の取り合い騒ぎがあっただけに、感慨深いものがあります。
                 
                参考までに、今年1月~3月の間の、WiiとPS3(60GB)のそれぞれ
                在庫存在時間(率) というものを調査してみました。
                1日ごとの数字は在庫が存在していた時間(分)を示しています。
                「在庫存在率」は在庫存在時間をトータル時間で割ったものです。
                 

                 
                PS3(60GB)は1月前半こそ 在庫率10%前後 をウロウロしていましたが、
                1月後半は ずっと100%で、1月トータルでも63%の在庫存在率。そして
                2月、3月はお伝えしたとおり100%の在庫存在率を誇って(?)います。
                 
                それに対してWiiの在庫存在率は、良くも悪くもPS3とは全く比較にならない
                極少の状態で推移しています。1月に在庫が存在した時間は合計 71分(0.16%)
                2月も 98分(0.24%)、そして3月はなんと 28分(0.06%) しかありません。
                 
                0.06%といったら、確率としては、
                 
                 Amazonを1万回見に行けば6回は見つかるかもネ
                 
                という、どこのノートリアス・モンスターですか というぐらいの勢いで
                そうかNMなら確かに中国人が取り合いするのも判らないでもないとか
                いやそんなことはどうでも良いのですが。。。果たして人気の表れなのか、
                それともAmazonを含めた家電量販店系が流通として任天堂から避けられて
                いるのか判りませんが、とにかくPS3とは逆の意味で唖然とし(ry
                 
                というワケで今買うなら 在庫が潤沢なPS3 です奥さま(?)
                (WiiやDSLiteは在庫がなくて買えませんから。。。)
                 


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/04/21 23:59


                 (2007/04/20 23:59)

                コミックダッシュ! に 「コレクション・シート」 のブログパーツが出来ました。

                 カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


                  ユーザの延べコミック所有数が 32万点 に達している「コミックダッシュ!」。
                  ご利用されているユーザ数はまだ700人弱なのですが、っということは、
                   
                   ひとり平均 450冊 以上ですね ♪♪♪
                   
                  「えっ? そのくらいフツーに 持ってるモンじゃないの?」
                  と思ったアナタはちょっと世間ズレしているかもしれません(?)
                  コミックダッシュ! はそんなあなたのチャレンジをお待ちしています(マテ
                   
                  コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!
                   
                  さて、昨日あたりからコミックダッシュ!では、
                   
                   『 コレクション・シート 』
                   
                  という ブログパーツ ができました。
                   
                  ブログパーツといっても内容は単なる1枚画像なのですが、
                  コミックダッシュ! で登録したシリーズ数、コミック冊数が載っている
                  150px幅の画像で、誘導先は各ユーザの「所有シリーズ一覧」になっています。
                   
                  これをブログやサイトに貼れば、コミック本棚の紹介 ができるワケです。
                  私のデジ埋にも右サイドメニューの上のほうに貼り付けています。
                   


                   
                  貼り方はカンタン、コミックダッシュ!の右サイドメニューの「Myページ」を
                  クリックするとご自分の「プロフィール」ページが表示されますが、
                  そこに「コレクション・シート」の貼り付けタグが表示されていますので、
                  これをコピペしてお好きなページに貼り付ければ出来上がりです。
                   


                   
                  わざわざJSを使わずにAとIMGだけで作りましたので、はてなダイアリー
                  などJSを禁止している動的生成ページのサイトでも問題なく使うことができます。
                  サイドバー記述の中のプロフィール行の下あたりがオススメ(?)です。
                   


                   
                  はてなブックマーク にもちょっと工夫すると載せられます。
                  ヘッダ設定の中に埋め込んでしまえば、こんな感じにできますね。
                   


                   
                  mixiの自己紹介欄にも載せられるかなぁ、と思って試してみたのですが、
                  残念ながらmixiの自己紹介欄はタグ記載を許していないようです(´・ω・`)
                  OpenPNEも同様でした。GREE・・・もダメなのか。私が最近ちょこっと
                  使っているウェブリSNSの自己紹介欄はタグが通ります。
                   
                  コミックの本棚整理をしたい方、新刊の買い忘れが多くて困っている方、
                  ぜひコミックダッシュ! で あなただけのコミック本棚 を作って、
                  コレクション・シートをブログやサイトに貼り付けてみてください。(`・ω・´)g


                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | コミックダッシュ! | 2007/04/20 23:59


                   (2007/04/19 23:59)

                  あまとも通信 - 大画面液晶の夢を見るくらいは・・・

                   カテゴリ : あまとも タグ :


                    木曜日は「あまとも通信」( ・∀・)σ 今回は第28回です。
                     

                     
                     
                    ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
                     
                    「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週は、
                     
                     february5 さん、happyhand さん、nyamnyam さん の3名様が、
                     1,000円のAmazonギフト券 当選です!
                     
                    おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
                    いただきましたので、メールをご確認ください。
                     
                    プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
                     
                     
                    ■今週の値下がりピックアップ
                     
                    今週ガタンと値下がっているのは、SHARPの大画面液晶テレビです。
                     
                    AQUOS 42V型 LC-42RX1W が 497,999 円 → 368,000 円
                    AQUOS 46V型 LC-46RX1W が 547,999 円 → 438,000 円
                    AQUOS 52V型 LC-52RX1W が 647,999 円 → 518,000 円
                     
                    と、それぞれ10万円以上値下がり (!)しています。

                    楽天などを見るとやはり同様に値下がりしていて、ギリギリ最安値を
                    探すと LC-42RX1W が33万円台で見つかったりするのではありますが、
                    一方でヨドバシだと49万円だったりしますので、やはり高額なお買い物は
                    難しいところがあります。しっかりとした下調べが必要でしょう。
                     
                    私も最近、大画面液晶テレビが試したくて仕方の無いウズウズした日々を
                    送っているのですが、なかなか踏ん切りがつかないまま今日まで来ています。
                     
                    流石に 42~52インチ というと大きすぎて必要なレベルを超えていますので、
                    狙い目は 32~37インチ ということになるのですが、同じSHARPであれば
                    LC-37GS10、LC-32GS10 あたりになるでしょうか。

                    うーん、やっぱり微妙に踏ん切りがつかないお値段なのですが(´・ω・`)
                    「気が付いたら買ってしまっている」 なんてことも有り得そうでコワイです。
                     


                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | あまとも | 2007/04/19 23:59


                     (2007/04/18 23:59)

                    名刺に記載したいサービスが半年で激変している件

                     カテゴリ : ブログ タグ :


                      先日、ちょっとした機会で、
                       
                       例のデジ埋名刺が1枚だけ残っていたので、
                       
                      お渡しする機会がありました。デジ埋名刺とは、こちら。
                       
                      ■2005/03/05 [緊急企画「リオワークス訪問」(1) - ユーガッタメール!]
                       
                      こんなものです。最初はリオワークス訪問がきっかけで作ったもので、
                      その後、2度の梅田さんイベントでもかなりの枚数をお渡ししています。
                       
                      その最後の1枚の表面を見て 「あれっ!」 と気が付きました。
                      最後に微修正したのが2006/09/01の梅田さんイベント用のときだったのですが、
                      デジ埋ブログのほかに掲載されているサービス一覧が、
                       
                      ・デジモノREVIEW
                      デジモノREVIEW
                       
                      ・メガとんトラック
                      メガとんトラック - 個人ニュースサイトURL収拾車 -
                       
                      ・あまとも
                      あまとも - アマゾン(Amazon)の友 -
                       
                      となっています。これは当時としては確かに活動の実態を表していたのですが、
                      それから半年経った今、ちょっと実態とは乖離が出てきてしまっています。
                      現在の私のブログ以外のサービス紹介というと、順位付けとしては、
                       
                      ・あまとも
                      あまとも - アマゾン(Amazon)の友 -
                       
                      ・コミックダッシュ!
                      コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!
                       
                      ・Wii-Tube
                      Wii-Tube: WiiでYouTube
                       
                      ・メガとんトラック
                      メガとんトラック - 個人ニュースサイトURL収拾車 -
                       
                      という感じです。
                       
                      以前は代表サイトとして真っ先に挙げていた 「デジモノREVIEW」 は、
                      2004年9月という古い時期にサービス設計をしたこともあってか、残念ながら
                      現在としては軌道に乗らずに脱落しかけているという状態です。
                       
                      2006年4~5月に開始した 「メガとんトラック」「あまとも」 は、
                      まずまず順調に動いていて、安定してご利用いただいているという印象です。
                      2006年12月~2007年4月に開始した 「Wii-Tube」「コミックダッシュ!」
                      が今は一番ホットな状態になっています。
                       
                      こうしてみると、サービス構築についても経験が徐々に活かされているのか、
                      やはり 後発のほうが良い感じ になってきているのが自分でもわかります。
                      ご紹介したいサービスが半年でこれだけ変わってしまうというのも、
                      Webの世界の移り変わりの激しさを象徴するモノかもしれません。
                       
                      名刺1つ作るにしても、その時々でプッシュしたいものはどんどん入れ替わって
                      しまうワケで、それをリアルタイムに反映させていくのはなかなか大変です。
                      そういう意味では、名刺というメディアも電子化されていない オールドメディア
                      なのかと妙に納得してしまったりもします。電子メールのシグニチャ であれば
                      その都度どんどん書き換ていけるのですけどね(=゜ω゜)ゞ


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | ブログ | 2007/04/18 23:59


                       (2007/04/17 23:59)

                      FFXI も Xbox360 でプレイ - オールインワンパックXbox360版

                       カテゴリ : ゲーム タグ :

                      Xbox360を購入して以来、メインキューブPCに接続していた2
                      0.1インチUXGA液晶はすっかりXbox360に占有されています。
                       
                      というか、そもそもメインPCとはいいつつ、
                       
                       いまや通常の作業は全てノートに移りつつあり、
                       
                      据え置きPCなんてエンコードするときくらいしか電源を入れない、
                      という事情があって、だんだんとUXGA液晶が宝の持ち腐れになりつつ
                      あるのが実情でした。その意味ではXbox360に活用してもらったほうが
                      大画面も浮かばれるというモノでしょう。
                       
                      それに伴って、
                       
                       いままでPCでやっていた FFXI を Xbox360 でやれるように
                       
                      したらどうだろう? と思い立ち、衝動で買ってしまいました。
                      Xbox360版の「FFXIオールインワンパック2006」です。

                      HDDインストールが必須なタイプですので、コアシステムの方はご注意ください。
                      インストールすると、途中で「プレイオンラインのアカウントをお持ちの方」という
                      メニューが現れますので、そこで既に所持しているアカウントの情報を入れて
                      いけば、PCで使っていたアカウントをXbox360でもそのまま使用することができます。
                       
                      ところで、画面解像度のほうですが、1280x1024を指定すると、画面タイプを
                      4:3にしているにも関わらず、ウチのUXGAモニタではなぜか横長画面(上下が黒)
                      になってしまうという現象に遭遇しました。
                       
                      1024x768を指定するとちゃんと4:3の画面いっぱいに表示されますので、
                      今はその画面でプレイしています。

                      Get the Flash Player to see this player.


                      Get the Flash Player to see this player.


                      さて、実際にプレイしてみたところ、一番つまずいたのは、
                       
                       コントローラのキーアサインがわからん!!
                       
                      というしょうもないトラブルでした。もちろんこれは
                      FFXIの所為でもXbox360の所為でも何でもなく、いままで
                      PCに接続していたコントローラに自分で勝手に割り当てられていた
                      キーアサインに慣れてしまっていたのが原因なのですが、
                      リアルタイム性のあるゲームでこれは致命的です。
                       
                       敵が来てもフツーに逃げ遅れて死ぬ
                       
                      とか、かなり惨めな状態で、しばらく他人と一緒にプレイなんで
                      できそうにありません 。・゚・(ノД`)・゚・。
                       
                      まぁこれは単に慣れの問題ですので、慣れれば普通に楽しめるように
                      なるのは間違いないでしょう。ちなみにキーアサインはPS2と同じですので、
                      PS2でプレイしていた方であれば全然違和感なく楽しめるハズ、です。
                       
                      ちなみにUSBキーボードは接続したらすんなり認識しました。
                      このあたりはPCテクノロジがベースのXbox360ではとても安心です。


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/04/17 23:59


                       (2007/04/16 23:59)

                      コミックのレンタルサービス「コミかる」ってお買い得?

                       カテゴリ : 雑談 タグ :


                        ちょうど「コミックダッシュ!」を始めたこともあり、
                        コミックの話題にはつい目がいってしまう昨今なのですが。
                         
                        ・・・・べっ、べつにデジモノの話題が少ないなんて(ry
                         
                        ■【コミかる】 コミックレンタル - コミック“借りる”なら“コミかる”!!
                        http://www.ebookoff.co.jp/comical.jsp
                         
                        こんな コミックレンタルサービス が登録受付を開始していました。
                         
                        「コミかる」 はBook Offが運営する月額会員制のコミックレンタルサービスで、
                        レンタルしたコミックは 自宅まで無料で配達、返却も無料で取り来て
                        もらえたり、コンビニに返却したりできるのが大きな特長です。
                         
                        とはいうものの、よくよく読んでみると、気になる点のほうが
                        多く目に付いてきます。ちょっとざっとおさらいしてみましょう。
                         
                        まず、月額980円 の会費制サービスであるという点です。
                        1冊も借りなくても 月ごとに980円が掛かります。
                         
                        続いて、レンタル料金は別途掛かり、1冊あたり128円
                        そしてシリーズの 最新巻だけは1冊280円 が設定されています。
                         
                        また、これは大きなポイントなのですが、
                         
                         借りたいものが借りられるとは限りません。
                         
                        「コミかる」は、ウィッシュリストに読みたいコミックを登録しておくと、
                        その中から 在庫状況に応じて レンタルできるコミックを
                        「コミかる」のほうでアレンジして送ってきてくれます。
                         
                        ウイッシュリストに入れておけばいつかは届くのだとは思いますが、
                        それが今月なのか来月なのかわからないという状態です。在庫状況
                        によって 「順番待ち」 してくださいね、というポリシーです。
                         
                        要するに、「狙ったあのコミックを読みたい!」というような使い方よりは、
                        「暇つぶしに、何かコミックでもない?」 というような用途で
                        惰性で借り続けるような用途を想定していると思われます。
                         
                        そのウリ文句がこうなっているのですが、(サイト説明から抜粋)
                         

                         
                        「青年コミックを月に30冊」 という前提が、そもそもかなりヘビーです。
                         
                        で、それを「新品購入」「中古購入」と「レンタル」を比較するのですが、
                         
                         「購入」と「レンタル」の比較なのに、ガチで価格比較が
                         
                        されていて、「レンタルのほうが安いよ!」というのはちょっとどうでしょう・・・?
                         
                        「購入」をした場合は、それが古本であろうが何であろうが、一度買った本は
                        一生読めることが前提の価値商品 で、かたや「レンタル」は
                        ひと月経ったら返却しないといけない(また読みたくなったらお金が掛かる)
                        価値商品ですから、「買うより安い!」なんていうのはレンタルとしては
                        当然で、むしろ自分の生活スタイルの中で必要なコミック量をすべて勘案すると
                        これだけ安くなる、という考え方が必要になってくるはずです。
                         
                        で、その前提が「月に30冊」なのでありますが、前述したとおり、
                        月に30冊もコミックを購入するというのはもはや
                         
                         ハッキリ言って「猛者」であって、
                         
                        猛者は月に1.6万円使ってますよ!と言われてもピンと来ないところがあります。
                        そもそも「月30冊」の例ではその猛者にはなれない人に向かって
                        コミックに対して月額5,000円近い額を要求しているのでありますが、
                        5,000円というと、月に新刊10冊が買える計算になります。
                         
                        この月に新刊10冊買うというレベルでも十分なコミックマニアです。
                        ほとんどの人は1ヶ月に5,000円もコミックにお金を出したりしないでしょう。
                        そう考えると、上記の「買う」「レンタルする」の価格比較についても
                        ちょっと現実性が「うーん・・・」という感じに見えてしまいます。
                         
                        また、「コミかる」は月額会費制なのも重要なポイントで、
                        つまり1冊も借りない月もお金(980円)が掛かるのでありますが、
                        それがまたコミック2冊ぶんくらいという換算になります。
                         
                        普通の人はコミックなんて月に2冊も買えば十分という感じでしょうから、
                        基本料金だけでその金額が消えていくのは何ともいえません。
                        損益分岐点が「月に必ず5冊以上読む」みたいな状態になるワケです。
                        「コミかる」では、その5冊が「一番読みたい本」にはならないところも
                        勘案してみる必要があります。
                         
                        こうしていろいろ考えてみると、冊数ベースで計算して大量に消費すれば
                        「お得ですよ」といろいろ説明がついているものの、冷静に考えてみると
                        「一番読みたい本」から優先してお金を出すのではなくて、優先順位の
                        低い本にも積極的にお金を出させてしまう習慣を作るシステムという
                        感じがして、ちょっと心の中で「待った」が掛かる印象があります。
                         
                        もちろん、一概に需要がないという話ではなく。以前から漫画喫茶などに
                        入り浸っていたような方には、乗り換えを検討する余地はあるでしょう。ただ、
                         
                         「コミックを大量に読みふけるけど、コレクションはしない」
                         
                        という需要がどれだけあるのかという辺りがハッキリしない印象でした。
                        私自身は様子見です(´・ω・`)


                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (7) | トラックバック (4) | 雑談 | 2007/04/16 23:59


                         (2007/04/15 23:59)

                        コミックダッシュに作品別の掲示板 - YouTube、ニコニコ動画貼り付けも

                         カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


                          コミック管理、新刊チェックサービス「コミックダッシュ!」の
                          機能改造が続いています。本当にいろいろやりたいことが詰まっていて
                          どれから手をつけようか、あたふたしているような状況です。
                           
                          今回は 「シリーズ掲示板」の設置 を行いました。
                          お気づきの方もいらっしゃったかと思いますが、当初から各シリーズには
                          「シリーズ情報」「所有ユーザ」「掲示板」という3つのタブがあり、
                          その「掲示板」だけが準備中になっていたのですが、これを正式に実装して
                          使えるようにしたというのが今回の機能追加です。
                           
                          掲示板といっても、そんなにかしこまったお話を想定しているワケではなくて、
                          外部の情報とかを見つけたときに、URLなどをお気軽に貼れるようにと
                          いうのが一番の目的です。そのために3つのURL処理を入れています。
                           
                           1. http:// で始まるURLは自動的にリンクになります。
                           2. YouTube のリンクは自動的に再生オブジェクトに展開されます。
                           3. ニコニコ動画 のリンクは自動的にサムネイル表示に展開されます。
                           
                          Lingrなどでも採用されている、お馴染みの URL自動展開 です。
                          これはなかなか便利ですので皆さまもぜひお試しください。
                           
                          YouTubeの自動展開 はこんな感じ。
                           


                           
                          そして、ニコニコ動画の自動展開 はこんな感じです。
                           


                           
                          各作品について楽しく語り合うというのもモチロンwelcomeなのですが、
                          あまり肩ひじ張らずに URLをペタペタ貼っていく掲示板
                          していって楽しんで頂ければと思います。
                           
                          また、1つだけ「なんでも掲示板(仮)」という特別掲示板も設置しました。
                          コミックダッシュ!の機能についてのご意見や、そのほか雑談などは
                          ココに書き込んでいただければ幸いです。
                           
                          今後もコツコツと機能改良を続けていきますので、
                          コミックダッシュ! を宜しくお願いいたします。(=゜ω゜)ノ
                           


                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | コミックダッシュ! | 2007/04/15 23:59


                           (2007/04/14 13:41)

                          正式版で大幅に使いやすく - Wii「インターネットチャンネル」動作ムービー

                           カテゴリ : ゲーム タグ :

                          ■任天堂、Wii「インターネットチャンネル」正式サービス開始
                          6月まで無料で提供、その後は500Wiiポイントで販売
                          http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070412/wii.htm
                           
                          Wiiのインターネットチャンネルが
                           
                           「お試し版」から「正式サービス」に昇格しました。
                           
                          Operaも 「Opera/9.00」 から 「Opera/9.10」 にバージョンアップ。
                          ちなみに、UserAgent はこんな風になっています。
                           
                           (旧) Opera/9.00 (Nintendo Wii; U; ; 1309-9; ja)
                               ↓
                           (新) Opera/9.10 (Nintendo Wii; U; ; 1621; ja)
                           
                          全体的なイメージは旧版を受け継いでいるものの、細かな部分では
                          大幅な機能追加修正が行われています。
                           
                          何といっても、旧版では常に表示されていた
                           
                           メニューバーを非表示にすることができるように
                           
                          なりました。これで画面が広く使えることになります。メニューバー表示は、
                          (1) 常に表示する (2) 自動的に隠れる (3) 手動で切り替える
                          という3種類から選んで設定できます。私は(2)の自動モードで使っています。
                           
                          それから大きな変更としては、
                           
                           拡大縮小が多段階で自由に
                           
                          できるようになりました。今までは最小→最大の差が「2倍」までしか
                          なかったのですが、今度は細かく 21段階 ぶんのステップが用意され、
                          極限まで小さくしたり大きくしたりすることが可能です。
                           
                          旧版ではPC向けのWebサイトを見る際に横幅が合わず、すごく見づらかったのですが、
                          新版では、見るサイトの横幅にあわせて ピッタリの拡大縮小を行えば、
                          どんなサイトでもそれなりに見れてしまいます。これは大きなポイントです。
                           
                          ほかにも、検索ボタンがメニューにも追加(GoogleとYahoo!から選択可能)されたり、
                          十字キーでフツウにページスクロールができたり、Bボタンと別のボタンの組み合わせで
                          ショートカット機能がいくつか追加されたり、なかなか良い仕上がりになっています。
                           
                           
                          では、恒例の 動作ムービー を見てみましょう。
                           
                          Wii-Tube のページを上下スクロール、拡大縮小します。

                          Get the Flash Player to see this player.


                          従来どおりBボタンでのスクロールもできます。
                          その際、矢印がびにょーん と伸びるガイドが表示されるようになりました。
                          どのくらいの勢いでスクロールさせたいのかをこれで調整できます。
                           
                          続いて Wii-Tube で動画再生します。

                          Get the Flash Player to see this player.


                          旧版に合わせたサイズで表示しても今までどおり普通に観られるのですが、
                          せっかくですので 画面全体を使って表示 するモードも作ってみました。
                          ただ、流石にYouTubeの動画を画面一杯に拡大しても、むしろ粗が目立つだけですので、
                          今までどおりのサイズで観たほうが気持ちよく観られるかもしれません。
                           
                          あとちょっとわかりづらいのですが、重要なポイントとして、
                           
                           YouTubeの読み込みゲージがちゃんと表示されるようになった!
                           
                          という改善が見られます。YouTubeは一番下のバーで再生位置とともに
                          データの読み込みがドコまで完了しているかを示す赤いゲージが表示されるのは
                          ご存知だと思いますが、これが旧版ではなぜか表示されませんでした。
                           
                          ダウンロードが追いついていないことに気が付かず、動画再生が急に止まって
                          初めて気が付くというのはあまり気分の良いものではありませんでしたので、
                          このゲージが正しく表示されるようになっただけでも随分とイイ気分です。
                           
                           
                          最後におまけで、コミックダッシュ! を見てみましょう。

                          Get the Flash Player to see this player.


                          意外と普通に見られるのが驚きです。
                          これはコミックダッシュ!がそもそも大きめの画像で構成されたサイト
                          であることもあるのですが、新版Operaがサイトの横幅に合わせて簡単に
                          拡大縮小を合わせられることも大きいのではないかと思います。
                           
                          この「インターネットチャンネル」は 6月末まで無料 ダウンロード
                          となっていますので(7月以降は500円)、Wiiをお持ちの方はコレを機会に
                          ぜひインターネットチャンネルを体験してみてはいかがでしょうか。


                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (1) | ゲーム | 2007/04/14 13:41


                           (2007/04/13 07:39)

                          コミック管理&新刊チェックの「コミックダッシュ!」、着々と進化中です

                           カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


                            所有コミック管理や新刊チェックができるコミック好き向けサービス、
                            コミックダッシュ」をご利用頂きましてありがとうございます。
                             
                            βサービス開始から10日が経ちましたが、
                             
                             シリーズ登録 8,500種類、コミック登録 6.5万冊
                             そして延べ所有コミック登録数 21万冊
                             
                            という登録状況です。わずか10日で
                             
                             日本中のコミックというコミックが集まった、
                             
                            そんな印象さえ受けます。当初の想定を大きく超え、所有シリーズ数が
                            1,000を超える方まで登場するなど、その過熱ぶりは本当にスゴイものが
                            ありました。私もコミック好きを自称していたのですが、ここまですごい
                            方々が大勢いらっしゃると、さすがに勝てる気がしません(=´∇`=;)
                             
                             
                            そのコミックダッシュ!ですが、ここ数日でまた幾つかの機能が
                            ブラッシュアップされ、それなりにちゃんとしたサービスがご提供できる
                            ようになってきました。
                             
                            まず増えたのは ランキング機能 です。
                             
                            最近登録の多いシリーズ
                            評価ランキング
                            ユーザランキング
                             
                            という3つのランキングが見られるようになっています。
                             
                            ・最近登録の多いシリーズ


                             
                            ・評価ランキング


                             
                            ・ユーザランキング


                             
                             
                            それから、新刊の巡回チェック をようやくスタートしました。
                             


                             
                            今まではシリーズ登録時にチェックしたコミックが登録されていた
                            だけだったのですが、これからは毎日、新刊が登録されるたびに
                            各シリーズに自動的に加わる ようになり、みなさまの
                            新刊カレンダーにもそれが登場してくるようになります。
                             
                            チェック対象になるのは、3年以内に新刊が出ているシリーズとなり、
                            3年以上新刊が発売されていないシリーズはチェック対象外となります。
                            この巡回チェックでは、画像や発売日も変化があれば更新しています。
                            なお、新刊のグループ分けにはまだ誤判定が見られますが、
                            これから調整していきたいと思います。
                             
                             
                            続いて、著者名の部分にリンク が付きました。
                             


                             
                            クリックすると同じ著者名のシリーズ一覧が表示されます。
                            「作者買い」 される方にとっては、同じ作者のシリーズがすぐに探せるますので
                            便利かもしれません。ただし、著者名は「完全マッチ」しか判定できませんので、
                            苗字と名前の間に空白がある/ないの違いでヒットしなかったりと、
                            まだちょっと改良が必要なようです。
                             
                             
                            最後に、各ユーザの所有シリーズの表示に ページング が入りました。
                             


                             
                            このページ、200シリーズくらいなら何ともなかったのですが、
                            予想を超えて500シリーズとか1,000シリーズとか登録されるツワモノの方が
                            いらっしゃったため、ページを開くのに数十秒掛かる場合も出ていました。
                            今回から 300シリーズごと にページングされるようになります。
                             
                             
                            みなさまも是非、「コミックダッシュ!」で所有コミック管理、新刊チェックを
                            始めてみてください。コミック好きならきっと楽しめると思います。
                            今後ともよろしくおねがいいたします。( ・∀・)σ
                             


                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | コミックダッシュ! | 2007/04/13 07:39


                             (2007/04/12 23:13)

                            あまとも通信 - NIKON D40/D80ともに値下がり傾向

                             カテゴリ : あまとも タグ :


                              木曜日は「あまとも通信」( ・∀・)σ 今回は第27回です。
                               

                               
                               
                              ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
                               
                              「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週は、
                               
                               caprin さん、kanamono さん、kisakipc さん の3名様が、
                               1,000円のAmazonギフト券 当選です!
                               
                              おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
                              いただきましたので、メールをご確認ください。
                               
                              プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
                               
                               
                              ■今週の値下がりピックアップ
                               
                              今週はデジ一眼レフの老舗NIKONから、D40 と D80 を取り上げます。
                               
                               「NIKON D40 ボディ」 が 56,024円 → 52,000円 と、4,024円の値下がり、
                               「NIKON D80 レンズキット」 が 141,916円 → 129,800円 と、12,116円の値下がり、
                               
                              を記録しています。

                              理由は至極単純で、3/29にD40の後継である 「D40X」 が発売されたためです。
                              D40Xのボディは 73,800円。ちなみにD80もボディ単体は 99,800円 です。
                              D40Xが実質的にD40とD80の中間に位置してきて、D40/D80双方の価格に影響を
                              及ぼしているという形になっています。
                               
                              特にD40は、ボディだけで見ればモノによっては コンパクトデジカメ
                              よりもお手軽な価格 で手に入るレンジに入ってきていますので、
                              今まで一眼に手が出なかった方も、そろそろじっくり検討してみるのも
                              良いかもしれません。(=゜ω゜)
                               


                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | あまとも | 2007/04/12 23:13


                               (2007/04/10 23:59)

                              Xbox360のアナログ出力とVGA出力でどのくらい違うかというと・・・

                               カテゴリ : ゲーム タグ :

                              先日の記事でも少しだけ触れましたが、わたしは今、Xbox360 を、
                               
                               ・20インチアナログTV
                               ・PC用20.1インチUXGA液晶ディスプレイ
                               
                              の2種類のモニタに接続して利用しています。どちらに繋げるかは
                              その時々によりますが、通常はUXGA液晶 に繋げておいて、
                              ゲームのプレイ画面を録画したいときなどにはHDDレコーダに繋げて
                              アナログTVに出力するという形を取っていることが多いです。
                               
                              アナログTVへの出力は、HDDレコーダを噛ませています。
                              HDDレコーダまでは一応 S端子 で出力しているものの、
                              HDDレコーダからアナログTVへの間が通常の コンポネント コンポジット
                              端子ですので、S端子の意味はあまりありません。
                               
                              一方、UXGA液晶モニタのほうはというと、実はXbox360のVGA出力解像度は
                              最大1360x768 までしかなく、1600x1200 のUXGAネイティブな出力は
                              できません。そこで 1280x1024 で出力して、それを液晶モニタ側で自動拡大
                              表示するという手段を取っています。ここは妥協せざるを得ません。
                               
                              では、アナログ出力とVGA出力でどのくらい違うのかと言いますと、、、
                               
                              1年以上前に既に「めっつぉ」さんがレポートされていますので、
                              そちらをご覧ください。(ぶっちゃけ本来Xbox360の画像比較なんて、
                              1年以上前の話題なワケですよ・・・私が遅れているだけで・・・涙)
                               
                              ■Xbox360の映像をアナログテレビとフルHD液晶で比較
                              http://www.i-mezzo.net/log/2005/12/19000010.html
                               
                              アナログと比較すると 差は歴然 という感じになっています。
                               
                              私の自宅でのテストも概ね似たような感じになりました。
                              すでに大画面デジタルTVや大きめのPCモニタをお持ちの方は
                              迷わずそちらにつなげたほうが良いでしょう。
                               
                              ちなみに、この1年前のめっつぉさんの記事を読んで、その時は
                               
                               そりゃぁ綺麗な画面で遊べるに越したことはないけど、
                               それだけのために、また何万円の出費 をするのもなぁ・・・。
                               
                              という印象を持っていました。単純に「画質」という意味では
                              Xbox360を両方に繋げてみた現在でもそれほど印象は変わっていません。
                               
                               
                              ところがですね、 PGR3をアナログでプレイしている途中に
                              思わぬ場面に出くわしました。これ、ゲーム内の新車購入画面なのですが、
                               
                              ■PC用UXGA 20.1インチ液晶モニタ


                               
                              ■アナログ20インチTV


                               
                               
                              諸元表が読めません!w
                               
                               
                              ・・・・・えーと、「綺麗」「汚い」 という次元であれば私は
                              いくらでも妥協できるタイプなのでありますが、
                              「読める」「読めない」 というレベルはまた別です。
                               
                              つまりこの時点で察するに、Xbox360のソフト開発陣は、すでに、
                               
                               『 小さいアナログTVに繋げる人なんていないデショ? 』
                               
                              という暗黙の了解を以って画面構成を決めているのではないかという疑念が
                              浮かんできます。こうなってくると、Xbox360で ちゃんと遊ぶ には、
                              高解像度モニタが必須、ということになりかねません(´・ω・`)
                               
                              ただ、上のPGR3の例でいえば、諸元表というゲーム上、絶対に必要な部分とは
                              いえない部分だけの話なのかもしれません。他のゲームでどうなっているのか、
                              今後も注意深く見ていく必要があるでしょう。
                               
                              いずれにせよ大画面テレビをお持ちでない方は、できれば 別売りケーブル
                              PCモニタのほうに繋いだほうがXbox360ライフが幸せになれるような気がします。


                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (6) | トラックバック (2) | ゲーム | 2007/04/10 23:59


                               (2007/04/09 23:59)

                              コントローラに繋ぐタイプのXbox360用ミニキーボード

                               カテゴリ : ゲーム タグ :

                              ■Xbox LIVEのアップデートに合わせて、
                              キーボードを搭載したXbox 360 専用コントローラーがお目見え
                              http://www.famitsu.com/game/news/2007/04/09/103,1176116195,69890,0,0.html
                              ■Xbox 360 QWERTY親指キーボード 正式発表
                              http://japanese.engadget.com/2007/04/09/xbox-360-qwerty-thumb-keyboard/
                               
                              Xbox360 の周辺機器として正式に QWERTYキーボード が発表されました。
                               
                              元々Xbox360にはサードパーティのUSBキーボードを繋げることができ、
                              ワイヤレスのものもいろいろ動作が確認されているのですが、
                              これはひと味もふた味も違い、
                               
                               標準コントローラのグリップの間に収まるキーボード
                               
                              という形式を取っています。
                              タイピングは両手の親指で行う形が想定されています。
                               
                              次回5/7のXbox360アップデートでは、Windows Liveメッセンジャー
                              が搭載されることが決まっており、このキーボードはそれに合わせて
                              Xbox360からのIM接続を流行らせることを主な目的としているようです。
                              ただしこのキーボードの 発売は夏頃 とのこと。
                               
                              実際のところは使ってみないと何とも言えないのですが、
                              パッと見の印象では、
                               
                               英語圏のコミュニケーションならこれで十分なのかもなぁ・・・
                               
                              という感じです。このキーボードで日本語チャットするとしたら
                              かなーり参ってしまいそうな雰囲気があります。
                               
                              IMくらいだったらまだギリギリセーフかもしれませんが、
                               
                               FFXIの戦闘中にこのキーで指示とか出し合って
                               
                              いたらかなり泣けるかもしれません。
                               
                              価格も未定ですし、国内の発表もまだ行われていません。
                              発売されたらとりあえず ネタ扱いで 買ってみるのも良いかもしれません。


                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/04/09 23:59


                               (2007/04/08 23:59)

                              Xbox360 稼動 - とりあえず「PGR3」「アイマス」その他いろいろ

                               カテゴリ : ゲーム タグ :

                              クリックすると拡大画像を表示します。■2007/03/28 [Xbox360を買わせようったってそうは問屋さんが・・・あれ?]
                               
                              そういえば、
                               
                               Xbox360のことをすっかり忘れていましたが (えー)
                               
                              この週末にいろいろ試してみることができました。
                              ちなみに最初に購入したソフトは「PGR3」と「THE iDOLM@STER」の2本。
                              あのLingrチャットイベントで教わったとおり、
                               
                               アイマスの上にPGR3を乗せてそっと差し出す
                               
                              という心遣いをしたところ、
                               
                               「あの、すみません、このPGR3は 新品が売り切れてまして
                                中古でよろしければお探しいたしますが~・・・」
                               
                              という話になって、レジの店員さんが右往左往。
                              その間、アイマスがレジカウンターの上で羞恥プレイに
                              なっていたことは言うまでもありません。・゚・(ノД`)・゚・。
                               
                              ちなみに元祖PRG3の新品は、PGR3プラチナコレクションの中古に化けました。
                               
                              まずはPGR3をお試しプレイ、スタートです。

                              Get the Flash Player to see this player.


                              Get the Flash Player to see this player.


                              Wiiのときと違って、Xbox360のゲームは良くも悪くも、操作感から何から
                              すべて従来のゲーム機の延長という印象があります。純粋にゲームを
                              楽しむという意味でいえば、正統な進化系であるといえましょう。
                               
                              PGR3もなかなか楽しいです。内容はグランツーリスモそのものと
                              いった感じもありますが、やっぱりXbox360の表現力の地力もあってか
                              迫力があって良い感じです。
                               
                              ちなみに私は、
                               
                               ・20インチアナログTV
                               ・PC用20.1インチUXGA液晶ディスプレイ
                               
                              のどちらにもXbox360を繋げる環境にあるのですが、
                              やはりPC用ディスプレイに繋げたときのほうが高精細な画像が楽しめます。
                               
                              そのほかにもアイマス、メディアプレイヤー、XboxLive、とひととおり
                              試しては見たのですが、細かいレポートはまたおいおいすることにしましょう。


                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2007/04/08 23:59


                               (2007/04/06 23:59)

                              コミックダッシュ!機能追加 - 「星評価・コメント」入力と「関連コミック表示」

                               カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


                                ■2007/02/25 [Amazonのコミックス巻数表記 - シリーズ(連番)で捉えろ!]
                                ■2007/04/01 [所有コミック管理と新刊チェック、「コミックダッシュ!」お試し版のサービス開始]
                                ■2007/04/03 [コミックダッシュ! 試験サービス中 - ご利用ありがとうございます。]
                                ■2007/04/04 [コミックダッシュ! に「新刊カレンダー」を追加しました]
                                 
                                所有コミック管理や新刊チェックができるコミック好き向けサービス、
                                コミックダッシュ」をご利用頂きましてありがとうございます。
                                 
                                まだβサービス開始から5日しか経っていないのですが、既に、
                                 
                                 シリーズ登録 6千種類、コミック登録 5万冊
                                 そして延べ所有コミック登録数 14万冊
                                 
                                というキョーレツな状態になっています。
                                 
                                 ヒトのコト言えないけど、みんなイッちゃってるな!!
                                 
                                1,000冊以上 所持している方も 36名 いらっしゃいました。
                                近日中に ランキング がはじまりますのでお楽しみに。
                                 
                                さて、途中からさりげなく「単巻モノ」の登録ができるようになっていたりと、
                                日々おかしなところを直しながら改良を続けている毎日ですが、
                                本日ちょっと派手めな改良を2つ追加しました。
                                 
                                 ・星評価・コメント入力機能の追加
                                 ・関連コミック表示
                                 
                                です。
                                 


                                 
                                星評価とコメント入力は、星1~5までの評価と全角50文字までの
                                コメントを入力できる機能です。各シリーズの所有登録をすると、
                                シリーズ表示ページの基本情報のすぐ下に入力欄が現れます。
                                 

                                 
                                ここで入力した星評価やコメントは所有ユーザ一覧にも表示されますし、
                                自分の所有コミック一覧にも表示されます。想い入れのあるコミックに
                                対する熱い想いをぜひお聞かせください。
                                 
                                なお所有ユーザ一覧では、評価、コメントを入力したユーザは
                                通常の所有ユーザとは線引きされて一段上の欄にまとめて表示されます。
                                 
                                もう1つの「関連コミック表示」ですが、
                                 
                                 「このシリーズを持っている人は、こんなシリーズも持っています」
                                 
                                というアレです。算出ロジックはデジ埋特製スペシャルです(?)
                                 
                                あまりにもメジャーすぎるコミックではこれといった傾向が出ないのですが、
                                所有ユーザが10~20くらいの中堅どころ のコミックでは
                                なかなかそれらしいオススメを表示してくれます。
                                 
                                まだまだいじるトコロには事欠かなくて忙しくなりそうですが、
                                自分も含めてコミック好きな方々が あちこち見て回るだけで
                                シアワセな気分になれるような サービスを目指して頑張ります。( ・∀・)σ
                                 


                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | コミックダッシュ! | 2007/04/06 23:59


                                 (2007/04/05 23:59)

                                あまとも通信 - SDカードももはや 1GB、2GB はこんなお値段

                                 カテゴリ : あまとも タグ :


                                  木曜日は「あまとも通信」( ・∀・)σ 今回は第26回です。
                                   
                                  ちょっと「コミックダッシュ」のほうにつきっきりになっている最近ですが、
                                  こんなときこそ(?)「あまとも」も負けずにいきましょう。
                                   

                                   
                                   
                                  ■Amazonギフト券プレゼントの当選者発表
                                   
                                  「あまとも」のAmazonギフト券プレゼント - 当選者発表! 今週は、
                                   
                                   wgr780 さん、BYM03776 さん、tada さん の3名様が、
                                   1,000円のAmazonギフト券 当選です!
                                   
                                  おめとうございま~す!!! ギフト券は即日お送りさせて
                                  いただきましたので、メールをご確認ください。
                                   
                                  プレゼントのチャレンジ条件は、ウォッチリストに商品3個以上 ですよ!
                                   
                                   
                                  ■今週の値下がりピックアップ
                                   
                                  今週は久しぶりに SDカード いってみましょう。
                                  といっても、大容量のSDHCカードのほうではありません。
                                   
                                   Transcend の 1GB SDカード「TS1GSDC」が 1,620円
                                   ハギワラシスコム の 1GB SDカード「HPC-SD1GT」が 1,890円
                                   
                                  という、なんだかフラッシュメモリもココまで来るとちょっと
                                  同情したくなるような価格になっています。腐ってもギガなのに。。。

                                  読み書きのスピードについては期待できない廉価シリーズのほうですが、
                                  「ちょっとデジカメのメモリを大容量にしておこうかな」
                                  程度の需要には十分応えられるでしょう。
                                   
                                  せっかくだから、同シリーズの2GBも見ておきましょう。
                                   
                                   Transcend の 2GB SDカード「TS2GSDC」が 3,120円
                                   ハギワラシスコム の 2GB SDカード「HPC-SD2GT」が 2,980円
                                   
                                  ・・・君らもうちょっとやる気だしんしゃい (;´Д`)

                                  デジカメの画素戦争が収束してしまった昨今、4GBだ! 8GBだ!
                                  大容量を追い求め続けるのは動画撮影をする方だけになってしまいました。
                                  1GB~2GBがこのお値段で手に入るとなると、いずれ デジカメの内蔵メモリ
                                  が1GBくらいになる日も近いかもしれませんね。
                                   
                                  今後ともあまともをよろしくお願いいたします ヽ(´ー`)ノ


                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | あまとも | 2007/04/05 23:59


                                   (2007/04/04 23:59)

                                  コミックダッシュ! に「新刊カレンダー」を追加しました

                                   カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


                                    ■2007/02/25 [Amazonのコミックス巻数表記 - シリーズ(連番)で捉えろ!]
                                    ■2007/04/01 [所有コミック管理と新刊チェック、「コミックダッシュ!」お試し版のサービス開始]
                                    ■2007/04/03 [コミックダッシュ! 試験サービス中 - ご利用ありがとうございます。]
                                     


                                     
                                    所有コミック管理や新刊チェックができるコミック好き向けサービス、
                                    「コミックダッシュ」をご利用頂きましてありがとうございます。
                                     
                                    昨日、すでに1,000冊以上を登録された方が11名いらっしゃるという
                                    お話をしましたが、
                                     
                                     3日目にしてすでにその倍の 22人 が1,000冊以上に
                                     
                                    達するという想像以上の加熱ぶりが見られています。(;゚∀゚)
                                     
                                    私自身も大のコミック好きなのですが、確かに、なぜか登録自体が
                                    とても楽しいのです。やっぱりAmazonの表紙データが効いていて、
                                    眺めるだけで楽しいという気分になれるからでしょうか。
                                     
                                    さて、お待たせをいたしました。コミックダッシュの本来の目的の1つである、
                                     
                                     ユーザごとの新刊カレンダー表示が開始されました。
                                     


                                     
                                    各ユーザの所有コミックを表示した状態では上のタブが
                                    「プロフィール」「所有コミック」「新刊カレンダー」
                                    の3つになっていると思いますが、この「新刊カレンダー」を選択すると、
                                    各ユーザが所有しているコミックを判別して、その続編の発売日だけを
                                    表示してくれるようになります。これをうまく活用すれば、
                                    集めているコミックの新刊を買い逃す危険を避けらるでしょう。
                                     
                                    ほかにもいくつかご要望を頂いている機能や、私自身が当初から実装を
                                    予定していた機能がいくつかありますので、これから徐々に実装していく
                                    予定です。今後ともよろしくおねがいいたします ヽ(´ー`)ノ


                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (3) | トラックバック (1) | コミックダッシュ! | 2007/04/04 23:59


                                     (2007/04/03 23:59)

                                    コミックダッシュ! 試験サービス中 - ご利用ありがとうございます。

                                     カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


                                      一昨日 4/2 から試験サービスを開始いたしました「コミックダッシュ!
                                      ですが、既に 想像以上の反響 を頂き戸惑うほどになっております。
                                      ご利用頂いている皆さまには心より御礼申し上げます。
                                       

                                       
                                      ・・・というかですね、
                                       
                                       わたし、コミックを甘く見てました (;´Д`)
                                       
                                      正直言って、私は私自身の 「コミック狂」度 にはちょっと自信が
                                      あったのです。このサービスを始めてみても、まず自分自身が一番の
                                      ヘビーユーザになって率先してコミックを登録していくのだろうなぁ、
                                      と何となく想像をしていたところがあったのです。・・・あったのですが、
                                       
                                      予想は嬉しい意味で裏切られました。
                                      私なんか相手にならないようなヘビーな方々がこんなにいらっしゃるとは!
                                       
                                      そしてコミックダッシュ!のトップページをリロードするたびに
                                      新しい見たこともないシリーズが次々と加わっていく様子を目の当たりにして、
                                      私はコミック界のほとんどを知っていた気になっていて実は
                                      全然知らないことが沢山あるのだということを思い知らされたのです。
                                       
                                      というか、おかげで買いたいコミックがどんどん増えて、
                                      私がAmazonでまとめ買い注文をする日々です(´・_・`)
                                       

                                       
                                      サービス開始からわずか2日で、利用登録者は217人、
                                      登録コミックシリーズ数が 2,469、コミック数は 26,249冊 を数えます。
                                      ユーザの延べ所有コミック数が 55,628冊、そして、その中には、
                                       
                                       所持コミック数1,000を超えるユーザが既に11人も
                                       
                                      存在します。
                                       
                                       bolt さん 4139冊
                                       txd890 さん 2609冊
                                       gotton さん 2489冊
                                       hiroya-murata さん 1975冊
                                       donadona さん 1932冊
                                       awoi さん 1547冊
                                       rakka さん 1522冊
                                       ckom さん 1421冊
                                       tanso228 さん 1315冊
                                       ysd83 さん 1094冊
                                       ysnra さん 1005冊
                                       
                                      あ、私も入ってますね・・・。それにしても開始2日で2,000冊を超える
                                      方までいらっしゃるとは・・・素晴らしい限りです。惚れ惚れします。
                                       
                                      所有コミックを登録していくだけでもいろいろな人と繋がって
                                      楽しいですので、みなさまもぜひ「コミックダッシュ!」に参加してみてください(・▽・)ノ
                                      よろしくおねがいいたします。


                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (2) | コミックダッシュ! | 2007/04/03 23:59


                                       (2007/04/02 23:59)

                                      デジ埋2007年3月のpv上位リスト、と Xacti 暗所テスト

                                       カテゴリ : ブログ タグ :

                                      2007年3月の「個別記事ページ、PVダービー」です。
                                      個別記事へのアクセスの多さは、ほとんどの場合、有名な外部サイト様から
                                      リンクを頂けたことを意味しています。その旨深く御礼申し上げます。
                                       
                                      3月も飛びぬけたアクセスの記事はなく、全般的に落ち着いた月に
                                      なりました。最近ほとんどコラムを書けなくてスミマセン(´・ω・`)
                                       
                                       「コラム」に充てていた時間が「プログラム」に回って
                                       
                                      いるというのが最近の実情です。その甲斐もあって、3/17には「lingr text」、
                                      そして先日4/1には「コミックダッシュ!」をお披露目にこぎつけました。
                                       
                                      さてそんな中、3月は主にLingrとXactiの記事が目立ったひと月でした。
                                      Xacti HD2の評価については、私自身は概ね満足しているのですが、
                                      それでも筐体サイズがやっぱりちょっとかさばるため、
                                      C6との使い分けをしている状態です。
                                       
                                      HD1やHD1Aとの比較で暗所性能の改善が話題になっていますが、
                                      実のところを言いますと私は「HD1A」は持っていないため、
                                       
                                       HD1→HD2という「一世代飛び」の比較しか
                                       
                                      できていないというのが正直なトコロです。折角ですので、
                                      HD1とHD2のランプモードも加えて暗がり撮影を比較してみましょう。
                                      あくまでHD1はHD1Aでないことにはご注意ください。
                                       


                                      Xacti HD2Xacti HD1
                                      AUTO
                                      xacti_hd2_sd_auto_2.mp4

                                      xacti_hd1_sd_auto_2.mp4
                                      ランプ
                                      xacti_hd2_sd_lamp_2.mp4

                                      xacti_hd1_sd_lamp_2.mp4
                                      High
                                      Sensitivity

                                      xacti_hd2_sd_hs_2.mp4


                                       
                                      これは「ちょっと暗がりだけど人間の目なら普通に見える場所」という
                                      シーンを想定した撮影です。静止画では判りづらいのですが、動画のほうを
                                      ご覧頂くと、この程度の暗さでは HD2ではAUTO以上のモードは
                                      ほとんど必要ない (というかむしろ邪魔)になっていることが判ります。
                                      ランプモードもHSモードも、不必要に感度を上げてノイズを増やしてしまって
                                      いる状態で、AUTOが一番キレイという状態です。ランプモードやHSが必要になるのは
                                      おそらく「夜景」と呼べるレベルまで暗いときだけでしょう。
                                       
                                      一方HD1はAUTOではかなりつらく、ランプモードでようやく良い絵が
                                      撮れました。HD1のランプモードの絵は、明るさからいうとHD2のAUTOに遠く
                                      及ばないようにも見えますが、実際に動画を見ると、その印象は少し違います。
                                       
                                      HD2のAUTOはハッキリ明るいぶん、ノイズもかなりちらつく印象があるのですが、
                                      HD1のランプモードは、暗めのぶんだけノイズが目立ちにくい (?)
                                      絵作りに(偶然かもしれませんが)なっているという印象なのです。
                                       
                                      もちろんこれはこのシーンに限った話かもしれませんし、このシーンだけでは
                                      一概にどうにも言ええないのですが、少なくともHD1でもランプモードを使うと
                                      AUTOではダメだった絵を ある程度持ち直させることができるという例にはなりそうです。
                                       
                                      今月もマッタリ更新していきますので、宜しくお願いいたします(・▽・)ノ
                                       
                                      今回前回pv日付エントリ
                                      1.-45432007/02/28迷いに迷ったものの、結局 Xacti HD2 を予約完了!
                                      2.-33842007/01/08成功は振り返って語るもの - 「PS3が圧勝した世界」という思考実験
                                      3.-31172006/07/16雷による瞬断で BiBio wGate と RD-H1 がご臨終?!
                                      4.-30792006/05/15RD-H1 で初(?)の録画失敗が発生、さらには異音も!
                                      5.-25982007/03/11Xacti HD2、HD1、C6、CG6 撮影比較 - 暗所でもHD2はそれなりに健闘中?
                                      6.-25612007/03/04サンコーのWiiリモコン充電池、完成度はもうちょい?
                                      7.-25612005/11/09iPod向け動画変換は「携帯動画変換君」で万事解決か!!
                                      8.-25032007/03/14Wiiリモコン充電スタンドあれこれ - もうちょっと待ったほうがいい?
                                      9.-23252005/05/03「ウォークマンがiPodを逆転?!」の数字はこうして作られる
                                      10.-17572007/03/07iPod nano対抗の新ウォークマン「NW-A800」シリーズは大画面と動画で勝負
                                      11.-17142007/03/12Xacti HD2 vs HD1 - HDモードによる暗所撮影比較
                                      12.-16882007/01/07自分のページにお手製の Flash Movie (FLV) を貼り付ける方法
                                      13.-16702007/03/18ログが残るチャット「Lingr」 - チャットログにPermalinkが付いた意味
                                      14.-15182006/11/18SANYO Xacti DMX-CG6 が到着! - 早速恒例の写真館からどうぞ!
                                      15.-14442007/03/13Xacti新機種のウワサは本当だった - H.264を引っさげて「CG65」が登場
                                      16.-14182006/11/19Xacti CG6 で試し撮り - 結局、給電撮影はナシ? ナシ!?
                                      17.-13992005/09/21国内初(?)の4GB SDカードを試すも、いきなり大ピンチ!
                                      18.-13612006/12/24Wiiの画面に合わせたYouTube閲覧サービス「Wii-Tube」を作ってみる(動画あり)
                                      19.-13002004/10/10A-DATAの1GB SDカード、実力テスト(1)
                                      20.-12762006/11/20Xacti CG6 暗所性能テスト - HD1、C6、CG6 で室内撮影を比較
                                      21.-12382007/03/05サンコーのWiiリモコン充電池、ゲーム中にも問題が?!
                                      22.-12262007/03/24オープンWebチャット「Lingr」のコト始め (ビギナー編)
                                      23.-12202007/01/31COWON新型動画プレイヤー「D2」登場も、気になるのは「A3」と「Q5」?
                                      24.-12152007/03/17梅田さんLingrチャットイベント無事終了! - Lingrログを軽く読む「lingr text」
                                      25.-11562007/03/03Wiiリモコンで大破した Let's note R4 がわずか3日で修理完了!!
                                      26.-11512007/03/09Xacti HD2 が到着! まずは恒例の写真館からいってみましょう!
                                      27.-11422007/03/01あまとも通信 - Yahoo! Internet Gudie掲載ほか
                                      28.-11172007/02/25Amazonのコミックス巻数表記 - シリーズ(連番)で捉えろ!
                                      29.-10982007/03/20Wiiのゲームを物色中 - しかしそろそろ気になるのは実は・・・
                                      30.-10552007/03/08あまとも通信 - EXILIM V7の登場でS770が暴落中
                                      参考
                                      72015
                                      トップページ
                                      参考
                                      290385
                                      月間PV合計


                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2007/04/02 23:59


                                       (2007/04/01 23:59)

                                      所有コミック管理と新刊チェック、「コミックダッシュ!」お試し版のサービス開始

                                       カテゴリ : コミックダッシュ! タグ :


                                        「あまとも」のリリース(2006年5月)から10ヶ月が経ちましたが、
                                        実は年明け頃から徐々に 「もう1つのあまとも」 の準備を始めていました。
                                         
                                        ■2007/02/25 [Amazonのコミックス巻数表記 - シリーズ(連番)で捉えろ!]
                                         
                                        2/25のコラムでちょっとだけご紹介をいたしました
                                        「バラバラの表記になっているコミックスを連番で並び替える」
                                        という機能も、実はそのために試行錯誤していたモノです。
                                         
                                        できるだけ早くお披露目をしたかったのですが、その合間になぜか
                                         
                                         Lingrに夢中になってしまって(ぉぃ)
                                         
                                        lingr textなんて作っていたものですから、随分と遅れてしまいました。
                                        今週末にようやく基礎部分だけが形になってきましたので、
                                        「お試しβ版」 としてご紹介したいと思います。
                                         
                                         
                                        ■コミックダッシュ! - 集めているコミックの新刊をオートマチェック!
                                        http://c-kom.homeip.net/comicdash/
                                         

                                         
                                        「コミックダッシュ」は、私を含む全てのコミック好きに捧げる
                                        コミック管理サービス(になる予定)です。使い方はカンタン、
                                         
                                         1、所有しているコミックにチェック を入れていく
                                          → 所有コミックリストの管理
                                         
                                         2、所有コミックリストから、新刊発売カレンダー が自動生成される
                                          → 新刊を買い逃さない
                                         
                                         3、同じコミックを持っている人が「○○users」で表示される
                                          → コミックを通じたソーシャルリンク を形成
                                         
                                        という感じです。実は現時点ではまだ肝心の新刊発売カレンダーの生成が
                                        できていないのですが、近日中に表示を開始したいと思います。
                                         
                                        コミック大好きな方は
                                         
                                         所有コミックが数千冊たまっていて収拾が付かない
                                         
                                        という方も多いでしょうから、コミックの整理ツールとしてだけでも
                                        使えるかもしれません。後々は所有コミックリストをcsvで吐き出すような
                                        形で蔵書管理にも使えるようにしたいと考えています。
                                         
                                        コミックに絞ったことによる特長ですが、上でご紹介したコラム記事でも
                                        お話したとおり、
                                         
                                         所有コミックを見れば、連番の次の新刊も買うだろう
                                         
                                        という 「シリーズ管理」 ができるところに着目して、
                                        コミックを「シリーズ」で捉えることがキーポイントになっています。
                                         
                                        ではちょっと画面のほうをご紹介しましょう。
                                         
                                        登録済みのシリーズたち。
                                        「コミックダッシュ」では極力、表紙画像を前面に出しています。
                                         

                                         
                                        「シリーズ」の中では、巻数表記を捉えて、連番で表示してくれます。
                                        同じシリーズを持っている人は、○○usersというリンクでつながります。
                                         

                                         
                                        所有コミックリスト。簡単にコミックの蔵書管理ができるようになります。
                                        いずれはこの情報を元に、新刊発売情報を教えてくれるようになります。
                                         

                                         
                                        なお、ユーザID管理は「あまとも」と共通ですので、「あまとも」に
                                        登録されている方はそのままのIDで「コミックダッシュ!」も使える
                                        ようになります。逆に、「コミックダッシュ!」で新規ユーザ登録した方も、
                                        「あまとも」が使えるようになります。
                                         
                                        まだプライベートモードがなかったり、いろいろとツメをしていく前の
                                        お試しβ版状態ではありますが、まずはその雰囲気を楽しんでください。
                                        とりあえずはいろいろとお試しいただけますと幸いです。
                                         
                                        今後とも 「コミックダッシュ!」 を宜しくお願いいたします(・▽・)ノ


                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (4) | トラックバック (5) | コミックダッシュ! | 2007/04/01 23:59

                                        « 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »

                                         
                                        デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks