Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2006/07/18 07:59 - 2006/07/18

YouTubeと著作権 - ルール改変を迫るための社会的影響力

カテゴリ : コラム タグ :

    日曜コラムです、こんばんは。
    ハッピーマンデー(祝日)のため月曜コラムです。
     
    今回は背景として、ネット上での YouTubeの著作権を巡る議論
    が盛んなことがあるのですが、その引用部分も長いために、
    スパッと別記事に切り出してしまいました。まずは以下をご覧頂いて、
    YouTubeと著作権についていろいろ思いを巡らせて頂ければと思います。
     
    →「YouTubeの著作権を巡る議論、ここまでの流れ
     
    ■ニセモノの良心「Youtubeに不正映像上げてる奴らを排除しろ!」
    http://soulwarden.exblog.jp/3379529
    ■煩悩是道場「はてな離脱計画」
    http://d.hatena.ne.jp/ululun/20060712/hatena060712
    ■deblog「法律を変えるのは言論ではない」
    http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20060713/p1
    ■煩悩是道場「法律を変えるのに言論は必要だ」
    http://d.hatena.ne.jp/ululun/20060713/1152759620
    ■音極道茶室「YouTubeを白く塗れ!常識が変われば景色も変わる」
    http://www.virtual-pop.com/tearoom/archives/000161.html
    ■煩悩是道場「YOUTUBEは白く塗れない。少なくとも現状の儘では。」
    http://d.hatena.ne.jp/ululun/20060717/YOUTUBE060717
    ■北の大地から送る物欲日記「YouTubeはまず黒から灰色を目指すべき」
    http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20060717/p4
    ■気まぐれディジット「YouTubeを灰色に」
    http://d.hatena.ne.jp/capra_h/20060717/p3
    ■音極道茶室「著作権者が全ての流通をコントロールすべきという発想は「無断リンク禁止!」と同じ」
    http://www.virtual-pop.com/tearoom/archives/000162.html
     
     
    さて、本番です。私は前々から、「法的にOK」「法的にNG」という議論が
    あまり意味を成さないことを説いてきました。
     
    法律とは「過去の力関係」の写像です。決して「倫理の公理」ではありません。
    それは「たしかに法律は必ずしも絶対ではない」といった、
     
     「ときどき現状にそぐわないトコロもあるよね」
     
    というような誤差レベルではありません。過去に力を持ったものが、
    自分の力を削がれないようにするために互いの領土に線引きをした
    エゴとエゴのぶつかり合いの産物、それが法律なのです。
     
    そして、そのエゴとエゴのぶつかり合いは絶えることなく続いており、
    その都度、線引きは変えられていきます。ビジネスの「良い」「悪い」は
    常に現在の力関係によって決まるのです。現状の社会通念に合わない部分は、
    法が書き換えられるか、あるいはグレーゾーンを通ることによって容認されます。
     
    「のまねこ問題」 はその1つの例題になります。エイベックスは現行法で
    問題ないラインを見つけて押し通そうとしましたが、多くの消費者の反発に遭いました。
    「消費者がどれだけ反発しようとも、法律には違反していないのだから
    そのまま押し通せば良かったのでは」とおっしゃる方もいます。
    その論理は通るでしょうか? いやいや、押し通すよりも反発を受け続けるほうが
    デメリットが大きいと判断したからこそ、結果としては商標をいくつか取り下げつつ
    フェードアウトさせるという結果になりました。
     
    「一太郎特許問題」 も挙げておきましょう。第一審ではあっさり黒になった一太郎が、
    高裁では逆転しています。その背景には、大衆の一太郎への怒涛の支持と、
    社会的な認知からかけ離れた裁定を下せないという高裁の判断があります。
    その後松下は控訴できたでしょうか? いやいや、控訴はもはや同社への反発心を
    煽るだけであり、メリットよりデメリットのほうが大きいのです。
     
    「同人誌・コミフェス」 は著作権的に真っ黒です。「CDレンタル店」
    は当時真っ黒でした。パチンコ景品交換所 は? 政教分離 とあの党は?
    マルチ商法 とあの企業は? っと、話がダークになってきてしまった・・・。
     
    法律は白黒を付けてくれるゲームルールではありません。
     
     法律がきっぱり白黒付けてくれるのなら、
     
    裁判所なんて必要なくなってしまいます。たとえば「言論の自由」
    と「名誉毀損」だって、いきなり互いの領域を侵しています。
     
    法律はいつだって、「際どい部分は全部グレー」 になっていて、
    実際に白か黒かを決められるのは裁判所だけ、という仕組みになっています。
    では裁判所は何をするのかといえば、「非道で社会的に許しがたい行為」
    などと、ひどく感情的な論理で白黒を決定するのです。
     
    それはつまり、ルールが裁くのではなく、「社会の感情が裁く」ということです。
    判決とは、その時代の民衆の大多数が納得する結論を出すということであり、
    それが法律とずれていれば、改めてグレーゾーンに特別解釈が加わり、
    それが容認されることになります。勿論、民衆の「納得」とは、穏便な納得とは
    限りません。力ずくの納得もあります。政教分離やマルチ商法などは良い例です。
     
     
    どれだけ多くの民衆を味方に付けるか。これは ビジネスの戦国絵巻 です。
    自分が攻撃されたとき、あなたの味方になってくれるのは誰でしょうか?
    消費者に支持されたサービスが法律的NGを突きつけられて危機に瀕すれば、
    それを攻撃している企業に対して、今度は消費者が牙を向きます。
    のまねこ問題が良い例でしょう。法律を基準としてどちらが「良い」「悪い」
    というレベルではありません。多くの人を敵に回せば不利益のほうが大きいのです。
     
    つまり現実には、「力」つまり影響力を得れば、ルールは書き換わるのです。
    「新興ベンチャー」みたいな小さな力ではなく、もっと大きな支持と影響力です。
     
     
    私はいつも、この戦国絵巻の掟をこう表現しています。
     
     力の無いうちは 「お目こぼしを願える範囲」 で活躍せよ。
     力をつけたら 「ルール改変を迫れ」
     
    ライブドアの堀江さんは「悪いことをしたから捕まって当然」と考えている人も
    いらっしゃるでしょうが、私はそうは思いません。堀江さんは、
     
     味方が揃わないうちに敵陣に切り込みすぎて、返り討ちに遭った
     
    のです。ビジネスという戦(いくさ)は、勝利すれば、それが正しいことになります。
     
    社会的に無視できない規模が確立すると、ようやく逆襲の土台が整うことになります。
    それまでは多くの敵を作らないように、のらりくらり と振舞う必要があるのです。
     
     
    ここでようやくYouTubeのお話に戻りましょう。
     
    YouTubeが著作物のアップロードを野放しにしておきながら、
     
     著作権者の削除要求には非常に真摯に応えている
     
    というのも、そうした戦略の1つだと思われます。YouTubeが新しい著作権時代の
    幕開けだと思っている方々にとっては、言われた通りにホイホイと削除する
    YouTubeの態度には、もしかしたらちょっと腰折れの感があるかもしれません。
     
    しかし彼らは、自分たちの影響力が社会的に無視できない規模に育つまでの間、
    彼らを 「握りつぶすための口実」 をできるだけ与えたくないのです。
    社会的影響力とは、「ネットで話題の」といったレベルではありません。
    「街行くヒトに聞いてみたら5人に1人は使っている」といった 生活密着レベル のことです。
     
     自分が無視できないほど巨大なモノになるまでは、
     
    「いま現在巨大な何か」に安易にケンカを売ってはいけません。
    この1点に於いて、彼らは Napsterの失敗の教訓 を正しく活かしています。
     
    そんな中、YouTubeはNBCとの提携を始めとする「正規のビジネス」の実績を
    コツコツと作り上げています。そうしてそれなりの社会的支持を集めた
    サービスに合法と違法が半々で同居してしまったとき、今度は社会のほうが
    「その状況を 矛盾なく飲み込める ルール」を求めることになるのです。
     
    倫理によって納得いくルールをいくら考えても、どうやっても矛盾が生じます。
     
    「著作権は守られるべきだよね!」
     
     「でも・・・それじゃ レンタルCD も違法になっちゃうよ?」
     「でも・・・それじゃ 同人誌 も違法になっちゃうよ?」
     「でも・・・それじゃ Googleキャッシュ も違法になっちゃうよ?」
     「でも・・・それじゃ YouTube も違法になっちゃうよ?」
     
    こうした存在を生かしたいと考える「力」が存在することによって、
    それは法律の中で 特例として除外 されるか、あるいは グレーゾーン
    の中にひっそりと埋められ、「暗黙の了解」 として社会の納得を得ることになります。
     
    法律はいつだって明確な線引きなどしてくれません。いつだってコロッと姿を変えます。
    それより何より大切なのは、社会には「味方が多いのか、敵が多いのか」ということです。
    もっと言えば、ビジネス的利害関係に於いて、
     
     自分を生かしたほうが良いと思ってくれる人と、
     
    自分を消滅させたほうが良いと思う人の、どちらが多いか、という比較が重要です。
    ただし当然これは「人数」の比較ではありません。「力の総量」の比較です。
     
    法律は学校の先生の 「こたえあわせ」 ではありません。法律は、
    過去にこうした力と力のぶつかり合いがあった結果に出来あがった「仮の線引き」です。
    力関係が変われば、法律もまたあっさり変わります。社会感情の変化のスピードに
    法律改正のスピードが追いつかないことも多々ありますが、だからといって、
    現在の社会感情と大幅にずれのある判決を古い法律を以って強行することなど
    できはしません。一太郎問題を見れば判るように、それは社会が許さないでしょう。
     
    私たちが常に注意しておく必要があるのは、法律の文面ではなく、
    現在の 「社会的支持・不支持」 の関係なのです。どれだけのヒトに好かれ、
    どれだけのヒトに嫌われるか、それがビジネスを考える上で最も大切な部分です。
     
    そして、大きな勢力は多くのヒトを動かすことができます。たとえばテレビ業界が
    衰退する危機を考えたら、その制作、流通、販売に関わる数百万人?の人々が
    瞬時に敵にまわることを考えなければなりません。そうした戦況もふまえて、
    YouTubeはじっくりと時をうかがっています。少なくともメディアに多数露出して
    「これからはYouTubeがテレビに代わる! 新時代の幕開けになる!」
    などとぶち上げてパワープレイヤーの機嫌を損ねることをしないだけでも、
    YouTubeはよく頑張っているといえるでしょう。
    それをやって目をつけられ圧殺されたのが、そう、堀江さんです。
     
    かつて徳川家康は、織田信長に矛を向けましたが、敵わないと見るやあっさりと
    臣下になりました。彼はその後、豊臣秀吉にも矛を向けていますが、ここでも
    講和と同時に敵方(豊臣)の重臣になるという、したたかな態度を見せています。
     
    力の無いうちは「お目こぼしを願える範囲」で活躍し、力をつけたら「ルール改変を迫る」、
    この原則はビジネスで最も大切な「生き残る」という目的のために、必要不可欠なものです。
    現行の勝者のルール(=法律) にいくら則っていても、下克上は起こりません。
    かといって、力の無いうちにルールを無視したら、あっさり首を取られてしまう のです。
     
    YouTubeがどこまで我慢しながら拡大を続けていけるのか、今後に注目です。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | コラム | | 2006/07/18 07:59


    « YouTubeの著作権を巡る議論、ここまでの流れ

    トップに戻る

    76cmで60インチの超近距離投写が可能なプロジェクタ »



    ▼ コメント ▼

    No.3519   投稿者 : Nanasi   2006年8月 7日 16:08

    CDレンタル(当時はレコードレンタルでしたが)は、できた当時は貸与権の規定がなくてその意味では白だったはずです。まあ穴といえば穴ですよね。
    もっともそれではいけないということで、貸与権が新設されたわけですけど。
    (その上で話し合って正式に許諾をもらい、現在に至るわけです)


    No.17907   投稿者 : 七草   2008年2月 7日 13:03

    偏ってるねぇ


    No.20148   投稿者 : "中部"在住   2008年6月11日 14:57

    最近YonTubeを利用し始めた者なので、話がズレていたら、ごめんなんさい。

    YonTubeは、確かにそのまま、放映画像をアップしたものがどんどんあって、見るものにとっては、楽しく有難く、「よし、再放送を絶対見よう!」と思うことも多々あります。
    YonTubeが、テレビ局等の発信媒体に一定の著作権料を払うという、以前のカラオケ問題解決法みたいなのは、どうなのでしょう、、、、
    TV放映等の場合だと、下手な視聴率調査より、ほんとうに「受け(いれられ)た」かどうかわかる、貴重なデータでもあるはず、、、
    人の作品を自分のものだという「あきらかな×」とは、一線があってもいいのではなでしょうか。

    ジョージルーカスが、YonTubeにアップされた素人の作った自作のパロディ作品を削除されたことに、「消すな!」抗議したそうですが、カッコイイ!!

    YonTubeが、「新しい風」になってくれる方法は、一方的な不利益がないように皆で考えればばいいのではと、初心者ながら思いました。

    お邪魔しました。


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    このリストは、次のエントリーを参照しています: YouTubeと著作権 - ルール改変を迫るための社会的影響力:

    トラックバック時刻: 2006年7月18日 09:38

    » 著作権クライシス from エコノミー、マーケティング、そして IT
    ※このエントリは、こちらで下書きしたものを若干推敲して掲載しています。  これま [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月18日 20:08

    » YouTube と著作権 from のほほん勉強記
    私たちが常に注意しておく必要があるのは、法律の文面ではなく、 現在の 「社会的支持・不支持」 の関係なのです。どれだけのヒトに好かれ、 どれだけのヒトに嫌わ... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月18日 22:43

    » デジモノに埋もれる日々: YouTubeと著作権 - ルール改変を迫るための社会的影響力 from BlogでWebサイト制作 by 弘味
    デジモノに埋もれる日々: YouTubeと著作権 - ルール改変を迫るための社会的影響力YouTubeの著作権を巡る議論posted by ECナビ人気ニュース... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月18日 22:51

    »  YouTubeの著作権問題とビジネスモデルを解決する方法を思いつい... from hikaliの部屋
     最近、はてなブックマークで、YouTobu問題が荒れ狂っていて、一応知財の勉強中の身として、いろいろと考えた。 ■デジモノに埋もれる日々:YouTu... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月19日 01:39

    » [著作権]Youtubeは著作権の考え方を変えたがっているのか from memorandum
    近頃、ブログでYoutubeは黒か白かと言う問題が騒がれているけど、みんな誤解している点があるんじゃないかなあ。youtubeを語る人の多くが、Youtube... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月19日 02:13

    » YouTube の問題とそのユーザの問題 from good2ndの日記
    YouTube と著作権の話題がいろいろ出てるので、少し読んでみた。 デジモノに埋もれる日々: YouTubeと著作権 - ルール改変を迫るための社会的影響力... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月19日 08:02

    » ルール from しらざるをしる日々
    http://c-kom.homeip.net/review/blog/archives/2006/07/youtube_1.html デジモノに埋もれる日々... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月19日 10:10

    » YouTubeを巡るネット上の議論 from E_GUCCI Daily
    ブロガーと呼ばれる人たちの間でYouTubeに関する議論がなかなか熱くなっていま [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月19日 10:12

    » YouTubeを巡るネット上の議論 from E_GUCCI Daily
     ブロガーと呼ばれる人たちの間でYouTubeに関する議論がなかなか熱くなってい [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月20日 01:42

    » YouTubeと著作権 from OTO-NETA
    YouTubeと著作権 - ルール改変を迫るための社会的影響力(デジモノに埋もれる日々) 最近忙しいもので、あまり更新できていなくて申し訳ございません。 最近読... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月20日 03:58

    » [Others]YouTube騒動 from 異次元ノート 別冊 Vol.2
    なんか最近YouTubeのエントリーが多いなぁと思いつつ、[あとで読む]タグつけてはてブしてたんですが、YouTubeが訴訟されたという事件があったそうなので... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月21日 15:40

    » YouTubeの近未来 from 映画プロデュース会社:取締役の妄想日記
    YouTubeのこれからについて非常に面白い 考察をしているブログを見つけました。 音極道茶室さんの 2007年X月--YouTubeを取り巻く近未来... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月21日 22:15

    » 期末考査と著作権とYouTube。 from BYB
    先日の期末考査、情報のテストで次のような問題が出題された。 「海外の著作物を利用... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月23日 06:43

    » レンタルCDの歴史(黎紅堂と貸しレ問題) from ナガブロ
    YouTubeの著作権問題を受けて、温故知新ということで、レンタルCDの歴史をまとめてみました。 1980年(昭和55年)6月15日、立教大学学生の大浦清... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年7月28日 01:38

    » YouTube問題を簡単に解決する方法 from hikaliの部屋
     YouTube問題で取りざたされる著作権には、実はこれを回避する極めて強力な方法がある。これが発動すると、著作権は何の意味もなさなくなる。しかし、その話をいき... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年8月25日 13:06

    » YouTubeを巡るネット上の議論 from E_GUCCI Daily
     ブロガーと呼ばれる人たちの間でYouTubeに関する議論がなかなか熱くなってい [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2007年4月 5日 11:04

    » 1000万ブログユーザー著作権を気にせず引用しまくれる! AFP通信が記事提供サービス開始 from mixi_yahoo_google_msn_goo_楽天_youtube_新聞_テレビ番組情報
    仏AFP通信とクリエイティヴ・リンクが共同で運営するコミュニティサイト「AFP BB News」は4月4日、ネットワークサービス提供会社11社と提携したと... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2007年6月 2日 12:54

    » YouTubeのリアリズム マキアベリストは決して死なない。 from アート資本主義
    EMIがミュージックビデオの利用についてYouTubeと提携しました。http: [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2007年7月10日 19:13

    » ブログ×YouTubeの著作権問題を予防する5つの方法 from DesignWorks
    動画共有サイトが一般にも広く知られるようになってきました。YouTubeを始めと動画共有サイトの特徴として簡単に自分のサイトやブログに動画を表示させるがで... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2007年7月18日 05:08

    » 曲の一部を楽器レッスンに使っても著作権侵害 ─YouTube動画削除 from 専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】
    (記事要約) ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)は7月6日、YouTub... [続きを読む]

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)