Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2005/11/14 23:59 - 2005/11/14

HDDではないgigabeatって?? HDDとシリコンの市場侵食図

カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

■東芝、gigabeat初のフラッシュメモリプレーヤー
-有機EL搭載で512MB/1GBモデルをラインナップ
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20051114/toshiba.htm
 
東芝の「gigabeat」は、発売以来ずっとHDDタイプのみ、という
ラインナップを続けていました。
 
 ぶっちゃけ、自社製HDDの販促ツールなのかしら
 
とまで揶揄されることも多い gigabeat。事実、東芝の小型HDDは、
世界で最も売れた携プレ、泣く子も黙るiPodシリーズの主力HDDであり、
そちらの売れ行きのほうが、自社製携プレよりもよほど重要なハズです。
 
それでもgigabeat、そしてgigashotなどの小型HDD搭載ガジェットを自社で
手掛ける意味は、リファレンスモデル的な意味合いも含まれているのでしょう。
自ら可能性を証明して、あとはサードパーティが沢山生まれてくれれば、
キーデバイスを生産している企業としては安泰、というワケです。
 
だからこそ、gigabeatブランドには、自社の小型HDDの優秀さを証明する
義務が課せられていました。gigashotもそうです。
 
 gigastyle」というキャッチコピーまで作って、
 
HDD搭載ガジェットをプッシュしていたのです。
 
ところが、本日発表された gigabeat Pシリーズはシリコンプレイヤーでした。
東芝が普通の携プレメーカであり、gigabeatが普通の携プレブランドだったら、
ごく普通のラインナップ強化として受け止められるところでしょう。
でもgigabeatは本来、小型HDDの普及という使命を持っていたハズです。
さぁて、東芝の中で一体何があったのでしょうか。
 
ご存知の通り、東芝は
 
 一方ではフラッシュメモリの大手メーカでもあります。
 
その意味では自社でシリコンプレイヤーを生産することにも何も問題は
ありません。ですが、すでに携プレの市場では散々ドンパチがあったように、
小型HDDとフラッシュメモリは、
 
 4GB という容量を境にして、互いに競合する関係
 
にあります。つまり、フラッシュメモリをプッシュすれば、その領域の
小型HDDの市場を侵食することになるのです。
 
ここへ来てgigabeatシリーズにシリコンプレイヤーを加えたということは、
2GB、4GB、6GBという小型HDDのスウィートスポットが、いずれ近いうちにフラッシュ
メモリに取って代わられるという危機を察知したからなのかもしれません。
現にiPod nanoは、4GBの牙城にフラッシュメモリの旗印を立てることに成功しています。
 
4GBレンジがフラッシュメモリに侵食されて焼け野原になるのであれば、フラッシュ
メモリを自社のもう1つのキーデバイスとして持つ身としては指を咥えて見ている
ワケにはいきません。しかし一方で、フラッシュメモリを一気にプッシュすれば、
 
 自軍(小型HDD)を背中から撃つことにもなりかねません。
 
なにせ小型HDDは数社の寡占市場であり、その中でも東芝はビッグプレイヤー
ですが、一方のフラッシュメモリ市場は、もっともっとライバルが多いのです。
東芝としてはHDDデバイスが席巻してくれたほうが何かと嬉しいのは間違い有りません。
 
gigabeat Pシリーズは、そんな微妙な市場関係の中に生まれた一品と言えそうです。
少なくとも2GB、4GB、6GBのレンジでは、小型HDDとフラッシュメモリを両にらみに
せざるを得なくなったわけですが、gigashotにも搭載された東芝の虎の子のデバイス、
0.85インチ4GB HDD は、果たしてこの中で足場を確保することができるでしょうか。



CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 携プレMP3 | | 2005/11/14 23:59


« 「英知」のコンピューティング - CMSが作り出す大量データ

トップに戻る

デジモノREVIEW - デザイン変更に合わせて機能追加 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks