Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2006/07/11 23:59 - 2006/07/11

ZEN V は発売中も期待の PLUS は発売日未定。有機ELの視認性は?

カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

■週刊デバイスバイキング「低価格/高機能の有機EL搭載“ZEN”」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060707/dev156.htm
 
以前も注目の携プレとしてご紹介したCreativeの「ZEN V」ですが、
impressでもレビューが上がっています。
 
先週のアクセスランキングでも2位と注目度も高い。
 
と、Creativeとしては近年にない注目を集めているようです。私自身も、
 
 Creativeというと「アメリカナイズなモッサリ型」?
 
という印象のほうが強く(でもシンガポールですが)、最近では
Zen Nano Plusくらいしかそそられる機種が無かったのですが、
そんな私でも、この「ZEN V」および「ZEN V PLUS」には
素直に注目しています。「ZEN V」の魅力は何といっても、
 
 7ラインの1.5インチカラーディスプレイ
 
です。
 
さて、上記記事で気になる点と言えば、
転送ソフトとしては Windows Media Player 10、もしくは
Outlook連係機能などを備えた「ZEN V メディアエクスプローラ」
を利用する。また、MTPデバイスとしてWindowsから転送ソフト
無しで認識され、データ転送も可能だが、USBストレージクラス
での転送には非対応

という部分です。・・・、まぁ、WMPを 転送ゲートウェイ だと
割り切ればそれほど気になるものではないかもしれませんが、
使い方にはクセがありそうです。
 
ちなみに現在は動画・FM機能のない「ZEN V」だけが発売中、
その「ZEN V」は2GBまでのモデルとなっています。
本命と目される動画・FM付き、4GBも用意される「ZEN V PLUS」は
いまだ発売日未定ということで、発売日の決定が切望されるトコロです。
 
最近私は Samsung YP-F2、iRiver N12 と立て続けに小型携プレを使って
きましたが、いずれも一長一短といったところです。N12はYP-F2より若干
大きい代わりに、2GBの容量が手に入るのが魅力ですが、実際に試してみると
 
 「有機ELディスプレイが昼間の屋外でほとんど見えない!」
 
という思わぬ弱点にも遭遇しました(´・ω・`) 一方のYP-F2は液晶ですので
そうした問題は発生しません。うーむ、YP-F2に2GBモデルがあれば・・・。
 
ZEN V の 有機ELの視認性 はどうなのでしょうね。ちょっと気になるところです。




CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 携プレMP3 | | 2006/07/11 23:59


« あまともに新機能 - メール通知とサイドバー用パーツが加わりました!

トップに戻る

名前がアレなLANテスター、発売元はもちろんアレなところ(?)です。 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.3162   投稿者 : 匿名   2006年7月12日 19:13

N10の場合、有機EL自体よりも、殻のガラス?が反射するのが問題みたいですよ。
どこかで解体してガラス部分を取り外す画像が載ってましたけど、はげしくださくなるので私はしませんでしたが。使い勝手と見た目の二択ですね。


No.3163   投稿者 : にょもす   2006年7月13日 01:52

Neeon 2GB持ってますけど、これも昼間はディスプレイみづらいです。
あと、Zen VってUSBストレージクラスでの転送できないんですね・・・。
Creativeのそこが良くて使ってきたのになぁ。次は他かな。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks