Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2005/11/03 23:59 - 2005/11/03

音の揺らぎ=イライラが起こらない? なかなか使える FMIP-301 レビュー

カテゴリ : デジモノ タグ :

□■□■ シガーソケットFMトランスミッタ「FMIP-301」特集 (1)/(2) ■□■□
 
では実際に FMIP-301 を試してみることにしましょう。
それにしても、前々回の「BiBio Jukebox」のときも感じたのですが、
 
 「発売日前」に現物を拝むことができるというのは
 
ちょっと気分が良いモノがあります( ・∀・)σ ゲッツ!
 
繰り返しますが、このFMIP-301は 11/7(月) に発売予定の製品です。
価格はオープンプライスとなっていますが、店頭ではおそらく
4千円台で手に入ることになるでしょう。というのも、
すでにAmazonや、楽天の一部店舗では、予約を受け付けており、
その価格が4千円台に設定されているからです。
 
右の写真のとおり、パッケージはお値段それなりの吊るしパッケで、
三色の爽やかカラーで目を引こうと必死だな!(゚∀゚) という感じ。
店頭でふと目に留まって思わず
 
 デジカメを買いに来たついでにお買い上げ
 
とかしてしまいそうな軽い感じでしょうか(それは私だ)。
中身はシガーソケットに挿さる本体側(FMトランスミッタ機能)と、
iPod Dockコネクタ側で構成されるシンプルな製品です。
 
対応している機種は、第3~第5世代iPod (photo含む)、および
iPod mini、iPod nano です。shuffleは無理! Dockありません!
それから第3世代iPodでは自動再生機能が使えませんのでご注意を。
 
FMトランスミッタの周波数は88.1MHz、88.5MHz、88.9MHzの3種類から
選択できる 「機械スイッチ式」 です。カチカチいきましょう。
FMIP-301側で選んだ周波数にカーオーディオのFMラジオをあわせると・・・
 
おー、聴こえる聴こえる。
 
イグニッションを回すとそのまま自動再生に入ります。
再生モードは前回再生時のものをそのまま引き継ぎ、
その後もiPodはユーザが自由に操作可能です。ただし、
 
 音量操作が効きません。
 

FMIP-301自動再生

イグニッションを回すと
そのまま再生に入ります。
MPEG-1(VideoCD 352×240)
25秒、4.3MB
いわばラインアウトみたいな扱いですので、音量操作はカーオーディオのほうで
行ってください。しかし、微妙に音が小さめですので、カーオーディオで普段の
2倍くらいのボリュームにする羽目になったりします(;´~`) これでもし、
音量を上げていたことをすっかり忘れて翌日CDでも鳴らした日には・・・(汗
 
さて、多くの方が気にされているのは、「音質はどうなのよ?」 という
ところだと思います。私もFMトランスミッタの音には、苦い経験がありました。
 
しかし、今回のFMIP-301は、そんなに音の良し悪しが 気になりません
 
とはいっても、CD並に音が良いかというと、やっぱりそんなことはなく、
「あー、FMっすね」 という感じの(どんな感じだ)ちょっとパリッとしない
音を出します。FMトランスミッタという仕組み上の限界は確かにあるでしょう。
 
では何が今までと違うのか、というと、音の安定感 です。電波が安定していて、
 
 走行中にもほとんど音のゆらぎが起きないのです。
 
ここで私は、今までのFMトランスミッタへの最大の不満が「音質」でないことに
気が付きました。走行中に外部の環境変化を受けて、音が大きくなったり
小さくなったりすることこそが、最大の イライラポイント だったワケです。
 
 「そうか・・・電池だ。」
 
おそらくはこういうことでしょう。電池で動くFMトランスミッタは、
出力の限界もさることながら、フルパワーで動かしたらそれこそあっという間に
電池を消費し尽くして しまって「金食い虫」の烙印を押されてしまいます。
従ってパワーを温存せざるを得ません。しかし、シガーソケットから電源を
取るタイプでは、フルパワー動作 を続けても何も問題はありません。
結果的に安定した音を届けることができる、という理屈です。
 
そうなると、FMIP-301が云々ではなく、
 
 車で使うならシガーソケット給電タイプを選べ
 
というのが結論?かもしれません。ただ、iPodユーザであれば、iPodならではの機能
(「自動再生」「充電」)が揃っているFMIP-301を選ぶのは自然な流れでしょう。
 
サン電子の担当サマであるOさんのメールには、毎回毎回、
 
 「自信を持ってご紹介できます!」
 
という一文が記してあって、一瞬、
 
 定型自動送信メール?
 
なのかと思ったり・・・・はしませんが (いや、ゴメンナサイ・笑)
その自信のほどは、製品からも確かに伝わってきます。
FMIP-301は ドライブのお供 としてダッシュボードに入れておきます。
 
□■□■ シガーソケットFMトランスミッタ「FMIP-301」特集 (1)/(2) ■□■□




CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2005/11/03 23:59


« シガーソケットFMトランスミッタ「FMIP-301」の試用依頼

トップに戻る

New iPod で動画作戦、VideoStudio→QuickTimeで一応変換可能も・・・ »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.1816   投稿者 : サンバ   2005年11月 4日 10:29

音楽が替わる時の、何も音がなっていない瞬間のノイズはどうなのでしょうか?
ボリュームを2倍くらいにあげるとなるとなおさら気になるのですが。
やっぱり「ザザザー」っという音は鳴っていて、無音にはならないんでしょうか?


No.1817   投稿者 : しげ   2005年11月 4日 11:30

この商品の何が良いって
「イグニッションONで自動的に再生が始まる(再生ON)」ところですよね。
他のトランスミッタとか充電ケーブルって、

イグニッションオフ>一時停止>その後iPod電源OFF
イグニッションON>一時停止状態に復帰

のパターンばっかりで再生してくれないんです。
自分はAUX直結派なので、この商品のオーディオケーブル版が出たら絶対買います。
(それともこれ買ってオーディオ信号引っ張り出して直結チャレンジしようかな?)


No.1818   投稿者 : ねこ   2005年11月 5日 04:08

24V車で使えたらトラック乗りにバカ売れなんだろうけどなぁ

というかみんなに勧めます


No.1912   投稿者 : CK   2005年12月18日 14:42

●サンバさん
ボリュームを上げるぶん、ノイズレベルも上がるというのは多少ありそうです。
(それほど気になるレベルではありませんが)
その点に関しては過去に試したFMトランスミッタは全て同様の傾向でしたね~。
 
●しげさん
自動再生は使ってみて初めてその良さが判りました。やっぱり有ると無いとでは大違いです。
オーディオケーブル版というのは・・・、自動再生は当然Dock経由でないと出来ませんが・・・。
 
・・・あれ? FMIP-301ってDock着用時のイヤフォン出力って活きてましたっけ?
活きていればそれで十分コト足りるような・・・ちょっと調べてみます。
 
●ねこさん
大型車は24Vなのですね~。今まであまり気にしたことがありませんでした(´~`)
調べてみると24V→12VのDCDCコンバータも結構なお値段するのですね。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

このリストは、次のエントリーを参照しています: 音の揺らぎ=イライラが起こらない? なかなか使える FMIP-301 レビュー:

トラックバック時刻: 2005年11月 4日 13:43

» FMIP-301欲しいヨ from うらかわの暇BL0G(jp)
デジモノに埋もれる日々のFMIP-301レビュー。FMIP-301は11/7発売です。 去年iPodと同時にFMTM-101を買い、便利に使ってきたのです... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月27日 21:44

» iPod専用FMトランスミッター FMIP-301 from しげふみメモ
旅行で2日間長距離ドライブすることになり、そのお供として購入しました。 iPodで使えるFMトランスミッターもいろいろありますが、 デジモノに埋もれる日々:... [続きを読む]

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks