Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2006/10/23 23:59 - 2006/10/23

大容量RAID-NASを買うならBUFFALO? Logitec? それともIO-DATA?

カテゴリ : デジモノ タグ :

    ■元麻布春男の週刊PCホットライン■
    アイ・オーのNAS「LANDISK Tera」を試す
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1023/hot453.htm
     
    IO-DATAのTeraStation対抗機「LANDISK Tera」のレポートが載っています。
    この手の市場も、最初にBUFFALOから「TeraStation」が出た頃には、
     
     何かしら異常な使い方をするマニア向け
     
    という印象が強かったのですが、ここへ来てLogitec、IO-DATAと
    対抗機が登場して、ようやくこの分野がPCマニアの間で一般的に
    なってきたと言えるかもしれません。
     
    NAS市場は、一般人がビデオデータを扱えるようになってから
    大容量化 をひた走ることも、また同時にクラッシュ時に失うデータも
    インパクトが大きくなることから 冗長化 が必須項目になることも、
    いずれも一部のマニアの動向が指し示していた未来そのものです。
     
    私も長い間、このブログなどで、
     
    「HDDなんて簡単に壊れるものだ。だから全てRAID化されるべきだ」
     
    と主張してきましたが、世間一般の認識も徐々にその状態に
    近づいてきているのかもしれません。
    更に言うと、RAIDだけでも不安なのではありますが・・・。(´ω`)
    (RAIDは ソフトクラッシュには無防備 です。間違ってrmしたりとか。)
     
    さて、その「LANDISK Tera」は既に9月から発売されていますが、
    Amazonですと、1TBの「HDL-GT1.0」は9万円程度
    2TBの「HDL-GT2.0」は20万円程度と、同容量でそれぞれ7万円、12万円程度の
    TeraStationとはかなり開きがあります。TeraStationは新機種登場の前で
    暴落中ですので、価格を直接比べるのは酷かもしれませんが、
    それでもやっぱりLANDISK Teraにはちょっと割高感があります。
     
    他にはないLANDISK Teraの特長として、
     
     ホットスワップ対応(電源ONのままディスク交換可能)
     
    であることが挙げられます。これは1つ大きな武器にはなります。
     
    IO-DATAの 「LANDISK Tera」、Logitecの 「TERAGATE」
    そしてBUFFALOの 「TeraStation」 とその次機種(12月予定)と、
    どれを買うか迷ってしまう日々は、まだまだ続きそうです。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2006/10/23 23:59


    « ビデオテープを整理する「苦行」 - メディア交換から脱却するために

    トップに戻る

    DS Lite用充電グッズいろいろ。iPod並の周辺機器が揃う日も近い? »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks