Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2004/01/09 12:32 - 2004/01/09

Hi-MDでソニーの『もう一度』

カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

    ソニー、1GB記録が可能なMD新規格「Hi-MD」
    -従来のMDディスクは305MBに拡張。ATRAC3plusとPCMに対応
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040108/sony1.htm
     
    2004年6月から製品が出るというHi-MDの発表です。新フォーマットの「Hi-MD」で
    従来のMDディスクを177MB→305MBに拡張可能。さらにHi-MD用ディスクを新たに
    ラインナップし、そちらは1GBのデータを格納することができます。
    従来のMDの欠点は何と言っても1枚あたりの容量でした。
    標準音質ならCD1枚のみ。MDLP4で最大4倍まで広がるものの、
    ATRAC3 66Kbpsという音質は実用上でも不満の出るレベルで
    「これで4倍になった!」と手放しで喜べるモノではありませんでした。
     
    では、このHi-MDで1GBメディアを利用した場合はどうなるか、というと?
    音質をちょっとゼイタクにしてATRAC3plus 256Kbps[Hi-SPモード]の場合でも、
    1枚に520分、CD7枚ぶんを放り込むことができます。MDはようやく、
    「CDを1枚をMD1枚にコピーするモノ」の呪縛から解き放たれ、
    シリコンオーディオと同じように、「データを沢山詰め込めるモノ」に
    変われるような気がします。それだけ、「容量」の変化は大きいというコトです。
     
    問題になりそうな点に、そもそも機器のリプレースを促さなければいけない
    ことがありますが、MD→MDLP対応機器への変遷がそうであったように、
    MD録再生機器の新製品を全てHi-MD対応にして自然に流行らせていくことは
    それほど難しくないでしょう。
    むしろ私が気になっているのはメディアの価格です。MDは現在10枚単位で
    購入すれば1枚あたり100円~150円というところまで安価になっています。
    もし、目玉である1GBのHi-MDが200~400円のレベルで購入できれば、
    一気に市場を席巻する可能性があります。そこで1GBメディアの店頭予想価格を
    調べてみると「700円前後」となっていました。ちょっと微妙な感じの価格です。
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040108/sony2.htm

    もし消費者の「足踏み」が起こればどうなるか。
     
     『 消費者がiPodの良さを学習する時間 』を与えてしまう
     
    ということになり兼ねません。
    これはやはり音楽鑑賞の”スタイル”のデファクトを争う戦いなのだと感じます。
    iPod等は新しい「便利な使い勝手」で、MDは今までと同じという「慣れと安心感」
    で、しばらく火花を散らすことになるでしょう。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | 携プレMP3 | | 2004/01/09 12:32


    « Hottoなblogに出会うため?!

    トップに戻る

    新生「ITmedia」もこの人から始まるのか( ̄□ ̄;) »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks