デジモノに埋もれる日々

Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!

« 2004年1月 | メイン | 2004年3月 »


 (2004/02/29 04:45)

SXGA+の軽量ノート Let's note CF-Y2 到着!

 カテゴリ : デジモノ タグ :

関連するblog: CK [Let's note Y2 勢い余って予約完了]
 
Let's note CF-L1に置き換わる新しい据え置きノートとして購入した
Let's note CF-Y2が発売日の2/27に届きました。
Myレッツ倶楽部の限定天板モデル(ブラック)です。
その日のうちに箱から出し、せっせとセットアップを始め、ようやく
形になってきました。このblog記事もCF-Y2から書き込んでいます。

写真をご覧になるとお判りかと思いますが、13.3インチ液晶を積んだL1と
14.1インチ液晶のY2で設置面積がほぼ同じです(幅が1cm大きいのみ)。
これはL1を購入した3年前から液晶の狭縁化が進化したことを伺わせます。
さらに、持ち上げてみるとビックリ!ですが、小さいほうのL1が2kgちょうど
なのに対し、若干大きいY2のほうがわずか1.5kg。人間の錯覚なのか、
大きいほうが軽いと、軽さが一層際立って感じます。さすがPCfan(雑誌)で
実機がモックアップ呼ばわりされただけのことはあります(笑)
ちなみに厚みのほうは、24-26mmのL1に比べ、33-46mmというY2は
やはりというか、しっかり厚い感触があります。
 
実際に表示される画面を見ると、1400×1050のSXGA+は圧巻です
L1のXGA画面と比較すると判りますが、情報量がまったく違います。
画面の面積をドット数で換算するとほぼ2倍の情報量があります。
「デジモノに埋もれる日々」を表示させてみましたが、L1では最初の1記事が
見える程度なのが、Y2では最初の2記事が見える感じ。Webブラウジングや
テキスト編集はもとより、Excelで作業する方には垂涎モノでしょう。

それ以外、前もって判らなかった部分で、いくつか気になった点を挙げます。

■使ってみて気づいた○な点
・PentiumIII 500MHzのL1でガクガクだったPRCの競馬レース映像が
 非常にスムースに再生される。CPUパワーは相当イケてる感触アリ。

■使ってみて気づいた×な点
・液晶に少し妙なザラザラ感が。ツルピカ液晶よりは良いですが、これは一体?
・キータッチがパコパコする感じ。これはちょっと不満が残ります
・USB等のコネクタ類が左側に集中。マウスケーブルを左から右に回すのが(=_=;

良い点は大体事前に予想可能でしたので、購入後に気がつく点は悪い点が多く
なってしまうのですが、全体としては十分良好な使用感と言えると思います。
我が家では当面、相当多い作業をこのCF-Y2が担当してくれることでしょう。


投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | デジモノ | 2004/02/29 04:45


 (2004/02/27 14:59)

PCありきの・・・掃除機?

 カテゴリ : デジモノ タグ :


    USBバスパワー動作の掃除機が登場
    http://www.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0402/26/news088.html
     
    電池も電源コードも要らず、USBからの電源供給だけで駆動する
    掃除機が登場。しかも価格はたったの980円です。
    しかも、キーボード掃除用と、万能ブラシの2つのノズルが、
    なんとこのお値段の中に含まれています!さらに、ターボモード
    まで付いてこのお値段ですよみなさん!暗いところも照らす
    LEDまでお付けしちゃいます!(ジャパネットたかた風に)
     
    実際、980円の掃除機のターボがどの程度ターボなのか
    ワリと懐疑的なところがありますが(;´~`) ちょっと机の周りの
    ホコリを取り払うガジェットとしてはオモシロそうかもしれません。
     
    この日本トラストテクノロジー、案外ヘンなものを作っているメーカで、
    USBメモリ付き腕時計なんていうものも作っていました。
    http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/16355.html
    半年で販売終了になったところを見ると人気が無かったのかどうか・・・。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/27 14:59

    ネットで自分の場所を”作る”ということ

     カテゴリ : コラム タグ :


      関連するblog:梅田望夫・英語で読むITトレンド
      「Blogでバーンアウトする人と、しない人の違い」
      http://blog.japan.cnet.com/umeda/archives/001044.html
      先週梅田さんの代役として書かれていた村山さんという方のblogと併せて、数回ほど
      blogのバーンアウトのあり方に関する考察がなされています。大変興味深いお話です。
       
      マイクロソフトのRobert Scoble氏のblogがバーンアウト(燃え尽きた ^_^;)事例を取り上げ、
      「disparate audiences」すなわち人生に於ける背景が全く重ならない赤の他人の大群
      と向き合うことがどれほどパワーの要ることか、ということを教えてくれます。
       
      もう1つ、似ているような似ていないようなテーマが別の場所で話題となっています。
      それが「儀礼的無関心」と呼ばれる議論です。これまた大変興味深い内容です。
      関連するblog: blue&gold02さん[「儀礼的無関心」に関するエントリーを読んで思ったこと]
       
      こちらの議論は「小さくのんびりと運営していたblogが、突然何かのきっかけで
      巨大BBSや大手ニュースサイトなどからリンクされた途端にバーンアウトする」
      という事態を問題視しているものです。村山さん、梅田さん流の表現をすれば
      「ある日突然、予期していなかったdisparate audiencesに踏み潰される」
      という危険性がすべてのサイトにある、と言うことができるでしょう。
       
       
      普段、のほほんと他愛ないblogを綴っているように見える私ですが、実は
      バーンアウトを発生させないことには最大限の注意を払っています。
      そして管理者自身が望む「サイトの活発度」を如何に「狙い通り」
      度合いに維持できるか、それがblogに限らず全てのサイトの管理者の
      腕の見せ所であると感じています。ちょっとエラソウでもあり、(スミマセン・・)
      またちょっと空論のようにも聞こえるかもしれません。こうした考え方は、私がblogを
      「個人の望んだ関係を繋ぐネットの小窓」と称したこととも関係します。
       
      まず少し単純なお話をすると、私は、断続的に訪れる「disparate audiences」に対しても、
      管理者の平常心さえ保ち続けられれば、バーンアウトに至らないようにすることができる
      と考えています。逆に言えば、「disparate audiences」によるバーンアウトというのは
      管理者が、自身の望む規模を超えた対処を試みようとした場合に発生するのでは
      ないか、という持論を持っています。blogに限らず、サイト運営者の方はおそらく何度かは、
      自分が望まない方向へのflaming(激論から醜い罵りあいに発展するコト、荒れること)が
      起きそうになった経験があると思いますが、その場合多くの管理者の方は、たいていは
      「flamingを抑え鎮めること」に躍起になるでしょう。しかし私は少し違う考えを
      持っています。それは、「鎮めること」自体は本質ではなく、本来考えるべきこととは
      「自身が望む活発度に近づけること」だというコトです。
       
      真剣な議論を燃え尽きるまでしたいblogもあれば、のほほんと個人の愚痴を撒きたいblogも
      あります。それを「blogだから」と括るのは、いわば草野球からプロ野球まで
      同じ「野球をやっている人」として括っているのと変わりありません。
      「blogなんだから他者と真面目に議論をすべきで、云々」というのは、商店街の草野球チームに
      「野球やるからには朝練でランニングを、云々」と言っていることと同じようなものです・・。
      そんな風に考えてみると、自分がサイト上でどんな”場所”を持ちたいのか、自覚することが
      できると思います。試合の日だけひょこっと集まって楽しくバットを振り回したいチーム?
      それとも勝利の為に全力で頑張って汗を流すことが楽しいチーム? ネットの「サイト」も、
      そんな「チーム・カラー」と同じです。そんな「カラー」(=望む活発度)が
      見えてくれば管理者がすべきことは自ずと判ってきます。草野球チームがプロ野球チームに
      試合を申し込んでも双方つまらないだけでしょう。逆に何故かプロ野球チームから試合を
      挑まれたとしても、ムキになって応戦することは悲惨な結果を招くに違いありません。
      そんな状況では、おそらく「できるだけ穏便に断る」といった行動が最適なのでしょう。
       
      長年「disparate audiences」に囲まれた経験の有る人は、そうした「ニオイ」を嗅ぎ取る
      ことができるようになってきます。そしてそれがサイト管理の行動にも繋がってきます。
      「あ、ここで踏み込んで反論すると、flamingのトリガを引いちゃうかな?」
      といった微妙な一線が実はあちこちに転がっているということを、次第に
      実感できるようになります。blogで言えば、「記事」「コメント」「トラックバック」といった
      自身の取った行動すべてに対して「影響範囲」がイメージできることが重要です。
       
      ここで急に話を元に戻しますが、サイト管理で重要なのは「自身が望む活発度」を保つ
      ことだというお話をしました。そのコントロールに最も必要なのが実は、すぐ上でお話した
      「自身の行動に対する影響範囲をイメージすること」だと考えています。私の印象では、
      「望まないdisparate audiences」の動きは、力を加えなければ時間と共に発散します。
      (エントロピー?^_^;) そこで管理者があらぬ影響を持つ方向に力を加えてしまうと、
      自身の望まない巨大な活発度が維持される、あるいは増加の一途を辿ってしまう可能性があります。
      すなわち「自サイトのカラーを保つ」という目的を忘れて「来訪者に対してキメ細かく対応する」
      という原則のみを徹底させた場合こそが、バーンアウトの最大の危機というワケです。
       
      ちょっと難しいお話になりました。あまり日常で真面目に考える必要はないと思いますが、
      「サイトという小窓を通じた、関係のつくりかた」というテーマにドキッと
      した方は(笑)、ときどきこんなことも考えてみても良いのではないでしょうか。
       
      最後に1つ補足すると、「望む活発度を維持する」という言葉を、バーンアウトしない
      ように抑えるという意味だけで使っていたように見えますが、現実にもっと難しいのは
      「望む活発度まで持ち上げる」ことですね( ̄▽ ̄;) サイトは力を加えつづけないと
      発散していきます。サイト管理者はやはり「マトリックスの電池」なのですね~。


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | コラム | 2004/02/27 11:39


       (2004/02/26 15:19)

      Pも来ました!P900iは2/29から発売

       カテゴリ : デジモノ タグ :


        FOMA「P900i」を発売
        http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/04/whatnew0226.html
         
        ようやくPが来ました!2月に間に合いました(=´∇`=)ノ
        関東甲信越地域は2/29(日)発売決定です。
        これでF、N、Pと、初期組に予定されていた3種が出揃うことになります。
         
        独特なカスタムジャケット付け替え方式や、FFのプリインストールなど
        待ちに待った方も多いハズ。先のニュースでドラクエ・FFは他機種(ただし900iのみ)
        にも3/1から公式配信予定ということになっていますが、2/29発売日当日に限っては、
         
         その一日は間違いなくFFはPユーザのモノです ( ̄▽ ̄;)
         
        FF曜日をたっぷり満喫してください♪ 私はといえば・・・ドラクエの操作を
        間違ってLv6のデータが消え、Lv4に逆戻りしました(;´д⊂) あ"~。
         
        SHとDは3月以降、まだ近々に出るという感じではなさそうな雰囲気です。
        カメラと液晶のSH、動画のD、「900iよりどりみどり」な世界まであと少しです。


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/26 15:19

        手振りでブンブン早送り

         カテゴリ : デジモノ タグ :


          Gyration ULTRA GT Compact Keyboard Suite
          (ワイヤレスマウス+ワイヤレス小型英語キーボードセット,ジャイロ式,USB)
          http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20040228/newitem.html#ugtk
           
          リモコン内部にジャイロセンサを持ち、「右に振ると」「上に振ると」
          といった動作に対して操作を割り当てることができるキワモノリモコンです。
          AkibaWatchの紹介文では、例としてDVDの鑑賞時に
          「上に振ると音量UP」 「右に振ると早送り」
          といった割り当て方が出来るとされていますが、なぜ早送りにブンブン
          しなければならないのかは謎。どちらかというと剣神ドラゴンクエスト
          みたいにゲーム中の動きに利用したほうがオモシロそうです(・ω・)
           
          リモコンは30m離れても大丈夫な無線式、それと18,000円近くするお値段は
          同じくワイヤレスなキーボードと併せてのお値段ですので、入力デバイスに
          コダワってしまう派にはちょっぴりオススメかもしれません。
          しかししかし、対応OSが「Windows XP Media Center Editionのみ」
          というのは凄い制限です。果たしてユーザが本当に「居る」のでしょうか・・・?


          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/26 13:12

          FOMAだって充電はUSBから

           カテゴリ : デジモノ タグ :


            FOMA充電USBケーブル ファーストエイド FC-03BL
            (何故かメーカーページが見つからないため、ご参考:楽天ショップ
             
            USBからFOMA機に充電できるケーブルです。FOMAとmovaはコネクタが違うため、
            USB充電ケーブルも当然買い換えなくてはなりません。やはり、
             
             充電はUSBからでないと落ち着きません(?)
             
            なぜでしょうね?(´ー`)
            ケーブル自体は安価ですので、2~3本持っていてもバチは当たりません。


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/26 10:15


             (2004/02/25 14:46)

            miniSD 128MBも全く問題なし - N900i

             カテゴリ : メモリ タグ :


              ネットで注文していたminiSDカードが、昨日届きました。
              RP-SS128BJ1K [ miniSDメモリカード 128MB ] 7,980円 (yodobashi.com)
               
              2ちゃんねるなどでN900iは128MBのminiSDを問題なく認識するとの情報が
              ありましたので、それを信じてイキナリの128MBにチャレンジです。
              結果から言うと全く問題なく使えます(=´∇`=) よかった。
              これで写真をメガピクセルで100枚~200枚撮りまくっても、とりあえず
              miniSDに放り込んであとでPCに移すということも可能になります。
               
              もっとも、N900iのデジカメは映りがあまり良くない?という噂もよく
              訊きます。実は私はデジカメ付きケータイを使うのはこれが初めてですので、
              「まぁケータイのデジカメならこんなモノかな・・・」という
              印象程度なのですが、確かに多少ザラついた感じの絵にも感じられます。
               
              さすがにXacti C1と比べたら惨敗なのですが
               
              それはあまりにも「比べる相手」を間違っている気がしますので・・・
              他のケータイと比べるとどうなのでしょうね(´~`)


              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | メモリ | 2004/02/25 14:46


               (2004/02/24 11:40)

              小型プリントサーバで複数のPCから印刷

               カテゴリ : デジモノ タグ :


                BUFFALO プリントサーバ LPV2-USB-TX1
                http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/item/l/lpv2-usb-tx1/
                以前から何となく欲しかったプリントサーバですが、
                店頭で目に付いたのでサクッと購入(8,200円)してしまいました。
                 
                自宅には何台かPCが散乱していますが、プリンタは当然PCごとに用意してある
                わけではなく、EPSON PM-930Cが1台、メインPCに接続されているだけでした。
                メイン以外のPCから印刷したいと思った場合、今までは
                その内容をメインPCに転送してから印刷するか、あるいはメインPCを
                プリントサーバ代わりにして常時立ち上げておくかするしかありませんでした。
                これからはどのPCからでもすんなり印刷できるというわけです。
                 
                設定は簡単。この小型プリントサーバをLANに繋げてIPアドレスを割り振り、
                サーバ名とサービス名を設定するだけで、各PCからはLocalプリンタとして
                「\\サーバ名\サービス名」を指定すれば印刷可能になります。
                 
                ただし、インクジェットプリンタというのは本来、電源を不必要に
                入れっぱなしにしておくと、ヘッドには良くない(すぐ詰まる)そうなのです。
                複数PCのLANにプリンタ1台、となるとやはりBOX型のレーザーが欲しいところ。
                 
                Canon Satera LBP-2410 定価148,000円 http://cweb.canon.jp/lbp/lineup/2410/
                 
                高い・・・、とても個人では買えませんね(´・ω・`)


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/24 11:40


                 (2004/02/23 16:53)

                N、P以外のドラクエ・FFは月額500円で・・・

                 カテゴリ : デジモノ タグ :


                  N、P以外でもドラクエやFFで遊べる~3月1日から
                  http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0402/23/news012.html
                   
                  N900iにはドラクエ、P900iにはFFがプリインストールとなっていますが、
                  プリインストールではない機種でドラクエやFFをダウンロードして遊ぶ
                  サービスがスクウェア・エニックスから発表されました。
                  サービス開始は3/1、月額利用料各々500円です。
                   
                  私は当初、N900iのドラクエも実は体験版扱いではないか?という疑いを持っていて、
                  「継続して遊ぶにはスクエニで登録を…」 と言われかねない
                  と本気で思っていたのですが、どうやらそれは杞憂だったようです。
                  Nを買えばドラクエが、Pを買えばFFが無料で遊べ、それ以外の
                  組み合わせでは月額500円を払い続けるという図式で確定のようです。
                   
                  他機種でのドラクエ・FFを望んでいた方には少し厳しい条件である一方、
                  NとPの「ドラクエ需要」「FF需要」は強まるかもしれません。
                  月額500円では躊躇する方も多いと思われますが、もしこれが買い切りで
                  1,980円だったら飛びついた人も多いのではないでしょうか。
                  確かiモード公式メニューは高額決済を許していないと思いました故の
                  小額の継続支払いなのでしょうが、やはり継続支払いには抵抗感があります。
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  2004.02.23 追記
                   
                  未確定情報すみません。ドラクエ・FFの課金方法について諸説が飛び回っており、
                  「ダウンロードするのに500円必要なだけで、
                   以後は会員登録(最低100円/月)さえ消えなければOK」

                  という説も出ているようです。
                  正確な情報がありましたらまた後ほど補足させていただきます。(≧~≦)m


                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/23 16:53

                  N900i使用1日目。QVGA画面だけで十分満足な小市民( ̄▽ ̄;)

                   カテゴリ : デジモノ タグ :


                    昨日10時に手続きを行い、19時に入手したN900i、只今所有16時間
                    まだ良い悪いを判断できるほど使い込んでいませんが、概ねやりたいことは
                    できるようになりました。
                     
                     ・じゃあ「デコメールってどうなの?」とか、
                     ・たしか「FLASHが見られるんだよね~?」とか、
                     ・「キャラ電でピカチュウがメールを伝えるピカ~♪」とか、
                     
                    ・・・すみません使っていません(;´Д`) ゴメンナサイ。
                    私がFOMAにしたかった理由は純粋にパケット料金の安さが目的でして、
                    実は900iでなくてもよかったのです。ただ、どうせFOMAにするなら
                    最新機種が出てから・・・というコトで。通信料とパケットパックのお話は
                    関連するblog: CK [遂に発表『新FOMA機』。これを待ってました!]のとおり
                    基本料3,900円+パケットパック40(4,000円)のセット79です。
                     
                    勿論、パケット料金だけが取り得ではありません。私はN504iからのジャンプ
                    でしたので、QVGAの精細画面(写真1)はかなり衝撃です。従来iモードで掲示板
                    を見る際には10文字×10文字(100文字)の狭い枠で見るしかなかったのですが、
                    N900iでは15文字×15文字(225文字)で表示できますので、
                    全くの別世界といって良いほど快適です。900iに限りませんが、掲示板などを
                    ケータイで見る人にとってQVGA端末は必須とも言えるでしょう。
                     
                    ドラクエ(写真2)も現在Lv6まできて、「ギラ」を覚えました(笑)
                    まあよく出来ています。ドラクエ1の単純移植と言いつつ、セリフは漢字有り
                    ですし、「ちゅうだんのしょ」でどこでも簡易セーブできるのもイイですね。
                    試しに飽きるまでは続けてみます。ちなみにiモード公式メニューには
                    まだ「ドラクエ」「FF」はありません。F900iで出来るのはもう少し先のようです。


                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/23 12:00


                     (2004/02/22 22:31)

                    FOMA N900i早速ゲッツしてきました~!

                     カテゴリ : デジモノ タグ :


                      関連するblog: zaines03さん [N900i発売日]
                      関連するblog: CK [N900i発売日、関東甲信越では2/22決定!!]
                       
                      待ちに待った2/22のN900i発売日、AM10時過ぎに地元のジョーシン電機に赴いて
                      訊いてみると普通に買えるとのこと(おお!)、オレンジでお願いすると
                      奥に行って調べモノをして、あと1台でしたとのこと(おい)。
                      すんなり契約を済ませてFOMAゲッツ完了です(=´∇`=)ノ
                      movaからの機種変更で27,800円のところ、
                      ドコモの若者割引キャンペーンに引っかかって
                      22,800円で買えてしまいました。これはちょっとホクホク。
                       
                      zaines03さんのblogでITmediaの記事が参照されていましたが、
                      都内では午前中で売り切れ続出! 入手はかなり困難だった様子が
                      うかがえます。こういうときは同じ東京でも郊外のほうが良かったようです。
                       
                      ひとまず今日は説明書を一度も開けずに判る範囲でいろいろお試し。
                      iモードでWebを見るのにも細かい文字で表示できるなど、小さい改善点で
                      感動している最中です(笑) もちろんドラクエもちょこっとだけお試し中です。
                       
                      (写真はN504i(左)とN900i(右)、旧機種は好きにしてくださいとのこと(´~`))


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/22 22:31


                       (2004/02/20 15:26)

                      SanDisk 1GB SDカードを発注してみました

                       カテゴリ : メモリ タグ :


                        1GBのSDカードを探し回っていた最近ですが、当初期待していた
                        GREENHOUSE製のカード GH-SDC1GD (関連するblog)は8万円以上
                        という価格で落ち着いている感があり、とても手が出ませんでした。
                         
                        Akiba PC Hotline!にもT.ZONEへの入荷記事が載っていましたが、
                        http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20040221/newitem.html#sd1g
                        「世界で30枚しか出回っていない」という衝撃的な一文が・・・。
                        それって量産というよりサンプル品流通みたいなものでは(;´Д`)
                        というわけで、当分はまともな価格に下がってこないことが判ってきました。
                         
                        そこで、SanDisk製に目を移し、米国内のみで発売を開始したというSanDisk製
                        1GB SDカードを、海外からオンラインショッピングで入手することに。
                        こちらは全部で400ドル程度と、まともなお値段であります。
                        本日とりあえず注文と支払いを行いました。うまくすれば来週中には手元に
                        届くことになります。「HyperHyde Exrouge」や「Xacti C1」など、
                         
                         試してみたい機種はいっぱいありますので
                         
                        すんなり配送にこぎつけられることを祈っている最中です。
                        ショップの表記では、早ければ2/24から出荷できると書いてありました。
                        (写真はSanDiskのサイトのofficial imageより)


                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | メモリ | 2004/02/20 15:26


                         (2004/02/19 16:11)

                        N900i発売日、関東甲信越では2/22決定!!

                         カテゴリ : デジモノ タグ :


                          FOMA「N900i」を発売
                          http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/04/whatnew0219a.html
                           
                          遂に来た!きました!
                          Fは2/6から販売されていますが、Nは2/22から発売決定です。もしかして今週は
                          熱い取り合い(?)がありそうな予感も・・・私も巻き込まれざるを得ません。
                           
                          今日は発表の気配があったので、ずーっとドコモサイトを張り込んでいました(笑)
                          ImpressやITmediaよりも先にニュースお届けです('◇')ゞ
                           
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          2004.02.20 追記 - 新宿ヨドバシにて
                           
                          店「N900iはですね~、すみませんまだ未定なんですよ~」
                          CK「いや、実はついさっき発表があったんですよ。2/22だそうで。」
                          店「え!ホントですか?だったら発売日には間違いなくお出しできると思いますよ」
                          CK「おぉ、ちなみに予約とかって出来ますか?」
                          店「スミマセン!予約は一切扱っていないんですよ。900は数も少ないし、
                           当日にお並びになる方もいらっしゃるくらいで・・・」
                          CK「なるほど・・不安なら当日に並ぶしかないワケですね(´・ω・`)」
                           
                          当日は人が多そうな新宿・渋谷あたりに行くより、むしろ郊外のショップに
                          ひょこっと顔を出してみるほうが良さそうな気がしました。


                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/19 16:11

                          MediaWiz Plusが登場。課題のリモコン克服?

                           カテゴリ : デジモノ タグ :


                            バーテックス、Ethernetプレーヤーの新モデル「MediaWiz Plus」
                            -USB HDDに対応し、新型リモコンを採用
                            http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040219/vertex1.htm
                             
                            PCに蓄えた映像データをネットワーク経由で再生できる「MediaWiz」の新版が
                            2月末から販売になります。従来品との違いは、
                             
                             ・デザインの一新
                             ・USBコネクタ装備により、USB-HDDなどからの直接再生が可能
                             ・リモコンがカード型からちゃんとしたリモコン(?)に
                             
                            現版のMediaWizの大きな弱点がリモコンにあったことは良く知られていますが、
                            遂にはた目にはまともそうなリモコンに付け替えてきました。
                            これでMediaWizの弱点はほぼ克服されたと言って良いでしょう。
                            (802.11gの無線LANが使えればカンペキだったのですが、未対応でした)
                             
                            私もフラフラとMediaWizユーザになってしまうかもしれません(`・ω・´)b


                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/19 15:43

                            つばめマウス開業。実用度は聞かないで・・・

                             カテゴリ : デジモノ タグ :


                              ・JR、九州新幹線開業記念「つばめマウス」を限定販売
                               ~USBメモリ「つばめEasyDisk」も
                               http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0218/jr.htm
                              ・関連するblog: ねこはちさん [つばめマウスと・・・]
                               
                              九州新幹線「つばめ」の3/13開通を記念した「つばめマウス」が
                              限定5,000個、4,200円で販売されます。2/20より予約受付開始です。
                              このblogでは九州新幹線の採算性がどうたらのお話はNGワード!
                              として、マウスとしてのみ注目してみたいと思いますが、
                               
                               どうですか、この使いにくそうなマウスは・・・
                               
                              写真だけですので詳細は判りませんが、これってあの先端の鼻みたいな部分が
                              左右ボタンに見えるのですが・・、まさか本当にあれがボタンなのでしょうか?
                              あんなに先端の小さいボタンだけでは何とも押しにくそうです。
                              全長は117mmとありますから、平均的なマウスの長さと変わりません。
                              そして写真から比率を計算するとボタン部分の長さは全長の1/17、つまり
                              ボタン長 7mm弱という西郷どんもビックリのマウスです。
                               
                              いや・・・もし本当にあれがボタンだったら使えませんよこのマウス・・・。
                              どうしてあんな形状になっているのかと言いますと、九州新幹線のページ
                              行って見れば判りますが、なるほど、本物ソックリですね(;´~`)
                              要は、記念品だから実用マウスだと思うな、コレクター品だと思え、
                              ということでしょうか。正直、どこまで使いにくいのか使ってみたい気も・・・。


                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | デジモノ | 2004/02/19 10:29


                               (2004/02/18 15:28)

                              Let's note Y2 勢い余って予約完了

                               カテゴリ : デジモノ タグ :

                              「マイレッツ倶楽部 Let's note Y2 紹介ページ」http://www.mylets.jp/y2/
                              今まで隠していませんでしたが(←?)、私はかなりの「れっつらー」
                              (Let's noteユーザ)です。所有のノートPC2台はいずれもLet's noteでした。
                              vaio派やThinkPad派の方とは宗教戦争でも始まりそうな感じですが、
                              LaVie派やBIBLO派というのはあまり聞きません・・・何故でしょう・・・?
                               
                              それはさておき、1/27に14.1インチ液晶、デカ軽ノートの「Y2」が発表され、
                              それと同時に従来機種の「W2/T2/R2」の3機種も802.11gを追加したマイナー
                              VerUPが施されました(→ITmedia記事)。私はL1とR1を所有しているのですが、
                              L1の置き換えとしてY2とW2のどちらかを買おうか、ここ数日悩んでいたのです。
                               
                              Y2の魅力は何と言っても14.1インチ液晶とSXGA+(1,400×1,025)表示。
                              軽さ(1.5kg)はまずます。むしろ33~46mmという厚みが難点とも言われています。
                              一方のW2は「モバイルもできる2スピンドル」、機体もコンパクトかつ軽量ですが
                              L1の代替としては、13.3→12.1という液晶サイズダウンが気になります。そこで、
                               
                              「モバイル用にワザワザR1を買ったんだから、もう1つは据え置き用で」
                               
                              と割り切ることにし、Y2の予約注文を確定!。オンライン予約のみの
                              カラー天板指定でブラックを選び、メモリは増設して512MB、HDDは標準の40GBで、
                              合計267,300円(税込280,665円)の大物買いになりました。初回出荷に間に合ったようで、
                              配送予定は発売日前日の2/26になっています。このblogでもレビュー予定です(=´∇`=)


                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/18 15:28

                              クマさんがあなたの気持ちを代弁?!

                               カテゴリ : デジモノ タグ :


                                アクションで気持ちを伝える? 「IPロボットフォン」
                                http://bb.watch.impress.co.jp/cda/items/
                                 
                                イワヤ株式会社から発売の、対になったクマさんが連動するIP電話ガジェット。
                                研究開発元はCASTIという、どうやら東大の研究成果を事業化する為の
                                東大出資のユニットらしく、舘教授のグループによって開発されたものを
                                事業化した製品だそうです。→そのページはこちら
                                 
                                クマの中に埋め込んだマイクを通じて話す普通のIP電話なのですが、
                                クマの6箇所の間接(両手、両足、首と、、、あとは背骨?)が自由に動き、
                                それに合わせて通話先のクマさんも同じようにリアルタイムで動きます。
                                また、クマさんの動作を添付したメイルを作成することもできます。
                                クマさんの「ゴメンナサイ攻撃」は確かに効くかもしれません。
                                 
                                そうはいっても、実際にどの程度動くのかは気になるところ。すると、
                                CASTIのサイトに、実際に動かして見せているムービーを発見しました。
                                http://www.casti.co.jp/kenkyu/robot-phone.html
                                 
                                 おお!結構自由に動くじゃないですか!イイかも!?
                                 
                                動いているところを見ると結構感動モノです。ただ、遠隔側で動いている
                                クマさんは確かにカワイイのですが、それを制御している送信側のほうは・・、
                                「首を振るクマさん」の場合、首根っこ掴まえてグイグイと(;´Д`)
                                ムービーの最後にクマさんの動きがヘタってきたのはその所為でしょうか(笑)
                                 
                                それにしてもなかなか面白いガジェットです。所有欲をそそられます。
                                肝心のお値段のほうはというと、1体ずつで38,000円です。
                                 
                                ・・・・・・・、えっ?!


                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/18 13:52


                                 (2004/02/17 16:15)

                                糸でんわの未来のカタチ?

                                 カテゴリ : デジモノ タグ :


                                  タカラ、IPv6対応“糸電話”を年内発売
                                  http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0402/16/news053.html
                                   
                                  タカラが思い描く未来の糸電話、それが「IP糸テレフォン」
                                  余計なお世話かもしれませんが、「(仮称)」とかは付いていません。
                                   
                                  製品版もこの名称のままですか?? いえ・・・何でもありません。
                                   
                                  この「IP糸テレフォン」・・・長いので「糸テレ」と勝手に略させて
                                  いただきますが(;´Д`)、受話器と土台はクルクル線で繋がっていて、土台の
                                  ほうにEther端子が備わっています。この土台をEtherでネットに繋げれば、
                                  別の場所で繋がっているペアの「糸テレ」と即座にお話ができるというモノ。
                                  そんなのMessengerでもできるし・・・などという野暮な突っ込みは
                                  してはいけません(笑) これは「パソコンの設定なんて全然判らないよね~」
                                  という人たちが自然にネット・ガジェットを使う時代を想定したオモチャです。
                                   
                                   1、あっちでコネクタを「カチャッ」
                                   2、こっちでコネクタを「カチャッ」
                                   3、『もしもし~?』『はいは~い』
                                   
                                  という極少ステップ数にこそ意味があるワケです。
                                  そのためもあってか、完全にペア機器同士の通信以外はできません。
                                   
                                  内部ではIPv6での通信を行っていますが、IPv6のアドレスそのものを通信先
                                  特定に使っているわけではなく、m2m-xの管理サーバが一度仲介して、相手先
                                  を探します。そこから先は完全に端末間の直接通信になります。
                                   
                                  タカラは年末までにセットで1万円以下で商品化したいとしていますが、
                                  IPv6を大衆が気軽に利用できる環境が果たして2004年末に整っているでしょうか?
                                  せっかくの「カチャッ」「カチャッ」→「もしもし~」の簡単電話も、
                                  ・「お客様ご契約のISPのIPv6対応状況をお確かめの上・・・
                                  ・「お客様がお使いのADSLルータの型番をお確かめの上・・・
                                  では意味がありませんので、タカラも市場の動きに気を揉んでいることでしょう。


                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/17 16:15

                                  音楽の輸入権に絡む著作権法改正について

                                   カテゴリ : コラム タグ :


                                    ・海外生産の邦楽CD、国内への還流禁止 著作権法改正へ http://www.asahi.com/business/update/0216/038.html
                                    ・輸入盤を「非合法化」する著作権法改正 http://japan.cnet.com/column/pers/story/0,2000050150,20062931,00.htm
                                    ・関連するblog: majiさん[海外生産の邦楽CD、国内への還流禁止 著作権法改正へ]
                                    ・関連するblog: けんたろさん[音楽 CD に対する「輸入権」導入問題について]
                                     
                                    日本のレコード会社の許可を受けて、日本のアーティストのCDを台湾や中国で
                                    生産し、現地の適正価格で販売する、音楽の正規の輸出ルートがあります。
                                    同じ品質のCDでも、ご当地の相場を勘案して、台湾では1,300円程度、中国では
                                    600円~800円
                                    程度の値がつくのが普通です。すると、これを日本に逆輸入すれば、
                                    国内で格安のCDを販売できることになります。現状、これは法律違反ではありません。
                                     
                                    「アジア各国の物価に合わせて少し安めにライセンスしてやってるのに、
                                     逆輸入して親元にケンカを売るとは何事だ!
                                     
                                    ということで、この逆輸入(還流)を法律的に止められる手段を作ろうというお話です。
                                    実際、現地生産をライセンスした企業が逆輸入に手を染めているのであれば、
                                    ライセンスを剥奪すれば良いだけのお話で、ビジネス契約の問題だけで済むのですが、
                                    現地ライセンシの手を離れてから販売店などの流通路で束ねられて日本のバイヤに
                                    流された場合はそうした契約では止め様もありません。従って、「法律」という形で
                                    水際でのストップを掛けるしかないという結論に至ったのだと思われます。
                                     
                                    音楽の販売という既得権を、他者に邪魔されることなく完全にコントロールしたい、
                                    という既存流通会社(レコード会社)の利益だけが目的で作られた法律ではないか?と
                                    不満の声が上がるのも無理はありません。「CDは3,000円」という、価格競争とは無縁の
                                    世界こそがこの業界の支えでしたから、その仕組みを流通会社は常に堅持したがり、
                                    消費者は常に壊したがってきたという、対立の姿勢を更に強めてしまった格好です。
                                     
                                    ところでDVDやゲームには「リージョン」がありますが、あれは正にここで話題になって
                                    いるコントロール機能を実現しているものです。CDというメディアは長い歴史を持った
                                    古いメディアであるために、そうした機能を埋め込む術が無かったというだけであって、
                                    仮にSACDなど新メディアへの移行が進んでいたとしたら、音楽でも「リージョン」が
                                    当然のように存在する世界になっていたでしょう。そう、「流通戦略のために」です。
                                     
                                    さて私は、著作物が著作権者(≠レコード会社)にとってコントローラブルである
                                    ことは特に不自然なことではないと思っています。例えば、とある歌手が、
                                     
                                    ウチ、スカした関東モンが嫌いやから、関西で生まれたいう証拠見せれば
                                     ウチのCDを1,800円で買えるで。そんかわり関東モンには2,500円や」
                                     
                                    といった暴挙を貫いたとしても、それによる批難を甘受して余りある何らかの理由で
                                    絶対にそうしたいのであれば、そのコントロールが可能な世界は有り得ると思います。
                                     
                                    ただし、「コントロールしてもよい」と、「コントロールしても嫌われない」は
                                    同じではありません。上の例はワザとそれをほのめかして見せました。コントロールをした
                                    「理由」ではなく、コントロールをした「結果」が消費者にとって不条理であれば、
                                    その消費者からは嫌われるということは覚悟しなければなりません。長い間既得権を固持
                                    してきた音楽業界は、この点を無意識に甘く見ているところがあるように見受けられます。
                                     
                                    それは「娯楽は音楽だけではない」「音楽は人間の必需品ではない」という
                                    現実が正しく見えているか?という問題にも繋がってきます。
                                     
                                     音楽を欲しがる人が減るハズはない。音楽は人々に無くてはならないモノなのだから。
                                     CDを3,000円でしか買えない状況ならば、人々は仕方なく3,000円を出すだろう。
                                     そして昨年と同じ品質のCDを出せば、昨年と同じ枚数が売れるハズなのだ。
                                     
                                    と・・・、まるで娯楽としてのライバルが居ないかのような前提で振舞っているように
                                    見えます。だからこそ、売上が下がったときも「我々は今までと同じようにやってきた
                                    のだから売上が下がるハズがない。なのに下がったということは、原因は海賊版だ」と
                                    いう「楽な帰結」に向かいがちです。実際には消費娯楽の奪い合いがあり、
                                    人々が娯楽に費やすことのできる有限なお金を、沢山の娯楽業界が奪い合っているのです。
                                     
                                    少なくともネット接続(2,000円/月~)とケータイ(4,000円/月~)が登場し、娯楽費用から
                                    問答無用でCD2枚分/月が削られています。音楽業界は今後、こうした様々な敵と
                                    大衆娯楽のポジションを争って進化していかなければならないのです。頑なに再販制度に
                                    拘ってポジション争いから脱落した身近な例が「読書」です。読書を趣味として楽しむ人
                                    は激減しました。私は真剣に、音楽がいずれ同じようになるのではないかと想像しています。
                                    勿論そうならないことを願っていますが、レコード会社が「現状を如何に維持するか」に執着する
                                    姿勢を続ければ、「それ」はそう遠くないうちに訪れるでしょう。音楽は必需品ではないのですから。
                                    私たちも「有限の娯楽資金」を何に使ったらいいのか、じっくり考えて選択していきましょう。


                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (1) | コラム | 2004/02/17 13:21


                                     (2004/02/16 11:25)

                                    本当にやっている人がいた!”DIMM型”チョコ

                                     カテゴリ : 雑談 タグ :


                                      関連するblog: CK [見事チョコレート風にラッピングされてます]
                                      のコメントで、はおりさんが
                                      『メモリをチョコで作ってあるなら、アキバ系の人に爆発的に売れたかも。』
                                      とおっしゃっていましたが、本当にやっている人がいました・・・。
                                       
                                      孤独なバレンタイン克服に向けて~ある女IT戦士の作戦
                                      http://www.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0402/13/news063.html
                                       
                                      ダメだ・・キレ過ぎてます( ̄▽ ̄;) この人の記事に批評は無用です。
                                      有る意味スタパ斉藤以来の大物かもしれません(笑)
                                       
                                      IT戦士たるものチョコもDIMM型に・・・とまでは良いのですが、
                                      アルミホイルでいい加減に型取ってチョコを流し込んでいるだけですか!
                                      出来上がったチョコも何だかいびつで、そのチョコには
                                      何だかヘンなものも混ぜ込んでいるし・・・。
                                       
                                       『 入荷したてのPrescottコアのPentium 4を2人お揃いで買って、
                                       「寂しくなったら“システムのプロパティ”でCPUを確認して
                                       キミのこと思い出すね」なんて言われちゃったりして。 』
                                       
                                      ・・・突っ込みようがありません(;´Д`) 面白すぎです
                                      末永く今のテンションを保ちつづけてくださいお願いします。
                                       
                                      関連するblog: CK [せつない・・・せつな過ぎるよ『線メリ』]
                                      関連するblog: CK [新生「ITmedia」もこの人から始まるのか( ̄□ ̄;)]


                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2004/02/16 11:25


                                       (2004/02/15 02:02)

                                      キレイに撮り隊、試してみました

                                       カテゴリ : デジカメ タグ :


                                        関連するblog: CK [キレイに撮りたい!でも・・・]
                                        コクヨのデジカメ向け商品撮影キット「キレイに撮り隊」、
                                        売っているところを必至で探したところ、楽天の検索で引っかかりまして、
                                        ようやく手に入れることができました。ただしお値段は定価そのまま、
                                        スタジオMサイズが6,500円、ライトが6,000円です。
                                        (三脚は小さいのを1つ持っていましたので購入は控えました)
                                         
                                        折り畳んだ状態ではバッグのようになり、持ち運びはモチロン、
                                        普通に片づけるときにも場所を取らないのが好感が持てます。
                                         
                                        組み立ては非常に簡単で、3つの部品をペタペタをくっつけて
                                        いくと、写真のとおり小さなテントのようになります。
                                         1)土台となる板(3つ折り)
                                         2)土台にマジックテープで張り付く薄い色マット(表=青・裏=灰)
                                         3)同じく土台にマジックテープで張り付く天井の白布
                                        Mサイズでも、組み上がってみると思ったより大きいです。
                                        幅50cm×高36cmくらいありますので、ノートPCくらいなら全く問題ありません。
                                        花などの撮影はLサイズ(幅70×高50cm)のほうが良いでしょう。
                                         
                                        ライトはかなり強力な白色光を出します。被写体に直接当てるというよりは
                                        天井の布を通して柔い光を当てるのが正しい使い方と思われます。
                                        実際、ライティングに関しては1本だと自由が利かないところもあり、
                                        まぁ本格的にやる気がなければ「なくてもいいや」的なところもあります(笑)
                                        これはテント布も同様で、小さなデジモノを撮影するだけなら、下敷きの
                                        青い布だけあればそれでもいいや、というシーンが多いハズです(´~`)
                                         
                                        そう言ってしまってはミもフタもないとも言えますが、逆に言えば必要な
                                        部分だけ必要なときに使える(毎回フルで組み立てなくても良い)のも
                                        利点と言えます。少なくとも私はデジモノ撮影の時に重宝しそうな感じです。
                                        ただ、スタジオ+ライトで12,500円はお世辞にもお買い得とは言えませんが・・。


                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (2) | デジカメ | 2004/02/15 02:02


                                         (2004/02/13 13:56)

                                        Xacti C1にカラー2機種追加

                                         カテゴリ : デジカメ タグ :

                                        三洋、MPEG-4ビデオカメラ「DMX-C1」に新色を2色追加
                                        -ミッドナイトブラックとアーバンレッド
                                        http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040212/sanyo.htm
                                         
                                        SANYOのデジカメはマニアの間の隠れた名機みたいな扱いを受ける
                                        モノが多いような気がしますが、Xacti C1は稀に見るSANYOの
                                        メジャー機になった感があります。その売れ行きを物語っているのか、
                                        初版のシルバーから4ヶ月後になってカラー版2機種(黒・赤)が追加発売
                                        されます。3/7から出荷予定です。私のようなシルバーのユーザとしてみると、
                                        絶対赤のほうが欲しかったとも思うのですが、既に3ヶ月ほどXacti C1
                                        を使い倒した恩恵を考えるとそこまでゼイタクも言うまい、という感じです。
                                         
                                        実際、Xacti C1はかなり満足度の高いオモチャです。ですが、
                                        1台目のデジカメとしてはオススメしにくいですので、ご注意を。
                                        静止画をしっかり撮れるデジカメを1台目としてお持ちの方には、
                                        2台目の「遊べるデジカメ」としてはっきりオススメできます(=´∇`=)
                                         
                                        それにしても「ミッドナイト・ブラック」と「アーバン・レッド」です。
                                        カラーのネーミングって何でもアリ?なのでしょうか?
                                        「スキヤキ・ブラウン」とか「ゴマダレ・ホワイト」とかでもOK?
                                        最近はケータイや家電製品なども偉そうな名前の色ばかりなのですが(^_ ^;
                                        普通に「ブラック」「レッド」では物足りないお年頃なのでしょうか~。


                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジカメ | 2004/02/13 13:56

                                        あなたが近づくとロック解除!

                                         カテゴリ : デジモノ タグ :


                                          サンコー Wireless PC Lock(KW-101)
                                          http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20040214/newitem.html#wpclock
                                           
                                          ちょっと異色なPCセキュリティアイテム。PCにUSBの無線受信部をセットし、
                                          自分自身は無線送信部となるバッジを持ち歩きます。するとバッジの持ち主が
                                          PCから2m以上離れると自動的にPCにロックが掛かる
                                          という仕組みです。もちろん受信部を引き抜いてもロックが掛かります。
                                           
                                          「オフィスでPCをロックしたい、でも毎回戻る度にパスワードを打ち込むのは
                                          面倒くさい」とった利用シーンが考えられますが、そこまで職場の同僚に
                                          信頼が置けないオフィスというのもどうなのかと思ったり・・・。
                                           
                                          メーカのウリ文句はこれです。
                                           
                                          『 パソコンが勝手にロックされたり、ロック解除される様子に
                                           同僚もびっくりすること間違いなし! 』
                                           
                                          やっぱりビックリドッキリメカの類だったのか・・・(;´д⊂)


                                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/13 10:25


                                           (2004/02/12 18:19)

                                          デジカメで大活躍、CR-V3電池

                                           カテゴリ : デジカメ タグ :


                                            Olympus CAMEDIA C-750 UltraZoom を購入したのは2003年6月でした。
                                            あれからはや8ヶ月、とんでもないことに気がつきました。買ったときに
                                            付属していたCR-V3電池が、まだ切れていないのです。
                                             
                                            使用頻度は多いとは言いませんが、それでもこのデジカメで撮った枚数は
                                            数百枚は下りません。思えば昨年の秋、F1観戦で鈴鹿に持っていった時も、
                                            途中で電池が無くなってはマズイと思って予備のアルカリ電池を4セット(16本)
                                            持参したのに 結局一度も入れ替えなかったことを思い出しました。
                                             
                                            調べてみると、一般的なアルカリ電池に比べて4倍~5倍の威力があるようで、
                                            アルカリ電池4本使った場合は150枚程度の撮影で尽きるのに、
                                            CR-V3電池2本の場合は600枚以上撮影可能だそうです。
                                             
                                            というわけで、CR-V3電池を2セットぶん買い置きしておきました。
                                            お値段もそれなりで、アルカリ4本380円のところ、CR-V3は2本で1,780円。
                                            コストパフォーマンス的にはあまり変わらず、実はNi-MH充電池を用いるのが
                                            最も経済的ということなのですが、デジカメの場合、コストパフォーマンス
                                            よりも出先でブラックアウトする可能性を減らすほうが優先度高い
                                            という印象です。予備電池を何セットも持ち歩くのも滅入りますしね~。


                                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジカメ | 2004/02/12 18:19

                                            蓄積型放送サービス「ep」、3月末でサービス終了

                                             カテゴリ : レコーダ タグ :


                                              世界初“蓄積型双方向放送”、終焉へ
                                              http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0402/10/news079.html
                                               
                                              夢の蓄積型配信と言われた「ep」ですが、道半ばで力尽きました。
                                              epの蓄積型放送チャンネル「epチャンネル」は3/31で終了します。
                                              一般CSチャンネルとしてリアルタイム配信していた「ep055」「ep056」は
                                              継続放送されます。epステーションは「epチャンネル」が見られなくなる他は
                                              今まで通りBS/CSデジタル用HDDレコーダとして機能するそうです。
                                               
                                              「ep」失墜の原因はやはりコンテンツの魅力不足でしょう。
                                              チャンネル過多時代の現在、様々なチャンネルが良質コンテンツを奪い合って
                                              いる状態ですが、その中で結局のところ「魅力」を提供していると言えるのは
                                              従来の地上波放送チャンネルとスカパー1くらいです。
                                              「epチャンネル」自体に魅力が無いのは勿論のこと、「epステーション」は
                                              地上波放送、スカパー1のいずれも録画できない「デジタル専用機」でした。
                                              誰も観もしない番組の録画機能は要らなかったワケですね(;´~`)
                                               
                                              逆に何故、良質なコンテンツを蓄積型放送に誘致できないのか、あるいは
                                              地上波放送を無理矢理エンコードして蓄積型のように扱えないのか、という
                                              疑問もありますが、それはコンテンツ提供側から見れば、「採算が見込めるのは、
                                              より不自由なメディアを使った放送だ」という事情がある為です。
                                              スポンサーは常に「視聴者に無理矢理CMを観せる」という前提があってこそ
                                              良い番組を作る資金をジャブジャブと提供できるのですから、視聴者にとって
                                              便利すぎるメディアに移行するのは高リスク以外の何者でもありません。
                                              同じ理由でブロードバンド放送にも、良質なコンテンツがやってきませんね。
                                               
                                              epはいわば出資者である松下/東芝/ソニー(途中離脱)の放送実験だったと
                                              言っても過言ではないでしょう。広告モデルに代わる新しいお金の流れをどう
                                              作れば良いか、失敗を教訓にして、また次のチャレンジをして欲しいものです。


                                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | レコーダ | 2004/02/12 15:34


                                               (2004/02/11 15:06)

                                              1GBのSDカードを探して

                                               カテゴリ : メモリ タグ :


                                                今のところ発表があった1GB SDはGREENHOUSE(当初1月末予定)と、SanDisk(1/27出荷開始?)
                                                だけですが、最初にGREENHOUSEの1GBに98,000円という破格値を付けたyodobashi.comは
                                                未だ在庫状態は「お取り寄せ」で、実質まだ出荷をしていないようです。
                                                 
                                                昨日、モバイル専科のメルマガ(1/8号)で55,800円で予約受付中(だった)
                                                http://www.melma.com/mag/27/m00000427/a00000796.html
                                                との記載を見つけました。そこで早速メイルで連絡してみたところ、「GREENHOUSEから
                                                出荷の遅れが通達され、実質、出荷時期未定状態」なのだと教えてくれました。
                                                しかしここはyodobashi.comよりも現実的な値段を予定しているのは確かのようです(^_ ^;
                                                 
                                                一方のSanDiskですが、国内はまだですが、米国の動きはというと、
                                                http://www.flash-memory-store.com/sansecdigsdc.html
                                                例えばここの店は449.95ドル2/10から出荷開始できると書いてあります。ただし、
                                                米国、カナダ、ヨーロッパ以外の国への配送が最大21日掛かる(!)という記述が…。
                                                 
                                                いずれにせよ、1GB SDカード「そろそろ?」という感じです。鋭意探索中です。
                                                相場が10万円なんてことは避けられそうですのでホッとしています(笑)


                                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | メモリ | 2004/02/11 15:06


                                                 (2004/02/10 16:09)

                                                見事チョコレート風にラッピングされてます

                                                 カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                  ・元ネタはやじうまWatch「美しい人生に、T・ZONEのチョコレート風メモリを」
                                                  ・T.ZONE「今年のバレンタインはいつもと違うチョコレートは如何ですか?」
                                                   http://www.tzone.com/diy/topics/event/valentine/valentine.jsp
                                                   
                                                  T.ZONEのバレンタイン企画、メモリをチョコ風にラッピング!
                                                  元々メモリは外部の帯電防止のため金属系の袋で包まれていることが多く、
                                                  「チョコを包む銀紙に似てるじゃん」「それいただき!」
                                                  くらいのノリだったことは想像に難くありません。
                                                   
                                                  それにしても良く出来ています。表面のプリント内容はこんな感じ。
                                                  真ん中に大きくイタリックで「Memory」 モデルは「Meiji」?
                                                  「汎用メモリーモジュール」「High Performance」「DDR MEMORY MODULE」
                                                   
                                                  通販限定につき、いろいろ注意書きがありますが、
                                                   
                                                   『ご購入前には彼にそれとなくマザーボードの型式を聞いておきましょう』
                                                   
                                                  それは不自然すぎ!
                                                  自然な会話の流れでマザボ型番を聞くなんて驚きです。(;-_-)b


                                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/10 16:09


                                                   (2004/02/09 18:07)

                                                  gooラボの自然文検索はどんな感じ?

                                                   カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                    関連するblog:jp1bxxさん[「質問文」で検索可能な検索エンジン]
                                                     
                                                    どんな疑問もすぐに解決? goo、日本語自然文検索
                                                    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0402/06/news044.html
                                                     
                                                    gooの中に新しい検索の可能性を実験する「gooラボ」というページがあり、
                                                    そこで3月末まで自然文検索の実験を行っています。
                                                    「いつ?」「だれ?」「どこ?」といった問いかけの種別を判別、
                                                    Webサイトの検索結果の中から答えらしきものを抽出するという仕組みです。
                                                    excite翻訳と同じくネタの宝庫になること間違いありません(;´-`)
                                                     
                                                    試しに検索してみました。『2003年の有馬記念の勝ち馬はだれですか?』
                                                     
                                                    1. 「馬」じゃないよね?
                                                     →馬に決まってるでしょ!!!
                                                    2. 「シンボリクリスエス」じゃないよね?
                                                     →正解!もっと自信を持って!
                                                    3. 「有馬」じゃないよね?
                                                     →それは違うと思う
                                                    4. 「マンハッタンカフェ」じゃないよね?
                                                     →なかなか通な馬を知ってますね
                                                    5. 「タップダンスシチー」なわけないか…
                                                     →うん、タップは勝てなかったよね・・・
                                                     
                                                    とりあえず、あと1ヶ月半遊べます♪


                                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2004/02/09 18:07

                                                    iPodを車の中で使えるFMトランスミッタ

                                                     カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

                                                    フォーカルポイント、FMトランスミッタ内蔵のiPod用車載アダプタ
                                                    -シガーソケットからの給電が可能
                                                    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040209/focal.htm
                                                     
                                                    iPodのDockコネクタに挿さり、iPodの再生を指定した周波数のFMとして
                                                    飛ばしてくれるというiPod専用FMトランスミッタです。
                                                    特徴はシガーライターソケットから電気を供給して、充電しながら再生
                                                    できること。なるほど、これなら電池の残量を気にしなくても済みます。
                                                     
                                                    それはいいのですが、このトランスミッタ、どこに設置するのかと思いきや、
                                                    なんと全体を支えるアームそのものをシガーソケットに挿します。
                                                    ですのでどんな車にもとりあえずシガーソケットのところから
                                                    ニョキニョキとiPodが生えるような形になります。
                                                    スマートなiPodがイキナリ「工業製品」になったような雰囲気で
                                                    ちょっとそれもどうだろう?という感じがします。
                                                     
                                                    価格は16,800円。iPodをお持ちの方は是非、ご自分の車の内装を思い浮かべて
                                                    どんなニョキニョキになるのか想像をめぐらしてみてください(^_ ^;
                                                    第3世代iPodでないと挿さりませんので、その点はご注意を。


                                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2004/02/09 17:20

                                                    HDDを守ってくれるかみさま

                                                     カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                      台湾製の変なPCアイテムが各種入荷、ツクモで販売中
                                                      http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20040207/etc_twitemt.html
                                                       
                                                      台湾製2.5インチHDDケースに「おまもり」という名前がついたものが登場。
                                                      これは日本の企業でOEMされて日本名が付いたのではなく、台湾の企業が
                                                      日本で売られることを視野に入れて勝手に日本ぽくネーミングしたものの
                                                      ようです。ケース表面にどーんと「おまもり」と刻印されています。
                                                      圧巻はパッケージの端に書かれているキャッチコピー、
                                                       
                                                       『 おまもてくれるのかみさんま 』
                                                       
                                                      なんだか呪われそうです(;´Д`) おそらくは
                                                      「(HDDを)お守りしてくれる神さま」という意味で書いたのでしょう。
                                                      USB2.0対応で2,499円ですので、2.5インチHDDなんか無いのに食指が動きます。
                                                       
                                                      だってだって、かみさんまおまもてくれるのですから。
                                                      いっそ受験や就職のグッズとしていかがでしょうか?


                                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/09 13:40

                                                      JRA競馬のなんと「全レース」がネットで見られる

                                                       カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                        自宅でグリーンチャンネル(競馬専門ch)とI-PAT(自宅ネット投票)を契約して
                                                        いる私は、まさに自宅が競馬場状態な日々を送っているのですが、
                                                        さすがのグリーンチャンネルも所詮はテレビ、一斉同報システムですから、
                                                        「この馬の前走が見たい!」と思っても見せてくれるワケではありません。
                                                         
                                                        そこで見つけたのがこのサイト。PRC(中央競馬ピーアール・センター)
                                                        「JRA RACING VIEWER」- http://prc.jp/jraracingviewer/
                                                        月額500円で2002年からの全てのレースがネットで見られます。
                                                        配信形式はWindowsMediaのストリームで一般レースは300Kbps、G1のみ1Mbps。
                                                         
                                                        早速契約してレース映像を見てみました。300Kbpsは、拡大には耐えられない
                                                        画質ですが、小さいウィンドウで見るには悪くありません。500万条件戦
                                                        などを漁ってレースっぷりを確認するような用途なら十分でしょう。
                                                        G1レースは1Mbpsも選択でき、こちらは全画面にしても耐えうる程度の画質です。
                                                         
                                                        ところで、2つの環境で試してみたところ、
                                                         1)デスクトップ、Pentium4 1.9GHz、メモリ1GB、LAN 100Mbps
                                                         2)ノート、Pentium3 500MHz、メモリ192MB、無線LAN 54Mbps
                                                        2)のノートのほうは300Kbpsでも飛びが激しくて快適な鑑賞ができません
                                                        でした。CPUが非力だからなのか、無線LANの状態が悪いのかは不明です。
                                                         
                                                        なお、もっとゼイタクしたい方はこちらもどうぞ。
                                                         
                                                        Yahoo!スポーツ - 競馬 ロイヤルボックス - http://charge.sports.yahoo.co.jp/pr/horse/
                                                        月額1,500円ですが、平場のレースも全て1Mbpsで見られるほか、周辺データの
                                                        サービスも充実しています。また、G1だけは何と1984年以降全レース
                                                        見られる(ルドルフの時代から!)サービスがあり、ウリになっています。


                                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | 雑談 | 2004/02/09 11:36


                                                         (2004/02/08 12:54)

                                                        ショートメール送信のドタバタ劇

                                                         カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                          兄が突然「おまえのケータイってショートメール送れる?」と言い出しました。訊くと、
                                                          友人からショートメールが送られてきたのでショートメールで返信したいのだと言います。
                                                          が、私のケータイ歴はiモード時代からで、ショートメールが何かも知りませんでした。
                                                           
                                                          調べてみると私の504iはおろか、502iの時代からショートメール送信機能は完全廃止
                                                          されているとのことです。これは困った、と調べていると、どうやらショートメールとは
                                                          電話のトーンだけで送られるメッセージのことで、一般電話からでも送れることが
                                                          判りました。プッシュホン回線からこんな要領で電話してキーを押せばOKです。
                                                           
                                                          例 の 件 、 明 日 の P M 3 時 ま で に
                                                          #4667 #0446 #2379 #0102 #4432 #3892 #0446 *2*2 46 38 98 #2794 #0462 #0439 #0443
                                                           
                                                          送 っ て く だ さ い 。 よ ろ し く
                                                          #3387 #0435 #0438 #0415 #0432 #0421 #0404 #0103 #0472 #0477 #0423 #0415
                                                           
                                                          ・・・できるかこんなの!ヽ(`Д´)ノ
                                                          兄は結局私が作ったコードを一所懸命一般電話から打ち込んでいましたとさ・・。
                                                          昔のケータイは表面上ではメイルを打ち込んでいるように見せて、裏ではこうやって
                                                          電話プッシュに変換されて送られていたワケですね。今になってみると、
                                                          古き良き時代の遺産に合わせてメイルを送るのは、それはそれでひと苦労です。


                                                          投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | 2004/02/08 12:54


                                                           (2004/02/07 13:02)

                                                          ドラクエ待ちのFOMAユーザ?

                                                           カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                            「F900i」では“まだ”ドラクエ、FFはできない?
                                                            http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0402/06/news083.html

                                                            N900iには「ドラクエ」が、P900iには「FF」がプリインストールされる
                                                            という発表がありますが、Fにプリインストールされているのは
                                                            「人生ゲーム」です。Fでもダウンロードすれば「ドラクエ」「FF」が
                                                            出来るハズですが、現在そもそも「ドラクエ」と「FF」が
                                                            公式メニューにはないとのこと。スクウェア・エニックスも
                                                            公開日に関してノーコメントとしています。
                                                             
                                                            何か・・・、それを聞くとちょっと疑った考え方をしてしまうのですが、
                                                            まさか、まさかですよ? NとPの出荷が遅れている理由が、
                                                             
                                                             「ドラクエ・FFのサービス開始待ち」
                                                             
                                                            だからじゃないでしょうねぇ?(;´Д`) プリインストールと言った手前、
                                                            それらが遊べない製品では当然出荷は出来ないワケで・・・。いや、そうでない
                                                            ことを願っています。Fの人も早くドラクエが遊べるようになるとイイですね・・。


                                                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/07 13:02


                                                             (2004/02/06 18:47)

                                                            160GBのHDDはいくらで買えると思いますか?

                                                             カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                              160GBがついに1万円割れ!止まらないHDDの下落
                                                              http://arena.nikkeibp.co.jp/buy/spot/20040205/107075/
                                                               
                                                              価格下落は時代の必然とはいえ、また1つ大容量HDDが
                                                              アタリマエ化の一線を越えるのは感慨深いものがあります。
                                                              160GBなんて、アタリマエですよアタリマエ。(棒読み)
                                                               
                                                              GB単価は62円だそうです。
                                                              かたや GB単価 98,000円のメディアもあるというのに!
                                                              いや、ホントに何とかしてくだちぃ(;´д⊂)
                                                               
                                                              HDDのお値段は、パソコンの世界では「昔話に花が咲く」話題
                                                              第一位であり、「初めて買ったHDDはたった○MBが○万円でさ~!」と
                                                              自慢げに語るのが「通」という、ヘンなカルチャがあります。
                                                               
                                                              私が初めて自分で買ったPC(MSXは除く・・)には、40MBのHDDが付いていました。
                                                              初めてHDDを増設用として単体で購入したのは170MBのHDDで、
                                                              お値段は確か4万円くらいだったでしょうか。170MBを使い切れないウチに
                                                              次のPCに買い換えていましたから、170MBはMS-DOSにとって広大でした。
                                                              ・・・え、HDD容量談義を煽っていないかって?めっそうもない・・・。


                                                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/06 18:47

                                                              アナログ録音も妨害できる?新しいコピー防止技術

                                                               カテゴリ : 携プレMP3 タグ :


                                                                関連するblog:御茶水博士さん[スピーカーから録音も×!?新音楽コピー防止技術]
                                                                関連するblog:はおりさん[スピーカーからの録音も阻止するプロテクト]
                                                                 
                                                                アナログ録音で再デジタル化するような海賊版生成をしようとすると
                                                                ノイズで使い物にならなくなるようにする、というコピー防止新技術のお話。
                                                                私もこのニュースを見てとても興味が湧いたのですが、原理を咀嚼できず
                                                                記事にできるところまで至っていませんでした(^_ ^;
                                                                 
                                                                私のいまのところの「想像」はこんな感じです。間違っているかもしれません。
                                                                 
                                                                『原音のデータに、振幅が完全に正負対称な不可聴データを埋め込む。
                                                                 原音のデータがそのまま読み込まれて再生される場合には、
                                                                 その不可聴データは人間には聞こえてこないが、アナログ録音や
                                                                 再エンコードなどのリサンプリングが行われた際には、その正負の
                                                                 「対称」性が完全にはトレースされないので、ちょっとでもズレた瞬間に
                                                                 「ビッ」「パンッ」といった不快なパルス・ノイズに化けて聴こえる。』
                                                                 
                                                                うーん、実は全く間違っていそうな気もしますが・・・
                                                                間違っていたらごめんなさい(´・ω・`) ご存知の方ご教示くださいませ。


                                                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2004/02/06 13:50

                                                                焼きついたインクリボン

                                                                 カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                                  関連するblog:CK [これはイイかも!写真プリンタCP-200]
                                                                  父親にプレゼントしたノートPCと写真プリンタ「CP-200」は、
                                                                  おかげさまで(?)頻繁に稼動しているようで嬉しい限りです。
                                                                  ところが、昨日突然、悲痛な報告が!
                                                                   
                                                                  『すまん、プリンタ壊しちゃった・・・』
                                                                   
                                                                  なぬ!?
                                                                  話を聞いてみると、印刷ミスをした紙にもう一度印刷させようとしたら
                                                                  インクリボンがぐちゃぐちゃに絡まって直らなくなったとのこと。
                                                                  事故現場(?)を見てみると、印刷中の紙にインクリボンが張り付き、
                                                                  紙と一緒に排出口に引きずり出されているという
                                                                  散々な状況になっていました。
                                                                   
                                                                  というわけで、内心「これは・・・もうダメか・・?」と思いながらも、
                                                                  修復に紛糾。インクリボンをハサミで切ってカートリッジを
                                                                  無理矢理引き剥がし、残った紙も無理矢理ギュイギュイと引っ張り出すと、
                                                                  新しいカートリッジでは今までどおり動いてくれましたε=(~Д~;)ふぅ。
                                                                   
                                                                  このプリンタは昇華型熱転写方式という特殊な方式を使っているため、
                                                                  想定外の行動が禁物だということが良く判りました。マニュアルにもちゃんと
                                                                  『一度印刷した紙は、絶対に再度CP-200に入れてはいけない』
                                                                  と明記されていました。どういう理由で焼き付くのかはまだ定かではありませんが、
                                                                  (普通紙を放り込んだ場合はどうなるの??)、また1つ勉強になりました。
                                                                  何にせよ、本体が無事で何よりです・・・。


                                                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/06 11:32


                                                                   (2004/02/05 22:52)

                                                                  URLに代わる「何か」はなかなか流行らないですね・・・

                                                                   カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                    「単語+数字」でWebにアクセス可能な「Lanアドレスサービス」開始
                                                                    http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/02/05/2009.html
                                                                     
                                                                    スモールネットワーク社(2002年8月設立のベンチャー)が立ち上げた
                                                                    新しいネームサービス「Lanアドレス」です。
                                                                    「ホテル123」「旅行2001」といった「単語+数字」
                                                                    という形式のLanアドレスを登録すると、同社の「アドレス・ドットコム」
                                                                    や「Lanアドレスバー」というIE用のツールバーで目的のURLに変換して
                                                                    リダイレクトしてくれます。2月末から登録が開始される予定です。
                                                                     
                                                                    以前「インターネットナンバー」という、番号だけでアクセスできる仕組み
                                                                    がなかなか流行らなかったのですが、ツールバーなどをインストールする
                                                                    手間が掛かること、有名サイトがGoogleやYahoo!で十分探せてしまうこと等
                                                                    が障壁になっているのでしょう。さて、Lanアドレスはどうなるでしょうか。
                                                                     
                                                                    ・・・その辺りは置いておいて、何が気になったのかといえば、これですよ。
                                                                     
                                                                    adoresu.com http://adoresu.com/
                                                                     
                                                                    インパクトありますよこのURLは。「URLより便利な名前」を提供する会社が、
                                                                    インパクトあるURLを使っている、というのも奇妙な感じですね(´・ω・`)


                                                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2004/02/05 22:52

                                                                    充電はPCからするモノだってばさ

                                                                     カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                                      伸び縮みするFOMA用USB充電ケーブル
                                                                      http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/17485.html
                                                                       
                                                                      FOMAに乗り換えることになると、当然FOMAに充電できるUSBケーブルが必須
                                                                      になります。必須ですから異議は認められません
                                                                      異議の有る方は「充電一直線・愛好家委員会 係」まで。
                                                                       
                                                                      実際問題、ケータイの充電器は2個も3個も買うワケにはいきませんから、
                                                                      私生活も仕事もPCに囲まれて生活されている方にとってはUSB充電が
                                                                      唯一無二の選択肢になり、USBは神様のように映るのです。
                                                                      もちろんUSB2.0にしても充電速度が向上したりはしません(´~`)


                                                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/05 15:38


                                                                       (2004/02/04 21:32)

                                                                      トイレもMP3で快適なのです・・・か

                                                                       カテゴリ : 携プレMP3 タグ :


                                                                        ・関連するblog:bittersさん:[お尻に「音楽のシャワー」?]
                                                                        ・世界初、MP3再生対応トイレ INAX
                                                                         http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0402/04/news058.html
                                                                        ニュースリリース
                                                                         
                                                                        これもデジモノと言っていいのでしょうか?
                                                                        なんとMP3が再生できるトイレです。MP3が再生できるといっても
                                                                        「トイレでまったり音楽鑑賞~♪」というワケではなく、
                                                                        どちらかというとリラックスな雰囲気を演出するための小道具ですから、
                                                                        イヤフォンで聴くわけではなくて、音楽は便器の両サイドに設置された
                                                                        スピーカから外に向けて鳴りっぱなしです。
                                                                        (リモコン付属ですので、ON/OFF、ボリューム調整はあると思いますが・・)
                                                                         
                                                                        これが快適な音楽を奏でている状態を想像してみてください。
                                                                        「わたし~は~、いま~♪ トイレに~はいってる~の~よ~♪
                                                                        と家族に知らせているのと同義じゃありませんか??(;´Д`)
                                                                         
                                                                        尚、メディアはSDカードであることが判明していますが、MP3再生部分の主な
                                                                        仕様は不明です。いや、トイレを買いに来る人はそこまで気にしませんし(汗


                                                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2004/02/04 21:32

                                                                        アヒルの「ジゴロー」メモリ

                                                                         カテゴリ : メモリ タグ :


                                                                          アヒルが光るUSBメモリに256Mバイト版「i-Duck 二五郎」登場
                                                                          http://www.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0402/04/news039.html
                                                                           
                                                                          ソリッド・アライアンスのアヒルのメモリ「i-Duck」(関連するblog)
                                                                          に256MB版が登場です。名前は「二五郎」。256MBだから・・・。
                                                                          でも読み仮名は「じごろう」です。間違っても
                                                                           
                                                                          「にごろー」
                                                                           
                                                                          と読んで怒らせてはいけません。
                                                                          価格も1万2560円(1万じごろう円《同社》)です、っておい。
                                                                           
                                                                          ちなみにこのメモリ、なんてアヒルが光っているのかというと、
                                                                          埋め込んでいる小型メモリの後部(アヒルに挿さっている部分)が
                                                                          光って、それがアヒル全体に映って見えているだけでした。
                                                                           
                                                                          個人的にはコレりもそれより早くiDiskTINY USB2.0 Luxury(ラグジュアリ)
                                                                          (関連するblog)の512MB版のほうを出して欲しいと思っているのですが(´~`)


                                                                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | メモリ | 2004/02/04 18:45

                                                                          音楽に合わせてペプシが踊る~♪

                                                                           カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                                            新宿の東急ハンズで、フリップ・フラップの横で賑やかに
                                                                            ダンスをしていたので、思わずさらって来てしまいました。
                                                                            「プチ・ミュージカン」です。
                                                                            缶の横にある集音部から音を拾い、音に反応して缶をクネクネと動かします。
                                                                            動きはそれほどスマートではなく、機械音が
                                                                            「ギュイ、ギュイッ!」「ギュイ、ギュイッ!」
                                                                            と鳴る感じで、
                                                                             
                                                                            「うわー動いているよー、無理しなくていいよー?
                                                                             
                                                                            という哀愁の念を感じさせるトコロが・・・癒しになってないよ ∑( ̄□ ̄;)
                                                                             
                                                                            タカラの子会社「ドリームズ・カム・トゥルー」の商品ですが、当の企業
                                                                            のサイトに載っていない為、個人の方のページを貼らせていただきます。
                                                                            1,280円。種類は「PEPSI」「diet PEPSI」「7UP」「Mountain Dew」の4種。
                                                                             
                                                                            実は1990年にこれより大型の「ミュージカン」(3,500円)が発売されており、
                                                                            その復刻版という扱いです。もしかしたら旧版に覚えがある方も居るのでは?


                                                                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/04 10:29


                                                                             (2004/02/03 16:13)

                                                                            新FOMA、いよいよカウントダウン

                                                                             カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                                              ・関連するblog:zaines03さん[ついにきたFOMA 900iシリーズ!]
                                                                              ・総合カタログに「F900i」「N900i」「P900i」登場
                                                                               http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0402/02/news073.html
                                                                               
                                                                              zaines03さんのblogからの情報では、Fが2/6発売を決定したとのこと。
                                                                              ITmediaの記事では、DoCoMoの新カタログから見るとF, N, Pが早期出荷、
                                                                              SHとDは少し遅れるのではないか、という推測がされています。
                                                                               
                                                                              私はパケット通信料の関係からずーっとFOMAに乗り換えたがっていて、
                                                                              その意味では現行FOMA機だって十分メリットがあるのですが、
                                                                              乗り換えた瞬間に新機種が出るのもシャクなので待ちぼうけを喰らって
                                                                              いたのです。DoCoMoのFOMAページも急速に新情報に入れ替わっています。
                                                                              早く手に入れたい!新FOMAシリーズ!


                                                                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/03 16:13

                                                                              不思議なふた葉「フリップフラップ」買ってきました

                                                                               カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                                                関連するblog:CK「癒されたいガジェットもイイかな?
                                                                                 
                                                                                新宿の東急ハンズでなかなかいいポジションを陣取って
                                                                                何十個も同時にゆらゆらしていましたので早速購入。(1,800円)
                                                                                 
                                                                                基本的にはゆらゆらするだけのオモチャなのですが、
                                                                                ソーラー電池駆動ですので、光さえ当たっていればいつまででも動きます。
                                                                                光の強さが強いと勢い良く、弱いとゆっくりと揺れますし、普段は双葉が
                                                                                同時パタパタするのが、人が触れると交互パタパタ
                                                                                変わるのも芸が細かいといえば細かいのです。他になーんにもできませんが、
                                                                                部屋で動いているだけでもそれなりに癒しが感じられるアイテムでしょう。
                                                                                 
                                                                                操作も何もないので説明書は読まなくても良いのですが、読んでみると、
                                                                                 
                                                                                 『直射日光の当たる場所に長時間置かないように・・・・』
                                                                                 
                                                                                との注意書きが。
                                                                                それは植物の言うセリフではないと思いませんか(´・ω・`)


                                                                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | デジモノ | 2004/02/03 11:16


                                                                                 (2004/02/02 17:21)

                                                                                Doblog通信簿/Doblog利用者の生の声(トラックバック)

                                                                                 カテゴリ : ブログ タグ :


                                                                                  関連するBlog:doblog自主運営委員会さん[■【TB募集】Doblog通信簿。//Doblog利用者の生の声]
                                                                                  いってみましょう~。
                                                                                   
                                                                                  【Q1】doblog利用状況は?
                                                                                   登録日: 2003年12月2日登録。インプット開始(ちょっと古株に成り切れない2000番台)
                                                                                   アクセス間隔: 毎日数え切れないほどアクセス!アクセス!
                                                                                   更新頻度: 1ヶ月に50インプット程度です。
                                                                                   
                                                                                  【Q2】コメント/TBを した/されたことがある。
                                                                                   コメント : ○あります/○あります
                                                                                   トラックバック: ○あります/○あります
                                                                                   
                                                                                  【Q3】Doblogツールバー(デスクトップストリーマー)の利用の有無と感想
                                                                                   ○利用しています
                                                                                   感想: 利用しているといっても、使っているのは記事インプットの際に、
                                                                                   サイト画像キャプチャ機能のみです。ストリーマは常時OFF設定です。
                                                                                   
                                                                                  【Q3】ホットリンクの利用の有無と感想。
                                                                                   ○たまに気晴らしに表示させてみたりしています(^_^;
                                                                                   感想: HottoLinkを辿ってサイトを探すというやり方は素晴らしいです。
                                                                                   登録サイト一覧がなくてもいろんなサイトを楽しめます。
                                                                                   ただし、動作速度があと1,000倍早ければ! の話、です。
                                                                                   
                                                                                  【Q4】doblogにこんな機能が欲しい!
                                                                                  【Q5】doblogの仕様、ここがおかしい。
                                                                                   以前まとめた要望アイテムはこんなにありました・・・。 [また又・Doblogのココがこうなって欲しい!]
                                                                                   Doblog運営者さん、がんばってくださいね(ノ゜ο゜)ノ 応援しています。
                                                                                   とにかく、新着コメント/TBを一覧できる機能は急ぎましょう
                                                                                   
                                                                                  【Q6】doblogのよひところはここ。
                                                                                   良い意味でユーザさんの姿勢が砕けている(?)トコロでしょうか。
                                                                                   「情報発信なんて、難しい議論とか好きな人じゃないと出来ないよね~」
                                                                                   と思わせない、不思議な雰囲気がココにはあります(=´∇`=)
                                                                                   
                                                                                  【Q7】ずばり 100点満点で 何点?
                                                                                   85点くらい?でしょうか。(勿論、1年後もこのままだとしたら、点数は徐々に落ちていくでしょう・・)
                                                                                   Doblog運営者さん、がんばってくださいね(ノ゜ο゜)ノ 応援しています。
                                                                                   
                                                                                  【Q8】その他、ご意見ご感想
                                                                                   これからも多くの方がネットでのほほんと「住める場所」として
                                                                                   改良を続けていって欲しいですね。ユーザ側からの意見も、
                                                                                   少しでもそうした環境作りの助けになれれば幸いと願っています。


                                                                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2004/02/02 17:21

                                                                                  Zenに廉価モデル登場。これでNXからXtraに完全移行?

                                                                                   カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

                                                                                  クリエイティブ、実売3万円を切る30GB HDDプレーヤー
                                                                                  http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040202/creat1.htm
                                                                                   
                                                                                  ZenはNXの20GB/30GBが出たあと、より液晶画面の広いZen Xtra 60GBが
                                                                                  登場していました。そのXtraに30GBの廉価版が登場です。
                                                                                  発売時期は2月上旬、店頭予想価格は29,800円
                                                                                   
                                                                                  これでおそらくZen NXシリーズは完全に収束させ、
                                                                                  Xtraシリーズに集中する形になるでしょう。
                                                                                  なお、Xtraは現在60GB版が46,800円程度で売られています。
                                                                                   
                                                                                  Zenは使い勝手や音質などでワリと筋の良いアイテムとして知られていますが、
                                                                                  やはり問題となるのはその大きさ(76mm×113mm×22mm)です。
                                                                                  iPodよりハッキリひと周り大きいその筐体を見ると、ちょっと躊躇してしまう
                                                                                  方も多いはず。「でもGRANDISKよりは小さい」、というのは
                                                                                  励ましているのか傷口に塩を塗っているのか判りませんが・・・。


                                                                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2004/02/02 15:26

                                                                                  価格.com がページ構成などをリニューアル

                                                                                   カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                                    価格.com http://www.kakaku.com/
                                                                                    価格比較サイト『価格.com』がリニューアル(プレスリリース)
                                                                                    http://www.kakaku.com/info/press_release/20040202.htm
                                                                                     
                                                                                    グチャグチャなレイアウトに情報を詰め込むだけ詰め込んだ、
                                                                                    2ちゃんねる的というかドン・キホーテ的というか、
                                                                                    そんな雰囲気でマニア向けなイメージを醸し出していた価格.comが
                                                                                    2/2にリニューアルしました。
                                                                                     
                                                                                    基本的にいじったのはページ構成のみで、機能的には一切変更なし。
                                                                                    価格.comを使い慣れている方にとっては、今までと同じように使えると
                                                                                    思います。しかしページの雰囲気はずっとフレンドリになりました。
                                                                                    これで初心者も怖がらずに使えるかもしれません?!
                                                                                     
                                                                                    ところで、「価格.com」の読み仮名は「カカクコム」で、
                                                                                    「カカク・ドットコム」ではありません
                                                                                    運営している企業名が「(株)カカクコム」ですから・・・。
                                                                                    asahi.com」も「アサヒ・コム」ですのでお間違いの無いよう(?)


                                                                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2004/02/02 14:13

                                                                                    ブロードバンド普及、全世帯の3割近くまで

                                                                                     カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                                      2003年のブロードバンド加入者数は1364.1万~総務省発表
                                                                                      http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0401/30/news027.html
                                                                                       
                                                                                      総務省によると、2002年12月から2003年12月までの間の増加は下記の通り。
                                                                                       
                                                                                       xDSL: 565万人→1027万人 (+ 462万人)
                                                                                       FTTH: 20万人→ 89万人 (+ 69万人)
                                                                                       CATV: 195万人→ 247万人 (+ 52万人)
                                                                                       -------------------
                                                                                       合計: 780万人→ 1364万人 (+584万人)
                                                                                       
                                                                                      xDSL(主にADSL)は約2倍増、FTTHWinnyの逮捕者騒動
                                                                                      ブレーキが掛かったにも関わらず約4倍増です。それに対してCATVは地域別
                                                                                      のサービス事業形態が仇となり、増加ペースが思うように上がりません。
                                                                                       
                                                                                      ところで、ネット回線の加入数の分母は人口ではなく「世帯数」です。
                                                                                      全国の世帯数は4900万世帯と言われていますから、日本全国の世帯のうち
                                                                                      約28%がブロードバンド回線で繋がっているという状況です。
                                                                                       
                                                                                      この数字が50%に近づく頃、ネットは道路・ガス・電気・水道などと同じく、
                                                                                      社会を支える必須のインフラとして認められていくことでしょう。
                                                                                      勿論、Dobloggerにとっては既に十分必須でしょうケド(´ー`)
                                                                                       
                                                                                      自称”ブロードバンド後進国”の米国ではどうなのかというと、
                                                                                       
                                                                                       「米国のブロードバンド利用世帯が2,000万を超え、全世帯の5分の1に」
                                                                                       http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/01/30/1925.html
                                                                                       
                                                                                      それでも少しずつ追い上げを開始しているように見えますね。今後に注目です。


                                                                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2004/02/02 11:44


                                                                                       (2004/02/01 14:07)

                                                                                      異なるトラックバック「元」URLの謎、解消?

                                                                                       カテゴリ : ブログ タグ :


                                                                                        [関連するblog:CK「複数記事へのトラックバックがちょっと変・・・」]
                                                                                        [関連するblog:CK「異なるトラックバック「元」URLの謎」]
                                                                                        どうやらこの問題は、コッソリと解消されている気配?です。
                                                                                        (こちらからDoblog運営者様にお送りしたメイルに対する反応は特にありません)
                                                                                         
                                                                                        1/23、1/24に自身でダミー記事を作りつつ検証した結果、「#」無しのURLが
                                                                                        送られてしまうという事象を確認し、上の2つの記事を書いたのですが、
                                                                                        1/31にjugblogさんから頂いたコメントで、jugblogさんの1/22の記事は
                                                                                        ちゃんと複数Trackbackがどちらも「#」有りで作られているとのご指摘を
                                                                                        頂きましたので、私のほうでも再度検証をしてみることにいたしました。
                                                                                         
                                                                                        すると、以前とは違い「編集」からTrackback URLを入力した場合でも
                                                                                        ちゃんと「#」有りのURLが送られていることが判りました。
                                                                                        一瞬、こちらからの指摘を受けて慌てて動作を修正したのかな?とだけ
                                                                                        思ったのですが、それではjugblogさんの記事が1/22にもかかわらず既に
                                                                                        「#」有りになっていることの説明は付きません。
                                                                                         
                                                                                        そこでもう少し調べてみると驚くべきコトが判りました。
                                                                                        このblogでも過去に何度か複数TrackBackを打ったことがあるのですが、
                                                                                        そのとき確かに「#」無しURLが作られてしまっていた記事も、なんと
                                                                                        過去に遡って全て「#」有りに形を変えているのです!
                                                                                        すなわちTrackback生成時の動作を修正しただけでなく、過去に「#」無し
                                                                                        URLが飛んでしまったモノを全て「#」有りに変更する作業も行われていた
                                                                                        のではないかと推測することができます。
                                                                                         
                                                                                        推測ですので、勘違いがありましたらゴメンナサイ。推測通りであれば嬉しいコト
                                                                                        です。みなさまもお心当たりのあるTrackback(「#」無しURLだったモノ)があれば、
                                                                                        是非今一度確認してみてください。いつのまにか「#」有りになっているハズです。
                                                                                        Doblog内のTrackbackで「#」無しのままのモノを発見した方はご一報を( ̄▽ ̄;)
                                                                                         
                                                                                        jugblogさん、貴重な情報ありがとうございます。
                                                                                         Dolbog運営者さま、修正ありがとうございます(告知があればなおGoodです…)


                                                                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2004/02/01 14:07

                                                                                        目を付けられちゃってます!

                                                                                         カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                                                          センチュリー お目付役(CWC-10U) (PC接続用カメラ,10万画素,USB)
                                                                                          http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20040131/newitem.html#metuke
                                                                                           
                                                                                          まさに名前オンリー勝負とも言える10万画素のPC用映像キャプチャカメラ。
                                                                                          歌舞伎顔で「明日ヒマ?」、女性はつれなく「忙しいの。」という
                                                                                          ハマったのか、スベったのか、微妙なパッケージ絵が
                                                                                          困った感を増幅させます。
                                                                                           
                                                                                          1,480円というのは、まぁ失敗しても諦めのつく値段では
                                                                                          ありますが、わたし的には「マッハリーダ」シリーズのSDカードリーダで
                                                                                          一度失敗していることもあり、(書き込み速度が150KB/秒以上出なかった)
                                                                                          センチュリーというメーカにはちょっと不安を覚えるトコロが(;´~`)


                                                                                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/01 03:17

                                                                                          16匹ワンちゃん大行進?!

                                                                                           カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                                                            [関連するblog:CK「犬のケーブルマスコット「Groomy」」]
                                                                                            Groomyが何なのかは、トラックバック元をご参照のこと。
                                                                                             
                                                                                            衝動買いをしてみたものの、結局16匹ぜんぶの居場所を作ってあげられる
                                                                                            ワケでもなく・・・、1つのマウスに群がるワンちゃんたち(笑)
                                                                                             
                                                                                            (注:これは本来の使い方ではありません)


                                                                                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2004/02/01 02:30

                                                                                            « 2004年1月 | メイン | 2004年3月 »

                                                                                             
                                                                                            デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks