Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2004/07/21 23:59 - 2004/07/21

ワイヤレスUSBは「給電」の壁を越えられるか

カテゴリ : 雑談 タグ :

    Intel、ワイヤレスUSBを2005年に実用化へ
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0721/intel.htm
    UWB(Ultra Wide Band)という短距離高速無線通信を用いた、
    ワイヤレスUSBの実用化が迫ってきています。ワイヤレスと
    言っても実行速度は現在のUSB2.0に劣るモノではなく、半径3m以内であれば
    480Mbps、10m以内でも110Mbpsの実現が見込まれています。
     
    一見、全てのUSB機器からコードが無くなるという夢のような
    お話に聞こえますが、ふと考えると、ワイヤレスUSBでは
     
     電源の供給ができない
     
    という1つ大きなネックがあることに気が付きます。現状私たちがUSBを利用する
    シーンを想像すると、非常に多くの場面で「バスパワー」つまりUSBケーブルによる
    給電のお世話になっているのが判るでしょう。一方、ワイヤレスUSBを利用できるのは、
    機器自身の給電をACアダプタや電池などで自給自足できる機器に限られるワケです。
     
    こうした課題を認識して、ワイヤレスUSBでは「無線USBハブ」といった
    ヘンな使い方も想定されています。つまり、ACアダプタによってセルフパワー給電
    したUSBハブが無線でPCと接続されて、その無線USBハブには有線USB
    機器が繋がるという、
     
     何だか元の木阿弥のような気がしないでもない
     
    ようなお話になったりもします。まぁ、現在USBケーブルとACアダプタコードが
    両方刺さって運用されているようなUSB機器にとっては、ワイヤレスUSBは絶大な
    恩恵をもたらすことは間違いありません。具体的には、プリンタやHDDなど、
    場所を固定して使うものが優勢になるでしょうか。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2004/07/21 23:59


    « セーブ連打症、未セーブ恐怖症

    トップに戻る

    性能から利便性に軸がシフトしている映像・音楽 »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks