Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2005/09/30 23:59 - 2005/09/30

デジモノ栄枯盛衰 - 役目を終えたDMR-HS2

カテゴリ : レコーダ タグ :

    ココ最近、東芝の機器ばかりご紹介していましたが、
    ご存知の方はご存知の通り、私は結構なPana派であります。
     
    ノートPCは4代続けて Let's note ですし (L1→R1→Y2→R4)、
    デジカメも Xacti C1 とあわせて、LUMIX FX7 を愛用しています。
    そして、初めて購入したHDDレコーダが、やはりPanasonic製でした。
     
    その記念すべき初レコーダの名は 「DMR-HS2」
    購入したのは 2002年8月 初旬、購入価格は 118,000円 です。
    この頃はちょうど、HDD/DVDハイブリッドレコーダの波に乗り遅れたSonyを尻目に、
    RD-X1 → RD-X2 を駆る東芝と、HS1 → HS2 で迎え撃つ Panasonic が、
     
     一気に市場を二分したという歴史的な時代
     
    でもあります。ちなみに、この頃はまだ「DIGA」という愛称はありません。
     
    HDDの初期容量は 40GB。今では考えられないほど小さい容量です。
    購入して1ヵ月後に、早くも 80GB への 増量サービス が発表され、
    すぐさま39,800円の追加料金を払って 80GB に増量しましたが、
     
     それでもSP画質で最大35時間までしか蓄積できない
     
    という計算になります。それでも当時としては、これを持っているだけで
    優越感に浸れるような(?)、そんな最先端の機器だったことは確かです。
     
    このHS2は、機能の少なさが逆にPanaの「操作が簡単」というポリシーにマッチし、
    とても素性の良い、使いやすい機種でした。実際、私はRD-X5を導入するまでは
    RD-XS40が来たときも、RD-H1が来たときも、このHS2を並行運用していたのです。
     
    そんな愛着のあるHS2も、流石に RD-H1、RD-X5、そしてサブに
    RD-XS40まで並んでいる状態の中では、居場所を無くすことになりました・・・。
    この流行り廃りの激しい分野で、3年もの長い間現役を張っていたのは
    とても立派です。今までご苦労さまでした。ヽ(´▽`)ノ




    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | レコーダ | | 2005/09/30 23:59


    « 東芝 gigashot V10 発表、内蔵HDD+SDスロットで5万円台?

    トップに戻る

    デジ埋2005年09月のpv上位リスト »


    ▼ このブログの新着記事 ▼



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    保存しますか?



    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks