Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2004/09/22 12:00 - 2004/09/22

CCCDが何故嫌われるかを、「彼ら」は知っていたか

カテゴリ : コラム タグ :

    エイベックス:CCCDの採用を弾力化へ、ソニーミュージックも追従の方向
    http://www.mainichi-msn.co.jp/it/solution/news/20040917org00m300103000c.html
     
    既報の通りAVEX社は CCCD/CD-DAの選択権を制作者に委ねる
    方針を明らかにし、それに続いてソニー(SME)もレーベルゲートCD
    の廃止に向かうことを表明しました。CCCDの牽引役とも言える2社の
    思わぬ方向転換によって、他社も一斉に同様の動きを見せざると得ないでしょう。
     
    CCCDの強制を止める理由として、彼らが挙げたのは2点。
    1、著作権侵害行為に対する啓発活動
    一定の成果を収めたこと

    あはははは・・・・。「ウソこけ。」 (笑)
     
    つまり、PC等に吸い上げて楽しむのを阻害したのは本意ではなく
    違法コピー撲滅を啓蒙した暁には、CCCDを取り下げる「計画」だったと・・・。
    株主さまには是非、そういうコトだったと納得させてあげてください(´~`)
     
    大丈夫、わたしたちはみんな、本音のほうを知っていますから。
    CCCDでは「娯楽商品」として売り物にならなかったのですよね。そのコトに
    一般のリスナーから2年遅れでやっと気が付いてしまったのですよね。
    2、HDDミュージックプレーヤーなど新しい音楽の楽しみ方の
    広がりに対応していくため

    つまるところ、こちらが本命です。CDを、1枚ずつCDプレイヤーに掛けて聴く、
    というスタイルが絶滅に向かい、データを一箇所にまとめてJUKEBOX化する視聴
    スタイルが一気に主流になり始める中、CCCDはその時代に逆行するものでした。
    一方、JUKEBOX化のカギを握るデータ形式を支配しようとしたのがレーベルゲート
    でしたが、彼らは自分達が想像するよりも遥かに 周回遅れ でした。
     
     「コレ、iPodで聴けないの? じゃあいらない。」
     
    カルい口調でそう話す人の数の多さに、彼らは唖然としたに違い有りません。
     
    彼らはプラットフォーム争いで既に負けていたのです。それも圧倒的に。
    何故「彼ら」はそれに気が付かなかったのでしょうか。それは「彼ら」自身が
    デジタルな音楽の新しい楽しみ方を、実は知らなかったから
    なのではないかと、私は考えています。いや、もちろん知識としては知っていた
    ハズです。でも自己の体験としては知らなかった・・・知らなかったでしょう。
     
    「CCCDだと購入をためらうようになった。」 by 宇多丸さん (RHYMESTER)
    http://www.apple.com/jp/itunes/celebrityplaylists/rhymester/index.html
     
    私の大好きなグループ「RHYMESTER」の宇多丸さんが、SME所属でありながら
    Appleのサイトで発している言葉です。CCCDが何故ダメなのか、それはデジタル
    JUKEBOX的な音楽の楽しみ方を「実際に体験」した人でなければ理解することは
    できないでしょう。宇多丸さんはいわば、「リスナーとしても当事者」でした。
     
    では一方で、CCCDの導入に「積極的に賛成」してきた流通の人々は、
    PCをJUKEBOXにして音楽を ライブラリ管理 していたでしょうか?
    iPodに数千曲を詰めて 毎日音楽を聴いていたでしょうか?
     
    だから知らなかったのです。「デジタルJUKEBOX」でなければもう楽しくないコト。
    「デジタルJUKEBOX」に組み込めない素材は買っても仕方が無いというコト。
    だって「彼ら」は、音楽を「楽しむ側」の人間ではなかったのですから・・。
     
    CCCDの一件は、権利問題に対する長い長い試行錯誤の序章に過ぎません。
    メディアが変わっても、コンテンツが変わっても、権利の線引きには常に
    曖昧性が存在し、そのたびに問題化されるに違い有りません。デジタル放送の
    コピーワンス問題も同様です。コピーワンスはまだ「実際に体験」する人が
    少ないために、問題が知れ渡っていないだけなのですから。
     
    〆にはもう一度、私が以前から繰り返している言葉を記しておきます。
     
    「制約を強めれば儲かると思っているようですが、
     制約を強めると逆に儲からなくなってしまうんですよ?」

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | コラム | | 2004/09/22 12:00


    « 35時間ロングバッテリーの「M3L」国内発売キタ!

    トップに戻る

    M3の新ファームでもm3uの認識は相変わらず »



    ▼ コメント ▼

    No.2033   投稿者 : はるやま   2006年1月27日 23:51

    激しく同意です( ・∀・)つ〃∩
    第三会議室の宇多丸師匠もギューです


    No.2034   投稿者 : はるやま   2006年1月27日 23:52

    激しく同意です( ・∀・)つ〃∩

    えらいさんがたにとって音楽なんて商売の道具でしかなかったわけですな。

    第三会議室の宇多丸師匠もギューです


    No.2038   投稿者 : cup   2006年1月31日 11:53

    いずれはDVDもコピー可の方向に絶対行きますよね。


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks