Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2006/10/20 23:59 - 2006/10/20

お別れ間際に、長年(?)お世話になった RD-H1 を分解してみる

カテゴリ : レコーダ タグ :

■2006/10/16 [PC・サーバ ”大整理” 計画(4) おまけ - 後日残った余剰パーツたち]
 
というワケで、雷に打たれて録画ができなくなった RD-H1 ですが、
譲渡先に搬送される前に、
 
 後学のために(?)フタを開けてみることに
 
しました。
 
クリックすると拡大画像を表示します。RD-H1を分解するには、側面のネジ4本と背面のネジ3本を取り外して、
カバーを両サイドから多少強引に外向きに開きながら上方にスライド
させていきます。カバーの後ろ側が上に浮いてきたら、今度はカバーを
後方に引っ張ると、前方のカバー上部の引っかかりが抜けて、
全体のカバーがパカッと外れていきます。
 
中身を見ると、ウワサには聞いていましたが、
 
 ウソのような スカスカ 具合です。
 
もともと厚みが非常にコンパクトなRD-H1ですが、それでも半分くらいしか
空間が埋まっていません。安く作れる理由がここにあります。
じゃあもっとコンパクトにしてよ!という意見もあるかと思いますが、
これ以上小型化はできないのは、おそらく
 
 「背面のIN/OUTコネクタの面積」 を作り出す必要があるため
 
でしょう。「小型化したから出力は1系統になりました」では本末転倒ですし。
 
クリックすると拡大画像を表示します。中に埋まっていたHDDは Seagate製 でした。Maxtor製の場合もあるそうです。
ご存知の通り今は Seagate が Maxtor を買収し、Seagate=高品質、
Maxtor=廉価版、というブランドの使い分けができていますが、
RD-H1が発売されたのは買収よりはるか前ですので、その意味では別に
どちらが載っていてもそれほど気にすることでもなさそうです。
 
さて、カバーを開けながら動作させてみると、HDDにアクセスしているところで
HDD内で 「カタッ、カタッ」 と妙な音がしてアクセス不能になっているのが
判ります。雷によるショックが引き金とはいえ、故障の根本原因は基盤系よりも
HDDのメカニカルな部分にありそうな予感です。
 
ちなみに、RD-H1は 「HDD換装可能機種」 らしく、同容量のHDDを繋げ替えると
動作するとの報告があちこちで聞かれています。このRD-H1もそうした形で
復活できるのかもしれません。(もう譲渡は決まっていますが・・・)
 
■BooLog 1.0「RD-H1の修理」
http://madboo.jugem.cc/?eid=997
 
ただしHDD容量については基盤側のプログラムに記憶されているため、
250GB以上のHDDに載せ換えても 250GBまでしか 使えないそうですのでご注意を。
 
私としてはRD-H1の抜けた穴をどうするかが問題ですが、爆安のRD-H2を買うか、
それとも希少価値の出始めているアナ×アナを搭載したRD-X6の在庫を探すか、
迷いに迷っているところです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | レコーダ | | 2006/10/20 23:59


« あまとも通信 - SIGNEOやCreativeの1GBプレイヤーがナナキュッパ!?

トップに戻る

前触れもなく出現する ”ワロスケーブル” »


▼ 関連記事 ▼


▼ このブログの新着記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks