Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2006/05/21 23:59 - 2006/05/21

Amazonの価格変動を追え! 「あまとも」 - アマゾン(Amazon)の友 実験開始

カテゴリ : コラム タグ :

    日曜コラムです。こんばんは。
    日曜コラムとはちょっと趣向を異にするのですが、本日は作りかけの
    サイトのご紹介を兼ねてお話をしたいと思います。
     
    私が最近とても気になっていたのは、以前も少しだけご紹介しました、
     
     「Amazonダンス」の件です。
     
    「Amazonダンス」とは私の造語ですが、「Googleダンス」(ページランクが
    気まぐれに変動する事象を指したもの)に倣って、Amazonの価格が小刻みに
    変動する様を表現したものです。
     
    ■2006/05/03 [Amazon で RD-XS48 が高騰し、代わりに RD-X6 が暴落中!?]
    先週末だけ限定?で40,000円だったのに…。
    と、ツッコミを頂いてしまいました(;´Д`)

    今月末発売のFinePix F30ですが、一時期だけ40,000円付近で
    売られていたことがありました。ところが、私が注文したときは
    49,800円ですから、実に1万円近くも値上がりしたことになります。
    そして現在はというと、44,335円で注文を受付中となっています。
     
    ■2006/05/03 [Amazon で RD-XS48 が高騰し、代わりに RD-X6 が暴落中!?]
    アナログW録で52,800円 なら安い!
    (中略)
    今日見てみるとなんと 61,000円 まで値上がり しています。

    もう1つご紹介した例は、このRD-XS48の乱高下です。
    RD-XS48が「52,800なら安い!」とオススメにしていたものが、
    あるとき急に61,000円まで値上がりしていました。じゃあ現在は
    いくらなのかと言いますと、53,800円まで持ち直している状況です。
     
     
    上記を見ると、Amazonの価格変動を「Amazonダンス」と表現した意味も
    何となく判っていただけることと思います。Amazonの価格変動には、
     
     1、平気で値上がりすることがある
     2、1週間といった短期間で小刻みに変化することがある
     
    という意味で、他の家電量販店の値動きとは 性質がかなり違います
    おそらくは、
     
     需給バランスに応じた価格調整を、キメ細かすぎるほどに
     
    行っている結果だとは思いますが、逆にこれは消費者を混乱させる一因に
    なってしまっていることも否めません。
     
    リアルタイムとまではいかなくても、この「Amazonダンス」の動きを的確に
    把握したい・・・、そう思って作られたのが、Amazon商品の価格変動チェッカ、
    「あまとも」です。
     
    ■あまとも - アマゾン(Amazon)の友
    http://c-kom.homeip.net/amatomo/


     


     
    「あまとも」は、Amazonの価格を定期的にチェックして、商品価格の変動を記録
    していくサービスです。価格変動を知りたい商品があったら、そのASINコードを
    「あまとも」に登録すると、自動的に価格の巡回チェック対象に入ります。
     
    登録はトップページの上部にある フォームから ASINコードを入力するか、
     
     http://c-kom.homeip.net/amatomo/asin/B000BCKYE4
     
    のように 直接URLにASINコード を打ってみてください。
    そのASINコードが登録済みであればその商品の情報と価格変動が、
    未登録であればその商品の登録を促すメッセージが表示されます。
     
    そうして登録された商品を対象にして、自動価格チェッカが動きます。
    価格の変動を確認した商品は 「価格変動リスト」 に掲示されていきます。
     
    値下がりしたときは赤字 で、値上がりしたときは青字で
    表示されますので、お買い得になった商品はひと目で判ります。
     
    昨日から回し始めているのですが、既にその間にも、
     
     6件の価格変動がありました。しかも5件が値上がりです。
     


    こうしてみると、「Amazonダンス」は注意深く監視するに値する事象
    なのだということがよく判ります。値動きをしっかり追っていないと、
    お買い得な時期をあっさり逃してしまうことになります。
     
    40,000円で買えたハズのF30を49,800円で買った私のような例もあります・・・。
    そんなとき、この「あまとも」が少しでも価格調査の手助けになればと思います。
     
     
    なお、近日中に RSS配信 が実装される予定です。
    それによって、気になる商品の値動きRSSをRSSリーダに登録しておいて、
    変動したときだけ知らせてもらう、という使い方が可能になる予定です。
     
    また、Amazonの商品ページを見ているときに、その商品の「あまとも」情報
    のページにダイレクトに移動するための ブックマークレット も提供したいと
    考えています。これによって、Amazonでお買い物をしているとき、それが
     
     「今お買い得な状況なのか、あるいは値上がりした直後なのか」
     
    といったことがひと目で判るようになります。
    未登録商品であれば当然その場で登録ができるという具合です。
    これらの機能はできるだけ早いうちに実現する予定です。
     
    みなさんも是非、気になる商品をどしどし「あまとも」に登録してみてください。
     
    まずはトップページで表示している価格変動リストが、どのくらいの頻度で
    増えていくのかに注目です。私も興味津々で見守っています。
     

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | コラム | | 2006/05/21 23:59


    « 大雨洪水警報 夕方4時 (with Xacti C6)

    トップに戻る

    「あまとも」にRSSとブックマークレットを追加しました。 »



    ▼ コメント ▼

    No.2698   投稿者 : ガシアス   2006年5月22日 13:38

    値段の変化、激しいですよね…

    よく本を買うので気づいたのですが、
    カートに入れておいた本の値段がころころ変わります。
    それも、洋書だけ。(和書もごくまれに変わりますが)

    人気があるから需要と供給のバランスをとって価格を変えているのかな?
    とも考えましたが、洋書を読む人々は居るとはいえかなりマイナーなはず…
    それほど頻繁に価格を変える必要はないんじゃないかと感じていました。

    ところが、ある日気づきました。
    為替相場の変化が影響しているのではないかと。
    洋書は輸入品だから、為替相場の変化がモロに反映されていたのでは、
    と思い至りました。

    まだ確かめてはいませんが、日本のアマゾンでの洋書の価格は
    円安ドル高→値段上がる
    円高ドル安→値段下がる
    となっている…はず。

    たかーい洋書を買うときは、円高時がオススメw


    No.6594   投稿者 : 不破雷蔵   2007年1月28日 04:58

    あとはヤフーファイナンスのような価格チャートの実装ですね(おい)。在庫数のデータを抽出できれば、出来高の代わりに在庫数の表示を行えば完璧っ。……ゲーム関連の情報サイトGlepでは週単位で類似のシステムを導入してるようです。もっとも、読者側はあまり活用していないようですが┐(´д`)┌ ヤレヤレ


    No.29911   投稿者 : あやる   2010年5月13日 22:45

    一目惚れして、買おうか悩んでいるフィギュアが1日で2回も価格変動が…なんででしょうか(。。;)
    今回はかなり価格がダウンしたので、あと数回値下がるかと思いきやまたUP!
    予想がとっても難しいです…


    No.30219   投稿者 : 匿名   2010年10月26日 21:35

    Amazon.co.jp の予約商品の価格は、予約販売を開始してから発売日までの間に変更されることがあります。「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から出荷準備に入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon.co.jp の最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。


    No.30345   投稿者 : 洋書よみ   2011年2月 1日 17:18

    【洋書を買う方は、かごに入れっぱなしにしないほうがお得】

    以下、洋書に限ったことで、また、私のつたない観察からの推測です^^

    洋書に限って言うと、割安だと思う商品をかごに入れて放置すると、途端に2~300円も値上がりすることが頻繁にあります。また、かごから出してしばらくすると値下がりすることもあります。
    他の商品とちがい、洋書は有力な競争相手がいないので価格競争がなく、客が買う気を見せると即、値上げするのかもしれないです。
    為替レートも、円安には敏感に反応する割りに、円高にはあまり反応しないようです。つまり、値上がりしやすく値下がりにくいです。実際、売れ筋のものは円高になっても高値で安定しています。

    結論として、洋書を買う人は、実際に買う時までは、かごに入れっぱなしにしないほうがお得みたいです。入れっぱなしは他の人の迷惑にもなるかも^^
    また、「あまとも」に入れても、かごに入れたときと同様に値上がりするようです。価格変動を教えてくれなくなったようですし。。。


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    このリストは、次のエントリーを参照しています: Amazonの価格変動を追え! 「あまとも」 - アマゾン(Amazon)の友 実験開始:

    トラックバック時刻: 2006年5月22日 08:38

    » Amazonでの価格変動を見張る「あまとも」 from フィギュア注意報
    Amazonでの価格変動を美春(変換して最初に出たのがこれでちょっとびっくりしたw)見張る「あまとも」と言うサイトが出来た。ここはデジモノに埋もれる日々さんが始... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年5月22日 15:36

    » Amazonの価格変動チェックサービス from AUSGANG SOFT
    あまとも : アマゾン(Amazon)の友 - トップhttp://c-kom.... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年5月22日 17:41

    » 「あまとも」で賢いAmazonライフを from 大阪てきとー日記
    デジモノさんが、また新しいサービスを立ち上げました。相変わらずアグレッシブです。→ デジモノに埋もれる日々: Amazonの価格変動を追え! 「あまとも」 - ... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年5月22日 20:25

    » Amazonの価格変動を追え! 「あまとも」 from ポリグロット・マスター
    Amazonをよく利用される方には朗報ですね。 デジモノに埋もれる日々さんがAmazonの価格変動をチェックできる「あまもと」を作成されました。 いやーー、... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年5月23日 13:00

    » あまとも - アマゾン(Amazon)の友 from ああメモ帖 φ(..)
    →あまとも - アマゾン(Amazon)の友 (トップ:「デジモノに埋もれる日々... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年5月25日 11:41

    » アマゾンを多元効率的に活用するために……「あまとも」サービススタート from Garbagenews.com
    以前【ブロガー注目、へぇカウントCGI「he.cgi」公開】で、簡易投票スクリプト「he.cgi」の公開などで当サイトでも取り上げお世話になった【CK Work... [続きを読む]

    トラックバック時刻: 2006年5月26日 01:56

    » 雑記その2/2006-05-25 from Sylvarant
    今日はジョギング中に倒れるかと思った。 物凄い勢いで意識が薄れていくのが分かってマジ気を失うところだった。 筋トレはレッグプレス600ポンド上げとかガチでやっ... [続きを読む]

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks