デジモノに埋もれる日々

Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!

メイン | 2004年1月 »


 (2003/12/31 03:56)

メモリまちがえた・・・・。

 カテゴリ : デジモノ タグ :


    あ、あたまが割れるように痛い・・・(;д;) メモリを勘違いしました。
     
    ファイルサーバPC(Linux)とWebサーバPC(Linux)が、どちらも128MBのメモリで
    動いていたのですが、最近Sambaのファイル書き込みが妙に10倍くらい遅く
    なったり、急に短時間フリーズ状態になったりの症状が多発していました。
    「これはもしやスワップの問題?」ということで、ダメもとで
    256MBのSDRAMメモリを1本ずつ追加してみることにしました。
     
    i815チップセットが載っているファイルサーバのほうは無事384MBで稼働した
    のですが、i810が載っているWebサーバPCのほうは+128MBしか増えていません
    ここで慌ててネットで情報を探してみても、もう後の祭り。
     
     「あ”~、i810って片面実装メモリはNGなのか・・・」
     
    ここで初めて気が付きました(;´Д`)。やはり行動を起こす前にちゃんと下調べを
    しなければいけませんね。今回はたまたま、予定の半分(+128MB)増えて元気に稼働
    してしまっているので、自分の未熟さを恥じつつ、そのまま使うことにしましたよ…。


    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/31 03:56


     (2003/12/30 19:28)

    これはイイかも!写真プリンタCP-200

     カテゴリ : デジカメ タグ :


      ・Canon CARD PHOTO PRINTER CP-200
      [関連したBlog: 六十過ぎの父親にPCを]
      でも触れました通り、Canonの写真プリンタ CP-200 を購入しました。
      最近のプリンタならどれも「写真プリント(ロール紙フチなし印刷)ができますが、
      「パソコンに疎い両親でも使える」ことを最優先し、機能限定の
      CP-200にしたのです。ところが、自分で何回かテスト印刷しているうちに、
      これは意外と使える!??ということが判ってきました。
       
      ちなみに、CP-200は 「カメラとプリンタをUSBで直繋ぎしてプリントする」
      という"PictBridge" 規格に対応していますが、残念ながら私はPictBridg対応の
      デジカメを所有していませんので、試すことができません。
      逆に言えば、Windowsから印刷しても十分使い前がある、ということです。
       
      CP-200の特徴的な点は、何と言ってもこの1点に尽きます。
       
       「用紙と、その枚数分のインクカートリッジがセットで販売される」
       
      たとえば、36枚のL版プリント用紙には、「36枚ぶん印刷できるインク」
      セットになっており、抱き合わせでないと購入できない、ということです。
      「抱き合わせ販売だけなの? それは『悪い点』じゃないの?」と思われるでしょう。
      私も最初そう思っていました。しかし、このインクカートリッジの仕組みを見て、
      逆に「その手があったか!」と感心しました。
       
      写真をご覧頂けると判りますが、このプリンタは昇華型熱転写方式です。
      CMYKの4色ごとのフィルムリボンがあり、それを4回重ね塗りしていくことで
      プリントが完成していきます。この方式は専用紙にしか印刷できず、また、
      インクコストも高い部類に入ります。しかし、しかし、
       
       「36枚用インクは、絶対に36枚印刷できます」
       
      これが唯一にして最大の利点、そして
      PCやプリンタの知識がほとんど無くても使えるトリックなのです。
       
      対して、従来はそれがどんなに難しかったのかと言うと、
       
      「インクが無くなったらインクランプが点滅して、ボタンを押すとどの色の
       インクが無くなったのか判るから、そのインクタンクを取り替えて……。
       ええと、紙が無くなったら用紙補充ランプが点くから、紙を補充して…」
       
      非常に難しいです(初心者には)。思考の分岐が多すぎるのです。
      タンク式のインクは、費用対効果が高いかわりに、いつ、何色のインクが
      切れるのか、まったく予測が付きません。それに比べ、CP-200のような方式は、
      紙が切れるのとインクが切れるのは必ず一緒です。何も考えずに
      「○枚印刷したら交換」すれば良いので、判りやすいというワケです。
       
      写真としての画質も非常に綺麗です。専用紙しか受け付けない昇華型熱転写は、
      もともとインク吹き付け方式と比べて画質にはアドバンテージがあります
      気になるコストですが、72枚プリントできる用紙・インクセットなら2,160円で
      買えましたので(30円/枚)、巷の店頭プリントサービス以下になるでしょう。
      もともとPCに疎い両親用でしたが、私も使いたくなってきてしまいました(=´∇`=)


      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジカメ | 2003/12/30 19:28


       (2003/12/28 22:09)

      六十過ぎの父親にPCを

       カテゴリ : デジモノ タグ :


        私事ながら、今年の暮れで父親が無事、定年退職を迎えることと相成りました。
        そこで「長い間おつかれさま」の意味を込めて、兄と2人でお金を出し合って
        プレゼントをすることになりました。選んだモノは・・・ノートPC(笑)
         
        PCやデジタルモノには無縁の生活を数十年過ごしてきた父親ですが、
        デジカメには興味を持っていたようでしたので、
        デジカメは私のC-750UZを貸すことにして、
        ノートPCとプリンタでL版印刷できるようにすれば、
        それをきっかけにパソコンを覚え始められて、
        本人も楽しんで使ってくれるかも?という狙いです。
         
        モノはこの2つです。(デジカメは私のOlympus C-750UZを適宜貸し出し)
        ・NEC Lavie PC-LL750/7D
         http://www.nec.co.jp/press/ja/0309/2502.html
         163,300円 (-13% ヨドバシポイント)
        ・Canon CARD PHOTO PRINTER CP-200
         http://web.canon.jp/Imaging/cp200/index-j.html
         19,800円 (-13% ヨドバシポイント)
         
        最初はどういう反応を示すかちょっと不安だったのですが、実際に1時間ほど、
         1,デジカメ写真のL版プリント
         2,ブラウザでネットサーフィン(←死語)
        の2点だけに絞って教えてみたら、かなり興味を示した様子でしたので、ひとまず安心しました ε=(=´∇`=)
         
        ”パソコン”を使えるようになる」と頑張ってしまうと、
        むしろ苦痛が増えてしまいますので、「できる」ことを1つ2つから始めていけば、
        今までパソコンを敬遠していた人でも案外すんなりと覚えられるのかもしれませんね。
         
        その意味ではもう1つ気を遣ったポイントがあって、プレゼントとはいうものの、
        渡す段階では包装を開けてしまい、最初のセットアップをぜーんぶ済ませて
        使える状態にしてからプレゼントしたのも重要なコトでした。
        (最初から数時間もマニュアルとにらめっこが続いたらそれだけで辟易ですものね)
         
        果たしてドコまでいけるのか、暖かく見守って行きたいと思っています(笑)
         
        Canon CP-200に関してはもう1回別のblogとして書きたいと思います。
        コレ、なかなか面白いプリンタですよ?


        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/28 22:09

        電波時計、た~くさん

         カテゴリ : デジモノ タグ :


          『 もう、○○は△△じゃないとね~ 』
           
          っというくらい、ガラッと世界が変わることがあります。
          以前ここに書いたネタで言えば
          『 もう、HDDはミラーリングじゃないとね~ 』
          というのがありましたね。ここでもう1つそんなお話を。
           
           『 もう、時計は電波時計じゃないとね~ 』
           
          数年前?から電波時計を使い始め、今ではもう電波時計ではない時計には
          違和感を覚えるくらいまでになりました。
          昔は「あの時計は最近3分くらい進んでるから、実際は~・・・」などと
          人間側で補正を掛けていたモノですが、よく考えればやはり、
          時計のほうが頑張って、人間サマが楽をするのが正解ですよね~ヽ(´ー`)ノ
           
          というワケで現在、4つの電波時計を所有しています。
           
           1.[写真上左] CITIZEN 4MY629-006 7,000円くらい
           2.[写真上右] CASIO WAVE CEPTOR DQD-102AJ 2,500円くらい
           3.[写真下左] MARUMAN DIMPLE 980円(!)
           4.[写真下右] SEIKO KS220B 7,000円くらい
           
          さて、ポイントは電波受信の感度で、1.2.4は価格もそれなりに
          高いだけあって、ズレているのを見たことがないという、
          電波時計として正しい動作を続けています。
           
          しかし問題は3.の980円の「DIMPLE」
          窓に近いところなどに置けば普通にズレないのですが、ちょっと
          部屋の奥のほうに持っていくと電波受信が失敗し、いつのまにか
          数十秒ズレていることもあります。電波時計はズレたら最後!
          信頼感の無い電波時計に電波時計を名乗る資格はありません(笑)
          安心を買うのが目的なのですから、やはりケチらないほうが(´~`)
           
          電波時計は一度使うとヤミ付きになりますので、まだ体感されていない方は
          是非お試しを。私はあと10年で全てが「ズレない時計」になると思っています。
          その仕組みが「電波時計」なのか「ネット時計」なのかは判りませんが。


          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | デジモノ | 2003/12/28 16:39


           (2003/12/27 17:51)

          TFLOβ告知!長々待ち焦がれた方も多いのでは?

           カテゴリ : ゲーム タグ :


            マイクロソフト、Xbox「トゥルーファンタジー ライブオンライン」
            βプレーヤーの募集を来年1月16日より開始
            http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20031226/tflo.htm
             
            ついに!ついに発表されましたTFLOのβ募集のお知らせです。
            希望者は1月16日~2月5日の間に指定された方法で登録を行い、
            審査の結果500名がβテスターとして選定されるとのことです。
            既にいくつかのゲーム雑誌には応募用の葉書が付いているとか。
            単純な「抽選」ではなく「審査」という形を取っている理由は、
             
            「ある程度のプレイ時間を確保する意気込みがあるかどうか、
             ちゃんと有効なデータを取ってくれる気持ちがあるかどうか」
             
            という辺りを考慮するニュアンスが含まれているようです。
            ボイスチャットを利用するという関係から、地域も考慮に入り、
            もしかしたら利用ISPも審査の考慮の対象に入るのかもしれませんね。
             
            TFLOは期待先行でなが~~い間ファンを待たせていたゲームでもあり、
            一部には「完成しなくて頓挫するのでは?」などというウワサも流れるくらい
            でしたので、今回の発表はなかばお祭り騒ぎになっているみたいです。
             
            私も実はTFLOが面白そうだなぁ~と感じたことが動機で、2003年2月頃に
            Xboxを買っているので、やはりこれは応募しないワケにはまいりません。
            でもXbox-Liveにはまだ加入すらしていないのですけどね・・・(´~`)


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ゲーム | 2003/12/27 17:51

            時計だってPCありき

             カテゴリ : デジモノ タグ :

            USBで音声ファイルを登録できる目覚まし時計が登場
            http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20031227/etc_usbalram.html
             
            今までも目覚まし音を録音できる時計は山ほど出ていますが、
            USB経由で音を「書き込む」ことができる時計はほとんどないでしょう。
             
            「なんでワザワザUSBで・・・」
             
            と思われる方も多いと思いますが、デジモノ狂・・・もとい、仕事も私生活も
            PCに囲まれた生活をしている人にとっては、PCありきでデザインされているモノ
            のほうが使い勝手が良かったりします。
            例えばケータイの充電をUSBで行う「充電一直線」なども同じですね(またイーレッツか…)。
            http://www.e-lets.co.jp/shop/jyuden_i.html
             
            本当はPCに繋いでNTP経由で正確な時刻を表示したりする時計があったりすると
            もっと面白いのかな?と思いますが。えっ?それならPCの画面に表示すればいいって?
            いや~、何となくですが、「モノ」としての時計に表示されるのが趣じゃないですか(・ω・)


            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/27 15:48


             (2003/12/26 15:03)

            癒されたいガジェットもイイかな?

             カテゴリ : デジモノ タグ :


              トミー「不思議な”ふた葉”フリップフラップ」
              http://www.tomy.co.jp/flip_flap/
               
              昨日の『 WORLD BUSINESS SATELLITE 』(テレビ東京)の「トレンドたまご」で
              取り上げられていて初めて知りましたが、これってニュースリリースからもう
              1週間経ってるんですね・・・見逃した(;´Д`)
               
              太陽電池と磁石でふわふわ、ゆらゆら、動きに2~3種類のバリエーション付き。
              価格はたったの1,800円! あぁ!買っちゃいそう!っていうか買え!
              と思ったら発売日は2004年1月8日ですか(´・ω・`)あと2週間後ね。
               
              部屋に置くのもイイですが、車の後部座席のところに置くとかどうでしょう?
              まぁトウカイテイオーのぬいぐるみが置いてあるのもイイですけど(汗←自分
               
              複雑な現実を生きる今、こうした単純な何かがホッとする一瞬を与えてくれるかも。
              (↑だから無理してまとめに入らなくてもいいってば・・)


              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/26 15:03


               (2003/12/25 17:31)

              せつない・・・せつな過ぎるよ『線メリ』

               カテゴリ : デジモノ タグ :


                やっぱりキミは来なかった 「線メリ」と過ごすひとりきりのXmas (zdnet)
                http://www.zdnet.co.jp/products/0312/25/xmas.html
                 
                せつない・・・せつな過ぎるよ(;´д⊂) オチなんかもう・・・(涙)
                キミはよく頑張った。ゆっくり休んでください・・・。
                 
                イーレッツも罪作りですねぇ。(←まとめになってない)


                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/25 17:31

                1TB、こんなに大容量なのに・・・

                 カテゴリ : デジモノ タグ :


                  容量1TBの外付けHDDが発売に、価格は約16万円
                  http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20031220/etc.html#tb
                   
                  これだけ大容量なのにNASじゃなくてIEEE1394かUSB2.0でPC直付け用なのね・・・。
                  これだけ大容量なのにRAIDにならないのね・・・。
                   
                  中には250GBのHDDが4基埋まっているそうです。これがもし、NASとして動作して、
                  「1TBで動作させるか、750GBのRAID-5で動作させるか、選択可能(HDDは交換可能)」
                  なんて言われたら16万円でもちょっと食指が動くのですけどねぇ~。
                  「大容量」と「安心」はセットで買いたいものです。


                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/25 15:34

                  無線で・・・ダメかも・・・USBオーディオデバイス

                   カテゴリ : デジモノ タグ :


                    RATOCから登場した無線で飛ばすUSBオーディオデバイス「USBREX-Link」が
                    自宅に届きましたので、早速試してみました。
                    開けてみると想像より小さなデバイスです。送信側のコネクタはともかく、
                    受信側のポールも190ccコーヒー缶より小さい程度でなかなか好感です。
                    ちなみに受信側はACアダプタ動作専用で、電池動作などはできません。
                     
                    では早速テストを。デバイスドライバは必要なく、Windows標準のUSBオーディオ
                    デバイスドライバで動作しますので、サクッと挿せばイキナリ音が鳴ります。
                    おお、確かにそのまま音が出ました。MP3ファイルをWinampで再生してみると
                    普通に聞こえます。ノートPCにステレオジャックを直挿しした時に比べ、
                    若干音に厚みが無くなっているような気がするのですが、仕組みが仕組み
                    ですから、多少の音質変化に関しては追及しないことにしておきましょう。
                     
                    ところが・・・・
                    まぁイイ感じで使えるんじゃないかな?と思って音を鳴らしていると、
                     
                     ザザザーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                     ーーーーーーーーザザッ、ザッ、ザーーーーーーーーーーーッ
                     
                    !!!???? ど、どうしたREX-Link!!急に発狂した?!∑( ̄□ ̄;)
                    無線LANアダプタが近いから混線しているのでしょうか?
                    慌てて送信コネクタを取り外し、再度接続すると無音、、、
                    Winampを一度停止して再び再生するとようやく音が鳴り始めました。
                     
                    ・・・ちょっと不安・・・。また再生ながら恐る恐るPCを使っていると
                    2~3分してまた「ザザーーーーーーーーーーッ・・・・」
                     
                     これって・・・もしかして・・・ダメ・・・? (;´Д`)
                     
                    ハッキリ原因が特定できたわけではないのですが、どうも私の自宅の環境に於いて
                    REX-Linkは使い物にならないレベルという印象になってしまいました。
                    原因は複数考えられるのですが、
                     
                    ・無線LANの信号と高い頻度で混線する?
                     (でも無線LANアダプタを外してテストしても混線してたけど・・・・)
                    ・PC側のCPU使用率が高くなると混線する?
                     (どうもPC側で何か操作をしていると急に混線する感じが・・・)
                    ・他の信号と混線する?
                     (たまたま付近で電子レンジとかを使ったときだったのか?いや、そんなハズは・・・)
                    ・受信側のコンポが壁際だからいけないのか?
                     (でも、その程度で使えないとか言われても困るのだけど・・・)
                     
                    いずれにせよこの程度でデバイスが思考停止してしまうようでは、
                    とても実用になるとは思えません。結局利用したかった環境での利用は諦め、
                    しばらくテストしつつ様子見してみるしかありません。非常に残念です。


                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (1) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/25 10:48


                     (2003/12/24 18:39)

                    CSSデザイン・コンテストなんて出来そうかも?

                     カテゴリ : ブログ タグ :


                      「Doblogのココがこうなって欲しい!」で、blueaquaさんのblogから引用させて
                      いただいた要望にこんなのがありました。
                       
                       ・デザインテンプレートをもっと増やして欲しい
                       
                      これを見てちょっとピンを来るものがありました。
                      Doblog開発者側からデフォルトで提供されるCSSを増やすのもモチロンお願いしたい
                      ところなのですが、Doblogのデザインなんて所詮CSS、しかもせいぜい8KBくらい。
                       
                       DoblogのユーザからフリーのCSSを募集して
                       『こんなデザインどう?使ってみてー?』
                       
                      という感じでいろんなCSSデータを募集できないだろうか!?と。。。
                      いわば「Doblogデザインコンテスト」になるのかも?
                       
                      2つほど問題はあって、
                      ・CSSデータをアップロードできる場所が必要
                      ・CSSデータをUPしたらデザインのサムネイルが表示されたりして欲しい
                      このあたりをクリアできれば、沢山の人のCSSを募集できて
                      デザインの選択肢も広がるかもしれませんね(=´∇`=)


                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/24 18:39

                      みにくいあひるの・・・・

                       カテゴリ : メモリ タグ :


                        アヒルがドキドキしながらデータ読み書き USBメモリ「i-Duck」
                        http://www.zdnet.co.jp/products/0312/24/ahiru.html
                         
                        ソリッドアライアンスがまたヘンなモノを作ってました。
                        あひるがピカピカ読み書きするフラッシュメモリ「i-Duck」です。
                         
                        ヘンだよ( ̄▽ ̄;) ナイスだよ
                         
                        よくよく見てみると同社製iDisk TINYでも採用されていたUSBコネクタ型メモリ
                        にあひる型ランプをくっつけているだけですが、あひる側には何もコネクタ
                        らしきものが見えません。どうやってUSB通電を感知しているんでしょうね。
                         
                        実はわたし、ソリッドアライアンスから256MB版iDisk TINYを購入しておりまして、
                        超小型USBメモリを堪能しています。ZDの記事にはIOのEasyTankに似ているなんて
                        書かれていますが、これってどっちもPRETEC社のOEMですよ・・・たぶん。
                         
                        残念なのは「16MB版」しかない点(!) 要するに、
                         
                        「実用モノとして買ってくれるなんて、ハナから期待していない」
                         
                        のでしょうね。あひる系オモシログッズとして1回ウケればイイ!という人が買う、と。
                        そこで容量なんてどうでも良いから価格重視(2,980円)で16MBオンリーなのでしょう。
                        (流石に16MBでは、私としては守備範囲外です)


                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | メモリ | 2003/12/24 17:00

                        また又・Doblogのココがこうなって欲しい!

                         カテゴリ : ブログ タグ :


                          もうタイトルに関してはツッコまないように( ̄▽ ̄;) →コチラ
                           
                          [関連したBlog: Doblogにあったらいいな、こんな機能]
                          blueaquaさんのblog記事に多くの要望が提案されていましたので、
                          本blogで出ていた新項目も含めて要望リストを更新してみました。
                           
                          Doblogのココがこうなって欲しい!
                          ======================================================================
                          A群、レイアウトや表示種別をもっと自由にいじれるようにして欲しい!
                           
                           ・blogのトップページ表示の記事数などを自由に決められるようにして欲しい
                           (最近のオススメ記事を自薦したりするのもアリ!)
                           ・「ジャンル」の並び順を管理者自由に替えられるようにして欲しい
                           ・メニューをもっと自由に配置できるようにして欲しい
                           ・ジャンルごとに記事の背景色を変えられるようにして欲しい
                           ・記事の一覧を見られるようにして欲しい
                           ◇デザインテンプレートをもっと増やして欲しい
                           ◇デザイン変更のCSSの意味について詳細解説したページを用意して欲しい
                           
                          B群、blog作成者向け記事作成、記事管理、反応通知等のツールを充実して欲しい!
                           
                           ・「下書き」した記事を一覧できるようにして欲しい
                           ●訪問者リスト上で、同じ人の訪問は1項目にまとめて欲しい
                           ・コメント、トラックバックの一覧を見られるようにして欲しい
                           ・コメント、トラバ一覧の未読/既読を管理して、未読一覧を表示する
                           「What's New」を作って欲しい
                           ・blogの記事をexport/importできるサービスを設けて欲しい
                           ・アクセス数の変化をグラフにして表示して欲しい
                           ・コメント入力の「文字数制限」(400文字)をもっと緩和して欲しい
                           ・外部にpingを出せるようにしてほしい
                           ・blogインプットで空改行を省略しないで欲しい
                           (空行は全角スペース入れて誤魔化し対応してます・・・)
                           ・自分のblogにブックマークしてくれているblogの一覧が欲しい
                           ◇ブックマーク先の更新通知をメイルで送らない設定も用意して欲しい
                           ◇「新着」扱いになる操作を指定させて欲しい
                           ◇1記事から複数の記事にトラックバックできるようにして欲しい
                           ◇「コメント」も修正削除できるようにして欲しい
                           ◇ブックマーク一覧で、自分のblogにコメントやトラックバックをしたことが
                           ある人にはマークがついて欲しい
                           ◇記事中にSPANタグが使えてスタイルを指定できるようにして欲しい
                           
                          C群、閲覧者向けのblog探索機能を充実して欲しい!
                           
                           ・記事の検索の機能をもっと強化して欲しい
                           (大文字小文字の同一視、全角半角の同一視、AND/OR演算など)
                           ・全サイトblogインデックスを作って欲しい
                           ・Doblogトップの「新着blog」表示数(今は10件)をもっと増やして欲しい
                           ●ケータイからも閲覧できるようにして欲しい
                           ◇プロフィールの各項目(性別、誕生日など)を検索の絞り込みに使いたい
                           ◇RSSの各itemにdc:date情報を持たせて欲しい
                           
                          D群、その他要望、コメントなど
                           
                           ・記事の検索を(HTTPのPOSTではなく)GETコマンドにして欲しい
                           ・Hottolinkがあんまり有効に使えていないような・・・
                           ◇記事中の画像のリンクで、</a>と</div>の間を詰めて欲しい
                          ======================================================================
                          ◇…今回新規に追加された要望
                          ●…何らかの形でめでたく具現化された要望
                           
                          ケータイからの閲覧など、実際に実現された項目があるのはとても嬉しいことです。
                          これからも頑張ってください。応援しています>Doblog関係者さま


                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/24 15:13


                           (2003/12/23 04:00)

                          初めてのタブレット "Intuos2"

                           カテゴリ : デジモノ タグ :


                            久しぶりのデジモノ購入は、自身初めてのタブレット購入です。
                            タブレットといえばWACOM、WACOMと言えば "FAVO""Intuos2"
                            A5版で店頭価格を比べると Intuos2 i-620 が 27,800円、FAVO F-630 が 16,800円。
                            両者のハード的な違いは主に筆圧検知と傾き検知の細かさに集約されており、
                            ソフト的には、FAVOには入門用レタッチ系ソフト、Intuos2にはPainter Classicや
                            ComicStudioMiniなどのより実用的なソフトが付属しているという違いがあります。
                             
                            どうせタブレットの素人なのだから、まずは良い方を使ってみて
                            どんなものかを知るのが良いと思ったのと、PainterClassicやComicStudioを
                            使ってみたかったこともあり、結局Intuos2を選びました。
                             
                            さて、自宅で開封し、サクサクとセッティングを済ませて、Windowsのペイントで
                            試運転開始です。・・・が、どうにも思うように線が引けません。マウスで描く
                            よりは何倍も良いのでしょうけど、それにしても「ちゃんとした線」が引けません
                            次にPainterClassicを起動、・・・これも何か・・・うーん、
                             
                            しっくりしない。
                             
                            タブレットが書きやすいといってもやっぱりこんなモノなのかなぁ、紙に書くような
                            雰囲気を期待するのは流石に無理なのかなぁ、とちょっと諦め気味になっていたのですが、
                            続いてComicStudioMiniを使って鉛筆下書きモードでさらさらやってみると
                             
                            あ、しっくりするかも。
                             
                            何か急に「ある程度思った通りの線跡」が引けるようになりました。
                            ソフト毎にもいろいろクセがあるのでしょうか。鉛筆モードでサラサラやって、
                            レイヤを重ねた上から今度はペンモードでペン入れ、うん、悪くありません。
                            手元のスケールと画面上のスケールの感覚が合わなくて
                            手首を中心にした円弧を描くと想像より妙に小さい/大きい円弧になって
                            しまったりと、慣れが必要な場面もまだまだ多いですが、ひとまず
                             
                            遊べそうな感じ
                             
                            なことは判りました。とりあえずComicStudioMiniで色々遊んでみることにします(・ω・)


                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/23 04:00


                             (2003/12/22 17:14)

                            いるか?

                             カテゴリ : デジモノ タグ :


                              あんな運動しなくても、イルカ型PCスタンドで脂肪燃焼
                              http://www.zdnet.co.jp/products/0312/22/gadget.html
                               
                              いりません(笑)
                               
                              いや、着眼点は非常に面白いと思うのですが、
                              実際あんな角度でキーが打てるものなのだろうかとちょっと心配。
                              それと、ノートPCはちょっとしたときに部屋の隅に片付けたりできるところが
                              便利だと思うのですが、スタンドをつけたら、そのスタンドは別々に片付け
                              なければなりません。ノートPCを完全な据え置きPCとして使う場合は別ですが。
                               
                              そういえば一時PCラックとして、ディスプレイを下方に傾けて設置できるラックが
                              流行りましたね。最近もそういう市場は残っているのでしょうか?
                              実際にあの傾けラックを使用している人を見たことが無いような気が・・・・。


                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/22 17:14

                              更新メイルをブロック・ブロック!

                               カテゴリ : ブログ タグ :


                                Doblogの世界に飛び込んでからはや20日が経ちましたが、
                                このたびようやく、ブックマークというものを利用し始めました。
                                お気に入りのblogサイト様にすぐジャンプできるのでとても重宝しているのですが、
                                このブックマーク、対象のblogサイトに更新が掛かると律儀に
                                 
                                「更新があったよーメイル」
                                 
                                を送ってきてくれます。面白いサイトとは得てして更新の多いサイトになりますから、
                                そんなblogサイト様を10箇所くらいブックマークしたら、1日30通とかの更新通知メイルが
                                送られてくることになるのでしょうか?!しかも、これを止める設定は無いようです。
                                 
                                スパムじゃないんだから、勘弁してくだちぃ(;´д⊂)
                                 
                                というわけで、更新メイルブロック大作戦。私はISPがniftyですので
                                (じゃあ何でココログを使わないのか?!という突っ込みはNGです。あしからず・・・)
                                niftyのメイル設定で
                                 
                                Subjectに 『 さんのDoblogが更新されました 』 を含むメイルを破棄
                                 
                                という、ちょっと心苦しいステキな設定をせざるを得ませんでした。
                                 
                                ・ブックマーク先の更新通知をメイルで送らない設定も用意して欲しい
                                 
                                また1つ要望に追加です。


                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/22 14:41

                                "Hottolink" …何て読むか知ってましたか?(汗

                                 カテゴリ : ブログ タグ :


                                  [関連したBlog]
                                  exploitさん『Doblog が携帯でも使えるようになるらしいぞ』より
                                   
                                  Doblogをケータイから使う新サービス "Moblog" が12月末頃から始まるそうです。
                                  よし、また1つDoblogサービスが進化しますね!嬉しいことです(≧▽≦)o"
                                   
                                  出先でちょこっと空いた時間にマッタリとDoblogを楽しめる、そんな新サービスに
                                  期待します。ケータイからの入力は…、少なくとも私は要らないかな。
                                  自己表現系のblogだったら、ケータイからの入力は強力な武器かもしれません。
                                   
                                  さて、閑話休題。
                                  この Doblog 及びMoblogの技術開発元である "Hottolink"。
                                  正しい読み方は「ホットリンク」だそうです。
                                  私は「ホット・トゥ・リンク」だとばかり思っていました。
                                   
                                   英語だと「ホット・トゥ・リンク」だけど、日本語だと読みづらいから
                                   省略して「ホットリンク」ということにしているのかなぁ?
                                   
                                  と思って調べてみるとビックリ。Hottolink社
                                   『HOTTO』=『ホっとする。日本語が語源』
                                  いや、ちょっとまてよおっさん! と突っ込み入れていいですか?∑( ̄□ ̄;)


                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/22 11:04

                                  無線でふっ飛ばせ!USBオーディオデバイス

                                   カテゴリ : デジモノ タグ :


                                    (impress) USBオーディオ無線デジタル伝送システム ラトックシステム 「REX-Link」
                                    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20031219/dev052.htm
                                     
                                    USB無線オーディオデバイス。FMトランスミッタのようなアナログチックなものかと
                                    思いきや、SBCコーデックでエンコードされたものを飛ばして、受信側でデコード
                                    して光出力/アナログ出力をしているようです。
                                     
                                    自宅の一室にあるノートPCでは、音楽再生をしたいときだけライン出力のコードを
                                    コンポまで繋いでいるのですが、どうも有線が邪魔で、エレガントではなかったのが
                                    気になっていましたので、こういう製品がちょっとありがたいのは確かです。
                                    それはともかく、ポイントは
                                     
                                    妙なデザイン。
                                     
                                    所有欲をくすぐる感じがします。ハイ、そこ!異議は認めません!
                                    というわけで本日Sofmap.comでさっくりと注文してしまいました(笑)
                                    実物が届きましたらまたここでご紹介することにしましょう。
                                     
                                    1点だけ気になっているのは、無線2.4GHz帯を利用するという点。
                                    無線LANとの干渉はできるだけ抑えるようにしてあるとのことですが、
                                    接続予定のノートPCも無線LANが命の機体ですので、とりあえず祈る祈る・・・(-人-)。


                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/22 10:28


                                     (2003/12/20 19:42)

                                    新着ジャック、すみません(;´Д`)

                                     カテゴリ : ブログ タグ :


                                      さきほど一瞬ですが、Doblogトップの新着リストをジャックしてしまいました・・・。
                                       
                                      というのも、記事のジャンルの整理を行ったのですが、
                                      記事の編集を選んでジャンルの付け替えを行うと、全て「更新」扱いになってしまい、
                                      Doblogトップの新着リストに、ジャンルを付け替えた記事全てが載ってしまうという
                                      困ったことになってしまうのです。
                                       
                                      ということで、新ジャンル「Doblogに要望!」にまた1つ追加。
                                       
                                      ・「新着」扱いになる操作を指定させて欲しい
                                       
                                      ジャンル変更だけなら新着にしたくない人、
                                      1文字だけの修正のときは新着にしたくない人、
                                      などなど、新着コントロールが出来ないと、昔の記事には怖くて触れません(汗


                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/20 19:42

                                      ようやくタイトルが画像になりました

                                       カテゴリ : ブログ タグ :


                                        今まで "平日限定blog" になっちゃっていたのですが、土曜日初インプットです。
                                         
                                        昨日から今日にかけて、「デジモノに埋もれる日々」のデザインを赤基調に
                                        していました。それと合わせて、タイトルを平坦な文字ではなく画像に
                                        したかったのですが、今日ようやくその方法が判りましたε=(~Д~;)
                                        参考にさせていただいたのはw_interfaceさんのblog「言いたい放題!?」です。
                                        特定の記事の参照ではありませんのでトラックバックにならなくてゴメンナサイ・・。
                                         
                                        ご存じの方も多いと思いますが、タイトルに画像を使うポイントは以下の2点、
                                         ・画像は背景として貼り付ける。
                                         ・文字は背景色と同じ色にして消えたように見せる。
                                        以下のような感じでCSSを変更します。
                                         
                                        .mydoblog-header {
                                         /* 文字を極小にして、背景と同じ色にすれば消えたように見えるね */
                                         font-size : 0% ;
                                         color : #fffff0 ;
                                         /* タイトル画像は「背景画像」として貼り付けるね */
                                         background-image : url("/img/pict/0000002317.gif") ;
                                         background-repeat : no-repeat ;
                                         background-position : 50%;
                                         background-color : #fffff0;
                                         /* 枠を画像が収まるくらいの適度な大きさに変更するね */
                                         width : 776px ;
                                         height : 112px ;
                                        }
                                         
                                        画像のurl指定では、別に他のWebスペースに置いたファイルを指定しても構いませんが、
                                        Doblogで指定できるMyPictureを、1回表示してHTMLソースを見て画像URLを控え、
                                        それを指定するのが一番簡単でしょう。
                                         
                                        というわけでチョコットだけ見た目も整ってきた当blogを
                                        今後とも宜しくお願いします m(_ _)m


                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (1) | ブログ | 2003/12/20 17:00


                                         (2003/12/19 15:46)

                                        続々・Doblogのココがこうなって欲しい!

                                         カテゴリ : ブログ タグ :


                                          [関連したBlog]
                                          インプレスから「できる」シリーズならぬ「欲しい」シリーズでも発売されそうな
                                          雰囲気になってきましたが、Doblogのココがこうなって欲しいシリーズです。
                                          色々ご意見を伺っている中から私なりにまとめて箇条書きにさせて頂いております。
                                          ご意見をくださった皆様には不覚^H^H深く感謝申し上げます。
                                           
                                          Doblogのココがこうなって欲しい!
                                          ======================================================================
                                          A群、レイアウトや表示種別をもっと自由にいじれるようにして欲しい!
                                           
                                           ・blogのトップページ表示の記事数などを自由に決められるようにして欲しい
                                           (最近のオススメ記事を自薦したりするのもアリ!)
                                           ・「ジャンル」の並び順を管理者自由に替えられるようにして欲しい
                                           ・メニューをもっと自由に配置できるようにして欲しい
                                           ・ジャンルごとに記事の背景色を変えられるようにして欲しい
                                           ・記事の一覧を見られるようにして欲しい
                                           
                                          B群、blog作成者向け記事作成、記事管理、反応通知等のツールを充実して欲しい!
                                           
                                           ・「下書き」した記事を一覧できるようにして欲しい
                                           ・訪問者リスト上で、同じ人の訪問は1項目にまとめて欲しい
                                           ・コメント、トラックバックの一覧を見られるようにして欲しい
                                           ・コメント、トラバ一覧の未読/既読を管理して、未読一覧を表示する
                                           「What's New」を作って欲しい
                                           ・blogの記事をexport/importできるサービスを設けて欲しい
                                           ・アクセス数の変化をグラフにして表示して欲しい
                                           ・コメント入力の「文字数制限」(400文字)をもっと緩和して欲しい
                                           ・外部にpingを出せるようにしてほしい
                                           ・blogインプットで空改行を省略しないで欲しい
                                           (空行は全角スペース入れて誤魔化し対応してます・・・)
                                           ・自分のblogにブックマークしてくれているblogの一覧が欲しい
                                           
                                          C群、閲覧者向けのblog探索機能を充実して欲しい!
                                           
                                           ・記事の検索の機能をもっと強化して欲しい
                                           (大文字小文字の同一視、全角半角の同一視、AND/OR演算など)
                                           ・全サイトblogインデックスを作って欲しい
                                           ・Doblogトップの「新着blog」表示数(今は10件)をもっと増やして欲しい
                                           ・ケータイからも閲覧できるようにして欲しい
                                           
                                          D、その他要望、コメントなど
                                           
                                           ・記事の検索を(HTTPのPOSTではなく)GETコマンドにして欲しい
                                           ・Hottolinkがあんまり有効に使えていないような・・・
                                           
                                          ======================================================================
                                          (takayanさん、tsasakiさん、はおりさん、涼川始さん、CK) 順不同コード順?
                                           
                                          かなり意地になって、語尾を「欲しい」で揃えてみました( ̄ー ̄)b
                                          皆様からの新たなご意見・コメントなどお待ちしておりま~す。


                                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/19 15:46

                                          10大ニュースっていうのは

                                           カテゴリ : 雑談 タグ :


                                            「10大ニュース」
                                            この時期毎年見られる光景ですが、いろいろなニュースが
                                            独自の「10大ニュース」を発表して、1年の終わりを印象付けます。
                                             
                                            この「10大ニュース」のノミネート。なんだかもう少しちゃんとした段階を踏んで
                                            決めていったほうが良いと思うのですが如何なものでしょう?
                                             
                                            例えば、例えばですが、
                                            読者に何の前置きも無しに書き込んで貰った今年のビッグニュースを集め、
                                            同じ項目と思われるものが分類・統合し、数百の項目に絞ったところで、
                                            第一次投票を行って、その上位50位を正式ノミネート項目とする、
                                            そして決戦投票を行って最終的な10大ニュースを決定する、とか、とか、
                                            いや、そんなコストを払っているヒマはどこにも無いのでしょうけど・・・。
                                             
                                            ナゼこんなことを言い出したのかといいますと、
                                            Impressの10大ニュースのトピックスをザッと眺めてみたところ、とっても、
                                             
                                            「まぁこんなところでしょう、ってアドホックに決めちゃいました~♪」
                                             
                                            という感じのノミネートに見えてしまったからです。いえ、内容ではなく数が・・・。
                                             
                                            ■Impress 10大ニュース ノミネートリストにノミネートされた項目の数
                                            (2003.12.19 14:00現在)
                                            ==================================================
                                            - EnterpriseWatch (未定)
                                            - PCWatch (未定)
                                            - AkibaWatch (15)
                                            - AVWatch (33)
                                            - GameWatch (未定)
                                            - ケータイWatch (30)
                                            - InternetWatch (25)
                                            - BroadBandWatch (25)
                                            ==================================================
                                            ※「窓の杜大賞」は若干性格が異なりますので置いておきます。
                                             
                                            ノミネート項目が30以下、しかもAkibaWatchの15項目って何ですか _| ̄|○
                                            せめてここに上がっているノミネート項目を全部合わせて
                                            「IT業界10大ニュース」という形にして、150~200くらいのノミネートから
                                            選べるようにしてもらわないと、とても「選んでいる」気分にはなれません・・・。
                                             
                                            苦悩の的、AkibaWatchのノミネートを覗いて見ると・・・?
                                             
                                            ・今年のメモリ価格は安定志向、上がりそうで上がらず、下がりそうで下がらず
                                            ・ゴーストもノイズも許さない!、TVキャプチャカードの高画質化すすむ
                                            ・バラエティに富むUSBフラッシュメモリ、ペン型にテントウ虫にガンダムにカメラ付き
                                             
                                            いや、「ニュース」じゃなくて「傾向をまとめた」ものを項目にされても(´~`)


                                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/19 14:34

                                            Doblogをケータイから読みたいよね?

                                             カテゴリ : ブログ タグ :


                                              昨日の記事で新FOMA発表にはしゃいでからひと言。
                                               
                                              「Doblogをケータイから見られるようにしてくださいおねがいします (_ _)m」
                                               
                                              blogは記事ごとに明確にコンテンツに分かれている性格上、
                                              レイアウトさえこだわらなければ表示は簡単だと思うのですけどねぇ。
                                              モチロン画像は置いといて(ノ゜ο゜)ノ 大きな記事は適度に分割して(´~`)
                                              文字だけの構成にすればiモード、ezWeb、J-Sky共通でもイケるかな?
                                               
                                              お気に入りのblogをケータイから巡回して読みたいですよね?
                                              さりげな~~~く、Doblog運営サイドにアピールしておきましょうみなさん(笑)
                                              さりげな~~~く、さりげな~~~く、さりげな~~~く・・・・。


                                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/19 12:35


                                               (2003/12/18 16:33)

                                              遂に発表『新FOMA機』。これを待ってました!

                                               カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                (zdnet) “本気”のFOMA「900i」発表
                                                http://www.zdnet.co.jp/mobile/0312/18/foma01.html
                                                 
                                                年明けには出るゾ出るゾと言われていた新FOMA機が、今日遂に発表となりました。
                                                実際に店頭に並ぶのは2月の予定、場合によっては早まるかも、とのこと。
                                                 
                                                ずーーっとFOMAに乗り換える機会を伺っていた私にとって、
                                                この新年の新FOMAは待ち焦がれていたものでした。
                                                私が今使用しているのはドコモの普通のmova『 N504i 』(カメラもない!)
                                                なのですが、実はネット掲示板などに定期的にアクセスしているため、
                                                 
                                                パケット通信料が 毎月1万円近く も掛かる状態
                                                 
                                                (電話と合わせて1.2万程度)だったのです。
                                                元々ケータイを通話機でなくて通信機だとしか思っていない私は、
                                                可能な限りパケット単価の安いFOMAに乗り換えたがっていましたが、
                                                新年にFOMA機が一新されるというウワサを聞いて足止めを喰らっていたのです。
                                                 
                                                さて、旧来のmova iモードでパケット通信を1万円も使っていた私が、
                                                FOMAに乗り換えるとどうなるのか。
                                                 
                                                iモードのパケット単価は0.3円ですから、およそ3.3万パケットの通信をしていた
                                                ことになります。これはFOMAの「セット69」(無料パケット40,500込み)にスッポリ
                                                収まりますから通話料と合わせて 12,000円程度→6,900円 に大幅に削減できます。
                                                ただしFOMAの高速通信ですと、うっかり今までよりパケット消費が激しくなる
                                                恐れがあります。そこで「セット79」にすればパケット単価が0.05円まで落ち、
                                                7,900円で95,000パケットまで使えることになります。これは嬉しい!嬉しすぎる!
                                                 
                                                このように「通話はときどき。主な用途はネットアクセス」というケータイの使い方
                                                をしている方には、FOMAへの乗り換えは有力な候補になると思われます。
                                                私はおそらく2月の発売開始直後から乗り換えに走っていることでしょう。
                                                 
                                                あ、でもPC用のデータ通信は、以前書いた通りauのPacketWINにしたいのですが。。。


                                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/18 16:33


                                                 (2003/12/17 13:08)

                                                書籍に宿る『著者のパワー』を感じるか

                                                 カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                  (日経ITPro)最近のコンピュータ書籍は面白い――著者の個性を前面に打ち出す
                                                  http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20031216/1/
                                                  (もしかしたら無料登録しないと見られないかもしれません・・・。)
                                                   
                                                  『最近はコンピュータ書籍に“ちょっと違う感じ”の書籍が増えてきた。』
                                                  そんな切り口から、下記の3冊のIT書籍が紹介されています。
                                                   
                                                  ・「CPUの創りかた」(渡波郁、毎日コミュニケーションズ)
                                                  ・「暗号技術入門―秘密の国のアリス」(結城浩、ソフトバンク)
                                                  ・「Rubyソースコード完全解説」(青木峰郎、インプレス)
                                                   
                                                  さらにITProの記事では、これらの本の共通点について以下の2点を上げています。
                                                   
                                                  1、読者を強く思って,挫折せず,楽しく読み進められるように配慮してあるという
                                                   コミュニケーションの基本ができていること。

                                                  2、著者のキャラクタが強く感じられること。
                                                   
                                                  私はこの点には非常に強い共感を覚えます。私はIT関連の解説書を選ぶとき、
                                                  まずはその本を開いて数ページ読んでみて、
                                                   
                                                  『著者のパワー』を自分の身で感じることができたか
                                                   
                                                  という点を必ず確かめています。良い本には、読むだけで吸い込まれていくような
                                                  雰囲気、知識が苦しまずに頭に流入するかのような雰囲気が必ず存在します。
                                                  それに比べて、巷のIT書籍の中には、
                                                   
                                                  「思い入れはないケド、とりあえず全編まんべんなく書き終えてみました」
                                                   
                                                  的な、パワー感ゼロの本がどれほど存在することか。。。。
                                                  そういう本を読まざるを得ない羽目に陥ると、最悪の場合、その本の所為で
                                                  その学問が嫌いになってしまう
                                                  ことすらあります。大学で教本が指定されている
                                                  場合など(多くの場合その教授の著書)に特にその傾向がありますね。
                                                   
                                                  以前私は「どんなに有名な本でも、原著が外国人の本は読まない」という自分ルールを
                                                  作っていたときもありました。理由は明白で、恐らく原作にはあったであろうパワーが、
                                                  翻訳者の手によって全て潰されて面白みの無い本になっているケースが多すぎた為です。
                                                  でも最近では、翻訳本でも十分すぎるパワーを伝えているものが多くなってきています
                                                  ので、選択の幅も広がり、嬉しい限りですね。


                                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/17 13:08


                                                   (2003/12/16 15:43)

                                                  免許更新時の制度の落とし穴?!

                                                   カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                    普通自動車の免許の更新をしてきました。
                                                    11月生まれの私ですが、今回から制度が変わったとかで、
                                                    誕生日の前後1ヶ月(つまり11月生まれの場合は10月~12月)の間に更新手続
                                                    をすれば良くなったとのことなので、のんびり12月に行くことにしました。
                                                     
                                                    先週末、「さぁて更新してくるかな~」と思い立ち、
                                                    試験所の前の駐車場は満車かな?それとも空いてるかな?
                                                    などと考えながら車に乗りこんでエンジンを掛け・・・
                                                     
                                                    そこで青ざめました!!もしかして・・・!?
                                                    そこで免許を見直してみると、今年の誕生日まで有効との記述が・・・
                                                     
                                                    今、乗ったら無免許運転じゃない?!!
                                                     
                                                    というわけで結局、乗り慣れない自転車を使ってキコキコと
                                                    免許更新をしてまいりました。更新して新しくなった免許証には、
                                                    誕生日+1ヶ月後まで有効な期限が切ってありました。これなら次回は、
                                                    12月に更新しても更新日までの間に空白期間ができることはありません。
                                                     
                                                    さて、答え合わせ。実際のところはどうだったのかと言いますと・・・。
                                                     
                                                    旧制度時の免許で「○年の誕生日まで有効」となっていた免許も、
                                                    現在の法律では「誕生日の1ヵ月後まで有効」と読み替えてよいみたいです。
                                                    すなわち、あのとき運転していたとしても、私は無免許運転で捕まることは
                                                    なかったみたい
                                                    なのです。わ、わかりにくい・・・・。


                                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/16 15:43


                                                     (2003/12/15 22:07)

                                                    39度の熱が出て

                                                     カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                      この週末は高熱に見舞われてかなり苦しんでいました。
                                                      金曜の夕方から急な寒気が襲い、帰宅して熱を測ると38.5度
                                                      パブロンとバファリンを頬ばって(?)布団の中に潜り込むも、
                                                      寒気は収まるどころか更に悪化するばかり。
                                                      翌朝に再度計測してみると、39.4度という眩暈のするような状態。
                                                       
                                                      インフルエンザだーー!!そうに違いない!!
                                                       
                                                      これはダメだ!と思って医者に行きました。ところがそのお医者さま、
                                                      「じゃあインフルエンザかどうかのテストをしますからねぇ~」といって
                                                      そそくさと綿棒で鼻水を採取するや、小さな試験紙のようなものに付けて
                                                      待つこと15分。
                                                       
                                                      「ほら、ここにインフルエンザを示す線が出なかったのね~
                                                       だからこれはインフルエンザじゃないのね~。単なる咽頭炎なのね~」
                                                       
                                                      単なる風邪ですか(´・ω・`)
                                                      本人はインフルエンザ気分まんまんだったのですが。
                                                      普通の風邪薬を貰って「?」な感じで帰ってみると、熱は39.6度に上がっていました。
                                                      今はその普通の風邪薬を飲んでおとなしく寝込み中です。
                                                      熱も37度近くまで下がってきています。


                                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/15 22:07


                                                       (2003/12/12 17:32)

                                                      続・Doblogのココがこうなって欲しい!

                                                       カテゴリ : ブログ タグ :


                                                        続々・三匹が斬る!みたいになってきましたが ∑( ̄□ ̄;)
                                                        三匹が斬る!シリーズは時代劇史上の最高傑作だったなぁ~・・・とかは関係なく。
                                                         
                                                        tsasakiさんの提案にもあった「トップページへの表示blog数の変更」案は
                                                        なんだかとっても切実な気がしてきました。私は12/2にDobloggerになって以来、
                                                        平日のみ9日で25記事めに入ったわけですが、月が変わらない限りトップに
                                                         
                                                        ぜーーーーーーーんぶ
                                                         
                                                        表示されたままですよ(´・ω・`) テキストだけで100KBを超えますよ。
                                                        画像も含めると、このままではおちおち年越しソバも食べていられませんよ
                                                        特に私の場合は1記事あたりの文量が多いで単純に比較できないのは承知していますが、
                                                        他にも結構困っている方はいらっしゃるのではないかと。
                                                         
                                                        月が変わるとトップのblogが全部クリアされてしまって
                                                        「まるでblog管理者がサボっているみたいに見える」
                                                        という、これまた切実な声もよく聞かれます。


                                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/12 17:32

                                                        Doblogのココがこうなって欲しい!

                                                         カテゴリ : ブログ タグ :


                                                          タイトル変わっちゃってますが(^_^;
                                                          下の「本サービス前にDoblogの改良案を出し合うのって良いかも?」の続きです。
                                                           
                                                          思い出したようにもう1つ提案ですが、
                                                           
                                                          ・blog記事のexport/importサービスが欲しい
                                                           
                                                          不慮の事態に備えたバックアップや、移転時の活用のために。
                                                          でも・・・blogの標準XML形式、なんて、やっぱりありませんよね・・・?
                                                          htmlだったら自分で保存できますけど・・・。
                                                           
                                                          それから、下で私が「管理者向けWhat's New」と言っていたものは、
                                                          メイルの「新着メイルが1件あります!」のようなイメージを想像して頂ければ
                                                          判りやすいかもしれません。例えばこんな感じでしょうか。
                                                           
                                                          ============================================================
                                                          ■「デジモノに埋もれる日々」(CK) blog管理者What's New
                                                           
                                                          ○新着コメントが 4 件あります。
                                                           1. 「『楽曲を聴く権利』の具現化とは」へのコメント(CKさん)
                                                           2. 「ミラーリング必須時代を生きる」へのコメント(CKさん)
                                                           ...more
                                                           
                                                          ○新着TrackBackが 1 件あります。
                                                           1. 「折りたたみ電動自転車」へのTrackBack(CKさん)
                                                           
                                                          ○最新訪問者リスト
                                                           1. CKさん [訪問時刻 12:01 12:02 12:11 12:18]
                                                           2. CKの友人さん [訪問時刻 12:05]
                                                           3. CKの友達さん [訪問時刻 11:08 11:24]
                                                           4. CKの知合いさん [訪問時刻 09:53]
                                                           ...more
                                                           
                                                          ○ブックマークされたblogの更新リスト
                                                           1. 「Doblogのココがこうなて欲しい!」
                                                           CKさん「デジモノに埋もれる日々」[更新時刻 15:35]
                                                           ...more
                                                           
                                                          [MyDoblogへ] [Blogインプット] [MyDoblog表示項目設定]
                                                          [MyDoblogデザイン変更] [プロフィール変更]
                                                          ============================================================
                                                           
                                                          あくまで例えばですよ、例えば・・・。


                                                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/12 15:40

                                                          本サービス前にDoblogの改良案を出し合うのって良いかも?

                                                           カテゴリ : ブログ タグ :


                                                            [関連したBlog]
                                                            tsasakiさん「状態動詞の否定形」より、
                                                            「そろそろ他のウェブログサービスも検討してみようかと…」
                                                             
                                                             tsasakiさんのまとめる、doblogの使いにくかった点
                                                             ========================================
                                                             1、一か月分が全て表示される
                                                             2、「下書き」を一覧できない
                                                             3、「ジャンル」を並べ替えできない
                                                             4、メニューをもっと自由に配置したい
                                                             5、ジャンルごとに記事の背景色を変えたい
                                                             6、記事の一覧が欲しい
                                                             7、コメント、トラックバックの一覧が欲しい
                                                             8、記事の検索をGETにして欲しい
                                                             9、記事の検索の機能強化
                                                             10、Hottolinkは使えない
                                                             ========================================
                                                             (詳細については参照元をご覧下さい)
                                                             
                                                            非常に共感する点が多いと思います。確かDoblogは3月まで試験サービスで、
                                                            4月からは(無料か有料か判りませんが)本サービスに移行する予定のハズ。
                                                            Doblogへの要望は、今くらいの時期にみなさんで思い思いに書き記しておくのが
                                                            良いかもしれませんね。
                                                             
                                                            tsasakiさんの改善提案をジャンル分けするとこんな感じになるかもしれません。
                                                             
                                                            A、レイアウトや表示種別をもっと自由にいじくりたい(1、3、4、5、6)
                                                            B、blog作成者向け記事作成、記事管理、反応通知等のツールを充実してほしい(2、7)
                                                            C、閲覧者向けのblog探索機能を充実してほしい(9)
                                                            D、その他(8、10)
                                                             
                                                            私が特に同意するのは5、6、7あたり。さらに差分提案があるとすれば、、、
                                                             
                                                            ・全サイトblogインデックスを気ままに散策したい(→C)
                                                            ・訪問者リスト上で、同じ人の訪問は1項目にまとめて欲しい(→B)
                                                            ・コメント通知、トラックバック通知、訪問者通知、ブックマーク先blog更新通知、
                                                             などを、「管理者向けのWhat's Newページ」としてまとめて表示できてほしい(→B)
                                                             ( " What's New " というより " TODO " かも?)
                                                             
                                                            とにかくBのあたりを強烈に強化してほしいという感じがします。
                                                            みなさんのご意見がblogとしてチェーンしたら面白いかも。


                                                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/12 15:02

                                                            『楽曲を聴く権利』の具現化とは

                                                             カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                              MicrosoftやNTTなど、デジタル・コンテンツ配信の業界団体「CRF」結成(日経BizTech)
                                                              http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/gen/281027
                                                               
                                                              このCRF、参加企業はなかなか興味深いメンバーで、
                                                              OSとメディアファイルの雄 Microsoft、コピープロテクトの元祖 Macrovision、
                                                              電子署名と暗号の専門 VeriSign、小型機器向けチップのARM、レコード会社 Universal Music、
                                                              それにNTT、あとContentGuardとはこんなことをしていた会社ですね。
                                                              http://www.zdnet.co.jp/news/0107/31/b_0730_08.html
                                                              http://sve.gmo.jp/a.php?i=2528
                                                               
                                                              ところでこの手の情報を探していたら、こんなページにも辿り着きましたが、一応ご紹介。
                                                              「音楽配信関連情報サービス「EMD.gr.jp」ホームページ」
                                                              http://www.emd.gr.jp/index.html
                                                               
                                                              CRFのspec1.0をざっと覗いてみたのですが、
                                                              最初見たときは「コンテンツを運ぶコンテナ」っぽい仕様に見えましたので
                                                              「もしかして核心に触れない(制御自体はWMA等の技術に一任される)のかも?」と思って、
                                                              見るのをやめてしまいました。しかし下記のc-netの記述では権利の制御をCRFで行う
                                                              といった論調になっていますね。もう一度ちゃんと確認したいと思います・・・。
                                                              http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20062703,00.htm
                                                               
                                                              ※おまけ
                                                              こんなのは話題に上がったことありましたでしょうか?
                                                              impressの記事ですのでご存知の人も多いかと思いますが、
                                                              「音楽配信サービス「エニーミュージック」が2004年春に開始
                                                               -OpenMG/ATRAC3を利用。対応機器をA&Vフェスタ2003に出展」
                                                              http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20031021/anymusic.htm
                                                              Ethernetコンポ時代の幕開けですね。


                                                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/12 14:21


                                                               (2003/12/11 14:26)

                                                              ミラーリング必須時代を生きる

                                                               カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                                富士通、RAID 1対応のA4デスクノートPC (impress)
                                                                http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1209/fujitsu.htm
                                                                 
                                                                ノートPCでRAID-1をオプションに持つマシンにはなかなかお目にかかれません。
                                                                Googleで探してもせいぜいこんなのが見つかったくらいです。
                                                                 
                                                                Liebermann「Producer」
                                                                http://www.go-l.com/laptops/producer/features/index.htm
                                                                 
                                                                ナゼこんなにRAID-1、RAID-1と気にするのかというと、私自身、自分の使っていた
                                                                PCのHDDがある日突然トンでしまって愕然とし、それ以来自宅のPCの総RAID-1化を
                                                                進めているからです。
                                                                 
                                                                自宅には7台のPCが稼動していますが(それもどうかと思いますが・・・・)、
                                                                そのうち3台(メイン、サブ、ファイルサーバ)がRAID-1になっています。
                                                                2台はノートですのでRAIDならず。
                                                                1台はWebサーバ用で小型ベアボーンのためHDDが2基載らず。
                                                                もう1台は9821ですのでRAIDならず(笑)
                                                                RAID-1に出来なかったマシンでは、大事なデータはファイルサーバ側に残すように
                                                                気をつけなければなりません。オリジナルデータはお金を出しても買えませんからね~。
                                                                 
                                                                HDDはやっぱり「壊れるモノ」です。
                                                                 
                                                                しかしこれほどPCがライフスタイルの中に取り込まれてしまったら、
                                                                HDDが吹っ飛んだ日のことを考えて寒気がしないでしょうか。
                                                                友人とやりとりしていたメイルが全て無くなってしまったら?
                                                                一所懸命作っていたクリエイティブな作品が全て無くなってしまったら?
                                                                 
                                                                最近は1台めの購入がノートPC(RAIDなし)で、全てのデータをそれ1台に溜めている
                                                                人も多いハズ。でも一度クラッシュを味わった私には、それはとてもとても怖い
                                                                環境に思えてしまうのですが、考えすぎ? 怯えすぎ? 神経質すぎ?


                                                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/11 14:26

                                                                折りたたみ電動自転車

                                                                 カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                  Panasonicから2004年2月15日に発売予定。
                                                                  「WiLL ELECTRCI BIKE」
                                                                  http://www.digi-vita.com/digi-vita/products/ebike/index.html
                                                                   
                                                                  おお~、イイ感じですね~。何となく憧れてしまいますね~。
                                                                  希望小売価格は、11万円・・・、いや、モノがモノですからこのくらいしますよね。
                                                                  高くても良いモノなら食指は動きますよね~。
                                                                   
                                                                  重量は、16.9kg。
                                                                   
                                                                  やっぱりいらないや(ノ゜ο゜)ノぽいっ
                                                                   
                                                                  気になって他の折りたたみ自転車も調べてみたのですが、電動ではないモノの場合
                                                                  12kg~14kgくらいが多いみたいです。でも、探したらありました。軽いのが。
                                                                   
                                                                  「トレンクル6500」6.5kg
                                                                  http://www.panabyc.co.jp/products/asp/CTLGdetail.asp?Syasyu=B-PEHT223
                                                                  これなら!?と思ったのもつかの間、電動でもないのに17万円ですか・・・。
                                                                   
                                                                  折角の折りたたみ自転車というコンセプト、ですが「車に積んで」では
                                                                  宿泊旅行時の活用が関の山。ライフスタイルの変化を求めるにはやはり
                                                                  カバンに入れて持ち運び、電車+自転車の組み合わせで移動してみたいところ。
                                                                  重量は是非4kg以下でお願いします。無茶ばかり言っていますが ( ̄▽ ̄;)。


                                                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (2) | 雑談 | 2003/12/11 13:30

                                                                  Xacti C1のファームUPしてみました。

                                                                   カテゴリ : デジカメ タグ :

                                                                  ・・・あんまり変わっていないような気がする(´・ω・`) 気休めかな。
                                                                  結局、個体シリアルナンバーを見たら対象機種だったため、UP作業を開始。
                                                                  作業自体は簡単なもので、ネットからファームウェアをダウンロードしてきて、
                                                                  SDカードのルートに放り込み、C1のメニューからある操作をするとファームの
                                                                  書き込みが始まって、1分くらい(?)で終了しました。
                                                                  http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20031208/sanyo.htm
                                                                  録画したMPEG-4をTMPGEncでMPEG-1に再エンコしている鬼邪道な私としては
                                                                  シリアルナンバー事件の修正はとりあえずおいといて(ノ゜ο゜)ノ
                                                                  オートフォーカスの精度が上がったという点が気になっていたのですが、
                                                                  ぱぱっと部屋の中を撮影してみた感じでは、やはりズーム時のフォーカス再調整に
                                                                  2~3秒みゅんみゅんと迷うのは変わっていない感じです。
                                                                  修正の効果が見られるのは、もっと動きのある画像のときなのでしょうかね~??


                                                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジカメ | 2003/12/11 11:48


                                                                   (2003/12/10 18:46)

                                                                  P2Pの問題性は、きっと『社会との折り合い』だけなのでは

                                                                   カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                    ・次期P2Pの仕様 part7
                                                                     (2ちゃんねるDownload板)
                                                                     http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/download/1070647427/l50
                                                                    Winnyユーザが逮捕されたことを受けて、Winnyの何処に問題があったのか検証し、
                                                                    「逮捕されないWinny」の開発を目指して仕様を検討しているスレッドです。
                                                                    ・データをRAID5のように拡散させて、どのデータも
                                                                     「単体では著作権を侵害していない」ように仕組む、
                                                                    ・全く同じバイト数のデータを複数相手から落とすようにすれば
                                                                     ダウンロード時には必ず「無関係の第三者」との通信が混じるため訴えにくい、
                                                                    などのバイタリティ溢れる(?)話題が交わされています。
                                                                    目的は常に「逮捕の難易度を上げる」という方向に向かっていますが・・・。

                                                                    ちなみに私は正直、「逮捕から逃れる」という目的で利用できる技術を考える
                                                                    という方向性は、非常に不毛だという気がしています。
                                                                    善悪は社会状況によって変化するものですから、「キャッシュのUPは合法か?」
                                                                    「中継点は合法か?」などの判断が 常に変わらない と信じていても、
                                                                    何のお守りにもなりません。もし「UP元の特定が原理的に不可能」なソフトを作り上げ、
                                                                    そのソフトで違法データが無尽蔵に流されたとしても、社会の動きは逆に
                                                                    「そのソフトの利用そのものを違法にしよう」という方向に動いてしまうハズです。
                                                                    結果的に「咎められないソフト」を目指すには、そのソフトに関して「敵より味方のほうが多い」
                                                                    (人数ではなく社会的力関係として)という社会的状況を作り上げるしかありません。
                                                                    拳銃の所持は違法で包丁の所持は合法、という論理と同様ですね。:-P
                                                                    違法データの交換・共有以外で大いに役立つネットワークにしない限り、
                                                                    次世代Winny(?)が安穏に稼動できる日はやってこないでしょう・・・。


                                                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/10 18:46

                                                                    『新着オンリー』??

                                                                     カテゴリ : ブログ タグ :


                                                                      Doblogを利用し始めて、とっても疑問に思ったことがあります。それは、

                                                                      『 Doblogにはナゼ、blogインデックスがないの? 』

                                                                      という素朴な疑問です。何を言っているのかというと、
                                                                      登録されているblogを一覧またはツリー表示させて勝手に探すといったことが
                                                                      できないのです。いや、できるのか?私が知らないだけですか??(;´д⊂)

                                                                      Doblogで他の方のblogにたどり着く方法
                                                                       1、「新着Blog一覧」で新着Blogを見る
                                                                       2、「MyDoblogランキング」でアクセス数の多いblogを見る
                                                                       3、「ブックマークランキング」で人気のあるblogを見る
                                                                       4、「Blogの検索」でキーワードを入れてバシッと検索する

                                                                      対して、MyBlog japanのインデックスをご覧下さい。
                                                                      http://www.myblog.jp/
                                                                      広大なツリーにはなりますが、一応全員のblogを気分の向くままに散策できます。
                                                                      blogはもともと日記的なものですから、ジャンル分けが良い手法なのかどうかは
                                                                      判りませんが、せめて全ユーザのblogを一望できるような手段が欲しいです。

                                                                      そうでなければ、まめに新着リストに登場してくるサイトでないと、
                                                                      存在自体を知りようが無いというジレンマに陥ってしまいます。
                                                                      やはり色々な人のblogを覗いて見たいじゃないですか(=´∇`=)


                                                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/10 18:06


                                                                       (2003/12/09 21:03)

                                                                      電話加入権ってまだあったのね

                                                                       カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                        総務省、“電話加入権”の廃止検討案を情報通信審議会に報告
                                                                        http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/3524.html

                                                                        「まだあったのね」というのは流石に大袈裟にしても、
                                                                        あまりにも時代が変わったのだなぁという実感をするには十分なニュースです。

                                                                        携帯電話の台頭とIP電話への期待が高まり、旧来の「電話」というインフラが
                                                                        まさに崖っぷちを迎えている昨今、旧来の電話のためのインフラ投資が成長を
                                                                        迎えることはまず有り得ず、加入者の総量に応じて必要な施設の料金を取るという
                                                                        電話加入権の存在意義は限りなく薄れていると言えます。実際、正価7万円以上の
                                                                        ものが市場で2万円で取引されるほど、加入権はダブついているようですね。

                                                                        ただ、加入権はゴルフ会員権などと同じく、それ自体を
                                                                        「資産」として扱うことができるため、いきなり単純に、

                                                                        「もうタダになりました~♪(はあと)」

                                                                        というワケにもいかないようですが。


                                                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/09 21:03

                                                                        やっぱりありましたかパケットカウンター

                                                                         カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                                          PacketWINの料金に関して考察したことがありましたが、
                                                                          やっぱりパケットカウントツールは標準ツールで出ていました(ノ゜ο゜)ノ
                                                                          http://www.au.kddi.com/data/soft/packet_counter/index.html
                                                                          そのくらい考慮していないワケがありませんよね・・・失礼しました。
                                                                          PacketOneの頃からあるワケですから、私が無知だっただけですね・・・。

                                                                          そのPacketWIN、入りたいのはヤマヤマなのですが、実は対応プロバイダとして
                                                                          私の使っている@niftyが「近日対応予定」のまま止まっています。挙がっているのは、

                                                                          ・au.NET
                                                                          ・DION
                                                                          ・デオデオエンジョイネット
                                                                          ・Urban Internet
                                                                          ・TikiTikiインターネット
                                                                          ・DTI
                                                                          ・@nifty(近日対応予定)

                                                                          何か大手に対応する意欲がないように見えるのは気のせいでしょうか・・?

                                                                          折角の差別化要因なのでKDDI系のISPを優遇したいという意図があるのでしょうか、
                                                                          あるいは、イキナリ大手ISPのユーザが乗り込んでくると、バックボーンがパンク
                                                                          してしまうなどの懸念があるんでしょうか・・・。
                                                                          au.NETで基本料が2004年5月まで900円→無料になるキャンペーンをやっていますので、
                                                                          まずはau.NET経由で試してみても良いのですけどね~。どうせ先物買いですし。


                                                                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/09 16:19

                                                                          何かもっと大事な項目があったような・・・・

                                                                           カテゴリ : デジカメ タグ :


                                                                            三洋、MPEG-4カメラ「Xacti C1」の最新ファームウェアを公開
                                                                            -動画撮影時のAF安定性の向上、など
                                                                            http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20031208/sanyo.htm

                                                                            改善内容は
                                                                            ・動画撮影時、オートフォーカス安定性の向上
                                                                            ・一部プリンターとの接続相性改善
                                                                            の2点。となっています。しかし実は、2ちゃんねるで騒がれていた最大の焦点は

                                                                            旧ファームで撮影したmpgデータには、
                                                                            カメラ個体シリアル番号が埋め込まれてしまう

                                                                            というちょっとショッキングな動作に関する修正です。
                                                                            今回のファームが登場する前の、いわば初版のDMX-C1では、録画したMPEG-4データの
                                                                            中に、個々のDMX-C1のシリアル番号が埋め込まれ、どのカメラで撮った画像なのか
                                                                            調べる気になれば判ってしまうという、ちょっとイヤな動作になっていたらしいのです。
                                                                            今回のファームで直っているそうなのですが、修正点として告知されなかったのは、
                                                                            ちょこっと残念ですね。

                                                                            私のXactiは、対象機なのかどうかもまだ確認していませんが、
                                                                            対象機の場合、オートフォーカスの迷いが減っているそうですので、
                                                                            このファームにはかなり期待しています。結構迷った動きをしていましたし・・・。


                                                                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジカメ | 2003/12/09 15:47


                                                                             (2003/12/08 21:55)

                                                                            ユーザビリティの確保と権利保護のジレンマ

                                                                             カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                              ・【著作権】コピーレフトは成り立つ【保護】
                                                                               (2ちゃんねるDownload板)
                                                                               http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/download/1070543778/l50
                                                                              スレッドの1の人とその他の人の対話が成り立っていないので議論自体は
                                                                              あまり進展が芳しくありませんが、テーマ自体は考えさせられるものがあります。
                                                                              ================================================================================
                                                                              1の主張の大まかな概要
                                                                              ・PCやインターネットはパンドラの箱だ。
                                                                               あれに関わった時点で全てのコンテンツビジネスがコピー連鎖して崩壊してしまう。
                                                                               コンテンツ・クリエイタはPC+インターネットから決別すべきだ
                                                                              ・制御可能なインフラを新しく作り上げ、その中だけでコンテンツを流通させよう。
                                                                               そのインフラの周辺機器はデータをインフラ外にexportする概念自体を
                                                                               持ってはいけない

                                                                               周辺機器メーカーは、exportできない機器しか作れないよう契約を結ぶ。
                                                                               exportを作ったら法的手段に訴える。
                                                                              ・新インフラ(1は”BOX”と呼んでいる)は、中身のデータを取り出せないように
                                                                               セキュリティを頑強にするが、完全な防御は有り得ないので、
                                                                               そこから取り出されたデータは全て法的な手段で取り締まる
                                                                               コンテンツメーカーは”BOX”にしかコンテンツを流さないので、
                                                                               そのコンテンツが”BOX”以外の場所を流れた場合、
                                                                               それに関わった人(保存、閲覧、転送)全員に対して法的手段を取ることができる。
                                                                              ================================================================================
                                                                              すなわち、
                                                                               9割がたをIT技術でせき止め、残り1割を社会的措置(法的手段)で対応する。
                                                                               法的手段に訴えるための線引きを明確にするため、
                                                                               新インフラ(”BOX”)の世界に閉じてコンテンツを供給する。
                                                                              という、当たり前といえば当たり前ですが、極論として1つの筋が通っている
                                                                              という印象も受けます。
                                                                              『iモードの世界が既にそうだ』
                                                                              『PalladiumやLaGrandeがまさにそれをやろうとしているのでは』
                                                                              『そうした試みが消費者からは反発しか受けていないことをよく考えたほうがいい』
                                                                              などの反論が展開されています。
                                                                              じわじわと議論自体も進んでいるようですので、注目しています。


                                                                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/08 21:55


                                                                               (2003/12/05 16:02)

                                                                              記事と広告をワザと曖昧にしてるでしょ!?

                                                                               カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                                私はImpress、ZDNet、日経などのPC系ニュースサイトを好んで読んでいます。
                                                                                そんな中で自然とお気に入りの記者が出来てしまうもので、
                                                                                私が最近お気に入りなのは、小寺信良さん(フリー?)、
                                                                                小林雅一さん(日経)、David Courseyさん(ZDNet/USA)の3人。
                                                                                いずれも内容の信頼度を保ちつつ切り口が斬新なテーマを取り上げる方で、
                                                                                読んでいて非常に楽しい文章を書かれます。

                                                                                さて、話はちょっと変わり、ImpressのPC Watchの記事の中に、最近、タイアップという
                                                                                名の製品広告記事が紛れ込むようになりました。以前から「記事風広告」は雑誌などでも
                                                                                伝統的な手法で使われてきましたが、法律なのか業界の自主規制なのか、
                                                                                そういう記事風広告には必ず「広告記事」「PR」などの文字を入れなければならない
                                                                                という暗黙のルールが敷かれているのは、ご存知の通りです。

                                                                                PC Watchでも記事の中に「PR」と書かれた枠があり、ここには広告が載っています。
                                                                                しかしここ1年くらい、その「PR」枠とは違う、一般記事indexの中に紛れ込ませる形で
                                                                                タイアップ記事を載せているのが目に付きます。これはやっぱりいただけません。
                                                                                「PR」などの文字がないので、記事かと思ってクリックしてみると、有名記者の製品
                                                                                レビューなどが出てきます。しかし、それが何故か「褒めちぎり」!
                                                                                おかしいなと思ってURLを確認してみると、http://ad.impress.co.jp/tie-up/.....
                                                                                「ad」とは勿論advertisementのことでしょう。ページを一番下まで辿ってみると、
                                                                                ようやく、[PR]企画・製作 インプレスウォッチカンパニー 営業部編成課
                                                                                という文字を見つけることができます。

                                                                                最初にお気に入りの記者の名前を挙げたのも、実はそのお気に入りの小寺信良さんが
                                                                                やはりこの「だまし討ち広告」とも言える記事の仕事に参加していることが残念だと
                                                                                感じたことに端を発します。PR記事は「PR」とハッキリ明記しておけば、PR記事を
                                                                                書くこと自体は立派なオシゴトだと思っていますが、そこはやはりケジメが必要で、
                                                                                PR記事であることを隠そうとしながらPR記事を書くのは、記事に対する信頼を失わせる
                                                                                結果を招くでしょう。勿論私の不満は記者本人ではなく、紙面構成に対する不満です。

                                                                                「PR記事にはPRと、小さくでもハッキリ判るように書く」

                                                                                たったそれだけで、私たちはニュースに対する不信感を和らげることができるのです。


                                                                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/05 16:02

                                                                                他事業者からすれば文句の1つも言いたくなるかも・・・

                                                                                 カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                                  (BroadBand Watch)
                                                                                  公正取引委員会、NTT東日本に対して勧告および警告を実施
                                                                                  http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/3475.html

                                                                                  32家庭で光ファイバを共有するから安い、というBフレッツ・ニューファミリーコース。
                                                                                  これが現在の普及途上の段階では、ほとんどのケースで1家庭で1本のファイバを使っており、
                                                                                  そのためそもそも分岐するハブも省いちゃっているというお話です。(だじゃれではない)

                                                                                  ユーザにとっては「何が悪いの?」な話ですが、NTT以外の通信業者としては大問題。
                                                                                  NTTは他事業者に対し、ファイバ1本の利用を5,074円/月でレンタルすると定めていますから、
                                                                                  ファイバ1本を何ユーザで共有するにせよ、そのユーザ達から回収したネット利用料が
                                                                                  5,074円を遥かに上回らなければFTTH接続サービスなんてできません。しかし、現状のNTTは
                                                                                  5,074円/月かかるはずのファイバで4,500円しか回収していないのです。

                                                                                  NTTの5,074円という価格付けがウソっぱちなんじゃ?
                                                                                  自社だけに1,000円くらいのコスト計算で卸して、他社と差別してるんじゃ?

                                                                                  そんな疑われ方をされても仕方ない状況ではあります。
                                                                                  そんな我が家もBフレッツ・ニューファミリーコース・・・・。
                                                                                  是正されて価格が上がったらと思うと複雑な気分です。


                                                                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/05 15:29


                                                                                   (2003/12/04 18:40)

                                                                                  MuVo2は「イイとこ取り?」「どっち付かず?」

                                                                                   カテゴリ : 携プレMP3 タグ :


                                                                                    (zdnet) 1.5Gバイトは“必要十分”――小型HDDオーディオプレーヤー「MuVo2」
                                                                                    http://www.zdnet.co.jp/products/0312/04/rj01_muvo2.html

                                                                                    最近のMP3プレイヤーにしては恐らくはKarmaに次いで注目度の高い
                                                                                    「NOMAD MuVo2」のレビューが載っています。1.5GBのHDDを搭載しつつ
                                                                                    67x66.5x20(mm)の小型ボディ。充電池で10時間連続再生、しかも充電池交換可!

                                                                                    まぁこの大きさが大きいか小さいかという点には賛否両論あり、
                                                                                    61x47x19(mm)のExrougeがスッポリ埋まって1.5倍くらいになったと思うと、
                                                                                    それはちょっと大きいかも?という気もします。
                                                                                    iPodに代表されるいわゆるHDD型プレイヤーは使用スタイルが違う(楽曲をほとんど放り込む)
                                                                                    ことがウリなのであって、このNOMAD MuVo2はそれが出来ない以上、iPodより小さいという
                                                                                    比較が意味を持ちにくい
                                                                                    でしょう。シリコン系と比べた場合は前述の通り。大きい。

                                                                                    しかしコストパフォーマンス抜群のシリコンプレイヤー(ほんとはシリコンじゃないけど)
                                                                                    として見れば、十分魅力的なことが判ります。Exrougeなら512MBのSDカードと組み合わせても
                                                                                    4万円は掛かります。このMuVo2は1.5GBもあって3万円以下ですから、

                                                                                    高いフラッシュメモリに見切りをつけて、フラッシュのようにHDDを使うんだ

                                                                                    と割り切った考えになるでしょう。もはやHDDかシリコンかという切り分けは意味を持たず、
                                                                                    「オールインワンタイプ」「軽快タイプ」の二極化が進む情勢になっている気がします。
                                                                                    MuVo2のような製品は将来、そのカテゴリを保てるのかというとちょっと不安な気も・・・。


                                                                                    投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2003/12/04 18:40

                                                                                    Webサーバ機能付きカメラっていいなぁ~

                                                                                     カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                                                      (BroadBand Watch)
                                                                                      十条電子、サーバー機能搭載のネットワークカメラ「どこでもe見張り番」
                                                                                      http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/3470.html

                                                                                      こういうコンセプトの製品自体は、どこかで既に出ていそうな気はするのですが、
                                                                                      動画カメラ(といっても7フレーム/秒)がWebサーバ化して、情報発信できるように
                                                                                      なっているものです。30万画素に7フレームですから、あくまで監視用途ですね。

                                                                                      価格は46,800円、無線LANアダプタが19,800円。

                                                                                      高いよ(´・ω・`)

                                                                                      と突き放すのもの何ですが、やはり自分が(面白半分にでも)導入するしきい値には
                                                                                      達しない感じ。でもあらゆる機器がいずれサーバ機能を持つようになると思っている
                                                                                      私としては、こういう仕掛けにチャレンジしているのはとても好感が持てます。

                                                                                      例えばHDDレコーダ。私はWebからのアクセスに惹かれてRD-XS40に飛びついたクチです。
                                                                                      実際、DynamicDNSなどを駆使して、職場から録画予約を入れられるようになりました(笑)
                                                                                      「Web (HTML)」という仕組みにこだわらなくても構いませんので、いろんな機器がネット
                                                                                      ワークを介して自在に通信・対話できるようになったら良いなぁ~、と常々思います。


                                                                                      投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/04 18:12


                                                                                       (2003/12/03 15:03)

                                                                                      P2Pが政治で無視できない焦点になったりするの?

                                                                                       カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                                        P2Pとオープンソース支援のオンライン政治団体設立へ(zdnet)
                                                                                        http://www.zdnet.co.jp/news/0312/03/nebt_18.html

                                                                                        "Click The Vote" (NPO)
                                                                                        http://www.clickthevote.org/

                                                                                        要はP2Pとかオープンソースとかに親身になって考えてくれる候補者を応援しようじゃないか、
                                                                                        という政治活動(?)のようです。P2Pファイル交換が云々、という話はともかく、
                                                                                        IT全般に対する理解度、オープンソースなどのムーブメントに対する理解度などと置き換えると、
                                                                                        意外に笑えない話でもあります。

                                                                                        地方自治体の取り組みの温度差で住みやすさが変わってきたりしませんか?

                                                                                        たとえば光ファイバの誘致に積極的だったりとか、、、そんな身近なところから。
                                                                                        街づくりも経済支援も、だんだんITに無知な人では務まりにくくなっていくかも??


                                                                                        投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/03 15:03

                                                                                        700Kbpsも出るんだ!auのPacketWIN

                                                                                         カテゴリ : デジモノ タグ :


                                                                                          下り最大2.4Mbpsという売り文句で登場したauの「CDMA 1x WIN」と
                                                                                          そのデータ通信専用サービス「Packet WIN」。
                                                                                          zdnetに、好環境なら実測700Kbpsを叩き出すとの検証記事が載りました。

                                                                                          「 どうせ2.4Mbpsは理論値のみで、実際は200Kbpsとかじゃないの~? 」

                                                                                          と斜に構えていた私にとって、これはかなり衝撃的なニュースです。

                                                                                          さて、問題は料金。
                                                                                          私は現在モバイル用にはH"のデータパック(3,000円/月)を使っており、
                                                                                          これはパケットごとではなく通信時間で1分10円の課金(DAL)になります。
                                                                                          3,000円のうち1,200円があらかじめ無料通話分なので最大140分は基本料のみ。
                                                                                          使い方は自ずと「基本料金を超えない程度にちょこまか使う」となります。
                                                                                          ほかには、ご存知 AirH" (5,800円/月)で使い放題というコースもありますね。

                                                                                          一方PacketWINの料金体系はあくまでパケット制です。
                                                                                          http://www.au.kddi.com/win/data/ryokin/index.html
                                                                                          ・基本コース(1,500円+0.1円/パケット)、は論外として、
                                                                                          ・パケット割ミドル(0.025円/パケット。ただし最低でも4,000円/月=20MB相当)
                                                                                          ・パケット割スーパー(0.015円/パケット。ただし最低でも7,500円/月=60MB相当)

                                                                                          Web閲覧で考えてみると、試しに昨日IEのキャッシュを消して、PCWatchのトップページ
                                                                                          を読み込んだら全部で308パケット(=39,424バイト)ありました。
                                                                                          ミドルコースの4,000円に到達するには 520 ページビューという換算になります。
                                                                                          スーパーコースで7,500円に到達する 1,600 ページビュー程度ですね。
                                                                                          勿論、ブラウザはローカルキャッシュを巧く使って読み込み量を節約しますので、
                                                                                          実際のページビューはこれより遥かに多くなるハズ。
                                                                                          Webの一般的利用にはミドルコースでも十分ではないかという予感もします。

                                                                                          しかしなまじ700Kbpsの速度が出る環境。万が一その速度をフルに使うような通信を
                                                                                          してしまったとしたら、、、?1分間で5MBのダウンロードが可能です。
                                                                                          ミドルなら1025円/分、スーパーでも615円/分です。ソフトウェアや動画・音楽など
                                                                                          大量のデータを通信させたらあっという間に使い切って、あとは青天井です。

                                                                                          「フツウの使い方」を如何に徹底するか、がPacketWINユーザのカギとなるでしょう。
                                                                                          接続中のパケット数をカウントしてグラフにするソフトとか出てきそうですね。
                                                                                          (もしかして標準でそういうものがあるのかも?)
                                                                                          モノとしては面白そうですので、H"データパックからの乗換えを検討中です。


                                                                                          投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジモノ | 2003/12/03 10:54


                                                                                           (2003/12/02 21:02)

                                                                                          blogのタイトル決めには気を付けないと・・・?

                                                                                           カテゴリ : ブログ タグ :


                                                                                            blogのタイトルは、内容そのものの究極のサマリをタイトルに付けるのが
                                                                                            一番良いという気がしてきました。
                                                                                            例えば○○という製品のニュース記事を参照してその感想を付ける場合、
                                                                                             
                                                                                             『△△サイトの○○に関する記事について』
                                                                                             
                                                                                            というタイトルより、
                                                                                             
                                                                                             『○○って◇◇なのが良いよね~』
                                                                                             
                                                                                            というように、記事で言いたいことを出し惜しみせずに出す、
                                                                                            もっと言えば、参照元記事の内容は省き、
                                                                                            自分のサイトで付け加えた内容についてのみ
                                                                                            から選別した内容をタイトルにするのが良さそうです。
                                                                                            別な言い方をすれば、「タイトルだけで既に個人の感情が滲み出ている」
                                                                                            ことが重要なのかもしれません。思わず読んでみたくなりますよね~?
                                                                                             
                                                                                            私自身blogスタイルのサービスを利用するのはこれが初めてなのですが、
                                                                                            まだまだ使いこなすには時間がかかりそうです。


                                                                                            投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | ブログ | 2003/12/02 21:02

                                                                                            [impress] Rio Japan 「Rio Karma」レビュー

                                                                                             カテゴリ : 携プレMP3 タグ :


                                                                                              impress AV WatchにウワサのRio Karmaのレビューが載っています。
                                                                                              何と言ってもEthernet経由で転送可能というビックリ機能が話題。
                                                                                              もう1つOgg Vorbis/FLAC対応もポイントですが、こちらは人によりけり?
                                                                                               
                                                                                              ちなみにKarmaは12月中旬発売予定だそうですが、SofmapやYODOBASHIのサイトで
                                                                                              検索しても予約の予の字も出てきません。RioのサイトではeStoreで43,800円と
                                                                                              明示してありますので、買えることは買えるんでしょうね・・・自信ありません。
                                                                                              いずれにせよ人気ありそうな機種の割に、扱われる流通量は少ないのかも??
                                                                                               
                                                                                              Karmaの機能自体は、特にEthernetにはとても惹かれるのですが、
                                                                                              いかんせんgigabeatを選んだスネに傷持つ身(?)
                                                                                               
                                                                                              ハイパー未来ちっくデザイン
                                                                                               
                                                                                              だけが気がかりですね。あとは「幅29mm」これは現物を見て印象を判断しないと・・・。


                                                                                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2003/12/02 17:53

                                                                                              TOSHIBA gigabeat G20 インプレッション

                                                                                               カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

                                                                                              TOSHIBA gigabeat G20
                                                                                              http://www.toshiba.co.jp/mobileav/audio/meg200j/products.htm
                                                                                              こちらは10月中旬にTOSHIBAの直販で49,800円で予約購入。
                                                                                              限定カラーのサファイヤブルーです。
                                                                                               
                                                                                              外観の感想は、「小さい」「薄い」「(小ささの割には)重い」「外装キレイ」、
                                                                                              使ってみた感想としては、「大容量プレイヤーイイ!」「ジョグスイッチ押しにくい」
                                                                                              「反応ちょっと遅め」「m3uを基点にした管理が嬉しい」といった感じでしょうか。
                                                                                              概ね合格点の印象です。
                                                                                               
                                                                                              『大容量HDDモデルは世界が変わる!全てのファイルを詰め込めるから、どれを転送する
                                                                                              なんて悩まなくていい!』というのがHDD-MP3プレイヤーの共通コンセプトと想像して
                                                                                              いたのですが、今回使用してみて、その期待はもろくも崩れ去りました(笑)
                                                                                              最大容量(20GB)以上のファイルを持っていれば、結局どれを入れるか/入れないかに
                                                                                              悩むことに変わりありませんね・・・。一度満杯に詰め込んだ後は、次に新しい音楽を
                                                                                              仕入れたら、どれかを消してから新しいのを入れる、という作業になります。
                                                                                               
                                                                                              気になるのは音質の問題。いえ、ノイズがどうとかいう問題の意味で
                                                                                              「いい音」かどうかは私のようなダメ耳ではよく判らないのですが、
                                                                                              イコライザがFLAT、BASS+、BASS++、LOUDNESSの4種類を切り替えるだけ
                                                                                              なのがちょっとツラく、「好みの音」に調整する手段がありません。
                                                                                              ・FLATだとちょっと「スカスカ」、
                                                                                              ・BASS+だと「篭りがち」、
                                                                                              ・BASS++だと「もっと篭りがち」、
                                                                                              ・LOUDNESSだと「BASS++の篭り状態に、急に高音だけ持ち上げたような感じ」
                                                                                              困ったな・・・。(^_^; ExrougeのようにBASS/TREBLEを数段階自由に
                                                                                              いじれるだけでも、随分違ったハズなのですけどねぇ。
                                                                                               
                                                                                              あとは小型リモコンを追加発売してください東芝さん・・・
                                                                                              標準添付リモコンちょっと大きい・・・。
                                                                                               
                                                                                              全体的には悪くないガジェット、という感じですが、所々に小さな疑問点があると
                                                                                              いう感じでしょうか。iPod、ZEN、Karma、A-180β(DNAの開発コード)などいくつかの
                                                                                              競合がひしめく中で、G20の利点は何かといえばただ1つ、これしかありません。
                                                                                               
                                                                                              派手なデザインは拒否反応な人向け、MDライクで無難すぎるデザイン
                                                                                               
                                                                                              ・・・私はデザインに惹かれてG20を買いました。




                                                                                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 携プレMP3 | 2003/12/02 17:11

                                                                                              SANYO デジタルムービーカメラ Xacti DMX-C1

                                                                                               カテゴリ : デジカメ タグ :

                                                                                              SANYO デジタルムービーカメラ Xacti DMX-C1
                                                                                              http://www.sanyo-dsc.com/dsc/c1/index2.html
                                                                                              11/26に新宿ヨドバシで購入。56,000円-セール割引2,000円-ポイント15%(8,100円)=実質45,900円。
                                                                                              サクッと使ってみましたが、ちょっとしたクリップメーカーとしてはなかなか良さげです。
                                                                                               
                                                                                              最高画質の場合、512MBのSDカードに約20分の録画が可能。
                                                                                              正直、画質は最高でも足りないくらいなので、常に最高画質を使うことになりそうです。
                                                                                              記録形式はMPEG4。付属CDからアプリを1つインストールすると、同時にコーデックも入るようで、
                                                                                              そこから先はWMPでも再生できるようになりますし、TMPGEncでも読み込み可能になりました。
                                                                                              ですので、撮った映像をTMPGEncでいそいそとMPEG-1に再エンコ(笑)。
                                                                                              MPEG4なんて持ってても汎用性ないですし・・。
                                                                                               
                                                                                              わざわざ "クリップメーカー" と書いたのは、カード目一杯でも20分なのと、やっぱり画質やフォーカスの甘さ、
                                                                                              手ぶれなどがあって「バシッと保存用」なステキな映像は撮れっこありませんので、
                                                                                              子供の運動会とか学芸会とかを撮るにはまだまだDVカメラしかあり得ない気がします。
                                                                                              イベントなどで記念の映像を1分撮るとかのクリップ的動画を気軽に撮るのに向いてるんじゃないかな~
                                                                                              という感じです。
                                                                                              このくらいお手軽にデジタル動画が撮れて実売5万以下なら十分面白いガジェットだという感じがしました。
                                                                                               
                                                                                              今のところオートのままで使用しているのですが、ちょっと気になるのは、
                                                                                              室内の画像はどうしても暗くなりがちなところ。このあたりは設定次第でしょうか。
                                                                                              また、マイクから拾われる音も若干硬く浅い感じで、これは甘んじるしかないかも。
                                                                                              それと、静かな場面では、カメラ自身のズームレンズ移動音が「ジージジジジジー・・・」と
                                                                                              しっかりマイクに入ってきます。しかし全体的には満足な出来かと思います。
                                                                                              イベントなどで記念のショートクリップを残すのが主な用途になりそうです。


                                                                                              投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | デジカメ | 2003/12/02 13:41

                                                                                              ごあいさつ

                                                                                               カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                                                デジタルなガジェットをふらふらと買ってしまう CK こと C-KOM の
                                                                                                blogタイプひとりごとサイトです。現在は試運転中です。
                                                                                                このページのほかに、下記のサイトの運営も行っています。
                                                                                                ・MP3プレイヤー HyperHyde Exrougeのファンサイト「Exrouge Fever (ExF)」
                                                                                                ・個人制作MIDI音楽サイト「Trumpet Party (とらんぱ)」
                                                                                                このページは、上記サイトの補完的な意味合いも若干ありますが、
                                                                                                それ以外にも何気ない小記事を放り込んでリマインダ的に使えればと考えています。
                                                                                                それが集まって願わくば、みなさまに少しでも価値のある情報に成れれば幸いです。


                                                                                                投稿者 CK : 記事URL | コメント (0) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/02 13:10


                                                                                                 (2003/12/01 00:00)

                                                                                                著者プロフィール詳細 (profile)

                                                                                                 カテゴリ : 雑談 タグ :


                                                                                                  ■著者プロフィール詳細 (2004/12/13 記載)

                                                                                                  小中学生時代、とにかく色々なことを知りたがる性格が幸いして、
                                                                                                  テストはそつなくこなしたが、人間「テストじゃない」 ことに15歳で気づく。
                                                                                                   
                                                                                                  リトルリーガー・シニアリーガーであり、絵に描いたような野球少年時代。
                                                                                                  日曜日もロクに休めない 生活は実は騙されてるんじゃないだろうかと思い始める。
                                                                                                  一方でマリンバ音楽教室に通ってソルフェージュの拷問を受け、音感が良くなる。
                                                                                                   
                                                                                                  高校時代、勉強に飽きて放置。夜遅くまで高校野球に打ち込む生活は
                                                                                                  やっぱり騙されてるんじゃないだろうかと思い始める。大会は2回戦で負ける。
                                                                                                   
                                                                                                  大学時代、興味のあったコンピュータを専攻する。科目の好き嫌いが激しく、
                                                                                                  デコボコな評価をされる。必修にフランス語があり、やっぱり騙されてるんじゃ(ry
                                                                                                  初めて買ったパソコンは PC-9821(初代)。やっぱり騙された。
                                                                                                   
                                                                                                  TurboCを使ってDOSで動くNetNews LogReaderを作ってみたが、
                                                                                                  いかんせんPCがスタンドアロンなので意味なし。仕方なく
                                                                                                  ダビスタEX(DOS版)の改造プログラムを作ったら案外とウケが良かった。
                                                                                                   
                                                                                                  Roland SC-155とレコンポーザ98を買って MIDI作曲にのめりこむ
                                                                                                  以後数年で100曲を越える作品を全てレコポで制作する。鍵盤は一切使わない。
                                                                                                   
                                                                                                  就職していきなりJavaをちょこちょこと使う。しかし結局モノにはならず。
                                                                                                   
                                                                                                  2001年12月にMP3プレイヤー 「HyperHyde Exrouge」 を購入する。
                                                                                                  半月でINFOファイル(バイナリ)を えげつなくHack し、ファンサイト「Exrouge Fever
                                                                                                  を起ち上げて管理人を務める。副作用として SDカード・マニア になる。
                                                                                                  SDカードとMMCを意味も無く13枚も所持、「国内初の1GB SDユーザ?」を自称する。
                                                                                                   
                                                                                                  DTMマガジンの「極辛道場」で2002年上半期最優秀賞に選ばれる。
                                                                                                  副賞としてRoland SD-90を貰ってしまう。実に申し訳無い。
                                                                                                   
                                                                                                  2003年12月にDoblogで「デジモノに埋もれる日々」blogの執筆を開始。
                                                                                                  2004年10月にMovableType版をメインとして移行、現在に至る。
                                                                                                   
                                                                                                  2004年9月、製品別にレビューを集めるトラバセンター「デジモノREVIEW」の運営を開始。
                                                                                                  このためだけに、ほとんど初めてといって良いPerlプログラムを 4,000行 も書き殴る。
                                                                                                  MySQLは「MySQL徹底入門」という本を買って、インストールから綱渡りで覚える。
                                                                                                   
                                                                                                  今までに所有したデジカメは8台、MP3プレイヤー6台、HDDレコーダ2台 (2004.12.13現在)。
                                                                                                  「HyperHyde Exrouge」はモチロンのこと、「Xacti C1」 が大のお気に入り。
                                                                                                  PCはメイン1台、ゲーム用1台、サーバ用途3台、PC-98が1台とノートが2台で、
                                                                                                  現役マシンだけで合計8台 を使い分け。Exrougeと出会って以来、
                                                                                                  人生の半分を捨てるかのような 投げやりデジモノ人生 を送っている。
                                                                                                   
                                                                                                  大の2ちゃんねるファンであり、2ちゃんねるは社会の縮図そのものだと思っている。
                                                                                                  2ちゃんねるのヘビーな読者であるが、書き込みの経験はほとんど皆無のROMユーザ。
                                                                                                  (今までの書き込みは念のため全て 「 ck ◆WNF.PQzqfw 」 のコテハンで統一している)
                                                                                                   
                                                                                                  お買い物の妖精さん がいつも耳元で「コレも買おうよ!」「アレも買っちゃおうよ!」
                                                                                                  と囁いており、時には本人も知らない間に、勝手にデジモノを買ってきてしまう。
                                                                                                   
                                                                                                  座右の銘は「プラマイ・ゼロ」。イイことばかりは続かないが、ワルイことばかりも続かない。人生はニュートラル。
                                                                                                  デジモノバイヤー3精神 「欲しければ買う」「すぐ買う」「振り向かない」 を実践中。
                                                                                                   
                                                                                                  デジモノに埋もれる日々」と「デジモノREVIEW」をどうぞ宜しくお願いいたします。(=゜ω゜)ノ


                                                                                                  投稿者 CK : 記事URL | コメント (2) | トラックバック (0) | 雑談 | 2003/12/01 00:00

                                                                                                  メイン | 2004年1月 »

                                                                                                   
                                                                                                  デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks