Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2005/09/26 23:59 - 2005/09/26

SANYO再び携プレへ。懐かしの「DIPLY」ブランド復活。

カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

    ■三洋、スティック型のMP3/WMAプレーヤー
     -MP3形式でのボイスレコーディングが可能
     http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050926/sanyo2.htm
    ■三洋、6GB HDD搭載で87gのオーディオプレーヤー
     -MP3エンコード対応。「DIPLY MUSIC」
     http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050926/sanyo1.htm
     
    国内メーカとしては長らくSonyが孤軍奮闘した携プレ市場ですが、ここ1~2年で
    KENWOOD、OLYMPUS、Victorが参入、そして、今回SANYOがカムバックしてきました。
    スティック型の「DMP-M600,M700」、6GB HDD搭載の「HDP-M3000」です。
     
    「DIPLY」 の名は、往年の携プレマニアの間では 知らない人は居ない
    と言うほどでもなかったとは思いますが(どっちだよ)、
    RioやADTECが全盛だった2001年頃に、国内から迎え撃ったブランドでした。
     
    本家DIPLYはともかく、IO-DATAから発売された 「HyperHyde Hyblitz」
    覚えている方も多いかもしれません。これはSANYO DIPLYのOEMでした。
    http://macfannet.mycom.co.jp/news/0109/27/0927io_hyperhydehybritz.html
     
    その後、IO-DATAはDNAからOEMを受けた 「HyperHyde Exrouge」
    で一世を風靡し、HyperHydeの名は携プレ市場に轟きましたが、
    その一方でSANYO DIPLYは2002年で姿を消し、ボイスレコーダの
    「DIPLY TALK」 にその名を残すのみとなります。
     
    そのDIPLYブランドが帰ってきたのです。
     
    どちらかと言えば魅力を感じるのは、フラッシュメモリの「DMP-M600,M700」
    のほうでしょう。15.6×15.6×87.0 (mm)というサイズは、
    長さこそあのiPod shuffleよりも更に長めですが、その細さはかなり魅力的です。
    予想価格は512MB版の DMP-M600 が 18,000円、1GB版の DMP-M700 が
    23,000円 と若干お高め。M700は2色、M600は 5色
    カラフルな筐体をラインナップしており、筐体の美しさで攻める
    KENWOODのM512A3の戦略を彷彿とさせます。バックライトも7色です。
     
    しかししかし、連続再生時間の 10時間 はこのサイズなら仕方が無いとして、
     
     MP3のビットレートサポートが 16~192Kbps
     
    というのはちょっとどうでしょう?(;´Д`) 今日初めてMP3を使う人ならともかく、
    既にMP3ライブラリを構築している人の中には、256Kbpsや320Kbpsでエンコード
    している人も少なくありません。他社のプレイヤーが総じて320Kbpsまでを
    サポートしていることを考えると、これはマイナスポイントだと言えるでしょう。
     
    なお、楽曲管理ソフトとして「MusicFileMaster」が付属しますが、楽曲の転送に
    ソフトが必須になるかどうかは明言されていません(多分必須でしょう)。
     
    何はともあれ、往年のDIPLYブランドがこの市場に帰ってきて、市場を賑わして
    くれることは大変喜ばしいことです。いまだに 明確な「勝者」の存在しない
    この小型フラッシュメモリプレイヤー市場は、これで更に激戦区となりそうです。



    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | 携プレMP3 | | 2005/09/26 23:59


    « 3度の「偶然」を起こせ - ブログが記憶に刻まれるとき

    トップに戻る

    WintelがHD DVD陣営に参加表明 - 全面戦争は必至? »



    ▼ コメント ▼

    No.1710   投稿者 : どろろん   2005年9月27日 18:28

    Sonyが孤軍奮闘って、CKサンのなかでは東芝は無かったことになってるのかな?
    ん?確かCKサンってギガビのユーザーじゃなかったっけ?


    No.1769   投稿者 : CK   2005年10月20日 02:03

    ●どろろんさん
    うぅ、スミマセン。私の脳内では「シリコンオーディオ市場」という文脈で
    お話をしていましたが、それが全然伝わらない文章になってしまっていました。
     
    私も一時期ギガビ(G20)のユーザでしたが、HDDプレイヤーの市場では、
    東芝は「リファレンスメーカ」という印象でした。( ̄▽ ̄;) ←失礼な。
    小型HDDの活用例を示して、あとはサードパーティに洗練してもらうという・・・。


    No.2029   投稿者 : Sz   2006年1月24日 01:08

    先日、この細い奴買ったんですが、転送ソフトは必須ではありません。WMAかMP3を放り込めば鳴ります。USBマスストレージです。MusicFileMasterは管理「だけ」するソフトのようです。リッピングすら出来ません(笑)


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks