Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2004/03/23 18:14 - 2004/03/23

ウワサの「使い捨て(っぽく使ってね)フラッシュカード」上陸。

カテゴリ : メモリ タグ :

    サンディスク、コンビニで使い切りフラッシュメモリを販売
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0323/sandisk.htm
     
    海外でのリリースを見て気になっていましたが、遂に来ました。コンピュータ
    関係に長けている人なら思わず 「あれって本気だったの?!」
    と叫びたくなるような戦略商品「Shoot & Store」カード。
    日本では「FineCard」という小生意気な名前を頂戴したようです。
     
    このカード、SD、miniSD、CFの3種類がありますが、中身は各々普通に売られて
    いるものと変わりません。何が違うのかというと、説明文が違います。
     
     「デジカメで撮ったらPCに転送」とか難しいこと言わず、
     カードのまま保存しておけばいいじゃないですか(はぁと)
     
    ・・・・おもわず口があんぐり、となるかもしれませんが、彼らは本気です。
    別にCD-Rみたいな「一度書き込んだら消せないような仕組み」が入っている
    ワケではありません。彼らは、メモリを大量消費する仕組みを
    「カルチャー」として作り上げようとしているのです。
     
    この狙い、最近父親にデジカメを使わせ始めた私は、ようやく理解できつつ
    あります。というのも、コンピュータに疎い世代はどうしても、
     
     「データ」と「モノ」を切り離して考えるという基本概念
     
    を理解する土壌がありません。そのため、データがモノから離れて「転送」
    されてしまうと、その在り処を覚えておくことが非常に困難なのです。
    多少高価でも「これはアノ時の旅行の写真のカード」というように
    カードという「モノ」に関連付ければ、違和感なく管理できるというワケです。
     
    ・・・頭では判りかけていても、どうにも違和感が残る(笑)このカード戦略。
    果たして吉と出るか凶と出るか、興味深いところです。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | メモリ | | 2004/03/23 18:14


    « 「J-COM TVデジタル」と「デジタルレコーダ」を秤にかけると

    トップに戻る

    TMPGEnc 3.0 XPress with AC-3 Pack を衝動買い »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks