Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2005/10/05 23:59 - 2005/10/05

フィルムをデジカメで撮影してしまえ! スライドデジコピア

カテゴリ : デジカメ タグ :

    ■ケンコー、デジタル一眼でポジフィルムをデジタル化する「スライドデジコピアDSLR」
    http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2005/10/05/2433.html
     
    パッと見、プロペラみたいに回転しそう な雰囲気ですが、勿論そんな
    ハズはありません。これはフィルムカメラで撮影したフィルムを、
     
     デジカメで撮影してデジタルに取り込んでしまおう
     
    という、画期的なんだかアナクロなんだか 良くわからない一品です。
    調べてみると、この「デジコピア」シリーズは案外と有名な品らしく、
    愛好者も少なからずいらっしゃるようです。
     
    通常、フィルムをデジタルで取り込むなら、フィルムスキャナを使うのが
    王道でして、実際、この「スライドデジコピア」が21,000円なのに対して
     
    ■コニカミノルタ、最高3,200dpiのフィルムスキャナ「DiMAGE Scan Dual IV」
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0108/km.htm
     
    この DiMAGE Scan は店頭価格で3万円を切っていたりするワケで、
    じゃあそうなると「デジコピア」の意義って何よ? と考え込んでしまったりも
    するのですが、実はデジコピアには1つの大きな利点があります。それが、
     
     圧倒的なデジタル取り込み速度
     
    です。スキャナを使ったことがある方ならお判りかと思いますが、
    フィルムスキャナで写真を取り込むには、どうしても1枚あたり数十秒
    の時間が掛かってしまいます。それに比べて、「デジコピア」なら
     
     デジカメのシャッター速度がそのまま取り込み時間です。
     
    大量の取り込みを行うのであれば、一考の余地があるかもしれません。
     
    嘘か真か、ポジフィルムだけでなくネガフィルムについても、撮影した後、
    レタッチソフトで反転処理をすれば取り込めるらしいという話も聞きました。
     
    ちなみにこの「デジコピア」、余分な部分をカットできる 「トリミング機能」
    を搭載しているそうですが、その方法というのが、
     
     フィルムを挟んでいる窓枠を、内側に縮めていく
     
    という 超原始的な手作業トリミング で、逆に微笑ましくもあります。
     
    デジ一眼レフ所持者で、過去のフィルム資産が沢山残っている方にはオススメしても
    良いような気がしますが、それって相当 年季の入った写真好き ということ(・ω・)?



    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | | 2005/10/05 23:59


    « 玄人志向のSATA→IDE変換ボード「SATAD-IDE」を試してみる

    トップに戻る

    続々・スパム撃退! せめて再構築地獄を逃れるために »



    ▼ コメント ▼

    No.1733   投稿者 : shiraga   2005年10月 6日 04:36

    フィルムスキャナと比較すると、解像度が落ちるでしょうね。

    フィルムスキャナは3色のフィルタを切り替えて3回スキャンしてます(だから遅い)。
    一方、スペック通りの解像度が出るという利点があります。
    「600万画素」と言った場合、RGBチャンネルが600万画素の解像度を持ってます。

    対してデジカメで撮る場合、ベイヤ配列フィルタを使うので、実質的な解像度は縦横とも半分程度になりますね。

    取り込んだ画像のクオリティとして、どの程度の差になるのかはわかりませんが。

    あともう一点。
    フィルム上のシャドー部分の階調もきれいに出るんでしょうかね?


    No.1735   投稿者 : せのせの   2005年10月 7日 00:11

    んーあまり利点を感じないグッズですね。
    あえて言えば、これって銀塩カメラを使ってフィルムのコピーを
    取るのに便利かも。


    No.1736   投稿者 : shiraga   2005年10月 7日 02:02

    >せのせの さん

    >あえて言えば、これって銀塩カメラを使ってフィルムのコピーを
    >取るのに便利かも。

    実はそういう商品は昔からあります。ケンコー自身も出してたと思います。
    (ただし、Kenkoのwebサイトを探しても見つからなかった。)

    今回の商品は、APS-Cサイズに最適化されてるようなので、銀塩で撮影すると「フィルムの真ん中に小さく」写ることになると思います。


    No.1739   投稿者 : せのせの   2005年10月 8日 16:15

    >実はそういう商品は昔からあります。ケンコー自身も出してたと思います。
    お~、そうなんですか!
    普通のフィルムで撮影してしまったネガをスライド映写機用に変換する場合とかに便利そうですね。
    というかそれ以外の用途がほとんど思いつかない・・・


    No.1755   投稿者 : shiraga   2005年10月14日 04:46

    >普通のフィルムで撮影してしまったネガをスライド映写機用に変換する場合とかに便利そうですね。
    うまく色調戻るかな?

    >というかそれ以外の用途がほとんど思いつかない・・・
    主な用途はスライドフィルム(リバーサルフィルム)のコピー作成ですね。
    スライドは「焼き増し」ってわけにはいきませんから。

    ネガフィルムをリバーサルで撮ればネガのコピー(みたいなもの)も撮れますね。


    No.1767   投稿者 : yst   2005年10月18日 14:26

    確かにフィルムをカメラで撮るっていうアイデアは昔からありますね。
    ここまでマジな値段でなく、もっともっと作りも値段もチープだと、面白そうなんですが…
    そんで100円ショップ辺りで買えると遊べるんですが…

    『デジカメをスキャナ代わりにする』ならそれより紙原稿用のフラットヘッドスキャナの代わりにするアダプタが欲しいです…
    スキャナで紙原稿取り込んでると、あまりのもどかしさとヘッドの移動音にいらいらさせられるんですよ。
    こんなとき『デジカメなら、シャッター押せば一瞬で取り込めるのに。』とか思ってしまうのですが…
    原稿を適当なところにおいて、上からファインダで一所懸命画面いっぱいになるようにアングルを調整して撮ってもいいのですけど、結構手ぶれとか反射でてかったりして汚くなりがちなので、もっと安定して撮れる折りたたみのやぐらとかそんな感じでいいんですけどね。

    たいていのデジカメだと、レンズの都合で歪みまくりそうってのに目をつぶったとしても紙原稿相手にぜんぜん解像度が足りないのがアレですけど。


    No.1865   投稿者 : CK   2005年11月19日 19:40

    ●shiragaさん
    画質重視ならフィルムスキャナですよねぇ~。
    取り込んだ写真の主な用途が「L版印刷」だったりしたら実はあまり
    変わらないのかもしれませんが、PC上ではかなり差が出そうです。
    シャドー部分は・・・私、内部の仕組みも良く判っていないのですが、
    これって内部で自己発光しているのでしょうかね(・ω・)?
     
    ●せのせのさん
    フィルム to フィルムのコピーはちょっと面白そうですね。
    それこそ2~3世代でメロメロな画像にまで劣化してしまうかもしれませんが・・・。
     
    ●ystさん
    フラットヘッドスキャナの取り込み速度は確かにイライラします(笑)
    EXILIM S500にはその場で台形補正できる機能が付いていて、紙の資料の取り込みも
    ワリと簡単にできるのですが、スキャナに比べると圧倒的に解像度が足りないですね~。


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks