Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2004/07/26 23:59 - 2004/07/26

デジタル化に必死なJ-COM、TELのアナウンスの内容も・・・

カテゴリ : 雑談 タグ :

    ケーブルTVのJ-COMは、2004年4月からデジタルTVのサービスを開始していますが、
    デジタル化すると民放が地上デジタル放送(=コピーワンス)になってしまうために
    私が導入を見送ったのは先のblogのとおりです。
     
    さて、今日は有料チャネルの変更という用事があって、
    ひさしぶりにJ-COMのコールセンターに電話を掛けたのですが、
     
    ・「J-COM TVデジタルに関するお問い合わせの方は『7』を押してください」

    (・・・・間がある)
     
    あれっ?何でいきなり『7』なの?いつものメニューは??と思っていると、
     
    ・「J-COMの新規ご加入に関するお問い合わせの方は『1』を、」
    ・「J-COMガイド(冊子)に関するお問い合わせの方は『2』を、」
      :
     
    少し間があった後に、いつもの選択メニューが聞こえてきました。
    デジタルTVに関する問い合わせ以外はまるで「その他」のような・・(;´Д`)
    ここで番号を選択して、オペレータに取り次いで貰うのですが、
    電話が混んでいる場合は少し待たされることがあります。
    その場合は「お待ちくださいのテープ」が流されるワケですが、
     
    ・「ただいま、J-COM TVデジタルに関するお問い合わせが
     殺到しております為、電話が混雑しております。
     恐れ入りますがもうしばらくこのままお待ちください。
     なおJ-COMでは只今、デジタル化キャンペーンを・・・・」
     
    ウソだ! それは絶対ウソだ!( ̄▽ ̄;)
     
    いや、もしかしたら本当なのかもしれませんが、でもこのアナウンステープに
    わざわざ「デジタル放送の問い合わせが殺到」なんて文言を入れるのは
    不自然すぎです(笑) CM効果のためにワザと放り込んだのでしょう。
    そうすると本当に混雑していたのかどうかも疑わしくなっ・・・(モゴモゴ
     
    J-COMは、「デジタルレコーダで強いコピー制限が掛かること」をなるべく
    目立たせないまま、デジタルへの移行をスムースに推し進めることができるのか?
    デジタル化とコピーガードの腫れ物に触れるようなせめぎ合いは続きます。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2004/07/26 23:59


    « それはちょっと違うんだ「AirMac Express」・・・

    トップに戻る

    音楽CD、ソフトケースで収納ミニ作戦 »


    ▼ このブログの新着記事 ▼



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks