Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2006/08/29 23:59 - 2006/08/29

スパムでパケパクを振り切った! - Gmailを使ってスパムフィルタ

カテゴリ : 雑談 タグ :

    最近、メールのスパム が相変わらずスゴイ数(100~200通/日)に
    なっているのですが、私はスパムの動向も知りたいと思って
    今までは全てのスパムを普通に受信しつつ手動で振り分けていました。
     
    届いたメールはすべて ケータイにも転送 していますが、
    こちらも手の空いたときにポチポチと手で削除していたのです。
     
    ところが、先月ついに、
     
     FOMAのパケパク30の料金を振り切って
     
    月額請求が 10,000円 をオーバーしてしまったではありませんか!
    今まで全て、基本料と合わせて6,000円程度の定額の中に納まっていただけに、
    この急増は明らかに 「スパム受信代」 で跳ね上がっているモノです。
    こうなるとさすがにスパムを許容できなくなってきました。
     
    そこでまた実験がてら、自前のフィルタを作ろうと思っていたのですが、
    なかなか手がつけられず、そんな合間にもスパムはどんどん振ってくるという
    状況に耐えかねて、以前コメントで教えていただいた
     
     Gmailを使ったスパムフィルタリング方法
     
    というのを試してみることにしました。
     
    ■Gmailをスパムフィルタとして活用してみる
    http://www.banana21.com/blog/archives/0501070139.html
     
    ■Gmail の POP で spam を受信しない方法
    http://homepage.mac.com/travellers/blog/C1152805016/E1714621136/index.html
     
    方法は簡単で、届いたメールをISPのメール転送設定で全てGmailアカウントに送り、
    Gmail側で -in:spam というキーワードのフィルタを作ってあげればOKです。
    これでスパム判定されたメールは自動的に
     
     「迷惑メール」フォルダではなく「ゴミ箱」に直行となり、
     
    GmailのPOP対象から外れてくれます。この状態でGmailからPOPすれば
    フィルタを通過したメールだけ受信できるというワケです。
    詳しい設定方法につきましては上記のサイトをご覧ください。
     
    私は自宅で emacs + mew を使っている関係で、GmailからのPOPがssl接続のみ
    だったことにちょっと手を焼きましたが、stunnel というツールを使えばmewでも
    sslでPOPできることがわかり、GmailをメインにしたPOP環境が出来上がりました。
     
    感覚としては、迷惑メールすり抜け率は5%くらいでしょうか。一日100通以上
    のスパムを受けていたのが、4~5通で済むように なりましたので、
    お手軽無料設定で得られる効果としてはかなり満足度高いです( ・∀・)σ

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2006/08/29 23:59


    « コンセントに挟むだけでお手軽雷サージ対策 - TAP-SP1

    トップに戻る

    あまとものプロフィールアイコン設定、ブログURL設定 »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks